2011.08.31 小樽のゼフ達
7/23、オオゴマを諦めてたどり着いたのが小樽の浜です。
ゼフの有名ポイントですが、以前より個体数も多く楽しめる場所でした。
16年ぶりの当地はこんな環境になっており、かつてはこの林沿いに車で移動可能でしたが、今はだめになっておりました。
生息環境 (2011.07.23 北海道小樽市)

ちょこちょこと木を叩くと、沢山のゼフが飛び立ちます。
多いのはハヤシ、ウラジロ、ダイセン、ウスイロ、キタアカでしょうか。

ハヤシは♀が綺麗な時期でした。
ハヤシミドリシジミ♀ (2011.07.23 北海道小樽市)01

久しぶりに会いたかったキタアカも幾度も出てくるのですが、良い場所には止まってくれません。
キタアカシジミ♀ (2011.07.23 北海道小樽市)06

そのうちに、gakuさんが産卵していると思われる個体を発見!拡大すると矢印に卵が見えます。
キタアカシジミ♀ (2011.07.23 北海道小樽市)15
このことは既にgakuさんが「北海道の蝶」に掲載しています。

ここでは少ないミズイロオナガを見ることも出来ました。比較的新鮮でした。
ミズイロオナガシジミ♂ (2011.07.23 北海道小樽市)02

ウラジロは沢山いるのですが、♂はこの通りでスレスレでした。時期的なものなので致し方ないです。
ウラジロミドリシジミ♂ (2011.07.23 北海道小樽市)02

今回のこの浜でもう一つ嬉しかったのは、ダイセンの交尾を初めて見たことでした。
ウラミスジシジミ交尾 (2011.07.23 北海道小樽市)05

ウラミスジシジミ交尾 (2011.07.23 北海道小樽市)10
個体数が多いここならではのチャンスだったのでしょう。

よく考えてみると、ウラナミアカやウラキン、ウラゴマダラもまともに撮ったことが無いですね。来年は挑戦しなくてはなりません。
今シーズンもほぼ終わりな北海道です。残すはタテハぐらいでしょう。
近場のポイントさらっと流しておりました。
最近はアカマダラの3化は当たり前のようです。
まさかと思いながらもヒメシロの様子を見に行ったら、1頭ですが飛んでおりました。9月頭ならもう少し数が居るのかも知れません。十勝のヒメシロもどうやら第3化が出るようです。止まってくれないので飛翔で証拠を押さえました。
300_8775.jpg

300_8777.jpg

300_8779.jpg
夏も終わりシーズンもそろそろ終わりが近いです。
撮影も〆を考える時期になり、今年見つけたカラフトヒョウモンとチャマのポイントの最後の調査を行いました。幕別町です。
それなりにヒョウモンは飛んでいると予想していましたが、全くその通りで予想以上の成果はなしです。
2つめのポイント傍で、何故か足が畑の方へ。
するとオオアワダチソウにオレンジのシジミが。
IMG_6804.jpg

DSC_3749.jpg
ムモンアカでした。逆光ですので透けた模様から♀のようです。背景は大根畑。
なかなか良い雰囲気でした。

そこいらを一回りして戻るとまだ居りました。
反対側から絵になりますが、背景はトウモロコシ畑。これも良いと思いながらレンズを除いていると、隅に特徴的な車が入ってきました。
IMG_6816.jpg
ミニパトです。
すぐ傍で止まって、「写真ですか?あそこの車はお宅のですか?」なんて、職務質問されてしまいました。
気配でムモンアカは飛んでしまいました。
大麻探しているとでも疑われたかな?でもこんな畑の脇ですよ!
良い人工物が入ったか良いですけどね。
2011.08.25 7月の絵
だめだめな8月なので、7月の絵から未掲載のものを出します。

7/24の札幌のものです。

逆光で正体不明の写真ですが、とっている私にははっきりと分かりました。ミヤマカラスの♂でした。こんな町中を飛ぶのですね。さすがは北海道です。
ミヤマカラスアゲハ♂飛翔 (2011.07.24 北海道札幌市)

次はこれまた町中を飛ぶアイノミドリの♂です。時期的に擦れてはいましたが、すばらしい背景の絵になりました。本当はじっくり撮りたかった個体です。
アイノミドリシジミ♂飛翔 (2011.07.24 北海道札幌市)

