チョウ類保全協会お勧めの本を勢いで買ってしまいました。
book2010008.jpg

勧められると弱いです。
アマゾンのギフト券が有ったのも理由ですが。
開いて一瞬びっくりしました。英語か?専門外の英文は理解に苦労しますから、これはまずいと思いましたが、よく見ると日本語の対訳が付いていました。一安心です。
未読ですが長い冬の間に読むつもりです。
蝶ネタはないので、冬に定番の食ネタです。

今年の初夏に南を散策した帰りに、時々耳にする大樹町のラーメン店「赤門」へ寄ってみました。
IMGP0235_20101028182806.jpg

疲れていたので濃厚なラーメンが食べたくなって、味噌ラーメンを注文。650円でした。
IMGP0236.jpg
この味噌ラーメン、チャーシューは無く、代わりに挽肉が入っております。味噌味はニンニクが効いた濃いめです。疲れているときには良いかもです。
もやしが沢山入ってました。
わざわざ大樹まで食べに行く価値があるかどうかはその人次第ですが、ついでなら良いかな。
2010.10.26 冬来たる
ついに冬がやって来ました。
今日の十勝は晴れていましたが、シーズンを通して最も多く越える峠が雪でした。
fuyu01.jpg
憂鬱な冬の始まりです。
冬タイヤに換えたり、いろいろと冬支度が始まります。

帰宅時の気温は3℃でした。明日は最低-2℃の予報!
でも、ちょっとした楽しみがあるんです。何時かここで紹介できるでしょう。
今日はキノコの話です。
今年は全国的に猛暑であったため、キノコが沢山出ているそうです。
報道されているように毒キノコが紛れ込んでいるのが問題です。
私は毎秋に師匠に連れて行ってもらうことが多く、稀に一人で行っても知っているキノコ以外には手を出しません。

北海道もキノコが豊作なのでしょう、職場敷地内に鮮やかな色彩のキノコが結構出ておりました。
それがベニテングダケです。
IMGP0331.jpg

傘が広がったものは20cm弱はありそうでした。この写真にはその他にも写っています。
IMGP0332.jpg

これまでの私のイメージでは猛毒キノコの一つだったのですが、地方によっては食する所もあると聞きます。ほんとだろうかと調べたのですが、実は猛毒というのは誤ったイメージで、毒があるにはあるが、さほど強くないというのが事実みたいです。
派手な警戒色の赤なので猛毒のイメージが植え付けられたのでしょうね。

さて、その中毒症状は嘔吐、傾眠、幻覚などで1日以内には消失するようです。
長野では塩漬けにて食するらしいです。
だからといって、食べようとは考えないでくださいね。責任はとりません!
2010.10.24 飛翔2種
もう蝶のシーズンは終わりのようです。
あれほど飛んでいたクジャクもここ数日の0℃近い最低気温で越冬に入ったのか、今日は僅かに1頭を見るだけでした。オオモンシロも1頭飛んでいました。
今週は初雪になるかもしれません。

さて、これまで撮ってきた中から飛翔を2枚掲載します。

まずはゴマです。
300_4063.jpg
もう少しストロボの光量があると良かったです。後の祭りですが。

モンキチョウです。
モンキチョウ♂♀飛翔 (2010.09.12 北海道中川郡)02
ストロボの光が弱くて届いていませんね。
逆光での飛翔は難しい課題です。
久々の公園散歩の時、散歩途中の犬以外にこんな動物に出会いました。

池の縁に10羽前後のかもが居りました。
人間慣れしているのか、すぐ近くまで寄ってもなかなか逃げません。
DSC_1043_20101022185313.jpg

そしてオンコの実をかじるエゾリスです。
DSC_1048.jpg
しばらく眺めていましたが、相当数をかじっていました。

冬が来るので食いだめでしょうか?越冬しないので一年中見られるリスです。

ちなみにオンコの実はて我々が食べても問題ないようです。ただし種には毒があるとのことで、果肉だけを食べます。なかなか甘くておいしいですよ。
この実を食べたことが原因ではないと思いますが、1.5日経過した頃から激しい下痢に悩まされました。辛かったです。
D5000は表題のレンズとレンズキットとして購入した。
ボディだけで十分だったのだが、不思議なことにレンズキットの方が安いのだ。
しかしもともとD5000の使用目的がNikkor 85mm Micro VRを使うための目的だったので、レンズキットのレンズは眠ったままだった。

