2010.12.30 コノハチョウ
いよいよ今年も残り少なくなりました。
今年の蝶ネタはこれで終わりだと思います。

冬に出掛けた南の島、これは填っても仕方ありませんね。
見たことない沢山の蝶が飛んでいました。

この蝶に石垣で出会えるとは思っても居ませんでした。しかし1頭だけながらゆっくりと撮らせてくれた貴重な蝶です。
表を撮ることは出来ませんでしたが、満足です。
こんな感じでテリ張ってました。
コノハチョウ♂ (2010.11.21 沖縄県石垣市)25

確かに裏面は木葉ですね。タテハモドキと同じです。
コノハチョウ♂ (2010.11.21 沖縄県石垣市)01

正面下方から見上げてみました。ちゃんとこっちを見ていたようです。
コノハチョウ♂ (2010.11.21 沖縄県石垣市)09

表面は青色は目に焼き付いています。何時かまた挑戦したいです。沖縄の方がチャンスは多いのかもしれません。
最終日にこの林道へ案内してもらった目的のひとつにヤエヤマムラサキがありました。
10時くらいからテリ張りを始めるとのことでした。
はじめに見られた個体群は高所でテリ張りです。
そうなると広角やマクロでの撮影は難しいと思っていたのですが、そのうちに1.5-2mでテリを張ってくれる個体が出てきました。
V字開翅でこれ以上は表を覗けません。
ヤエヤマムラサキ♂ (2010.11.21 沖縄県石垣市)05

こんな感じでしたから見上げる裏面もテリの雰囲気が出ています。
ヤエヤマムラサキ♂ (2010.11.21 沖縄県石垣市)06

そのうちに広角でも撮るチャンスがありました。
ヤエヤマムラサキ♂ (2010.11.21 沖縄県石垣市)16
それなりに敏感で、十分に警戒されています。

飛翔も面白いです。やっぱり青空が入ると良い感じになりますね。
ヤエヤマムラサキ♂飛翔 (2010.11.21 沖縄県石垣市)01

個体数は多くありませんでしたが、十分楽しめました。
2010.12.26 胃腸炎
クリスマスを家族で楽しんだ後の昨夜遅くから、突然の嘔吐、下痢でダウンしました。
嘔吐は数回でしたが、下痢は今日の昼過ぎまで続き、小康状態です。
ウイルス性胃腸炎なのでしょう。ノロと言うことは無いと思いますが。
とんだクリスマスになってしまいました。
レスは明日以降に書かせていただきます。
北海道のミヤマカラスと比べると明らかに青紫の色彩が強い蝶ですね。
ヤエヤマカラスアゲハ♂ (2010.11.21 沖縄県石垣市)07

ヤエヤマカラスアゲハ♂飛翔 (2010.11.21 沖縄県石垣市)01

ヤエヤマカラスアゲハ♂飛翔 (2010.11.21 沖縄県石垣市)02

じっくりと撮りたかったのですが、なぜかいつも逆光だったり、その時に限ってストロボ電池切れだったりと、運がなかったようです。
記憶にはしっかりと焼き付けてありますが、再挑戦が必要です。
ついでにオキナワカラスも見てみたいです。

カラスアゲハの仲間、中国から東南アジアにかけて各種多彩なようで、ファンが多いのも頷けます。これに填ると大変そうです。
2010.12.23 十勝、大雪
昨夜は今年最後の忘年会でした。
いつものラリー仲間が同僚宅に集まって、楽しく鍋をつつき、美酒を飲みながら過ごしました。
待機の私は最後までお付き合いできず途中で帰りましたが、最後まで楽しみたかったです。

そんな翌日の今日、すごいことになっておりました。
息子を送らなければならないので一度除雪。20cmほど積んでいました。
その1時間後またこんなに。10cm追加です。
IMGP0403.jpg

雪も見方によっては綺麗ですが…
IMGP0405_20101223102442.jpg

降りすぎはやっぱり駄目ですね。
IMGP0406_20101223102512.jpg

しない道路の除雪が間に合わず、深い轍を作っています。車はおしりを振りながら走らねばなりませんでした。
帯広空港への便は、既に2便が欠航しています。
今日帰ってくる予定の娘、どうするのだろう?
2010.12.21 皆既月食
一応、話題になっていますし、十勝は晴れているので見てみることにしました。
帰りに車内から見ると、本当にオレンジ色の月でした。
早速自宅ベランダから観察です。
IMG_5757.jpg

