もう10年以上前でしょう、京都の木津川河川敷で見たことがあります。沢山居りました。勿論、放蝶でしょう。幸いなことに生態系を壊しているような報告もないようです。ジャコウアゲハもそれなりにしたたかだったと言うことでしょう。
さて、神奈川のホソオ、当然、放蝶でしょうね。どなたの仕業かは分かりませんが、何年も見られるようですから定着した感じです。休養するために遠出を避けて調べてみました。
狭い範囲ですがそこそこ飛んでいました。
何故か最初に見つけたのは♀。
IMG_1564.jpg
外来種で生態系に影響を及ぼす可能性がありますので、場所は隠しません。駆除されても問題ないでしょう。

DSC_3264.jpg

産卵もしておりました。
DSC_3249.jpg

勿論、♂も飛んでいましたが、暑すぎるのかすぐに静止していたようです。
IMG_1555.jpg

DSC_3253.jpg

飛んでいる姿は優雅に見えますが、やっぱり国産蝶ではないですね。
DSC_6113.jpg

DSC_6336.jpg

一度、撮ったら十分です。やはり何度も撮りたい蝶でありませんでした。
放蝶、モラルが問題です。こんな感じで何人もの方が何種も放す事態が生じると大変です。
7/13に長野へ行ったときに、沢山のヒメシジミに混じって斑紋異常の♂を発見!
派手な異常紋ではないですが、しばらく撮ってみました。
ヒメシジミ♂ (長野県)08

ヒメシジミ♂ (長野県)04

時々見られるようですが、私は初めてです。
6/2のことです。そういえば春型のアカボシゴマダラの♀を見ていないと思いながら、近場の公園を散策しておりました。見ると樹状を旋回している♂と思われる個体は見つかりました。これで食堂でも見つけるとうまいこと撮れるのでしょう。
残念ながらそれは叶わず引き上げようとしていると、大きめのふわふわ飛ぶ蝶が見つかりました。
これがお目当てのアカボシ♀でした。
アカボシゴマダラ♀ (20130602 神奈川県横浜市緑区)04

アカボシゴマダラ♀ (20130602 神奈川県横浜市緑区)01

あっけない出会いでしたが、合いそうも悪く、数枚撮らしてくれただけで、またどこかへ飛んでいきました。

残念ながら派手な門流れはない個体でした。また来年チャンスがあるかな?
先週の絵からです。

広大なポイントには今年もキマモは健在でした。少し時期遅れてお思われましたが、綺麗な個体も少なくなかったです。北海道では勢力を拡大中のこの蝶ですが、本州ではどうなのでしょうかね?
キマダラモドキ♀ (山梨県富士吉田市)02

ここは有名ポイントですので、沢山の方も来られます。
キマダラモドキ♀ (山梨県富士吉田市)05
私は共存したいのですが、一般的にはどうでしょうか?難しい面もあるかもしれません。
遅くなりましたが、以前紹介したLED Ringlightの使用感です。既に掲載している飛翔写真にも使っています。
夏のチャマの時、雨模様でしたので、このときに積極的に使ってみました。ターゲットは思いもしなかったゴイシシジミ。雷が鳴る暗い環境でした。
ゴイシシジミ飛翔 ( 茨城県)07

ゴイシシジミ飛翔 (茨城県)09

ゴイシシジミ飛翔 (茨城県)18

結論を言いますと、暗い環境でも使えるLEDライトでした。今は飛翔写真の際にちょっと暗いと思うと使っています。
山梨のこのポイントには沢山のヒメシロチョウが飛んでいますが、全国的に見れば珍しいチョウだと思います。北海道でも少なくなっていますし、かつては広島にも居ましたが、いつの間にか絶滅しています。広大なこの環境なら心配もいらないかもしれませんが、何となく気になります。
それに、撮りにくい蝶です。飛び回るだけでなかなかチャンスをくれません。
そんな訳でついついカメラを向けてしまいます。
今回は運良く止まっていた♂を逆光で撮ることが出来ました。透けてなかなか綺麗でした。
ヒメシロチョウ♂ (山梨県富士吉田市)04

後は静止場面のチャンスはなく、飛翔のみです。その中から少し。
やはり空が入ると良い感じになります。雑草が邪魔ですが。
ヒメシロチョウ♀飛翔 (山梨県富士吉田市)08

ゴマでは実現できなかった富士山背景。これも雑草が邪魔していますが、とりあえず撮れました。
ヒメシロチョウ♀飛翔 (山梨県富士吉田市)35
2013.08.18 富士のゴマ
渋滞になるのを気にしながら、滞在時間2時間の勝負で行ってみました。
昨年は見ることが出来なかった富士のゴマを見ることは出来ましたが、富士山背景のゴマの絵はお預けです。欲張りはいけませんね。見ることが出来て、撮れただけ良しと考えましょう。

