E-M1 mark2のFOCUSブランケット撮影で得られた8-9枚の写真をソフトで合成し、合成していない写真と比較してみました。
まずは1枚撮りです。1250/SのF4.0で撮ってみました。
PC300019.jpg

次はFOCUSブランケット撮影の絵を合成して深度合成写真にした物です。
名称未設定1
ピントは手前の黄緑色の植物に合わせてあります。

一見すると何ら変わりない絵のように見えますが、深度合成写真では車の後ろの柵が鮮明に見えています。
拡大してみます。
まずは1枚撮りのものです。
PC300019-1.jpg

次は深度合成写真のものです。
名称未設定1-1
深度合成写真ではずっと後ろの看板まで綺麗に見えています。
深度合成写真では後ろの被写体もくっきりと写ると言うことです。今回はソフトを使用していますが、E-M1 mark2とレンズの組み合わせではカメラ内で合成写真を作ってしまうので、合成操作が不要になるわけです。素晴らしい!
もう一月以上も前のことです。嫁を送ったついでにクマソの撮影へ行きました。
まだ残っているのだろうかと思いながら行きましたが、しっかり居りました。
発生木では集団で羽化していました。
クロマダラソテツシジミ♂ 東京都

見事な低温型も居りました。
クロマダラソテツシジミ♀ 東京都2

まだ幼虫も残っていましたが、手の届く範囲ではこれだけでした。
クロマダラソテツシジミ幼虫 東京都

ムラサキツバメも元気よく飛び回っていました。
ムラサキツバメ♂ 東京都4

しっかり開翅してくれました。
ムラサキツバメ♂ 東京都5

クマソは情報によると12月を乗り切れなかったようです。
なお、与那国ホンダで聞いた情報ですが、関西でのクマソは放蝶の可能性が大です。大量の幼虫を持ちかえった方が居たそうです。


2016.12.27 E-M1 mark2の小物
E-M1 mark2のために小物を購入しました。
一つはこれまで余り気にしなかった高速のSDカードです。上を見るときりがないので、Lexar HC2 1000x 2枚、カメラハンドストラップです。
PC260002.jpg

E-M1 mark2は2枚入ります。
PC270001_201612271435282eb.jpg

このSDカード、書き込み速度が150M/Sなのですが、連射ファイルを書き込むのを見ていると、本当に速かったです。
飛翔撮影の準備は出来ました。が、手持ちのレンズ、ED 12-100mmでは深度合成が出来ませんので、次のレンズを選択中です。
最もソフトを使用しての深度合成は可能なのですが。
近所で見つけたアカボシゴマダラの蛹。こんな時期に良く蛹化できたものだと感心して撮ってみました。
オリンパスのE-M1 mark2の初使用です。
PC250001.jpg
機能がありすぎて普通にしか使えません。
生きていると思った蛹は、実は死んでいたようです。
逆光で撮って分かりました。
PC250029.jpg

面白い機能の一つ、ドラマチックで撮ってみた空です。
PC250030.jpg

いろいろ出来そうです。深度合成写真や動くものを追いかけて撮ったり、春が楽しみです。
2016.12.23 OM-D E-M1 Mark2
オリンパスのミラーレス1眼です。TG-4というコンデジは持っておりましたが、オリンパスの1眼は初めての購入です。
銀婚式に嫁にはジュエリーを送りましたが、私にはこのカメラにしました。
PC230002.jpg

まだ少しだけした触っていませんが、ボディー内に手ぶれ補正を備えています。
レンズはとりあえず12-100mmの手ぶれ補正付を購入しました。
PB300002.jpg

ふたつの手ぶれ補正を試してみたころ、凄いです「!カメラを小刻みに動かしても、全くぶれませんでした。
この組み合わせ、最高です!
PC230003.jpg

使用感は後日掲載します。
毎年恒例の写真展が今年も開催されました。
昨年は前日からの高熱で出席できずじまいでした。今年は体調も悪くないので、忘年会も参加予定で出かけました。
PC180001_20161219203818782.jpg

