Nikon1V3の標準レンズがマクロとしても十分使えることが分かったので、遠征時はD800の代わりに持っていこうと考えています。それならGPSは必要ですので購入です。
R0012290.jpg
装着するとこうなります。
R0012291.jpg

小型で軽い1V3ですが、少々持ちにくいというのが正直な感想です。小型だから仕方ないのですが。
そこでグリップも装着しました。
R0012292.jpg
多少大きめになりますが、軽いことには違いないです。
R0012293.jpg

実はこのシリーズ用の広角レンズもあるため、実部を見ないと分かりませんが、もしかするとすべてミラーレスで軽量化もあり得るかも知れません。
2014.06.28 京都のおまけ
キマリン巡りの京都の旅では嬉しいおまけも付いていました。
大好きなヒカゲチョウです。新鮮でした。
IMG_2205.jpg

キマダラセセリ、この仲間が大好きです。だから於茂登岳に行きたいです。
IMG_2223.jpg

擦れては居ましたが市街地のホシミスジにも出会えました。
IMG_2217.jpg

そしては〆は「魁力屋」のラーメンでした。背脂などの量もオーダーできます。尾道ラーメンを思い出しました。
DSC_0001_201406281533373ab.jpg
これはお勧めです。チエーン店で展開していますが、侮れません。
本来の新潟のチョウアカ、当然赤色ではありません。芥子色と言われるタイプです。
昨年は昔のポイントを巡って出会えましたが、今回はなかなか難しかったです。見ることは出来ましたが一瞬でした。
そこで過去の記憶をさかのぼり、移動して様子を見ると居てくれました。ここはどちらのタイプも見られます。おそらく昔からの生息地でしょう。人手は入っていません。
DSC_0544.jpg

IMG_2279.jpg

思い切った広角で紹介できないのは残念ですが、致し方ありません。
IMG_2268.jpg

次回は初めて訪れた小国町のチョウアカを掲載予定です。
昨年に続き新潟のチョウアカ(本来の)を狙って出かけておりました。なんだか消化不良で帰ってきましたが、こんな違いの分かる絵を撮ることは出来ました。
左は芥子色、右はオレンジです。
IMG_2569.jpg
でも不完全燃焼なのです。
京都のキマリンの副産物として、出ているだろうと思われる滋賀のウラナミジャノメを見てきました。
当日は暑くなる予報でしたので、活発になる前に終了したい気持ちで、早朝に出発でした。
現地に着くとこんな場所? なんだか古里の小林市を思い出しました。
IMG_2130-mod.jpg

居るのかと思っていると直ぐにkenkenさんのお声が!
DSC_0383.jpg
♂は容易に複数が居りました。

羽化直後と思われる♀も。
IMG_2155.jpg

マクロです。
DSC_0413.jpg

この♀をしばらく追います。噸では止まるの繰り返しをするのですが、静止直後に何回か開翅します。そこを狙って撮りました。
DSC_0399.jpg
蛇の目紋の周辺の白が良い感じです。

吸水に来た(枯れ草の水分)♂の開翅も撮れました。
DSC_0428.jpg

このポイントの個体数はきわめて多く、この感じだと秋はどういった数なのか凄く興味深いです。
ご案内頂いたkenkenさん、良いものを見せて頂きありがとうございました。

今週末は新潟へ行ってきます。沢山見れると良いのですが。

追記:ご近所さんにご迷惑かかりそうと、ご指摘がありましたので、画像を修正しております。
2014.06.17 プラスEX
昨年から会員にはなっていましたが、初めてプラスEXを利用して新幹線の予約と搭乗をしました。SUICAも必要です。
支払いは登録したクレジットカードからになります。PCやスマホから予約が出来まして、チケットレスになります。
年会費500円です。
DSC_0301.jpg
予約の変更も何度でも無料で可能です。座席指定も出来ます。運賃が割引されますので、1回利用すると年会費の元は取れるでしょう。
心配だったのは利用方法でした。これで本当に乗れるのか?
新幹線の改札をこのカードで通過すると、予約した座席が分かるカードが出てきます。
DSC_0302.jpg
これがチケットみたいな感じです。車掌さんにはこれを見せました。

