早速送っていただきました。
book2012001.jpg
人工物と蝶の組み合わせが好きな私には、東京都の蝶は大変興味深いものです。
地震の心配がなければ数年はすんでも良いと思っていますが、人混みが絶対我慢できませんのでやっぱり無理ですね。
それで本をとりあえず流し読みしたのですが、自然がいっぱい!
考えてみると奥多摩なんて山中ですね。私の認識不足でした。
それと予想外の蝶の記録があったりして、おもしろいですね。
後日じっくりと読んでみたいと思います。
2010年夏に行ったことがある大樹町のラーメン店「赤門」の続編です。
5/27の大樹町は雲が厚く、なかなか晴れ間が出ないので早めの昼食として再訪してみました。
店の外観は2010年撮影のものです。


メニュー表です。携帯での撮影で手ぶれしています。
お値段は高めの設定で、北海道価格です。
DSC_0001 (1)

私はみそチャーシュー、ツッチーさんはみそ野菜チャーシューとおにぎりです。

これがみそチャーシュー。
DSC_0002.jpg

そしてみそ野菜チャーシュー。
DSC_0003 (1)
野菜が入っているかどうかの違いで、味は同じと思いますが確かめていません。

私の食したラーメンですが、1週間の疲れもあったせいか濃厚な味噌味がとっても合っておりました。麺もちょっと太めで、スープの絡みが丁度良い感じでした。チャーシューもトロトロではありませんが柔らかく、完食すると結構お腹に貯まりました。本当ならスープも飲み干せそうでしたが、健康を考えて半分ほどでやめておきました。

これに野菜とおにぎり、ツッチーさんのお腹もすごいですわ!
本当に読めない春です。
発生が遅れていたかと思うと、数日の高気温で一気に擦れ状態になりますし。少なくとも帯広市近郊はすでに時期遅しの感があり、南へ行ってみることにしました。今日は晴れるはずでしたし。
ツッチーさんと一緒に大樹へ入りました。
ついた直後は薄日も射して、ぽつぽつチャマを見ることが出来ました。
綺麗な♀です。
DSC_9802.jpg

別の個体を広角で。
IMG_7379.jpg

陽が差したり陰ったりを繰り返している内に、♂♀の絡みを発見!
300_9832.jpg
逃げる♀を♂が追っています。

そして交尾か?
DSC_9795.jpg
♂はその態勢に入っていたのですが、♀はこの後拒否して交尾に至りませんでした。

この後も天候が優れずに時間つぶしの目的も含めて、早めのラーメンを食べに行きました。
2012.05.25 先週の土曜
あの天気が悪かった先週の土曜に撮れた蝶はこれ1頭だけ。ジョウザンの♂です。
このときはちょっとだけ薄日が差したので開翅しました。
動かないので広角も楽勝でした。
ジョウザンシジミ♂ (2012.05.19 北海道帯広市)02

マクロでも。
ジョウザンシジミ♂ (2012.05.19 北海道帯広市)03

その後、I氏と合流して戻るとすでに閉じてしまっておりました。
ジョウザンシジミ♂ (2012.05.19 北海道帯広市)06
蟻が絡むも逃げる気配なしです。

この日は14時半頃から陽が差してきましたが、すでに気温も下がり始めており、私はおとなしくワインを飲んでおりました。
I氏によればその後飛んだのはモンキチョウだけだったとか。
2012.05.23 心不全の愛犬
我が家の愛犬、チャーリーはまだ7歳になっていませんが、年明けた頃より腹水が貯まり始めました。

昨年末はすっきりしたボディーでしたし、寒さなんか平気でした。
チャーリ年末

はじめは腹水の量も多くはなかったのですが、次第に症状は悪化。4月にはぱんぱんのお腹になってしまい、寒さにも弱く好きだった散歩も苦手な様子が見られていました。
チャーリ4月

利尿剤の量を増やして経過を見ておりましたが、最近はようやく腹水のコントロールが出来てきて、以前の軽快さが戻ってきました。
チャーリ5月
私は名医?

しかし基礎病変の僧帽弁閉鎖不全症からくる代謝障害のために痩せが進行して哀れな姿になっています。水分摂取制限を行っているため、水に対する執着が尋常でなく、何ともかわいそうなのですが、できる限りのことはしてあげたいと思います。とは言っても保存的治療が限界ですが。
先日の日曜は良い天気で、気温もそれなりに上昇しました。
春の蝶たちが一気に飛び回るかと思いきや、なんかいつもとは感じが違います。

アカマダラも飛んではいましたが、明らかに少ない印象です。
アカマダラ♂ (2012.05.20 北海道河東郡音更町)05

そしてまだアカマダラの♀を見ていないのにサカハチが飛んでいました。
サカハチチョウ♂ (2012.05.20 北海道河東郡音更町)01
もうアカマダラの季節はおしまい?