ズームしてみました。
IMG_5761.jpg
きちんとした三脚を持っていないので、鮮明さが今一つかもしれませんが、オレンジの月でした。

しばらくすると左側から明るくなってきました。
IMG_5775.jpg
そして、白っぽくなってきたようです。こちらでは9時過ぎまで観察できるそうですが、寒いのでここで終わりとしました。
2010.12.20 クロアゲハ
南のクロアゲハはど派手ですね。
赤紋が大きく発達して、色も鮮やかですね。
クロアゲハ♀飛翔 (2010.11.21 沖縄県石垣市)04
初めて見たので驚きました。
九州本土や本州のものとは、別物みたいに見えますね。

しかも後翅の表面は黒というより、少しブルーが乗っているようでした。
2枚目は特にストロボ焚いているので、そのブルーがよりはっきり出ているようです。
クロアゲハ♀飛翔 (2010.11.21 沖縄県石垣市)07

本土と同じ種でも、大きく変化がある種もいるので、そんな楽しみ方も八重山では出来るようです。
旅もいよいよ最終日になってしまいました。
遊びの時間はあっという間に過ぎますね。仕事はなかなか終わらないのですが。

最終日も晴れてくれました。午前中だけの撮影になるので石垣近郊を案内してもらいました。
そのポイントは私にとって最高の場所でした。
こんな環境です。
生息環境 (2010.11.21 沖縄県石垣市)

ネッタイアカセセリが乱舞していたのです。最初に出会った蝶がネッタイアカで、しかも止めた車の前です。
その先に行くと次第に数が増えて、どれを撮ろうかの状態でした。
ネッタイアカセセリ♂ (2010.11.21 沖縄県石垣市)06

前翅外縁の黒紋のかすれ具合が何とも言えません。
ネッタイアカセセリ♂ (2010.11.21 沖縄県石垣市)09

正面からも撮ってみました。
ネッタイアカセセリ♂ (2010.11.21 沖縄県石垣市)18

セセリの中でも、この手の仲間は大好きです。
やっぱりアサヒナを撮りに行かねばなりますまい。
最終日も晴れてくれました。
ホテルを寝床にしているオオごマダラも健在で、その朝も飛び回っておりました。
おそらく近くに発生地があるはずですが、未確認です。周囲に数頭いるようでした。
吸蜜を撮ることも出来ました。
オオゴマダラ♂ (2010.11.21 沖縄県石垣市)01

オオゴマダラ♂ (2010.11.21 沖縄県石垣市)06

飛び回る個体は飛翔撮影に最適です。こんな所を飛びます。
オオゴマダラ♂飛翔 (2010.11.21 沖縄県石垣市)05
しかし、恥ずかしい!ホテル玄関には、ツアー団体様がバスを待っており、熱い視線を浴びざるを得ません。

すごいぼろぼろの個体ですが、こんな風に町中を飛んでいました。これもホテルの傍です。
オオゴマダラ♂飛翔 (2010.11.21 沖縄県石垣市)14

出発前に一汗かいてのどが渇いたので、一杯やってます。
gakuさんと私 (2010.11.21 沖縄県石垣市)

そして最終日のスタートです。
久々にこの蝶にも会えました。大学時代の沖永良部島以来ですから25年ぶりくらいです。
ツマベニチョウ♂ (2010.11.20 沖縄県西表島)01
綺麗なオレンジです。
やはりハイビスカスでの吸蜜が南国的で絵になるのだと思いますが、蜜が少ないのか吸蜜時間が極めて短いため、止まったところを追いかけても写す時間がありません。
来そうな花の前で構えて待つしかなさそうです。
そんな時間的余裕がなく、こんな絵しか撮れませんでした。
いつか再挑戦が必要です。広角でも撮りたいです。
これも小さい蝶ですね。
ツシマウラボシよりも一回り小さい個体でした。見たのはこの1頭だけなので、たまたま小さい個体だったのかもしれません。
リュウキュウウラボシシジミ♂ (2010.11.20 沖縄県西表島)01

リュウキュウウラボシシジミ♂ (2010.11.20 沖縄県西表島道)03

ちょろちょろと飛んできて止まってくれましたが、直ぐに飛び立ちまた止まるを繰り返していましたが、さすがに飛んでいってしまいました。
撮れた枚数も10枚ほどです。
最近は減少しているのだそうです。
運が良いとのことでした。
前の日は余り天気も良くなかったのですが、2日目は朝から青空も見えて、とっても期待できました。
昨夜確認したオオゴマダラは朝も同じ場所に静止しておりました。やっぱりここで夜明かししたようです。
オオゴマダラ♂ (2010.11.20 沖縄県石垣市)01

