天気は良くない撮影初日ですが、そこそこ蝶が楽しめました。

普通種ですが出来れば撮りたいと思っていたシジミの一つにウラフチベニシジミがあります。思いが通じたのかしっかりと出てきてくれました。
独特の裏面です。ゼフを連想させます。
ウラフチベニシジミ♂ (2011.03.20 香港新界大埔区)01

表も綺麗ですね。♂です。
ウラフチベニシジミ♂ (2011.03.20 香港新界大埔区)16

どうにか広角でも押さえることができて、大変満足でした。
ウラフチベニシジミ♂ (2011.03.20 香港新界大埔区)20

また廃村へ寄り道します。相変わらずタイワンモンシロが飛んでいますが、どうやら♀が食草を探しているようでした。
しばらく観察していると産卵を始めました。
タイワンモンシロ♀(2011.03.20 香港新界大埔区)05
卵は一杯付いておりましたよ。
タイワンモンシロ卵 (2011.03.20 香港新界大埔区)01

さらに戻っていると、ついに比較的大型の蝶が飛んできました。
あこがれのデリアスです。
ちょっと高さのあるところですが、贅沢言えません。
黒の色調が渋いアカネシロチョウです。
アカネシロチョウ♂ (2011.03.20 香港新界大埔区)01

裏面はこれで終わりでした。
アカネシロチョウ♂ (2011.03.20 香港新界大埔区)05
チャンスは一度きり、今回の旅でこの1頭だけでした。

カラスアゲハは割と飛んでいるのですが、吸蜜吸水をすることもなく飛び去っていくだけで、全くのお手上げ状態でした。

もう昼をまわっているのですが、近くなので鳳園の保護区に寄ることにしました。自分一人ならここに来るつもりでしたが、聞くところでは撮影者も多く、なかなか落ち着いて撮影も出来ない状態になることがあるそうです。
こんな注意書きがありました。
注意書き (2011.03.20 香港新界大埔区鳳園(Fuen Yuen))
要は「保護区であり、記帳して入れ」ということでしょうか?

ちょっと蝶相が変わりました。シロオビアゲハを含めアゲハが目に付きます。
ようやくアゲハを撮ることができました。モンキアゲハです。
モンキアゲハ♂ (2011.03.20 香港新界大埔区鳳園(Fuen Yuen))

リュウキュウミスジは時折姿を見るのですが、全く止まってくれません。仕方なく飛翔でどうにか捉えました。後ろの人物がkimarinさんです。
リュウキュウミスジ♂飛翔 (2011.03.20 香港新界大埔区鳳園(Fuen Yuen))05

ここではその他にヤマトシジミ、タイワンモンシロ、ウラフチベニシジミ、シロオビアゲハなど見ることが出来ました。カメラマンもそこそこ居りましたよ。

鳳園を後にしてバス停へ向かう途中で最後の撮影が出来ました。
キミスジです。初めて見ました。これが八重山にも居るのですね。
キミスジ♂ (2011.03.20 香港新界大埔区鳳園(Fuen Yuen))05

条件が良くない本日でもそれなりに飛んでいますから、きっと最盛期にはすごいことになるのでしょう。面白そうです。

帰りはバスです。路線バスには初めて乗ります。
香港の田舎路線ではこんな風にバスが見えてきたら、手を横に伸ばして合図しないと止まってくれないそうです。待っているだけでは何時までも止まってくれないと言うことです。
鳳園の最寄りのバス停 (2011.03.20 香港新界大埔区汀角路)
考えてみると合理的ですね。バス停で待っている人が、必ずそのバスに乗るとか限りませんからね。写真のバスは止まってくれませんでした。路線が違ったようです。
そして乗ったのは2階建てバス。2階は二人で貸しきりでした。
二階建てバスから (2011.03.20 香港新界大埔区鳳園-MTR大埔墟)

大埔墟で鉄道に乗り換え出発駅へ戻りました。
まだ時間は早いのですが、飲み食いも楽しみたいですので、広場のオープンカフェでビールとおつまみを頂き、蝶談義でした。パパイアのサラダ、すごく美味しかったです。
お付き合い頂いたkimarinさんに感謝です。

明日はどうしようかと考えていたら、なんとkimarinさんがお休みを取ってくれて、別の場所へ案内して頂けることになりました。
続きです。

イワカワを撮っていると大型のヒカゲが出てきました。
一見、シロオビヒカゲ風ですが、明らかに明るいところが好きなようです。
こんな風に日光浴します。
ヒメシロオビヒカゲ(Lethe confusa)♂ (2011.03.20 香港新界大埔区)01