さらにこの蝶も少ない感じがします。エゾヒメシロです。
エソヒメシロチョウ♀ (2012.05.20 北海道河東郡音更町)04
確かに各地で姿は見るのですが、1-2頭程度です。どうしたのでしょうかね?

最後にピントがもっと合っていればと残念だった飛翔です。
300_9433.jpg
アカマダラとチャマが絡んでいます。
2012.05.20 十勝での週末
実は「蝶の傍らに」を書いておられるITOHさんとアポイで合流の予定でした。
しかし5/19は天候が悪そうで、まだましと思われる十勝を廻ることに決定し、帯広で合流しました。
昨日は何カ所か回ったのですが、午前中に薄日が一寸だけ射す程度だったため気温が低く、見たのは静止したジョウザンシジミのみでした。これはまた後日掲載しましょう。
そこで今日も十勝を廻ることにしました。成果は良い感じでした。
今日は疲れましたのでさらっと掲載します。彼は明日もがんばるそうです。

最初の音更ポイントは各蝶が出始めなのでしょう。
これはラッキーなヒメシロチョウ。
IMG_7305.jpg
エゾヒメシロよりこちらが珍であることを説明しておきました。

この蝶もお出まし。でも1頭のみ。
DSC_9692.jpg

彼の目的の蝶も居てくれました。
DSC_9677.jpg

移動してチャマを探します。
先週初見をした場所へ行って見ました。
すでに♀出てました。産卵シーンです。
DSC_9740.jpg

なかなかチャンスがなかった吸蜜シーンです。
DSC_9762.jpg

最後はおふざけの手乗りチャマ。
IMG_7368.jpg
指は乾燥していますが、ストロー伸ばしていました。

彼はもう少しがんばるとのことで、案内を終えた私は明日からの仕事も考えて、早めの撤収となりました。
先日、青いジョウザンを掲載しましたが、ほかの写真も追加します。
表の青は十勝のジョウザンならではの色合いですが、裏面もなかなか良い蝶だと思っています。
ジョウザンシジミ♂ (2012.05.13 北海道帯広市)01
縁のオレンジがとてもお洒落です。

全開でなくちらりと見える青も良いかもしれません。
ジョウザンシジミ♂ (2012.05.13 北海道帯広市)04

でもやっぱり青がきっちり見える方が良いですかね。
ジョウザンシジミ♂ (2012.05.13 北海道帯広市)09

チョコンと草に止まったジョウザンはなかなか愛くるしい蝶です。
ジョウザンシジミ♂ (2012.05.13 北海道帯広市)12

この週末はいくら何でももっと飛んでいることでしょう。
でも天気が心配です。
実は愛知から写真仲間が来ています。
今日はアポイで楽しめたようですが、明日以降の天気が微妙です。
2012.05.16 竹の子
春の旬のもので楽しみな一つが竹の子です。
スーパーに並ぶ一番ものは少々高くつきますので、しばらく我慢して待っていたのですが、嫁の実家から竹の子送ってきました。4/25のことです。
その竹の子がこれ!
R0011598.jpg
馬鹿でかい!500mlのペットボトルと比べてみました。

味噌汁、炊き込みご飯、煮付けなどたっぷりと竹の子を堪能できましたが、少々食べ過ぎて消化不良を起こしたようです。ちょっと胃が痛くなりました。
足らないくらいが丁度良いようです。
クジャクチョウは北海道では普通種で、秋や春先には市街地にも飛んでいます。その年の羽化した個体も適当な山間部に入ると沢山飛んでいます。
そんなクジャクですが、これまでに産卵シーンを見たことがありませんでした。
春先にイラクサの周りを飛んでいる♀は、おそらく産卵するのだろうと予測はするのですが、じっと待ったこともなく、これまでチャンスがありませんでした。

5/13もイラクサの周りを飛ぶ個体を見たのですが、沢山のポイント調査の予定で、まあ良いかと通り過ぎようとしたところ、イラクサにぶら下がる別の個体を見つけました。
クジャクチョウ♀産卵 (2012.05.13 北海道河東郡音更町)01

まさかこれが産卵か?と接近すると正解でした。
腹部先端に卵塊が見えます。
クジャクチョウ♀産卵 (2012.05.13 北海道河東郡音更町)02

同じ写真から切り出しました。
クジャクチョウ♀産卵 (2012.05.13 北海道河東郡音更町)03
しばらく観察していると、少しずつ山のように積み上げていく様子が分かりました。
何個か産むとしばらく休憩してまた再開します。どれくらいの時間で完了するのかは観察しきれませんでした。
おもしろい産卵シーンでした。
今度はアカマダラも見てみたいです。
4/26のブログに掲載したEN-EL15のリコール問題ですが、我が家では割と早めに解決しました。
フリーダイヤルに電話したら(当日は繋がりませんで、翌日昼頃繋がりました)、番号の確認があり交換対象ですと言われました。
4-5日で交換品が届くと言われましたが、連休前半にかかったので遅くなったのかな?
それでも連休後半前に届きました。
R0011606.jpg

