国内でなかなか見つからない物が届きました。
「みね商店」というマニアックな店からです。
CIMG6405.jpg

中身は何かと言いますと、「BAY9S」という形状のバルブで、LEDなのです。我が家の車、球切れ警告が付くために、単に交換したのではだめで、キャンセラー内蔵のバルブで無いと上手くいきません。実はこいつがそれなのです。
CIMG6406.jpg

リヤのパネルを外すと、バルブソケットが4個見えるのですが、今回の対象は一番上のソケットです。
CIMG6407.jpg

で、引き抜くとこんなのが出てきます。オリジナルのバルブとソケットです。
CIMG6408.jpg

このバルブを取り寄せたものに交換すると、はい、LED化成功となるはずでしたが、やっぱりというか上手くいきませんでした。光りませんでした。
しかもちょっと面倒なことになりました。
差したLEDバルブが抜けません。どういう訳か引っかかっています。
ぐりぐりやっている内に、バルブが壊れてしまいました。

それでオリジナルと比較すると、ピンの角度が微妙に違っており大きいのです(ピンぼけで写り悪いですが)。
CIMG6409.jpg

もう一個を入れてみて改めて確認すると、ゆとりがあるためソケット内に入るのですが、引っかかって抜けなくなるのでした。これも破損。

当然ながらオリジナルのバルブに戻して、終了でした。

ちょっとしたお遊びでしたが、期待はずれの結果に時間とお金を使ってしまいました。
上手いもの食っておけば良かったです。
1年はあっという間です。
今年も恒例の十勝蝶の会総会の時期になりました。
今年は22人の参加でした。
会長のカサ爺さんの挨拶で始まります。
CIMG6364.jpg

参加者一同の雰囲気です。
CIMG6365.jpg

CIMG6366.jpg

宴会が進むに従って、酔いも回ります。
そろそろ個別写真をと、廻ります。
「こらー、またブログに載せるつもりやりー」と雄叫びのKさん。
CIMG6368.jpg
当然ですわー、参加した以上、諦めて!

会のイベント、オークションも始まりました。
CIMG6379.jpg
Kさんがいないと、オークションは盛り上がりません。

そして、夢の後が毎年のように残ります。
CIMG6403.jpg
何故かこれを見ると、いつもと同じだとほっとする私でした。

もうすぐ正月ですね。早い!

陸上自衛隊の航空隊隊員の方からイベントにお誘いを頂き、嫁と一緒にヘリに体験搭乗してきました。
機種はUH-1で一般的な兵員輸送ヘリだと思います。

実を言いますと、H5年に長男がそこの基地から小樽へ緊急輸送されるという出来事があり、どんなところで、どんな感じなのか知りたかったのです。

このヘリがUH-1です。さすがに迷彩色です。
正直、単なる輸送ヘリなのですが、格好いいです。
CIMG6348.jpg

ヘリの前で記念撮影です。
CIMG6353.jpg

帯広上空からの絵です。
CIMG6356.jpg

さて、感想ですが、乗り心地はよくありません。常に体が振動しています。15分のフライトでしたのでまだ良かったですが、これに1時間乗せられたら気分が悪くなっていたかもしれません。ヘリの仕事に就かれている方は立派です。
私にはドクターヘリはとっても無理と感じました。

良い経験が出来て良かったです。ありがとうございました。

img007_20111125182603.jpg
良い機会ですので、自衛隊に対する個人的な感想を述べたいと思います。
今の自衛隊を取り巻く環境は可哀想です。
がんじがらめになって自己決定権がほぼありません。こんな状態で本当に国が守れるのか不安です。戦えない自衛隊になっているような気がします。
もう少し裁量権を与えて、ある程度は自由に動けることが必要なのでは無いでしょうか。
本当ならリングフラッシュを使いたいところですが、飛翔用のレンズNikkor 10.5mmには装着できません。そこで何か代用品が無いか探しておりました。
すると「O-Flash」なるものが見つかりました。
ところがお値段が1万円以上!
お試しには高すぎると思いながら探していると、何故か3000円ほどで販売しているサイトを発見しました。もしかしたら不人気商品かとも思いましたが、これならお試し価格なので、購入してみました。
オリジナルのストロボに固定する仕組みです。
R0011494.jpg