白馬の尾根のゴマと同じで黒ゴマでした。
DSC_3196.jpg

短時間でしたがワレモコウなどいろいろ吸蜜してくれました。
DSC_3198.jpg

その後は網を持った方が多くなり、自然と邪魔にならない場所へ移動します。
残念ながら飛び回るゴマを見るだけで撮れません。飛翔狙いで走ると良いのかもしれませんが、足場がガレで悪くけがをしそうなので止めました。
富士山を背景には別の種で撮りました。
ミヤマチャバネセセリです。好きな蝶の一つです。
IMG_1507.jpg

ヤマキは飛んでいるのを1頭見ただけでした。いろいろ動いたのですが、思ったほど涼しくもなく早めの撤収となりました。今年はもう行かないと思いますが、来年は富士山との撮影をねらい
北海道にいるときから何となく相性の悪い蝶で、最盛期に出会ったことがありません。いつもシーズンが終わり頃の8月末や9月の頭です。

そこで今回は発生し始めたばかりのポイント案内いただきました。個体数は多くはありませんが、いくつも見ることが出来ました。しかしモデルになってくれた個体は、残念ながら破損しておりました。
ムモンアカシジミ♂ (長野県北安曇郡)02

広角で。
ムモンアカシジミ♂ (長野県北安曇郡)09

ご神木の一つ。
ご神木 (長野県北安曇郡)

よく見るとクサアリが沢山見つかりました。
クサアリ (長野県北安曇郡)

もう数年になるポイントだそうで、ありの状況からもうしばらくは見ることが出来る環境だと思います。また、機会を作りたいと思います。
各地では蝶を撮りながら動いていますが、家族と一緒に出かけるときは、その土地の食文化も楽しむように心がけています。

今回の白馬滞在中はkmkurobeさんにすっかりお世話になってしまいました。

とりあえず今回は、蝶以外のネタです。
8/3はひとりで黒菱からリフトに乗りました。
黒菱第3ペアリフト (長野県北安曇郡)
このペアリフト、安全バーもなく、下りの時は少々怖かったです。考えてみると下りのリフトに乗るなど、今回の旅まで未経験でした。

この日は時折雲の切れ間から白馬村が見えておりました。晴天ならすばらしい眺めなのでしょう。
切れ目から見える白馬村 (長野県北安曇郡)03

やはり観光地だと思いました。ちょっと時間を間違えるとリフトにも列が出来ています。下山途中に撮ったものです。
行列のグワートクラッドリフト (長野県北安曇郡)

下山後は家族と合流して、kmkurobeさんのお勧めのビザ店「CHERRYPUB」へ向かいます。ちょっと探しました。
場所が分からなくなり、観光案内所で聞いたのですが、「あそこはピザはやっていないはずです」なんて言われながらも行きました。
CHERRYPUB (長野県北安曇郡)
念のため「ピザ、やってますよね?」と聞いたら、ハイと返事がありました。

kmkurobeさんのお勧めマルゲリータをまず頼みました。空腹もあり、途中で絵を撮ることを思い出しました。
マルゲリータ (長野県北安曇郡)

もう一つはテリ焼くチキン何とかです。
照り焼きチキン (長野県北安曇郡)
安くてとても美味いです。生地が何とも言えないもちもち感。
これを食べるとピザハットなどのデリバリーがあほらしくなります。値段と良い、味と良い。
秋には再訪することにしました。

この後、kmkurobeさんに案内頂き撮影へ移動しました。
2013.08.12 ヘリチャ
先日の週末は暑さのため活動せずでしたので、今回の絵も8/4のものです。

実はヘリチャは好きなセセリで、気をつけるようにはしているのですが、北海道ではかなり局地的で容易には見ることが出来ませんでした。さすがに本州ですね、昨年も今年も見ることが出来ました。信州では少なくないようです。
ヘリグロチャバネセセリ♂ (2013-08-04 長野県)02

広角で。
ヘリグロチャバネセセリ♂ (2013-08-04 長野県)09

クサフジに吸蜜に来ました。
ヘリグロチャバネセセリ♂ (2013-08-04 長野県)11

飛翔にも挑戦してみました。何とか収まりました。
DSC_5561.jpg

DSC_5583.jpg
先週の白馬の続きです。
今日の新ネタはありません。暑すぎます。横浜36℃。涼しいところへ行こうと思っても下りの高速は渋滞しています。それでお籠もりを決めました。

ガスのかかった尾根でこの蝶に逢うとは思いませんでした。比較的新鮮なジョウザンミドリです。
ジョウザンミドリシジミ♂ (2013-08-02 長野県北安曇郡白馬村)04
遊歩道のすぐ脇に居り、全く無警戒でした。

薄日がこぼれるとちょっと開翅してくれました。
ジョウザンミドリシジミ♂ (2013-08-02 長野県北安曇郡白馬村)06

そしてついには全開!
ジョウザンミドリシジミ♂ (2013-08-02 長野県北安曇郡白馬村)12
ゼフは前翅のメタリックを表現するのが難しいですね。角度で光り方が変わります。