そしてこの箱に入れて送り返すという方法でした。連絡すると宅配業者が取りに来てくれる段取りでしたが、自宅傍だったので持ち込みました。この方が待たずに済みますしね。
丸く収まりめでたしでした。
2012.05.13 初見、続々
花の時期と蝶の時期が合わない変は春になっている十勝です。
ずいぶんと蝶は遅れているのですが、今日はようやく色々な蝶の初見をすることが出来ました。

まずはエゾヒメシロ。芽室町で初見です。
IMG_7278.jpg

DSC_9579.jpg
これから本番でしょう。ここでチャマも見られるはずでしたが、おそらく未発生です。

次は帯広市のジョウザンシジミ。
IMG_7287.jpg

DSC_9611.jpg
本当にやっと見られたという感じです。個体数は少ない年かもしれません。

アカマダラも出始めのようです。幕別町で初見でした。
DSC_9629.jpg
実はここでチャマも見られるだろうと予測していたのですが、願いは叶わずでした。やっぱり遅れています。

音更に戻りました。陽当たりの良さそうな場所を最後に流すことにしました。
するとこの読みが大正解!
チャマ初見です。吸水に来ていました。私の殺気を感じたのか移動してしまいましたが、何とか撮影。
DSC_9646.jpg
このポイントはもしかすると化けるかもしれません。かなりの個体数が観察できる可能性があります。

これで今日の目的はほぼ完了でした。
帰り際にまさか居るまいと覗いた草地にシロチョウが飛んでいました。DSC_9649.jpg
今日の最後だから撮っておくかと近づいたら、ヒメシロでした。

今日は相当についていたようです。これまで天候不良で悩まされましたから、こんな日もないとね。

この春は予測が難しいです。
昨夜は冷たい雨が降っておりました。網走地方では積雪になったようです。
十勝も寒かったです。
今日の午前中は曇りで気温も低かったのですが、午後からは陽が差してきました。それでも10℃くらい。
季節の進み具合を見ておこうと、近場の河川敷へ行ってみました。
ベンケイソウはそれなりの成長ですが、ジョウザン居りません。
DSC_9576.jpg
なぜ?
ツッチーさんにも会いましたが見ていないとのこと。

風も強くて体感温度が低いので移動してみました。
何にも居りません。
タンポポもこんなに咲いて季節は進んでいるのですが…
IMG_7274.jpg
植物の生長と蝶の発生が合っていないようです。

明日は気温も上がる予報なので、じっくりと各ポイントを廻ってみたいと思います。
下調べの時間が十分でなかったので、ネットで直ぐに見つかったラーメン屋をメモっておきました。何カ所か調べてておいたのですが、当麻で昼になったので、このラーメン屋になったのです。
ナビにセットして着いたところは、道の駅!
「旭川ラーメン」とは道の駅にある食堂でした。
CIMG6538.jpg

入る前からなんだか分かったような気分です。
しかし方向転換も出来ないので、諦めて入りました。
メニューを見ると普通の醤油で700円!これ高過ぎ!
CIMG6536.jpg

その高い醤油を頼むと、時間もかからず出てきたのがこれ。
CIMG6537.jpg

お味はというと普通のレストランで出てくるラーメンでした。
これも記録ということでブログには掲載しますが、本物のラーメン食べたいならお勧めしません。
以前、建物背景にヒメギフを撮った場所ですが、その時はツツジは終わりかけで、ツツジで吸蜜するシーンには巡り会いませんでした。今年はどうにかなりそうと判断したので寄ってみました。
花の感じから時期は良いはずでしたが、♂はとんでもない擦れ状態でした。
ヒメギフチョウ♂ (2012.05.06 北海道上川郡当麻町)02

個体数もちらちら程度で多くはありません。
だめかと諦めるつもりでしたが、1頭の綺麗な個体がツツジにやって来ました。♀でした。そしてどうにか吸蜜の絵を撮ることが出来ました。寄り道した甲斐がありました。
ヒメギフチョウ♀ (2012.05.06 北海道上川郡当麻町)01

その後は少し余裕が出たので飛翔に挑戦です。
ツツジの周りを飛ぶ♀です。
ヒメギフチョウ♀飛翔 (2012.05.06 北海道上川郡当麻町)