R0011495.jpg

穏やかな使い方をするなら問題ないと思いますが、飛翔に使うのでカメラを振り回すことになります。すると固定力が弱くて、使い物になりませんでした。
固定力を強化してみましたが、やっぱりだめです。
そもそもカメラが非常に重くなって、取り回しにも困る始末でした。
お蔵入りしたのは云うまでもありません。
吸蜜植物が少ないと、蝶たちは大変な思いをするのですが、撮影する側にはチャンスがやって来ます。
7/18の更別村での出来事です。
このポイントではこの時期に花が少なくて、一つの花にいろいろやって来ます。
ゴマだけ3頭という場面もありましたが、この絵はゴマ、コヒョウモン、ヒメウラナミジャノメの3個体が集まった場面です。
ゴマ+コヒョウモン+ヒメウラ (2011.07.18 北海道河西郡更別村)01

ゴマ+コヒョウモン+ヒメウラ (2011.07.18 北海道河西郡更別村)02

こういった一つの花に複数種が来ているのを見る機会は思ったほど多くないように感じます。
遂に来ました雪です。
CIMG6338.jpg
まだ地面が見えているので良いですが、これから完全に雪と氷に閉ざされる状態が年末には完成して、3月まで続くことになります。憂鬱です。
まだ岩見沢の50cm積雪よりずっと軽いですが、長い冬のお遊びを考えないといけません。
北海道のツバメシジミ春型♀は青がよく出ることで有名ですが、個体差が激しいです。
今年の春の被写体を中心に掲載します。

この個体は5/28音更町のものですが、青みのかなり弱い♀です。こんな個体も居ります。
ツバメシジミ♀ (2011.05.28 北海道河東郡音更町)

次は6/3の幕別町で撮影した♀ですが、この程度の青い個体が一番多いように思います。
ツバメシジミ♀ (2011.06.03 北海道中川郡幕別町)

さて春型ではこれがウルトラ級に属すると思います。6/4の音更町のものです。
ほぼ全体が青いです。
ツバメシジミ♀ (2011.06.04 北海道河東郡音更町)
印象ですが、6月初めから中にかけて見つける♀は特に青いようです。つまり遅く出た♀でしょうか。

最後は7/25に帯広市内で撮った夏型♀です。
ツバメシジミ♀ (2010.07.25 北海道帯広市)
夏型でもこの程度青い個体が時々居ります。
さすがに全面に広がる個体は居りませんでした。
ずいぶん前からコメント頂いていたりしておりましたが、リンク追加はオフシーズンにと思い、そのままになっておりました。

otto-Nさんの「たかがヤマト、されどヤマト」ですが、本当にそう思います。私、春型のヤマトを撮っていません。
現在は生息環境外なので、狙うことも出来ません。いつかは帰郷の祭に撮るとは思いますが。
何のことはありません。要するにワインケースです。お安かったので購入しました。アマゾンで2500円、送料無料です。
CIMG6272.jpg

本当なら本物のワインセラーで適温に冷やす方が良いのでしょう。
でも最近は、赤ワインを冷やさずにそのまま飲んでおりますので、これで良しとしました。
石狩図書館の喫茶コーナーで販売している「Land Karte」のクッキーがお勧めです。
全種は食べたこと無いですが、写真のナッツ入りの細長いクッキーが特にお勧めです。
R0011496.jpg

注文して友人達にも届けました。
実は写真友達のgakuさんの娘さんが作っています。
贈り物やお土産など、いろいろな機会にお願いしようと思っています。
お試しあれ!
前回の時は時間帯を間違えて、樹上を飛ぶオオムラサキを数頭見るだけに終わりました。
今回はしっかりポイントで粘ることにいたしました。
7/24の札幌でのことです。
場所は運が良ければ国道を写し込める場所です。

さすがにちょっと時期遅れの感があり、♂は擦れている個体が多かったです。
オオムラサキ♂ (2011.07.24 北海道札幌市)02

何度となく傍を飛びすぎていくのですが、時折こんな定位置で静止してくれました。
オオムラサキ♂ (2011.07.24 北海道札幌市)11

オオムラサキ♂ (2011.07.24 北海道札幌市)18

林の中を飛び回る♂です。
オオムラサキ♂飛翔 (2011.07.24 北海道札幌市南区)16

この広場にはゼフも数種居りました。アカシジミはシーズン中に紹介していますので、今度はジョウザンミドリです。
面白い位置でテリを張っていたのですが、脚立が無くてこれはマクロのみです。
ジョウザンミドリシジミ♂ (2011.07.24 北海道札幌市)03