接近戦は敗退。
離れてマクロで裏面を押さえました。
ヒメシロオビヒカゲ(Lethe confusa)♂ (2011.03.20 香港新界大埔区)04
裏面は地色が茶色で蛇の目が流れていません。
ヒメシロオビヒカゲ(Lethe confusa)の様です。この蝶は多いようで、至る所で飛んでいました。
そして遂に環境を含めた広角でも撮れました。
ヒメシロオビヒカゲ(Lethe confusa)♂ (2011.03.20 香港新界大埔区)10

足下をシジミがちらちらしておりました。とりあえず撮影後、同定のためkimarinさんにお任せしました。
ヤクシマルリシジミ♂ (2011.03.20 香港新界大埔区)02
するとヤクシマルリでした。表面を撮れないので紹介できませんが、日本産とは違って表のブルーに白抜けがあるのですね、タッパンみたいに。別亜種のようです。

かなり擦れていましたが、別のシジミタテハも出てきました。ホシシジミタテハ(Zemeros flegyas)というようですが、馴染みがないですね。
ホシシジミタテハ(Zemeros flegyas)♂ (2011.03.20 香港新界大埔区)03
実はこの蝶、翌日に綺麗な個体の撮影が出来ました。

初物のジャノメが出てきました。
ほとんど紋がなく、乾期型のようです。
キレバヒトツジャノメ(Mycalesis zonata)♂ (2011.03.20 香港新界大埔区)02
キレバヒトツジャノメ(Mycalesis zonata)だと思われます。
この蝶もしばしば飛んでいました。

本当に寒い冬だったようで、全体的には寂しい香港の3月のようです。
私は真冬の北海道から来ましたので、それなりに楽しめております。

まだまだ続く…
とうとう撮影日がやって来ました。
北海道の冬は長いので、蝶と遊べる日が待ち遠しかったです。
しかし、期待してたお日様は出てくれません。ホテルの窓から眺めるとガスっていました。幸いにも気温は上がる予報なので、どうにかなるだろうと気楽に考えておりました。

ホテルへkimarinさんが迎えに来てくれることになっていますが、初対面で分かるかなと気をもんでいましたが、何のことなかったです。持参した土産の六花亭の袋で直ぐに分かったそうです。
香港の事情が分からない私は、土産を先に渡してしまったのですが、彼とは公共機関を利用して移動することが分かり、荷物になって申し訳なかったです。
彼の職場では香港で自動車運転は禁止されているとのことでした。十分に理解できる道路状況です。

大埔区へ向かいます。初の鉄道に乗り、いろいろ教わっている内に目的駅に到着です。30分も乗っていなかったと思います。
タクシー乗り場へ向かいました。この緑のタクシーに乗ります。
香港新界大埔区MTR大埔墟 (2011.03.20)
香港のタクシーは少々難しくて、決められた地区内しか移動できないものや、他の地区まで乗り入れできるものなどあるようです。緑は新界地区だけです。赤のタクシーが何処でも行けるので無難とのことでした。

この辺が目的地-沙羅洞の入り口付近です。ここでタクシーを降りました。英語不可です。漢字で書いた地名を見せるのが一番分かってもらえるようです。
香港新界大埔区汀角路 (2011.03.20)

ガスのかかった道を歩いていると初物が飛び込んできました。
ヒメウラナミジャノメの仲間です。
久しぶりの撮影で条件設定が悪く、ぶれぶれ写真になってしまいました。
コウラナミジャノメ(Ypthima baldus)という和名が付いているようです。
コウラナミジャノメ(Ypthima baldus)♂ (2011.03.20 香港新界大埔区)01
裏面もどうにかぶれぶれで撮れました。

先へ進みますが、天気がなかなか良くなりません。霧状態になってきました。
当日の天気 (2011.03.20 香港新界大埔区)

そのうちに沙羅洞に着きました。廃村です。
沙羅洞(2011.03.20 香港新界大埔区)02
しかしここの環境は特別保護区で守られているそうです。
村内の出入りは自由でした。