やいまの2日目は西表島に渡ります。何処も初めてで楽しみですが、昔から聞いていた西表、私にはその言葉の響きがとっても素敵でした。
船に乗る前の私たち3人です。
私たち3人 (2010.11.20 沖縄県石垣市石垣港)

南の海の色はとっても綺麗ですね。湾内の船着き場ですらこの色です。
港内の海 (2010.11.20 沖縄県石垣市石垣港)

ここから大原(西表)まで40-50分程度の船旅でした。
ここが大原です。
大原フェリー乗り場 (2010.11.20 沖縄県大原)

島内を転々と移動しました。
途中でセマルハコガメが見つかりました。
セマルハコガメ (2010.11.20 沖縄県西表島)

天然記念物だそうです。腹側が面白い構造になっていたようですが、無知な私は分かりませんでした。

この日の裏話の目玉は、なんとcactussさんに出会ったことです。彼も神出鬼没ですね。何処にでも出現するのではないでしょうか?
cactussさん、gakuさん、Noreenさんと私 (2010.11.20 沖縄県西表島)

入野さんから教えていただいた大事なことがあります。
西表島の林道に入るときは許可がいるそうです。彼は当日の許可証を持っていました。トラブルにならないように注意が必要です。
入林申請書 (2010.11.20 沖縄県西表島)

船で石垣に戻った私たちは夕食へ出かけました。
恐ろしいことに3日ともあの例の店です。
注文の時は「まだ食べていない店のお勧めは何ですか?」で通用しました。
この蝶、まだ迷蝶の取り扱いでしょうか?
西表ではすっかり定着している感がありますが、近年、環境が破壊されて激減したそうです。少しずつ回復軌道に乗っていると聞きます。
西表での活動目的の一つでした。

環境に着くと、直ぐに1頭が出迎えてくれましたが、大破した♀でした。
シロウラナミシジミ♀ (2010.11.20 沖縄県西表島)02

丁度、食草に静止してくれたので広角で押さえておきました。
シロウラナミシジミ♀ (2010.11.20 沖縄県西表島)05

残念ながら個体数が少なくて、時折♂が飛んでくる程度です。
その♂も遠くからしか撮影できませんでした。
シロウラナミシジミ♂ (2010.11.20 沖縄県西表島)01

本来なら飛翔で綺麗な薄青い表を撮りたいところですが、そんなチャンスはありませんでした。
一度の遠征でいろいろ撮りたいと思うのも欲張りですから、出会えただけでも良しとしましょう。
シロウラナミやツマベニチョウを撮っていると、入野さんがあそこにシロオビヒカゲが止まっていると教えてくれた。
しかし指の差す方を見ても木々でさっぱり分からない。
しばらくじっと見つめていると、本当だ、見つかった。
シロオビヒカゲ♀ (2010.11.20 沖縄県西表島)01

証拠写真にしかならないが、好きなヒカゲなのでうれしい。
本来ならもっと近づいてゆっくり撮りたいが仕方ない。

この後すぐに飛んでいって、後にも先にもこの一回だけのチャンスだった。
ミカドを撮り終えて次の目的地へ向かいました。
どうやら先ほどまで雨が降っていたようで、アスファルトが一部濡れていました。
タイワンキマダラの有名ポイントだそうです。
この蝶も初めて見るので性格など分かりませんが、飛び回ってなかなか撮影は難しいと聞いていました。
すると早速タイワンキマダラは出てきました。
タイワンキマダラ♂ (2010.11.20 沖縄県西表島)06

運がいいことに活動を始めたばかりのようで、すぐに制止したり、吸蜜にやってきます。
タイワンキマダラ♂ (2010.11.20 沖縄県西表島)08
マクロでの撮影は意外に楽ちんでした。

しかし広角はやはり難物でした。
それでも何度かトライするうちに、無事に収まってくれました。
タイワンキマダラ♂ (2010.11.20 沖縄県西表島)19
有名ポイントにようですから、モザイクは必要なかったかもしれませんが、一応入れておきました。

合間合間に飛翔も撮ってみましたが、それなりです。
タイワンキマダラ♂飛翔 (2010.11.20 沖縄県西表島)01

初の八重山、撮るものが多くて楽しいですね。
2010.12.08 ミカドアゲハ
マダラ、コウトウシロシタを撮って移動中に、交通事故に遭って動けなくなったミカドアゲハが見つかりました。
道路の端にじっとしていました。♀のようです。
ミカドアゲハ♀ (2010.11.20 沖縄県西表島)03