到着するとミニ講演会が始まっていました。
PC180002.jpg

講演会後、写真を見て回りました。なかなかの力作です。
PC180003_20161219203821aba.jpg

私のもありました。
PC180004_20161219203822a67.jpg

皆さん、凄い絵がそろっていました。毎年、レベルが高くなっているように思います。
後は忘年会でいろいろな方と蝶やカメラの話しで盛り上がりました。
また、来年もよろしくお願いします。
2016.12.17 シクラメン
前の掲載に写っていたから選んだ訳ではないですが、シクラメンのことを書いておきます。
シクラメンはどうやって増やすか知っていましたか?株分けが一般的と思いますが、普通に種でも増えるようです。
冬の花ですので夏を越すのは難しいのでしょう。しかし我が家では庭に植えて木陰で夏を越しています。
その一つが春咲きに種を付けました。それは保存しておいて、10月に植えてみたのですが2週間経っても発芽せず、今回は諦めていました。するとようやく発芽しました。矢印先の白のがそうです。
PB260002.jpg

それから2週間経ち、葉のようなものが見えるようになりました。
PC110003_20161217172356a78.jpg
この冬に咲くかどうかは分かりませんが、経過を見ていきたいと思います。
もう1ヶ月も前のことです。
自宅の植木鉢に開翅しているシジミを発見!美人でした。
ヤマトシジミ♀-2016-11-06
この頃はまだ庭でイチモンジセセリやキタキチョウも時折見る機会がありましたが、さすがに12月に入ると居なくなりました。
久しぶりに長玉での飛翔撮影に挑戦しました。やるしかなかったのが事実ですが。
不作だった与那国島、ズームレンズのみセットして居ない蝶を探していました。
突然、2頭のアゲハが飛んできました。求愛飛行中でした。魚眼で撮れる距離でしたが長玉しかなく、距離を短めにセットして撮りました。何とか見られる絵が数枚入っていました。
ヤエヤマカラスアゲハ♂♀ 01

ヤエヤマカラスアゲハ♂♀ 02

ヤエヤマカラスアゲハ♂♀ 03

こんな絵が簡単に撮影出来るあのカメラが発売になったらどうしますか?
2016.12.11 IP Camera
本来は具合が悪くなった故愛犬用の観察カメラでしたが、自宅玄関に設置しても良いと置いておりました。
2代目を購入したのがこの7月でしたが、これが故障してしまいました。
正常なときの絵です。
Fig1.jpg

故障後の絵ですが、カメラを逆さにセットしなければこんな絵にはなりません。
Fig2.jpg

この現象を伝え補償期間なので修理の依頼をしようと思いアマゾンを通して販売業者に連絡を取りました。最近はアマゾンから購入することが多いです。
翌日には返事が来ました。購入1ヶ月以内のもなら返金、1ヶ月から1年までなら返金あるいは新品の同製品を郵送を洗濯できるとの返事でした。修理でないのが意外でした。今回は返金を選択し、故障品を郵送しようと思いましたが、処分してくれとの返事でした。
なんだかとっても不思議です。
返金が終わったのでそのお金で代替え品を購入しました。
PC110005.jpg

左は故障したカメラ。右が新しいカメラです。
PC110004_201612111516447b6.jpg

セット後、特に問題なく写ることを確認出来ました。
画像2
そんなに長く一緒にいた感じはないのですが、気がつくとkenkenさんところと同じで、今年は銀婚式でした。
これまであちらこちらに旅行に連れて行きましたが、私の趣味の一環ということもあり、これまで何かをしてあげていませんでした。
そこで今回はちょっと奮発してジュエリーをプレゼントしました。
『ロイヤル・アッシャー』の指輪です
PC070003.jpg