ここではタイワンモンシロが数頭飛んでおりました。対馬では絶滅寸前ですが、ここでは普通種でした。
タイワンモンシロ♀(2011.03.20 香港新界大埔区)02

こんなのが沢山葉上に居りました。
タテハの幼虫ですが毒々しいです。余り触りたくない相手です。
ホソチョウ(Acraea issoria)幼虫(2011.03.20 香港新界大埔区)06

マクロでも撮っておきました。
ホソチョウ(Acraea issoria)幼虫(2011.03.20 香港新界大埔区)03
kimarinさんにホソチョウの幼虫であることを教わりました。

そしてようやく待望のセセリが現れました。同定は容易ではないですが、タイワンキマダラセセリ(Potanthus confucius)の様です。
Potanthus confucius♂ (2011.03.20 香港新界大埔区)02

この蝶を含めほとんどの種で個体数が少なく、貴重な絵になりました。
冬の低温が影響しているそうです。

この廃村を通り越して先へ進みます。
ルリタテハが出てきました。
越冬後で鮮度は悪いのですが、帯の色がすべて青ですね。新鮮個体ならさぞ綺麗でしょう。
ルリタテハ♂ (2011.03.20 香港新界大埔区)01

樹上を飛ぶシジミがおります。かなりの種がいるので私には同定は無理ですが、kimarinさんがイワカワだと教えてくれました。レンズで覗くと確かにイワカワ。惜しいことに片方の尾状突起が少し切れています。それ以外は綺麗な♀ですが。
イワカワシジミ♀ (2011.03.20 香港新界大埔区)01

♂も出てきました。こちらも綺麗な個体でした。残念ながら低いところへは来てくれませんでした。
イワカワシジミ♂ (2011.03.20 香港新界大埔区)02

天気は悪いのですが、適当に蝶が出てきてくれます。
変な蝶がテリを張っていました。初めてのシジミタテハです。
ヒョットコシジミタテハ(Abisara echerius)の和名が付いています。この蝶は普通にいるようです。
ヒョットコシジミタテハ(Abisara echerius)♂ (2011.03.20 香港新界大埔区)02

続く…
2011.03.27 近場の春は?
ちょっと、香港は休憩です。

流石に3月も末、近場の状況を見に行きました。市街地ではずいぶんと雪解けしてきましたので、様子を確かめたくなりました。
しかし、昨夜、さらっと降ったようです。いつものポイントもこんな感じでした。
CIMG6109.jpg

柳もやっと膨らんできた状態でした。まだ後1ヶ月は待つ必要がありそうですね。

九州でのしまびとさんのオオミ探しに刺激されて、近場を少し探してみました。ここ2年ほど越冬欄探しをしておりません。流石に北海道、探し始めて5分で見つかりました。
CIMG6115.jpg
他の木がどうだか見ませんでしたが、この夏はゼフが多いことに期待したいです。

4月中下旬には日本海側のヒメギフで活動を本格化する予定です。
初めての香港なので、観光もしてみたいと思っていました。
初日は近場を回ってくれるツアーが付いていましたので、これに参加しました。
悪いと聞いてはいましたが、霧雨の降る寒い朝でした。
300_8045.jpg
家族からは「全然暖かくない!」と文句を言われながらのツアーになりました。

何カ所も廻ったのですが、代表的なところだけ紹介します。

まずは香港の返還式典が行われたコンベンショナルセンターです。
この像が有名なのだそうです。
300_8049.jpg

中国の領土になりましたが、当時50年間はいじらないと発表があったようで、あと37年は今の香港の雰囲気が保たれると予想されます。その後はどうでしょうね?

次は海に面した有名なお寺だそうです。この絵はメインの部分ではないですが、悪いでしょう、天気!
300_8062.jpg

ここからはジャッキーチェンの自宅が見えました。見晴らしの良い山のてっぺんです。戸建てがとてつもなく高い香港にあって、すごい豪邸ですね。
CIMG6041.jpg
CIMG6040.jpg

そして私が最も期待していたビクトリアピーク。眺めもさることながら、香港の蝶がそれなりに楽しめるポイントと聞いておりました。
しかしこれですから、どちらもアウト!
300_8072.jpg
風がビュービュー吹いてガスの中でした。