最後はアカシジミですが、下に少し見えているのはアパートです。良い環境です。
アカシジミ♀飛翔 (2011.07.24 北海道札幌市)

人と自然が直ぐ接しているけど、それなりの都会であるのが札幌ですね。
北大の北側の門傍を飛んでいるアカシジミも見ています。これを撮れたらさぞ面白いだろと思いました。そのうち北大ツアーでもしてみたいです。
週末は浜頓別へベニを撮りに行く予定でした。しかし予報では雨。しかもマラソン大会とぶつかっておりました。片道360kmを雨予想で走るのも億劫になって日和る予定でした。
そこへ家族が友人に会いに行くので、札幌へ行きの話が出てきました。
十勝にいても天気悪いし、晴れマークのある札幌なら何か楽しめるだろうと、私は手稲山行きを急遽決めました。
何かは居るだろうし、もしかするとアサギマダラでも飛んでいるのではと妄想はふくれます。
さて、10時頃に着いた手稲山。薄日が差して良い感じの天気なのですが、タテハも居らんし、ベニも少ない状況でした。だいたい蝶自体の数が少ない!夏枯れでしょうか?
訪花中のベニを撮りましたが傷んでおりました。
IMG_6770.jpg

DSC_3710.jpg

この絵の後、30分ほど周辺を歩いたのですが、これと言った収穫も無く、そうこうしているうちに雷と伴に黒い雲が広がり始めました。
これはお終いだと判断して車に戻るとマツ爺様の姿がありました。
ぽつぽつを降り出す中を幾つか案内してもらい撤収しましたが、その後最近はやりのゲリラ雨に見舞われました。早めに諦めていて良かったです。

家族をピックアップするまでたっぷりと時間が余ったために、思いついたのがディーラー訪問でした。なにやらイベントやっているのを思い出しました。
そして見たのがこいつです。
CIMG6196.jpg
特別仕様のM3クーペ。
「折角だから乗りませんか?もう作りませんし、乗るチャンスは無いですよ」の言葉に試乗することになりました。しかし当日のイベントでは一番人気だったので、待つこと1時間でした。
とても新車で買えるお値段ではありませんし、このカラーリングですから相当な勇気がいるでしょうね。
でも、試乗中に奏ていた官能的なエンジン音は脳裏に刻まれましたね。
乗ってはいけないM社の車でした。
その他Z4も試乗してみましたが、こちらもいい音していました。
子供たちが独り立ちしたら、もう少し小型に乗り換えても良いですね、そう思いました。

イベント会場で2時間ほど時間を潰して、家族と合流、一路十勝へ戻りました。
撮影よりも試乗がメインになった一日でした。
8月初めに最新型のスマートフォンに替えていろいろセッティングをしていましたが、つい2日前に重大なことに気づきました。
それはいつの間にかパケ放題の上限に来ていたことです。
私の携帯の使い方は電話も緊急連絡など最低限、ネット利用もメール程度なので、何時も2000-3000円の利用代だったのですが、今月はいきなり7000円にはなりそうです。そもそも毎月の使い方が少ないと言われるかもしれませんが、仕事用の携帯は別にありますので、本当にプライベイトのみです。
納得いかないのは使ったつもりも無いのにパケットが上限を超していることです。不思議な現象だと思い、ちょっと調べてみると理由が分かりました。
知らないところで携帯がGoogleと同期をとったり、インストールされたソフト最新版かどうかのチェックをしていたりなどなど。
これらをオフにしても完全にはなくならないようです。
それに不用意にアイコンを押すと、直ぐにネット接続を開始します。
そもそもスマートフォンなのだからパケットが気になるなら使うなと言うことかもしれませんが、購入時点でパケットを浪費する設定になっていることが気に入りません。

ささやかな抵抗をしてみることにしました。
まずは2年まではスマートフォンのメールにはMoperaというドコモのネット業者を利用する以外にありませんでした。月500円+パケ放題の料金ですが、今は絵文字も使えるspモードというのが設定されていました。これは月300円なので、こちらへ変更しました。
携帯のメアドが変わってしまいますが、また○○@docome.ne.jpへ戻ることになりました。
あとはパケ放題ダブルの5980円をパケ放題フラットの5460円へ変更することだと思いますが、こちらはもうしばらく節約設定の経過を見てから決めたいと思っています。

とりあえずこんな画面に落ち着きました。
20110818-102405.jpg

フリーソフトは使用時に注意が必要です。一番下の広告は当然ネットに繋いだ結果表示されています。
20110816-213146.jpg
フリーソフト使用時にはデータ通信をいちいちオフにする?面倒かな?