先日の紅葉目的の散歩の際に使ってみたが、軽くてなかなかよろしい。スナップには丁度良い感じだった。

それなら蝶に対してはどうだか試してみようと、目撃できた蝶をついでに撮ってみた。
さすがに冬間近で、見たのはオオモンシロ、ベニシジミ、モンキチョウだけだったが、陽の当たる斜面を元気に飛び回っていた。

ベニシジミ 27mm(35mm換算)
ベニシジミ♀ (2010.10.17 北海道帯広市緑ヶ丘公園)02

オオモンシロ 82mm(35mm換算)
オオモンシロチョウ♂ (2010.10.17 北海道帯広市緑ヶ丘公園)02

蝶もそこそこ撮れそうな感じだ。
お散歩で使うには良いかもしれない。春にもう少しいろいろな被写体で。
今日、11月下旬並の寒さだそうで、峠では雪が降るかもしれないとのことです。
最低気温ついに0℃!
いよいよやって来ました永い冬です。
ここでの生活も6年目ですので、冬は何をして過ごそうかと考えてしまいます。
今のうちに暖かさを堪能しておかないといけません。

昨日は良い天気だったので近場の公園へ散歩に出かけました。
ここの紅葉もすごく綺麗なるから行ってみたのですが、もう始まっておりました。
私はこの木が好きです。
DSC_1029.jpg

DSC_1030.jpg

DSC_1032.jpg
まだまだら模様ですけどね。

もうしばらくすると綺麗な紅葉が見られます。
この蝶の飛ぶ速度は凄く早いです。
本州にいたときは特に気にする蝶ではなかったので、そんなイメージもありませんでした。
十勝で出会ったこの蝶の飛翔を狙ってみたのですが、これが簡単ではありませんでした。
しかし運良く2回の挑戦で、どちらとも数枚だけ撮れていました。
まずは9/26です。
イチモンジセセリ♂飛翔 (2010.09.26 北海道幕別町)01

こちらに向かってくるところを捉えました。
イチモンジセセリ♂飛翔 (2010.09.26 北海道幕別町)02

次は10/11です。この日の飛翔は花に止まる前を撮っているので、飛び方は緩やかでした。
イチモンジセセリ♂飛翔 (2010.10.11 北海道幕別町)02

イチモンジセセリ♂飛翔 (2010.10.11 北海道幕別町)03

セセリはやっぱりなかなかの強敵です。
2010.10.14 かきはげ
今日はお店の紹介です。

十勝外の方には何のことだか分からないかもしれませんが、「はげ天」という天ぷらや豚丼のお店があります。
豚丼だけを専門に販売している店舗を「ぶたはげ」というのですが、かき揚げだけを販売する専門店がいつの間にか帯広駅内に出来ていました。この店を「かきはげ」と言います。
IMGP0292.jpg

種類は何種かありましたが、私はホタテ、アスパラなどの野菜のかき揚げを頼んでみました。
IMGP0296.jpg
天ぷらがさくさくしていて、タレがまたおいしいです。
油ものなので、思いの外お腹が一杯になります。
これは時々食べたくなる丼物ですね。
2010.10.13 JpegAnalyzer
ソフトの紹介をします。

D300のトラブルでシャッター回数を知りたくなり調べました。
すると「JpegAnalyzer」なるソフトが見つかりました。

壊れる直前の絵で調べてみました。
cap10.jpg
28000シャッター強のようです。

このソフト、各カメラメーカーに対応しているか調べてみましたが、少なくともキャノン、ペンタックス、リコーでは表示されず、nikonなら使えるようです。
nikonをお持ちの方には自分のカメラのシャッター回数が調べられます。
昨日はこのレンズの試し撮りをしました。
その前後でD300が不調になり気分も消沈。仕方ないですけどね。

結論を申し上げますと、比較的低価格なレンズですが、望遠側はシャープです。絞りをなるべく解放するとぼけもよろしいです。望遠目的なので十分良いと判断しました。

以下に作例を。

広角側の55mmです。F4.5 ISO400 1/1250
DSC_1012.jpg

望遠側の300mmです。F5.6 ISO400 1/640
DSC_1013.jpg

蝶を撮ってみました。上手くぼけるかどうかを調べるために絞りをなるべく解放しています。
240mm F5.3 ISO400 1/2000
DSC_0996.jpg

280mm F6.3 ISO400 1/1250
DSC_1006.jpg

これは絞っています。
280mm F11 ISO400 1/640
DSC_1002.jpg

いかがでしょうか?
2010.10.11 D300のトラブル
いよいよ秋も深まって、蝶も限られてきました。
そろそろ撮り納めの感じだと思い、最後の定点観察へ行ってみました。