後は占い師がいる有名なお寺だそうです。元の空港の直ぐ傍でした。
勿論占いはなしで終わりました。
300_8082.jpg

町中の免税店で解散でした。
この時点で、一番頼りになるKさんへ電話して、夕食の候補地を教えてもらいました。
まだ時間があるので一度ホテルへ戻ることに決めたのですが、土地勘が全くありません。
実はピックアップはホテルでしたので、自分たちで移動したことなかったのです。
ここからホテルまでは徒歩で30分くらいですが、今後の行動半径を広げるために、地下鉄に挑戦しました。
これがなかなか思うように行きません。まず地下鉄駅がどの方向かも分からず、意外と便利だったのが携帯に入れておいた地図で、GPS機能を使うことが出来ました。
20110325135434.jpg

ようやくたどり着いた地下鉄の駅で、いろいろ戸惑いながらも切符を購入!
300_8098.jpg

後は無事に乗ることが出来て、ホテルまでたどり着けました。
二駅間の料金は20数円です。
これから当分の間、香港旅行で引っ張ります。もうしばらく北海道には春は来ませんので。
しばらくお付き合いください。

出国当日の千歳は晴れておりました。これは南千歳駅での風景。
R0011419.jpg
何故こんな絵を撮ったかというと、香港の3,4月は一年のうち最も天候が悪い時期と聞いていたからです。こんな青空見られるかどうか不安でした。

新千歳空港の国際線ターミナルが出来てから、ここを利用するのは初めてでした。
国際線ターミナルへ移動する際に、こんなカートがありました。
R0011429.jpg
家族連れだったためか、荷物を載せるように促されこれで移動でした。楽ちんです。

国際線の最後ということで、カウンターはがらがらです。
R0011421.jpg
香港エックスプレスという会社を利用しました。自ら選んだわけでなく、日程からここしか該当しなかったのです。

早々と荷物も預けてチケットを入手しました。e-チケットではありませんでした。
R0011423.jpg

国際線ターミナルのロビーを散策してみましたが、たいした店もなく、がらがらです。
R0011424.jpg

いよいよ乗り込んで座ります。これを見ると中国系の飛行機に乗ったのだと実感します。
R0011427.jpg

座席のテーブルの摘みは「レカロ」と書いてありますが、すると座席はレカロ製?本当でしょうか?
R0011430.jpg

夕方の出発だったので、離陸後、まもなく夕食が出ました。
R0011431.jpg
トレイも小さいし、量も少ないです。これまでのどの航空会社より少量。でも機内では余り食べない私には丁度良かったです。味は可もなく不可もなくです。アルコールも無料でした。青島ビールです。

何度か目を覚ましながらうとうとしてる内に到着です。11:50PMと遅く、疲れもたまって絵を撮る余裕がありませんでした。
気候は予想を裏切る肌寒さでした。本当に香港かと疑いたくなります。

ホテルまでは送迎があったので迷うことなく到着。周囲の風景など全く分からずチェックイン。少なくとも早朝から市内観光の予定なので、朝食だけは確保する必要があります。
運良くホテルの直ぐ後ろにセブンイレブンがありました。
R0011437.jpg

パンの他にアルコールとつまみを仕入れます。
日本のものが多いです!
R0011438.jpg
これを撮っていると、突然「No camera!」とすごい剣幕で怒られました。でもちゃっかり絵をお持ち帰りでした。何故怒るのか正確には分かりませんが、賞味期限が1週間ほど過ぎたものでも、平気で売っていますから、そんなことが絡んでいるのでしょうか?

ビールをポテトチップスを選択しました。
R0011440.jpg
ビールなんかかなり安いです。500mlで80円くらいです。ポテトチップスはカルビーでした。110円程度。香港に工場があるそうです。

早めに飲み終わり、後は爆睡でした。
2011.03.23 香港!!
300_8096.jpg
3/18から家族旅行で香港へ行っておりました。
帰宅は3/23の早朝でした。
旅にトラブルは付きものですが、今回は出発直前から悩まされました。
当日の9:30ころ代理店から電話が入りました。「帰りの便が飛ばないことになりました。先ほど航空会社から連絡が入り、代案を検討しますが、条件はどうでしょう。」と。
「予定を切り上げての帰国は考えられないし、仕事上延泊も出来ないので、どんなに遅くなっても23日の仕事に間に合うように帰りたい」と伝えました。
とりあえず3案を提示してもらい、必ずどれかに決めますとの言葉を信じて飛び立ちました。
帰りが決まらないまま出発したのは初めてでした。
結果的には無事に帰り着きましたが、3案の中では最も条件の悪い深夜着でした。
代理店は一生懸命に交渉してくれたようです。