あれやこれや節約設定を行い、一日のデータ通信量を調べてみることにしました。
昨日は1.03M使っていますが、これはspモードの設定等々で無料なので関係ありません。
今日は15KBとなかなか良い数字です。
20110818-102425.jpg

しかし画面をいじっている内に何が起こったのか、いつの間にか873KBになってしまいました。
20110818-103950.jpg

無駄な抵抗せずにパケ放題フラットへ変更して、仕方が無いと諦める方が良いのかもしれません。しばらくの間、悩みそうです。
変な分布の北海道のスジチャですが、富良野市周辺なら何処にでも居そうな雰囲気は2009年8月に確認していましたし、その後の友人たちからの情報でも富良野市なら何処でも見られるというものでした。

それならどの当たりまで見ることが出来るのか確かめてみることにしました。
丁度、天人峡へ走ったので、途中で北側分布を調べてみることにしたのです。
富良野市の近くでは面白くないと思い、空知郡中富良野町を飛び越して北富良野蝶で適当に車を止めました。国道からわずかに入った何でも無いところです。
生息環境 (2011.08.07 北海道空知郡上富良野町)
国道の標識が見えるので、直ぐ傍と言うことが分かります。

おもしろ半分の調査でしたが、直ぐに♂が見つかりました。ちょっと擦れていますが、綺麗な個体も発見。♀でした。
スジグロチャバネセセリ♂ (2011.08.07 北海道空知郡上富良野町)02

スジグロチャバネセセリ♀ (2011.08.07 北海道空知郡上富良野町)06

個体数も少なくなく、複数の♂がテリトリー張りながら飛び回っておりました。

そんな中、ちょっと違う感じの個体を見つけました。縁毛の白いセセリです。
ヘリグロチャバネセセリ♀ (2011.08.07 北海道空知郡上富良野町)
開翅もしてくれずに、この1枚で飛ばれてしまったのではっきりしませんが、ヘリチャの様に思います。おそらく♀でしょうか。ここは混生地かもしれません。再調査が必要です。

天人峡へ急がなければならなかったので、これでお終いにして美瑛町へ入ります。
これまた適当なところで車を止めて探してみると、予想外にもスジチャが見つかりました。
生息環境 (2011.08.07 北海道上川郡美瑛町)

ほんの数頭なのですが、♂♀伴に居りました。
スジグロチャバネセセリ♂ (2011.08.07 北海道上川郡美瑛町)01

スジグロチャバネセセリ♀ (2011.08.07 北海道上川郡美瑛町)01

美瑛町にいることは確実なので、後はどの程度の広がりをしているかどうかですが、残念ながら当日はここまでです。
美瑛で止まっているのか、あるいは旭川市にも侵入しているのか、なかなか興味深いです。
そもそも富良野市周辺のスジチャ、いつから居るのでしょうかね?
なんだか不思議です?
早朝から呼び出しがあり、仕事しておりました。そんな感じの一日の始まりとなり、一寸疲れもたまっているので、今日は休息日としました。
十勝は曇っていますが、蒸し暑い日曜です。

そういえば、私のブログ、いつの間にか40万アクセスを突破しておりました。ブログを開設したのは2005年の3月末でした。
マニアックなつまらない内容なのですが、多くの方に見て頂いて誠に有り難い限りです。
皆様、本当にありがとうございます。これからもお付き合い、よろしくお願いいたします。


本題です。
先週の日勝峠での絵です。
個体数はそれなりでしたが、ひたすら飛び回るベニに苦労しました。
ベニヒカゲ♂飛翔 (2011.08.06 北海道沙流郡日高町)01

ベニヒカゲ♂飛翔 (2011.08.06 北海道沙流郡日高町)06

絡み合う♂同士です。
ベニヒカゲ♂飛翔 (2011.08.06 北海道沙流郡日高町)04

ベニヒカゲ♂飛翔 (2011.08.06 北海道沙流郡日高町)05

静止している♀らしき個体が見つかりました。その絵を撮っていたら♂が見つけたようで飛んで来ました。♀は拒否をしながら移動。その時の絵です。
ベニヒカゲ♂求愛 (2011.08.06 北海道沙流郡日高町)02
絵が端なのが残念です。