それとなぜか建物の壁際へ何度となくやって来る♂です。
ヒメギフチョウ♂飛翔 (2012.05.06 北海道上川郡当麻町)03
こちらは私好みのおもしろい絵になりました。

何だかんだしているうちにおなかが減ってきたので、調べておいたラーメン屋へ行くことにしました。

しかし、桜はこんな感じで、ヒメギフは丁度良い時期と思っていたのですが、一気に発生したのでしょうね。
桜 (2012.05.06 北海道上川郡当麻町)
20年ぶりに神居古潭でヒメギフを確認した後は、もう一つの思い出のポイントへ行ってみました。
ここは15,6年ぶりでしょうか。
採集案内にも書かれているので、地名をオープンにしても良いでしょう。春志内です。
神居古潭とは違って、入り口が直ぐには分かりませんでした。記憶なんていい加減なものです。
ここかなと思って入ってみると、懐かしいカーブが見えたのですが、あまりの荒れ方に驚きました。
変わり果てた環境 (2012.05.06 春志内)01
車が通れる道だったのですが、今は走らせたくない雰囲気でした。

北側斜面になるために少し遅めの発生になるのですが、2頭ほど飛び回っておりました。残念ながら撮ることはできませんでしたが、劣悪な環境の中生き延びているようです。
生息は再確認できたの良しとしましょう。

ここは花はたくさん咲いているポイントです。
エゾノリュウキンカは最盛期でした。
エゾノリュウキンカ (2012.05.06 春志内)

おやおやと思ったのは昔よりカタクリは増えたような印象でした。
カタクリは増えた? (2012.05.06 春志内)

かつては毎年ヒメギフを楽しんだポイントでしたが、ここで粘っても思うように撮影はできないと判断して移動することにしました。
連休後半は本当に天気に恵まれませんでした。
最終日の5/6だけ晴れ間が出てくれる予報でしたので、旭川方面へ向かいました。
本来なら留萌方面で海の見えるヒメギフ飛翔を撮っているはずでしたが、日帰りはしんどそうなので、特別な思い出がある旭川方面のポイントに決めました。

20年前の平成4年、私が初めて北海道(帯広)へやって来たとき、ヒメギフのポイントへ案内してくれたのが当時銀行の支店長だったヒグ爺さんでした。ヒメギフを見たこともなく環境も知らない私を案内してくれました。
そこが神居古潭です。その日は4月25日で、不幸にも現地はみぞれ交じりの雨が降り、非常に寒い日でした。
蝶は全く期待できませんでしたが、オクエゾサイシンは教えてもらえそうで、ポイントまで行ってみたのです。
すると足下に小枝にしがみつく交尾個体が見つかりました。当時の写真です。
ヒメギフ交尾 (1992.04.25 北海道旭川市神居古澤)05
ここ神居古潭がヒメギフデビューの場所なのです。

その後、ここを訪れることはありませんでしたが、北海道のヒメギフと遊べるのも最後の春かもしれないと思うと、当地をもう一度しっかり見ておきたくなりました。ここは有名ポイントですので、撮影はなかなか大変かもしれませんが、とにかく20年ぶりに環境を楽しみたくなりました。

9時前に着くとしっかり陽が差していました。
橋を渡るとこんなものが展示してありました。当時もあったのか記憶がありません。
CIMG6527.jpg
「マムシに注意!」という立て札が恐ろしいです。ここはマムシが居るのですね。初めて知りました。

ポイントと記憶していたところへ行ってみると、採集者の方が居られましたが、嬉しいことを教えて頂きました。
産卵中の♀でした。
IMG_7260.jpg

マクロで。
DSC_9536_20120506165708.jpg
20年ぶりの再開、嬉しかったです。現地でお目にかかった方、ありがとうございました。

その後もいくつかの個体を撮影できました。
DSC_9543.jpg
代わり映えしない絵ですけどね。

運が良いことにスギタニも。今年は初めて見る個体です。ヒメギフも実は今年初めてでした。
DSC_9556.jpg

神居古潭の環境や雰囲気、しっかり記憶に刻みました。
もう来ることはおそらくないでしょう。何時までもこの地でヒメギフが舞うことを祈ります。
次の記憶の旅へ移動です。

注意
落石の恐れがありとのことで、立ち入りは10時以降になっています。
2012.05.04 大雨の今日
連休前半は天気は良かったのですが、季節が遅れていてたいした撮影も出来ませんでした。
待機がなければ遠出できたのですが、残念でした。
フリーになった連休後半は雨ばかりです。
今日は大雨で道東道が通行止めになっています。
R0011612.jpg
本当なら今頃日本海側で楽しんでいたはずですが、家に籠もるしかありません。
ストレス溜まりますわ!