後日ゆっくり紹介していきますが、この旅は初対面にもかかわらず同行して頂いた香港在住のKさんのお世話とfanseabさんのポイントの情報がすべてでした
改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。
大惨事が起こって、かなりの被害や混乱が生じているこの時期に、不謹慎かもしれませんが、家族と出かけてきます。
予定はずいぶん前から出来ていたもので、まさか1週間前にこんな災害が起こるなど、予想もしていませんでした。
私たち家族がすぐに出来ることと言えば、義援金に協力することだと思いますので、これは必ず行うつもりです。
直接被災されていなくても、電力問題で日常生活が出来ていない方々も沢山居るのに、誠に申し訳ないのですが、このたびの行動をお許しください。
大変遅くなりましたが、11日に起きた大震災により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
あまりにも悲惨な映像を見て、とても更新する気持ちになれませんでした。
ひどく心が痛んだのは、被災地では食事や水が十分に行き渡らないのに、こちらではいつも通りの生活が出来ていることです。何かを口にするたびに辛い思いですが、生理的欲求にはかないません。
一刻も早く、最低限の環境が整うことを祈ります。

追伸
被災地あるいは近辺の仲間の皆さん、ご無事でしょうか?
私の方からの問い合わせは、控えさせていただいております。落ち着きましたら、書き込みやご連絡いただけると幸いです。
裏ステの関係者の皆様、ようやく復旧の目処が立ちました。
Joomlaで新しく作り直しつつあります。
urastay.jpg

問題がない訳ではありませんが、前より使いやすく出来そうです。
近々、ご連絡いたします。
Joomlaだとバックアップも再建も簡単にできることが分かりましたので、今後は大丈夫です。

Joomlaで作っていたコンテンツの再建を試してみたところ、いとも簡単に復旧できました。
erebia-site.jpg
こんなに楽だと知っていたら、WordPressは使わなかったのですが、勉強不足だったので仕方ありません。
Mapが上手く表示できない問題点が残っていますが、理由が思い当たるのですぐに直りそうです。
こちらはもう少し先の予定です。

とにかく十勝蝶の会の「すていやんぐネット版」が優先です。
池田と北見間を走っていた「ふるさと銀河線」が廃止になってもうすぐ5年が経ちます。
陸別駅では線路を一部残して、体験運転が出来るようにしてありますが、それ以外では既に線路も撤去されています。

そんな銀河線の駅舎がどうなっているのか寄り道してみました。
本当は川上駅というすごく雰囲気の良い駅があったのですが、雪のため駅舎へ近寄れませんでした。

途中で春を感じました。雪が完全に消えた訳ではないですが、春は確実に近づいているようです。
柳の穂がずいぶんと膨らんでいました。
CIMG6005.jpg

まずは上利別駅です。木造の昔ながらの駅ですね。
CIMG6017.jpg

この雰囲気は大好きです。子供の頃を思い出します。
残念ながら鍵がかかっており中には入れませんでしたが、時刻表を見ることが出来ました。
さすがに本数が少ない!
CIMG6018.jpg

次は愛冠駅ですこれがユニークな駅舎でかわいらしいです。
CIMG6020.jpg

駅の傍には湧き水があり、「愛の泉」と呼んでいるようです。
CIMG6019.jpg

陸別駅や足寄駅は、今でも道の駅や物産館として利用されているメジャーな駅なので省略です。
昨年だったか駅舎の写真本が出ていたようですので、これを買ってみるのも面白いかもしれません。
2011.03.07 オケクラフト
前にも置戸の木工製品について書いたことがありますが、木の器は暖かみがあって良いです。
こんな雰囲気も洒落ています。
CIMG6011.jpg

欠点は木の材質によっては柔らかくて傷つけやすいことでしょう。
そういう点を考慮して、置戸小学校では飯椀と汁椀をカバの木で作ってあります。
CIMG6013.jpg
木が堅いのでより丈夫なのだそうです。その分、ちょっと重くなりますが。
色が良くて、このカバ製のものが欲しかったのですが、これは非売品で手に入りませんでした。

オケクラフトのお気に入りとしては割り箸があります。
割ったときに間違いなく綺麗にすぱっと割れてくれます。
真ん中の箸がが並のもので100セットで350円です。いつもこれを購入しております。
CIMG6012.jpg

木工製品の特徴がもう一つあります。
それは使っているうちに飴色に変化することです。
我が家の食器もいつの間にか変わっていました。
CIMG6022.jpg
木工製品も奥が深そうです。