同じ場所に通っても全く違う出会いがあるのが自然ですね。毎年通う定点のポイントでも面白発見が有るものです。
これだから楽しい!
2011.08.13 お盆の高原
もうお盆ですね。早いものです。ついこの間、ヒメギフを追っていたように思います。
短い北海道の〆はタテハやゴマでしょう。
この時期恒例の士幌の高原へ行ってみました。

2009年、すっかり刈られて整備されてたいたゴマ畑。これを見たときは少しショックでした。
苅られたゴマシジミの生息地 (2009.08.22 北海道河東郡士幌町)

ここがどんな風に回復してきたかを確かめることも必要と思っていました。今日の風景です。
300_8180.jpg
良い感じになっていました。ワレモコウも沢山!
ゴマも普通に飛んでいました。良かったです。

先へ進みました。今年はエルが多いように思います。
私的にこれが撮れて今日の撮影は終わりでも良かったです。
IMG_6747.jpg
青空とケートとエル!

ついでに飛翔も
300_8366.jpg

ゴマ畑より奥にも時々ゴマは飛んでいます。
何気なく撮った飛翔写真。帰ってみると久しぶりのゴマなしゴマ。士幌町では初めてでした。
300_8287.jpg

300_8288.jpg

ここでの気温は22℃。決して暑いとは言えませんが、帯広市内へ戻ると30℃でした。
暑い十勝の夏です。
今日はこれくらいで。
先週の土曜、日勝峠のベニに苦労した私ですが、面白い観察も出来ました。

峠のトンネルを抜けてすぐ当たりに小さな建造物があります。何かのアンテナでしょうか?
内部を熱くは出来ないためか、空調が動いているようでした。
その人工物の周りをタテハが飛び回っておりました。
エルタテハでした。セメントの基礎であるかないか分からない水分を摂っているようでした。
エルタテハ♂ (2011.08.06 北海道沙流郡日高町)01
本当は3頭止まっていたのですが、広角で撮ろうとして逃げられました。

何故かこの人工物の周りを何頭も飛び回っているのです。
不思議に思ってよく探してみると、こんなところにも居りました。
エルタテハ♂ (2011.08.06 北海道沙流郡日高町)02
どう見ても涼んで居るようです。私が暑いと思っているので考え過ぎかもしれません。

そして究極がこれ。
エルタテハ♂ (2011.08.06 北海道沙流郡日高町)09
空調の吹き出し口に3頭!吹き出し口は2つ有って、そちらにも2頭止まっていました。
涼しい風が出ていたのか、湿気があってぬれていたのかは不明です。

面白くなって隙間を眺めていると、コヒオドシも居りました。
コヒオドシ♂ (2011.08.06 北海道沙流郡日高町)06

逃げる気配がないので、魚眼で真下から撮ってみました。
コヒオドシ♂ (2011.08.06 北海道沙流郡日高町)04

思うに、これらのタテハたちは、水分を求めていたか、あるいは涼を求めていたかではないでしょうか。水分の目的は冷やす以外にも色々ありますから、涼に繋がるかどうかは分かりません。

最後にこんな絵を。
エルタテハ♂ (2011.08.06 北海道沙流郡日高町)11
やっぱり暑い日だったのでしょうかね?日陰に止まっておりました。
トラックでも通過した瞬間を撮りたかったのですが、逃げられてしまいました。
6月中頃から私としては初のスマートフォンであるT-01Aの調子がおかしくなっていました。フリーズしたり、アプリが起動しなかったりでした。Windoes Mobileなので初期化でどうにかなると予想していたのですが、データを失いたくなかったこともあり、だましだまし使っておりました。約23ヶ月使用したことになります。

CIMG6187.jpg
左がT-01Aでシルバーです。右が今回替えた新型機種、白です。

そこへ8/5に新型が発売になると情報があり、内容をチェックして直ぐに予約してしまいました。勿論、これまでにもいろいろ発売されているのですが、当時は2年縛りがあって、7月に入らないと解約金が発生すること、スマートフォンながら生活防水、おサイフ機能ぐらいは有っても良いのではと言う理由から、直ぐに他に替えられませんでした。
今回購入したのはシャープのSH-13Cです。OSがAndroidななります。
一番の特徴はコードに繋ぐこと無く充電できることでしょう。台に置くだけなので便利です。
R0011510.jpg