みんなで写真を撮り始めると、逃げたかったのか開翅してしまいました。
ミカドアゲハ♀ (2010.11.20 沖縄県西表島)05
驚きの青筋ですね。私は本土のミカドは見たことありますが、八重山のは初めてでした。
東南アジアでも見たはずですが、印象に残っていません。
本土のミカドより遙かに青いです。

車が少なくて幸いでした。こんな感じの場所でした。
ミカドアゲハ♀ (2010.11.20 沖縄県西表島)07

とても生き残れるとは思いませんでしたが、道路脇へ移動させて終わりにしました。
この蝶ももともとは迷蝶で、簡単に見られる物ではないのかもしれません。
石垣では7-8mあろうかという高所の花に吸蜜に来ていましたが、広角では絶対に狙えないので、直ぐに戦意喪失しておりました。

そんなこの蝶が西表では目の前で吸蜜しておりました。
マルバネルリマダラ♂ (2010.11.20 沖縄県西表島)04
同時に写っているツマムラサキマダラが綺麗です。

ただし、マダラチョウ科、どうしてこんなにも敏感なのでしょうね。
特にマルバネルリマダラは気配に敏感でした。
ストロボ焚くと、直ぐに落ち着きなくなります。
そしてこんな所に羽を休めて、しばらく警戒しているようです。
マルバネルリマダラ♂ (2010.11.20 沖縄県西表島)08

待っているとまた花に戻ってくるので、そんな時がチャンスですが、
長玉なのにシャッタースピードの調整を忘れて、ぶれぶれになってしまいました。
マルバネルリマダラ♂ (2010.11.20 沖縄県西表島)11
惜しかったです。
初めて見る蝶です。
出会いは突然で、タイワンヒメシジミを撮っていたらやって来ました。
ベニモンアゲハ♂ (2010.11.20 沖縄県西表島)05
久しくジャコウアゲハも見ていなかったので、あの赤い胴体がすごく印象的で、毒々しく感じられました。南のアゲハ、よく考えてみると赤が発達していますね。

移動してツマベニ狙っていたら、やはりベニモンアゲハが飛んでいて、そこではそこそこの個体数が見られました。
さすがに入野さんはどっかに食草があるだろうと探し当てました。
見ると食痕付き。
ベニモンアゲハ幼虫食痕 (2010.11.20 沖縄県西表島)

めくると太った終令幼虫が居りました。
ベニモンアゲハ幼虫 (2010.11.20 沖縄県西表島)01

ウマノスズクサははこんな環境に自生しておりました。
ベニモンアゲハ幼虫 (2010.11.20 沖縄県西表島)06

ここでのベニモンアゲハは新鮮な物が多かったです。
ベニモンアゲハ♂ (2010.11.20 沖縄県西表島)02

残念ながら広角での接近戦は敗退でした。
八重山2日目の西表はタイワンヒメシジミから始まり、いろいろな蝶を撮ることが出来ましたが、私にとってはこの2種を撮影できて、その日はもう十分といった感じでした。

マルバネルリマダラなどを撮っていたときに偶然見つけたコウトウシロシタセセリはとっても新鮮でした。
コウトウシロシタセセリ♂ (2010.11.20 沖縄県西表島)04

この周囲の花から離れることなく、ずいぶん長い間吸蜜してくれました。おかげで広角もうまく撮れました。
コウトウシロシタセセリ♂ (2010.11.20 沖縄県西表島)24

そのうちに飛ばれたのですが、独特のこんなシーを見ることが出来ました。
コウトウシロシタセセリ♂ (2010.11.20 沖縄県西表島)33
葉の裏面に制止しています。

そしてこの後に新鮮なネッタイアカも姿を見せてくれました。当日2頭目です。
ネッタイセセリ♂ (2010.11.20 沖縄県西表島)03
私はこの仲間が好きです。渋い色してます。

実は翌日たくさんのネッタイアカを見ることが出来ました。珍しいことだそうです。
西表に大変小さいシジミが居るという。しかも環境変化で生息地が急速に失われていると聞いていたので、これは是非とも撮っておきたかった。
やいま旅行の2日目は西表へ渡った。朝から快晴。

こんな環境にすんでいる。食草はコマツナギの仲間。
タヌキコマツナギ (2010.11.20 沖縄県西表島)03

まもなく足下から飛び出した個体を発見。枯れ草に止まった。なかなか美しい裏面だった。
タイワンヒメシジミ♂ (2010.11.20 沖縄県西表島)03
写真では大きさをなかなか表現できないが、ホリイコシジミより小さいだろう。
飛んでくれなければ見つけ出せない。