今後も少しずつですが、フォークやヘラなど充実させていきたいです。
2011.03.06 汁椀
1年ほど前に購入した汁椀に亀裂が入りました。
CIMG0034.jpg

それなりのお値段だったのですが、毎日使うものだからと購入したものです。
家電だと保証期間がありますが、これにはありません。
仕方なく我慢して使っていたのですが、亀裂がだんだん伸びてきました。

流石に諦めて代わりのものを探すのですが、これと言って見つかりません。
そこで以前から少しずつ買い足していた「オケクラフト」から選ぶことにしました。
置戸まで片道130kmのドライブです。
よく考えてみると、開いているのかどうかも確かめずに走ってしまいましたが、運良く開いておりました。
汁椀がいろいろありました。
CIMG6010.jpg

この中からこれを購入いたしました。2900円ですので、木製品は割高ですね。
CIMG6021.jpg
しかし軽くて暖かみがあります。
明日からはこれを使います
サーバーは直っているので、その気になればいつでもコンテンツを再開できるのですが、他にすることもあり進んでおりません。
が、全く手出しをしていないわけでなく、テストなどは行っています。
Joomlaで作った「観察マップ」は表示できることを確かめたので、後は復旧するだけです。
Snap127.jpg

ところが問題なのはWordPressで作っていたブログが表示されません。
実はこの問題はかつて作ったときにも直面しており、その時は原因を追及せずにおりました。
自宅で作成した内容をネットで確認するとデザインは崩れるし、うまく表示できないという問題です。
WordPress自体をネット上からインストールすると問題は解決されるのですが、今度は自宅でローカルにアクセすると見られなくなります。
Joomlaではこんなことないので、非常に面倒くさい状態だったのです。この点も気乗りがしない原因のひとつでした。
しかし、今回は解決しておかないと進歩がないので、いろいろ調べてみました。
すると予想通りの原因がありそうだと分かりました。
WordPressは「絶対パスで記載されてしまう」ことが原因のようです。
つまり、URLの先頭が変わるだけでも表示されないと言うことです。
意味分かります?
自宅でhomeというサイトを作ると、サーバー内に作るわけですから「http://192.168.○.○/home」と入力すれば見られるのですが、ネットでアクセスするときは「http://www.sample.com/home」みたいになるわけです。「/home」の前だけが変わるのですが、WordPressではこれを許容しない訳です。
完全なパスを記載していると言うことです。

どうやら解決策もあるようですが、これからテストしてみます。
上手くいけば復旧は一挙に進みそうです。
だめなら、今回はJoomlaのみで再建し、ブログコンポーネントを探してみようと思います。

追記 3/6
WordPressは諦めました。上手くいきません。
Joomlaで作り直しです。とりあえずは裏ステから。
家電製品の進歩はめざましいもので、数年経つと驚くべき性能へ進化してしまいます。
写真は左から3年前に購入した無線親機のWZR-AMPG300NH、中央が今回の主役WZR-HP G302H、右はNTTの光用ルータです。
CIMG0033.jpg

左と中央を比べて頂くと一目瞭然で、その大きさの違いに驚きます。しかも性能はかなり上がっておりました。価格も1/3とまでは行きませんが、それくらいお安くなっております。定価で10600円、ネットで購入すると7700円程度です。
昔だと古い方をそのまましまっておくか、廃棄する、譲るとかしか方法がありませんでしたが、今は嬉しいことに買い取りがあります。買い取り価格が3000円弱ですので、5000円弱で買い直すことができます。
買い取りがなかったら、おそらくそのまま使っているのでしょうね。
おそらく右側のNTTのルータも、今ならかなり小型化しているのでは想像しております。
2011.03.01 真冬の占冠
札幌向かう途中でいつも休憩するのが、占冠の道の駅だ。
小腹が空いているときは、ここで「たこせん」なるものを食べるのだが、それ以前にその日の道の駅はいつもと違う。
オープンしていないのだ。時間は既に9時を過ぎているのだが、冬は営業時間を変えたのかもしれない。
占冠はとにかく寒い!
その日も天候は雪。
CIMG0017.jpg

開いていないのでは仕方ない。
ちょっと見ると鎌倉が作ってあった。
CIMG0015.jpg

一応、中には入れる。
CIMG0016.jpg
座席とキャンドルケースが置いてある。
しかし、占冠の夜、考えただけでも寒くなる!