まだイチモンジセセリも複数頭飛んでおり、この飛翔を狙っていたとき、D300のトラブルがやって来ました。
シャッターが戻らないのです。ミラーが跳ね上がったままになりました。
もう一度シャッターを押すとミラーは降りるのですが、これを何度か繰り返す内に、まったくミラーが降りなくなりました。
IMGP0322.jpg
このままの状態でカメラ屋へ持って行きました。
ほぼ3年間、飛翔撮影にかなり使い込みましたから、仕方ないのかもしれませんが、ちょっと残念です。
長期保証に入っていて良かったです。
2010.10.08 マロンジャム
今年の春にとある方から頂いたマロンジャム、これが良い甘さでとってもおいしかったので、同じものではないのですが、見つけたマロンジャムを買ってみました。
ところがこれがぱっとしない味。やっぱり茨木の栗で作られた製品が一番と思い、ネットで調べても出てきません。
困ってその方に教えてメールを送ったところ、なんとセットが届いてしまいました。
IMGP0299.jpg

とっても幸せな休日の朝食を嫁と楽しんでおりますよ。ありがとうございました。
マロンジャムはこれが最高です!
久しぶりにリンクの追加です。
 
私自身は時々訪問しておりました。シーズンオフになったらネタとして紹介しようと思っておりました。
おてんとうの ちょっとええ感じ」です。
cap01.jpg

広島の自然などを紹介しております。蝶が多いかな。
なんと今NHK連ドラの風景の中に住んで居られるようです。
私は広島に4年(内1年は福山市)いたので、尾道もちょくちょく出かけておりましたので、懐かしいです。
2010.10.05 カラスシジミ
近場で観察できる蝶なのですが、年により個体数がずいぶんと変わります。
昨年は何処でも見ることが出来たのですが、今年は少なかったようです。何カ所かでぽつぽつといった感じでした。

そんな年でも市内のここならほぼ間違いなく見ることが出来ます。
広場の花で吸蜜しておりました。7/11です。
カラスシジミ♂ (2010.07.11 北海道帯広市)01

DSC_0128.jpg

少し離れたところにハルニレがあり、その木が発生木です。

♀もこの1頭でしたが見ることが出来ました。
カラスシジミ♀ (2010.07.11 北海道帯広市)06

♂♀とも新鮮で、丁度発生のピークだったのでしょう。
北海道のカラスシジミは違うんじゃないかという噂もありましたが、これはどうなったのでしょうね?
ニコン系の望遠を一つも持っていなかったので、比較的お安いこのレンズを購入しました。
IMGP0318.jpg
D3100のレンズセットに同梱されるレンズなので、入門用みたいな感じですが、写りはしっかりしているので、とりあえずこれでという感じです。
私は基本的には広角中心の撮影なのですが、時々手の届かない場所を眺めながら悔しい思いをすることもありました。これでそんな思いも少なくなるでしょう。
HPを持っていて、ブログ形式へ移行中なのですが、半年以上も放置しておりました。
いくら何でも手を加えないといけないと思い、まずはアゲハから写真を更新しようと眺めておりました。
ウスバも絵が古くなっていることに気づいて、ここ1-2年の絵を見ておりましたら、白い傾向のウスバが複数個体写って居るではないですか!
ウスバシロチョウ♂飛翔 (2009.06.27 北海道足寄郡)01

ウスバシロチョウ♂ (2009.06.27 北海道足寄郡)
何で気づかずに見落としていたのか分かりません。

かつては上士幌町のあるポイントで白いウスバを見ることが出来ましたが、勿論今は居なくなっています。
北海道全体で考えると、ある湖周辺で青森と同じような白いウスバが居たようです。

少なくとも今は北海道の白いウスバは何処にいるのか明らかではないです。
この絵を見ると、もう少し白いのが居てもおかしくないですね。
来年はこちらへ通ってみたいです。
真面目に捜してみようと思います。