Windowsではないので、ファイル操作などどうなるか心配でしたが、基本的には違和感なく扱えそうです。
まだまだ設定しないと以前のような便利さが実感できません。
先日の週末はベニを堪能しようと行動しました。
土曜は日勝峠へ様子を見に行ったのですが、♂の最盛期で♀が出始めでした。
実はここでも飛び回るベニを見ただけで、静止画像はほぼなし、飛翔は一部にそれなりのものが入っていただけでした。
しかし、ここはそれで良いのです。実はある場所の時期を予想するために行ったようなものでした。
日曜は大雪の北西へ向かって走りました。
Gakuさんも走るというので、現地待ち合わせでした。場所は天人峡。
実は18年ほど前に一度行ったきりでした。
大汗かきながらポイントへ着くと、お一人が既に陣取っておられました。
様子をお聞きすると出始めか、少ないとのこと。
9時半くらいから12時までの間に目撃は数頭。
その間撮れた絵が実に情けない結果でした。
静止画像はこの程度。ここは黒ベニなのですが、分かってもらえますか?
DSC_3661.jpg

飛翔はなお悲惨でした。暑さのためか飛ぶ速度の速いこと!
こんな雄大な絵は求めておりませんでしたが。
300_7950.jpg

ようやく近くに来た個体もこの有様。陰ですが、翅表がみえます。
300_7968.jpg

これでピントが合っていたら、この一日は報われましたが…
300_7969.jpg

と言うことで、2日ともだめだめな結果で、三昧どころか惨敗の限りを尽くしてしまいました。2週間後の遠出に影響しそうです。
2011.08.05 楽しみな週末
10日ごとにやって来るフリーな週末、これが楽しみで仕方ありません。
前回のフリーは札幌-苫小牧でオオムラ、キマダラセセリなど楽しみました。
(先週の鱗翅学会はおまけの休みでした)

この週末、撮れるものが限られてきているので、ベニ三昧の予定で居ます。
札幌市内のオオムラサキは「都会のオオムラサキ」という言葉がまさにぴったりです。
7/24に撮った飛翔を何枚か掲載します。
結論は余り良い感じの飛翔が撮れていなかったと言うことです。被写体も何故が大破したものが上手く写っていました。比較的綺麗な個体はボツでした。

国道を背にして旋回する♂です。もう少し近くで綺麗な個体なら文句なしでした。
オオムラサキ♂飛翔 (2011.07.24 北海道札幌市南区)09

♀を探して林内を飛ぶ♂です。まあまあか?
オオムラサキ♂飛翔 (2011.07.24 北海道札幌市南区)10

真ん中よりで破損が無ければ満足できていました。
オオムラサキ♂飛翔 (2011.07.24 北海道札幌市南区)13

都会のオオムラだからこそ、こんな絵も撮れます。こんなの好きです。
オオムラサキ♂ (2011.07.24 北海道札幌市南区)20

おまけにやはり国道を背景に飛ぶフタスジです。
フタスジチョウ♀飛翔 (2011.07.24 北海道札幌市南区)03
この蝶もこんな都心で見られるとは不思議な感覚ですね。さすがは北海道!
7月初めにイシダの第一報を掲載しました。おそらく早い発生場所の、しかも早い個体群だったのだろうと思います。
その後、例年通りの発生場所で確認も出来ましたが、一段と少なくなった気がします。
踏み痕もそれなりにありました。地元の蝶屋さんではないようです。地元の方には直接聞きましたので。
今年もどうにか楽しめたイシダの姿を再掲載します。前回とは別のポイントです。

綺麗な淡いブルーノ♂です。
イシダシジミ♂ (2011.07 北海道)02

イシダシジミ♂ (2011.07 北海道)35
この色はやはり生きているから!

裏面です。
イシダシジミ♂ (2011.07 北海道)01

こんなところで吸水されても困ります。
イシダシジミ♂ (2011.07 北海道)37

のどかな風景をバックの♀です。麦畑が広がっています。
イシダシジミ♀ (2011.07 北海道)12
そっとしておいて欲しいですね。

クサフジでの吸蜜も絵になります。
イシダシジミ♀ (2011.07 北海道)11

典型的な十勝のイシダ♀の表です。橙紋が目立ちません。
イシダシジミ♀ (2011.07 北海道)07

もう十分痛めつけられました。かなり少なくもなりました。
もうそろそろ安らかな生活をさせてあげても良いのではと思います。
居なくなるときっと寂しいです。