こんな環境でした。さすがに警戒し始めました。
ジョウザンミドリシジミ♂ (2013-08-02 長野県北安曇郡白馬村)13

この後、山ゴマへ逢うためにもう一段登りました。
すべての蝶が本当に久しぶりです。信州のヒメはやはり13年ぶり。中国地方は8年くらい前に見ています。ヒメヒカゲは中国地方の方が面白いと感じています。
それはさておき、いるにはいたのですが、時期が少し遅い感じです。多くの個体が擦れていました。
綺麗な個体を選んで撮りましたが、♀が主体となってしまいます。
DSC_3152.jpg

広角で。
IMG_1464.jpg

薄曇りで時々青空が見えるような天気でしたので、開翅もよく見ることが出来ました。擦れてますが。
DSC_3104.jpg

V字がなかなかかっこいいです。
DSC_3117.jpg

ここではアカとヒメを楽しみ移動したのですが、なにやら競馬の日に当たったようで、少し時間が遅ければシャトルバスになるところでした。
2013.08.07 ホシチャ
実はこの蝶、昨年ずいぶんと探しました。富士山麓です。
中2の時に日野春へ行ったことがあります。その時に2頭採集していますが、それ以来縁がありませんでした。
新潟でも群馬でも出会いはなかったです。それで昨年はがんばったつもりでしたが、空振りに終わりました。
今年も難ロードになりそうな予感がしたのですが、kmkurobeさんから貴重な情報を頂き、白馬の帰りに寄ってみました。当時の記憶はなく、どんな飛翔かも忘れていましたが、ハエみたいな飛び方を見て、すぐに分かりました。
いやー、懐かしい!
DSC_3174.jpg

広角ではそんなに大きく写せませんが、環境とともに。
IMG_1490.jpg

個体数は少なくはありませんでしたので、一応、飛翔にも挑戦しました。良い感じなのはこれだけです。難しいです。
DSC_5531.jpg

これで一段落しましたので、来年はもっと楽しめそうです。
アカセセリ、最近は増えているのでしょうか?沢山見ました。
この蝶に出会うのは今回で2度目です。13-14年くらい前に北信で見かけました。その時はあまり居なかったように思います。当時は網を持っており、写真はありません。ですから、今回が初の撮影になります。
白馬の帰り道に寄ったポイントでは撮影に不自由することなく見ることが出来ました。
DSC_3113.jpg
北米のアカセセリとはちょっと違う感じです。

広角で撮ってみました。背景は大方には分かると思います。大きなみ湖です。
IMG_1418.jpg

♀もそれなりの個体数でした。
DSC_3110_20130806205153789.jpg

裏面も撮れました。この手の蝶、すぐに開翅するので裏面が撮りにくいです。
DSC_3090.jpg

すべての蝶を撮ろうなんて考えてもいませんし、珍ねらいでもありませんが、初物は正直言って嬉しいですね。
8/2-3まで、2日間は山ゴマに時間を割きました。しかし2日間とも尾根からガスが消えることはなく、残念ながら村を背景にしたゴマの絵は撮れませんでした。またここへ来いと言うことでしょう。
特に初日は大粒の雨が今にも降りそうで、機材を抱えながら上へ上がるのはどうだろうとためらいそうになりました。上のイタメシを予約していたので、登らざるを得なかったのが結果的には良かったです。
こんな感じの天気でした。
DSC_5099_20130805201212977.jpg

時折ガスが切れてきて、何となく薄明るくなると飛んでいるゴマを見つけることが出来ました。飛び回るだけですので、飛翔を狙いました。
DSC_5238.jpg

嫁を背景に開翅した状態で撮れていました。
DSC_5300_20130805201307102.jpg

運良く静止、開翅でしたが、柵があるため思うようには撮れません。
DSC_5329.jpg

翌日は天候はまだ良かったものの、今度はゴマに出会えずにチャンスを1回だけでした。
DSC_3067.jpg

それでもどうにか山ゴマを撮れたので良しとします。肝心の広角は来年にお預けです。
2013.08.04 山ゴマ
北海道、中国地方が長かった私には、黒いゴマが魅力的でした。普通は青いゴマを探すところだと思います。
それで白馬へ行っておりました。尾根から白馬を入れながら広角で撮るという目論見は、見事の外れガスの中での撮影になってしまいましたが、何とか撮ることは出来ました。
今日は3日間の成果の速報です。
DSC_3025.jpg

3日間で白馬、塩尻市、諏訪市で撮影を行いました。
北海道ではよく見ていたミヤマカラスアゲハですが、本州に来てからはまだ見ていませんでした。
北海道に居たときのように、特別緑が強い個体を探すといったことが無かったことも影響していると思います。
神奈川の高地で久しぶりに本州のミヤマカラスアゲハを見ることが出来ました。
2週間前の絵です。
ミヤマカラスアゲハ♂ (2013 神奈川県)02

裏面には赤い花粉が沢山付いていました。
ミヤマカラスアゲハ♂ (2013 神奈川県)11

参考までに北海道産夏型を掲載します。
ミヤマカラスアゲハ♂ (2011 北海道上川郡)04

やっぱり北海道産の方が綺麗ですかね!