2013.09.28 庭の蝶たち
マンション暮らしが長かったので庭には縁がなく、これまで自宅で蝶を撮るなど滅多にないことでした。帯広ではベランダに来たクロヒカゲを撮ったことはありましたが。
小さい庭ですが花を植えたりしたところ、今年は少しですが毎日やってくるようになりました。
そんな蝶たちを撮ってみました。

いつの間にか庭のカタバミで世代交代するようになったヤマトシジミ。
R0011979.jpg
カタバミにしっかり食痕があるのですが、未だに幼虫は見つけていません。蚊もいるので熱中できません。

時折やってくるベニシジミです。これは自宅そばの空き地に食草がありますから。
R0011995.jpg

常連さんのイチモンジセセリ。
R0011984.jpg

偶然見つけたチャバネセセリ。実はイチモンジセセリだけだと思い込んでいたのですが、こちらの方が多いことが分かりました。
R0011991.jpg

今日は撮れませんでしたが、このほかにアゲハ、ツマグロヒョウモン、キチョウ、アカボシゴマダラが時々やってきます。ランタナなど蝶の好む花をもう少し増やしてみましょう。
今日、帰宅時に車の警告ランプが点きました。見たことないマークです。エンジンの形をしている?
え-、エンジンチェックが必要ということ?これは一大事です。恐る恐る帰宅できましたが、なんだかエンジンの回転がおかしいと感じます。ノッキングしている感じ。素人なので何とも言えませんが、6気筒のどれかが死んでいる雰囲気です。プラグの問題かもしれませんが、急遽、明日から入院の予定になりました。
BMWは通算で10年くらい乗っていますが、初めてのことでした。被害が最小限で収まることを祈っています。


追記:10/5
修理と車検が終わって車が戻ってきました。エンジン不調の原因はやはり1気筒が死んでいたようです。燃料噴射装置の故障だと十数万円かかるので怖いと思っていましたが、コイルの故障であり13000円ほどの部品代で済みました。バッテリーの交換をしたり他にもありましたので、そこそこ費用はかかりましたが、無事に戻ってきました。
昨日から何か変だと感じていたハードディスクが逝ってしまいました。何かおかしいと思っていましたし、重要なファイルは入っていませんでしたので、被害は最小限でした。6年ほど使ったSeagate Barracuda 7200.10 500Gbyteですが、調べてみると、Seagate Barracuda 7200.10はどうもトラブルが多いようです。外れのディスクですね。データ用のディスクだったら怖かったです。

諦めて新たに購入したのがWD 2Tのディスクです。
R0011969.jpg

とりあえず問題なく動くようです。
LG電子の3D(27インチ)モニターを追加して、24インチモニターと併用しています。
R0011968.jpg

付属のメガネで3Dを見るのですが、2Dで制作された映画や画像など、擬似的に3Dで見ることが出来ます。
思っていた以上に面白いです。自宅にあった2Dの映画を久々に見直してしまいました。
位相差で3Dに変換するタイプで、青赤のメガネをかけるアナグリフ方式ではありません。
意外に面白いので、お試し下さい。
勿論、普通に2Dで使えます。
クロコムラサキ、九州に住んでいた頃が最後の出会いです。おそらく25年ほど見ていません。
南九州でしたので、見る機会は多かったです。普通種と思っておりました。

今回の遠征ではクロコムラサキを見ることも目的でした。
樹液が出ているかどうかが、成功の鍵でしたが、何とか集まりそうな木がありました。毎年出るとは限らないから運次第になりますね。
最初の♂は遠くの樹液に止まっておりました。これは難しいと別の木で待っていると、この個体がやって来ました。
♀のようです。
DSC_7078.jpg

V字の隙間から、ちょっとだけ表が確認できました。
DSC_7076.jpg

その後も数個体が入れ替わり立ち替わりでやって来ます。同時に見られたのは2頭だけです。少ないのでしょうね。
♂もやって来ました。うっすらと紫色が分かります。
DSC_3483.jpg

DSC_3480.jpg

♀も全開で撮影できるチャンスがありました。
DSC_3377.jpg

どうにか♂、♀も比較的綺麗な個体を観察できて、今回の遠征も外さずに済みました。
theclaさん、今回もありがとうございました。
個体数は少ないですね。近畿以東はこんな物なのでしょうか?あるいはたまたま少ないだけでしょうか?
目撃は5頭ほどでした。
時期的には少し遅かったようです。新鮮な個体は1頭のみでした。
その1頭です。
DSC_3275.jpg

その他は擦れておりましたが、この個体はまだ割と綺麗でした。
DSC_3290.jpg

暑いせいか日陰にいることが多く、日陰で吸蜜している個体を見つけました。擦れています。
DSC_3310.jpg

吸蜜シーンの動画を公開します。
愛知のウラナミジャノメは厳しかったです。静岡はさらに辛いのでしょうね。
どうにか証拠写真は撮れました。
IMG_1579.jpg

ついでにテスト。
2013.09.12 八方尾根--8/2
山ゴマを撮りに行ったときのネタです。
ゴンドラ乗り場の天候は悪くはありませんでした。
八方尾根ゴンドラ乗り場 (20130802 長野県北安曇郡白馬村)

しかしゴンドラで登るにつれて雨が降り出しました。から見える風景です。窓に水滴が付いています。まだ視界は良好でした。
八方尾根ゴンドラ (20130802 長野県北安曇郡白馬村)

ゴンドラを下りて散歩してみると植えられたカライトソウが満開でした。
カライトソウ (20130802 長野県北安曇郡白馬村)

しかしこの時間帯でガスが掛かり始めました。天候は最悪ですが、上のレストランのランチを予約していたので、嫌でも上がるしかありませんでした。
登りのリフトはからの景色です。完全にガスの中です。
アルペンクワッドリフト (20130802 長野県北安曇郡白馬村)