食草の花に吸蜜にくる個体も見られた。
タイワンヒメシジミ♂ (2010.11.20 沖縄県西表島)26
ミヤマシジミの食草のコマツナギによく似た葉だ。

時折、開翅する個体もいる。表は黒に橙の斑紋で地味な蝶だ。
タイワンヒメシジミ♂ (2010.11.20 沖縄県西表島)18

小さいだけにこの蝶の飛翔写真ははなはだ困難。わずかに数枚しか残らなかった。
タイワンヒメシジミ♂飛翔 (2010.11.20 沖縄県西表島)04

最後にもう一枚。青空を入れてどうにか撮れた。低い場所にいつも止まるのでなかなか骨が折れる。
タイワンヒメシジミ♂ (2010.11.20 沖縄県西表島)31


もう一種気になる蝶がいるが、これはまたちょっと離れた大東島なので、また機会を改めたい。
11月に掲載した故障した自宅サーバーですが、戻ってきました。
直ったというか、新品と交換となりました
IMGP0380.jpg

良かったということになりますが、基本設定をやり直しです。
ハードディスクはそのまま残っていますので、設定やり直しですぐにもどってくれると良いのですが。
しばらくはパソコンの方で手がかかるため、直ぐには扱えない状況です。
遠征の初日は気分も高まり、なぜか早起きしてしまいます。北海道より日の出は遅いので、早起きしても真っ暗なのですが、天候が気になったりで落ち着ませんでした。
5時過ぎの暗い外を見ると、真っ黒な雲がそこまで迫っていました。
天気予報を見ておこうとテレビをつけてメガネをかけた瞬間に悲劇が起こりました。
パキッという音と伴に、レンズが落下したのです。
何とフレームが折れてしまいました。
突然壊れたフレーム (2010.11.19 沖縄県石垣市新栄町)
これまでもお尻で踏んだりして壊した経験はありましたが、自然に折れたのは初めてでした。金属疲労でしょうか?
初日から飛んだことになりました。これがないと撮影になりません。
幸いにもホテル正面のコンビニが24時間営業でしたので、瞬間接着剤を購入して応急処置いたしました。しかしどうしても力が入る部位で、たびたび外れてしまい、取り扱いになれるのに苦労したのです。
嫌な出だしです。

天気予報では雨。
朝食を摂る時間帯には土砂降りになっていました。道路が川のようになっています。コンビニへ走ったときは全く降っていなかったのですが。
大雨警報と雷注意報が出ておりました。

アポイとは相性が悪い私ですが、実は遠征では天気男のことが多いのです。記憶に残る限りでは大学時代の合宿で対馬に行ったときが台風、長野のゴマが大雨で引き返したことがあるくらいです。その他は悪くても半日は活動できていました。
きっと雨も上がるだろうと楽観的な私でしたが、その通りに8時過ぎから雨も小降りになり、良い雰囲気になってきました。

私はゆっくりとテレビを見ていたのですが、他のお二人は傘さして近場を散歩したようで、「ヤマトが飛んでるよ」と携帯でお呼びがかかりました。行動力にびっくりです。
初日は石垣でしたが、目的地に着く頃には薄日も差して、天気予報も大いに外れてくれました。
従いましてそれなりの成果があった一日で、夕食も美味しく頂きました。
冒険心のないわれわれは初日に美味しいと思ったあの店へ再び出向きました。

地元の人お勧めの魚、グルクンの唐揚げです。
グルクンの唐揚げ (2010.11.19 沖縄県石垣市美崎町さつき)

それとこれも昔からのやいまの家庭料理アダンの新芽の天ぷらです。
アダン新芽の天ぷら (2010.11.19 沖縄県石垣市美崎町さつき)
どちらとも美味しかったです。

ホテルへ戻るとちょっとした発見が。
垣根で静止しているオオゴマダラを発見です。
オオゴマダラ♂ (2010.11.19 沖縄県石垣市新栄町ホテルグランディア石垣)02

撮影結果を確認するGakuさんです。
Gakuさん (2010.11.19 沖縄県石垣市新栄町ホテルグランディア石垣)

時間的にここが今日の宿と思いました。翌朝もここにいることを確認できたので、間違い有りません。
いいホテルです。オオゴマダラ飛んでいるとは。
一日の締めがまた撮影になるとは予想もしておりませんでした。