寒冷地によく見られる白帯が広がった異常型の♂も混じっておりました。
ジョウザンミドリシジミ♂ (2011.07.24 北海道札幌市)06

♂は擦れた個体が多かったのですが、♀はばっちりでした。
オオムラサキ♀ (2011.07.24 北海道札幌市)23

その♀を撮るgakuさんです。
gakuさん (2011.07.24 北海道札幌市)01

その後一度は飛び立ちましたが、羽化直後の個体だったのでしょうか、直ぐに静止しました。そしてこんな絵が。
オオムラサキ♀ (2011.07.24 北海道札幌市)43

国道沿いでは道路を横切って向こうまで♂が旋回する姿を見たのですが、さすがにこれを捉えることは困難でした。でも挑戦したいですね。
昨年は参加できませんでしたが、今年は日程を調整して札幌へ行ってきました。
仲間の車に乗せて頂いて先にホテルで降ろしてもらいました。
折角ですから駅周辺を歩いてみました。
有名なポプラ並木、やはり良い雰囲気です。
CIMG6317.jpg

路面電車に乗車です。15年ぶりくらいでしょうか
CIMG6318.jpg
乗車券が無い!と慌てましたが、均一料金でした。170円。
カワ爺さん宅へ向かいます。

カワ爺さん宅です。
CIMG6319.jpg
北昆の前にはここに寄るのがいつものコースです。

既になにやら始まっておりました。全員の了解をとる間もなかったので、今回はモザイク入りです。
CIMG6320.jpg

いつもの雑談後、会場へ向かいました。
CIMG6321.jpg

昨年は参加者が少なかったと聞いておりましたが、今年は盛会のようです。
CIMG6322.jpg

いつもお世話になるマツ爺さまも元気です。
CIMG6325.jpg

嬉しいですね!若手が5人も居ります!出すぞと言ってありますので、顔はオープンです。
CIMG6327.jpg

ブータンシボリアゲハの渡辺さんも参加されておりましたので、状況を教えて頂きました。
驚くことに自費参加だったそうです。調査隊なので費用は出ているものと思っていました。
面白いこと色々ありました。

余興の抽選会でトラップが当たってしまいました。
CIMG6333.jpg
持ってても私には無用な代物。それなら私にとカワ爺さんの要請に応えて、お譲りいたしました。でも最終的にはカサ爺さんへ渡ったようです。

あっという間に1次回も時間となり、2次回へ移動です。
CIMG6334.jpg
みんなで会場設定です。
その後はご想像通りの風景でした。

久しぶりに心が洗われた感じです。時々こんな風にガス抜きが必要ですね。
本当に楽しかった!
2011.11.05 最近の蝶
いよいよ蝶が少なくなってきました。
11/3、終見記録を考えなら近場を動いてみましたが、見たのはモンキチョウだけでした。
DSC_3833.jpg
しかも数頭のみ。
今年は秋に0℃まで下がる日があったりしましたので、蝶たちには厳しかったかもしれません。
仕事で外に出ていることが多いのですが、移動途中でも蝶を見ることが無くなりました。
いよいよ今シーズンは終了にしたいと思います。

本日は札幌で北海道昆虫同好会の総会です。ちょっと行ってきます。
十勝では枯れ葉がずいぶんと散って、すっかり初冬の雰囲気です。
もうすぐ初雪となるはずです。これからの長い冬を考えると、一番寂しい時期です。

今日は清水町のゴマシジミの絵です。8/6のものですが、思い出してみると既に♀が主体の時期でした。鮮度はまちまちでした。
飛翔を楽しんだり、広角で撮ったりしておったようです。
ゴマシジミ♂飛翔 (2011.08.06 北海道上川郡清水町)03

ゴマシジミ♀ (2011.08.06 北海道上川郡清水町)23

ゴマシジミ♀飛翔 (2011.08.06 北海道上川郡清水町)16

しかし、今見直してみると、飛翔もさほど追求していたわけでは無く、広角写真にも粘りがありません。この時期、精神的にもずいぶんと疲れていたようです。
何事にもゆとりが大切ですね。

このまま何の楽しみも無いと、気分も滅入ってしまうので、年明け早々にあることを計画しています。これは初めてのことで、非常に楽しみです。もっとも私一人で出来ることでは無いので、完全にお任せの感じでありますが。
楽しそうな場所へお出かけしてきます。