それでは私の祝いの品はといいますと、これは後日のお楽しみになりました。
東京でクロマダラソテツは楽しめていたので、八重山では探す気もありませんでした。
ところが与那国で気温が低く、陽も時々差すくらいの天気だったため観光に切り替わりました。観光地となると当然、ソテツが沢山植えてあるわけで、だったらついでにソテツも見てみようとなるわけです。

まずは日本の最西端を目指しました。灯台もありますが、なんとソテツ並木があります。すべての新芽が枯れていました。
犯人はこの蝶です。やはり居ました。
クロマダラソテツシジミ♂ 日本最西端02

♀が新芽に産んでいました。卵も沢山!黄緑の小さい卵が見えています。
クロマダラソテツシジミ♀ 日本最西端06

ぐるっと回って東の端へ行きました。そこは放牧地で与那国馬が放たれています。周囲は天然ソテツ自生地ですが、ここも当然ながらクロマダラソテツが居りました。周囲には馬糞が転がっているので接近はしていません。

次に神立岩へ向かいました。ソテツはぽつぽつある程度ですが、1本だけ新芽が付いており、半分しおれていました。
食害されたソテツと幼虫 立神岩付近05

接近してみると幼虫が沢山付いていました。
食害されたソテツと幼虫 立神岩付近01

見事に食害されています。
食害されたソテツと幼虫 立神岩付近02

こんな感じでソテツがあればクロマダラソテツもいる感じでした。

帰りに与那国空港で時間がありましたので、駐車場のソテツを覗いてみました。
クロマダラソテツシジミ交尾 与那国空港
交尾中のカップルを発見!その他数頭飛んでいました。

与那国の次は西表島へ行きましたが、ここでは積極的には探していません。ただ、寄り道したホテルの側のソテツに飛んでいました。ここでは吸蜜を撮影。
クロマダラソテツシジミ♂ 西表02
おそらくソテツがあればクロマダラソテツだと思われます。

石垣でも積極的には探していません。ここも帰りに時間があった石垣空港のソテツを見てみました。
クロマダラソテツシジミ♂ 石垣空港02
当然のごとく飛んでいました。

今回の印象ではどの島でも普通に飛んでいるようです。


土曜は天気が良さそうだったので、theclaさん、チーズおじさんと房総へ行ってきました。
ところが予報がちょっと違って曇天。気温が低く何もいません。
4頭の越冬集団を探すもすでに散っていました(?)。その残りでしょうか、近くに1頭居りました。
DSC_7647.jpg

この個体、薄日が差し始めると動き始めました。
DSC_7772.jpg

ぐるっと回っています。
DSC_7690.jpg

他に手近なところに見つからないので、交替で撮影します。Eさんも到着しました。
IMG_6769.jpg

広角で紅葉した木と青空(?)を入れますが、空が時間によっては曇りに。
IMG_6774.jpg

そのうちにようやく雲の切れ目から陽が差し始めました。開翅です。
DSC_7820.jpg
残念ながら擦れていました。

その他に2-3頭、飛んだり届かないところで開翅するのを観察できました。シルエットです。
DSC_7803.jpg

今後はまた越冬集団が出来るかどうかが興味のあるところですが、とりあえず今年の撮影は終了と致します。
5年前を含めて4回目の石垣で初めて複数頭見ることが出来ました。各地で数頭見ることが出来、今回に限ってはリュウキュウアサギマダラより多いと言う異常事態でした。普通種がかなり少なかったと言うことです。
まずは石垣の有名公園です。ここでも初めて見ました。
ヒメアサギマダラ♂ 01
複数いましたが天気が悪くなり、遠くの枝で静止し始めました。

移動したのですが雨でほぼ蝶は居りません。しかしヒメアサギマダラだけは飛んでおり、そのうち止まりました。
ヒメアサギマダラ♂ 02

別の島では木陰で吸水していました。
ヒメアサギマダラ♂ 06

実はこの場所、意外に良い所で、撮り逃がしましたがリュウキュウムラサキ、ヤエヤマムラサキが居りました。残念でした。