着いたリフト降り場にそのレストランはありました。kmkurobeさんお勧めの「Pilar」です。
Pilar (20130802 長野県北安曇郡白馬村)

周囲には湿地もあるのですが、見たのはジョウザンミドリと多かったコヒョウモンです。ジョウザンミドリの絵は既出です。
コヒョウモン♂ (20130802 長野県北安曇郡白馬村)06

じたばたしても仕方ないので昼食を摂りました。こんな山の上でイタリアンを頂けるとは思っても居ませんでした。勿論、美味しかったです。
Pilarの食事 (20130802 長野県北安曇郡白馬村)
ランチを予約してのには訳があります。前日までに予約していると、そこまでのリフト代がほぼ半額になります。これはおいしいサービスです。

食後、もう行くしかないと、さらにリフトで登ります。やはりガスの中。
グワートクワッド゙リフト (20130802 長野県北安曇郡白馬村)

ガスの中で悪戦苦闘しながら、時折切れ目から薄日が差すのでその機会を逃さず、目的の山ゴマは撮ることが出来ましたが、ひやひやものでした。その絵は既出です。

レストランがあった周囲でもガスが薄くなってくれて、ちょっとだけ遊ぶことが出来ました。多かったコヒョウモンを追いかけてみました。
コヒョウモン♂飛翔 (20130802 長野県北安曇郡白馬村)01

足が写っていますが、娘です。
コヒョウモン♂飛翔 (20130802 長野県北安曇郡白馬村)04

ゴンドラ乗り場まで戻ると、少しは明るい印象ですが、やはりガスの中。あきらめて下ります。途中で見えた白馬村です。下界は晴れているようです。
ゴンドラからの白馬 (20130802 長野県北安曇郡白馬村)02

それならと、やはり12年ぶりに白馬のミヤマシジミ、クロツを見に行きました。クロツは端境期で、ミヤマシジミも♀の時期でした。
♂は擦れ擦れです。
ミヤマシジミ♂ (20130802 長野県北安曇郡白馬村)01

ミヤマシジミ♂ (20130802 長野県北安曇郡白馬村)04

♀は新鮮でした。
ミヤマシジミ♀ (20130802 長野県北安曇郡白馬村)02

こんな経過で初日は終わりました。
前回掲載したアサマ、2カ所の間にもう一カ所寄り道しています。ここも12年前の記憶しかなく、どうなっているのかは情報もありませんでした。しばし歩くとあっけなく見つかりました。しかも個体数は少なくなです。他の場所よりも断然多かったです。
私が探していた真性アサマよりも青くなってしまいますが、それでも12年ぶりに確認できてうれしかったです。
アサマシジミ♂ (20130713 長野県)03

アサマシジミ♂ (20130713 長野県)11

♀も複数個体確認出来て、産卵も観察できました。
アサマシジミ♀ (20130713 長野県)05

アサマシジミ♀ (20130713 長野県)21

7/13の話です。最近、撮りに行ってません。

真性アサマを撮りたくて、長野各地を転戦しました。本来なら青いアサマを探すところですが、私は北海道が長かったので、ブルーのアサマしか見ていませんでした。そこで、黒系アサマに興味がありました。7/7に続きアサマ探しになりました。
おそらくおるだろうと思われた場所では難なく見つけることが出来ました。
アサマシジミ♂ (20130713 長野県)03
黒いアサマと言うより青っぽいですね。

♀もおりました。
アサマシジミ♀ (20130713 長野県)05
どちらも新鮮です。

得意の広角はかなりトリミングや加工して掲載します。さすがにポイントは秘密です。
アサマシジミ♀ (20130713 長野県)09

その後、昔知っていたポイントを行くか廻りました。その一つはそこそこの個体数を見ることが出来ました。
そちらの個体は後日掲載します。

もう1カ所、残っているかどうか不安だったポイントは、かろうじて1♂を確認できましたが、今後はどうなるか不明です。
アサマシジミ♂ (20130713 長野県)02
これこそ黒いアサマでした。

北海道のアサマは危機的ですが、本州もいつかは同じ運命かもしれません。どうにか残したいですね。
来年は昔のポイントを巡り、青いアサマを撮りたいです。

2013.09.06 Nikon GP-1A
GPS
ニコンのGPSユニットの接続コードがついに断線してしまいました。切れそうな予感がしていたので、ポリエチレンで固めるなど補強はしていましたが、最終的にはだめでした。
R0011957.jpg

それで新たに購入したのですが、GP-1からGP-1Aと名称が変わっておりました。多少改良されているようです。
R0011956.jpg

しかしこれには落ちがありまして、何事も十分な下調べが必要であることを知らされました。実はユニットごと変える必要はなく、接続コードだけの購入が可能でした。無駄な出費をしてしまい、ちょっとショックです。
6/22に京都へ行ったときの絵です。キマリンの時間まで観光をしていました。今年の1月の「斜めの会」の時に、
kenkenさんに勧められていた観光スポットです。
中は国宝などいろいろで撮影は禁止でしたので脳裏に焼き付けました。でも寂しいと思っていたら、帰る間際にこの蝶がやってきました。絶好の被写体と思い撮り始めました。
良い雰囲気でした。曼殊院のウラギンシジミです。
ウラギンシジミ♂ (20130622 曼殊院)03

閉翅すると石とセメントに溶け込んで分かりにくいですね。
ウラギンシジミ♂ (20130622 曼殊院)06

しばらく撮っていると受付の女性が何しているのだろうという眼で見ておりましたので、「蝶が居て、それを撮っていました。」と説明すると、昨日もここに来ていたそうです。
単にウラギンシジミですが、環境で趣が変わるものですね。