予約変更が簡単にできるのは帰りに実感しました。2度、スマホから変更しましたがスムーズでした。
新幹線をよく利用される方には必須のカードでしょう。
京都のキマリンは昨年に続き広角写真がNGです。みなさんにお見せできないのが残念ですが、致し方ありません。
そんなポイントで、もう帰る決心をして車に向かったところ、ボンネット上でテリ張りするキマリンが居りました。kenkenさんはどうやら縁があるようですね。2年前は帽子でテリ張られましたし、今回は車!面白いです。
IMG_2126.jpg

キマリンはこれで終了です。公開できる絵を探しましたが、私の撮る絵の方向性から全く無理でした。
昨年に続き、この6月中旬もまた京都です。きちんと京都のキマリンを知っておきたかったので、kenkenさんにお願いしておりました。
そして少しは京都のキマリンの気持ちが分かったような気がします。
残念ながら広角の絵はすべて公開できませんが、マクロならOKですので、速報で掲載します。
綺麗でした。
DSC_0370.jpg

DSC_0305_201406152141401b8.jpg
kenkenさん、ありがとうございました。
2014.06.08 山梨のアサマ
ちょっと遊んできました。予報は良くはなかったのですが、薄日が差して撮影には最適でした。
黒いのも居れば、青の広い個体も居りました。
DSC_0259.jpg

DSC_4084.jpg

同行者の汗に来た個体です。
DSC_4094.jpg

Nikon 1V3の試し撮りもしたのですが、オートフォーカスは速い印象です。書き込み時間も短かったと思います。
詳細はゆっくりと確認してみます。
2014.06.07 Nikon 1V3
天気も悪く行くところもありません。
海野さんのブログを見て欲しくなった1V3を買ってしまいました。税込み79800円+microSDHC 8M付で5000円のキャッシュバックです。
CIMG6958.jpg
予備電池、microSDHC 32Mも注文しました。あとはグリップでしょうか?結局はそれなりの出費です。
いつも思うのですが、なぜ電池の形状を変えるのでしょうか?充電器も増えるし、電池も買わねばなりません。同一形状にして欲しいです。
今回のベニガラ撮影は昨年に続き2回目です。
初回の時は正直言いまして撮れる気はしませんでした。それでも皆さんの協力を得て、何とか出会いがありました。
今年は初めての流れ紋へ挑戦でした。
お目当ての場所は午後に残すことにして、別へ走ったのですが完敗。そしてある場所へ行ってみたところ、なじみの顔が見えました。「そこに♀が居る」と教えて頂いたのですが、気にもせず♂を撮っていました。「紋が流れている」の一言で我に返り撮ったのが速報の絵です。
これからは翌日の絵になります。
そうそう見られる訳でもないと思いながらも居ることは確実な訳ですから、期待して早朝から待ちました。
すぐに♂がちらちら飛び回り始め、そんな中に昨日見た♀も出てくれました。
DSC_1380.jpg
派手な紋流れですね!感動です。

こんなスタイルでがんばっている同行者です。
IMG_1955.jpg
アバウトな撮影になりますので難しいようです。

何頭もまう♂のほとんどはこんな個体です。
DSC_1398.jpg

しかし中には紋流れの♂が1頭居りました。おそらく1頭です。出現確率はかなり低いと思われます。どなたか頻度をご存じでしょうか?
DSC_1397.jpg

今回の旅は運良く♂♀の紋流れを見ることが出来ました。
後は新しいポイントの発見でしょうか?来年の課題です。
速報です。

5/31-6/1とベニモンカラスの撮影へ行ってきました。
どうしても撮りたかった白紋流れのベニガラ、運良く出会えました。
しかし、暑すぎです、今日も。活動時間が限られますね。
DSC_1300.jpg