イシダやカバが少ない様子ですが、逆にあちこちで目立つのがエゾシロです。
池田から音更に走る間に乱舞している場所がありました。
とりあえずこの夏の初見ですので撮影です。
エゾシロチョウ♂ (2009.06.27 北海道河東郡音更町)03

広い範囲に沢山飛んでいるのでばらけていますが、中にはこんな風に接近して吸蜜する姿もありました。
エゾシロチョウ♂ (2009.06.27 北海道河東郡音更町)07
3頭写っています。

発生の主体は♂でしたが、2頭ほど♀も混じっており、こんなシーンも。
エゾシロチョウ♂♀交尾拒否 (2009.06.27 北海道河東郡音更町)
嫌がられておりました。
この蝶、嫌いな蝶ではないですが、個体数がそこそこ多いので、余り人気はありませんね。
ミヤマしろとは違うようです。

そうそう、音更に入り何時ものポイントを見に行ったら、エゾシロが乱舞しておりました。
やっぱり多そう!
各方面からカバイロが少ないと聞こえてきます。
十勝は週末の度に天気が悪くて、私自身確認できていない蝶でした。
いくら何でももうそれなりに飛んでいるはずと思い、これまでよく見かけた場所を転戦してみました。
その結果、見ることが出来たのはこの♂1頭のみ。
本気で飛翔を撮りました。余り良いできではないですが。
カバイロシジミ♂飛翔 (2009.06.28 北海道河西郡)02

カバイロシジミ♂飛翔 (2009.06.28 北海道河西郡)03

カバイロシジミ♂飛翔 (2009.06.28 北海道河西郡)05

どうして今年少ないのか分かりませんが、何か生態系に関する理由があるのでしょうね。
寄生が多いとかいろいろ。
何方かアドバイスしてください。
6/18の足寄でのカラフトヒョウモン撮影時に実はアサギマダラを目撃しました。
何かひらひらしている(アゲハかと思いました)と近づくと、アサギマダラ!
北海道で初めて見るアサギマダラでした。道南では割と居るようですし、札幌周辺でも珍しくないそうです。しかし道東ですからね。
花に止まりそうでカメラを構えると、こちらの気配に気づいたようで飛び始めました。
マツ爺さまも見ていたのですが、私の撮影を優先してくれて採りません。その辺に止まりそうで、様子を見ていたのですが、次第に元気よく飛び始めました。採って!
号令をかけて、マツ爺さまが採るはずでしたが、なんと空振り!何処かへ行ってしまいました。

さて、もう居るはずは無いのですが、もしかするとと思い、昨日再訪問してきました。
結果は見事にnullです。

そんな訳でその他の蝶を掲載します。
6月の蝶たちは低地では既に終わりですが、内陸では今がピークでした。
上士幌から足寄にかけてヒメウスバは何処でも飛んでいる感じです。
5dmk2_0323.jpg
国道沿いでも飛んでいました。

でも不思議なことに足寄近辺ではウスバが多くなります。どんどん拡大しているようです。
5dmk2_0326.jpg

飛翔も。
300_0035.jpg

フタスジも最盛期のようでした。こちらはまったく止まってくれず、飛翔のみです。
300_9968.jpg

300_9969.jpg
個体数はそこそこ居りました。

問題のアサギマダラを見たポイントですが、ヒメウスバ、ヤマキマなどしか居りませんでしたが、ふきに止まるせせりが目に入りました。
なんとチャマです!まだ居たのですね。文句なしの終見記録でした。
DX_3314.jpg
大きく広がったふきが季節の進みを表しています。

特別な日ではありませんでしたが、それなりにいろいろな蝶を見てノンビリ出来ました。
札幌の終盤、早すぎると分かっていたのですが、オオムラを見たいとお願いしましたら、分かったと連れて行ってもらいました。
そこで見事に撮影成功です。
橋 (2009.06.20 北海道札幌市)02
すごいでしょう!こんなオオムラ、初めて見ましたよ。感動物です。

その唖然とした姿を撮られていました。リックの肩紐が延び延びになって、何ともだらしない格好です。
オオムラサキ撮影成功!
勿論帰ってすぐに調整しました。

この夏に本物を撮りたいものです。
2009.06.24 足寄の蝶
前回、カラフトヒョウモンを撮った足寄の絵です。
その時は久しぶりの撮影と言うだけでも嬉しかったのですが、カラフトヒョウモン以外にも初見出来ました。
もうピークを迎えているだろうフタスジです。場所によってはこれからという所もあるでしょう。平地では終わっていると思います。
フタスジチョウ♂ (2009.06.18 北海道足寄郡)01
左後翅は羽化不全がちょっとあるようですが、貴重な1頭でした。

そして何頭もふわふわ飛んでいたヒメウスバ。
ヒメウスバシロチョウ♂ (2009.06.18 北海道足寄郡)09
気温が低かったためすぐに静止してくれます。これは撮りやすかったです。
マクロでも撮ってみました。
ヒメウスバシロチョウ♂ (2009.06.18 北海道足寄郡)05
北海道の普通種になると思いますが、純白で良いですね。

今回は裏面が撮れなかったカラフトヒョウモン、これが限界でした。
カラフトヒョウモン♂ (2009.06.18 北海道足寄郡)
開翅状態で静止することが多く、裏面を撮るチャンスが少ないです。
まだ時間はあるので狙えそうですけどね。

この週末、天気は良さそうです。行きたいところが山ほどあり、何を中心に考えるかで変わります。
時期も読みにくく、直前まで悩みそうです。
本来なら十勝で見るはずだったこのコキマダラセセリも札幌で初見になってしまいました。
とっても好きな蝶です。中国地方では大きい個体が見られましたが、北海道は小振りです。
コキマダラセセリ♂ (2009.06.20 北海道札幌市)03

オオモンシロも飛んでいましたが、ニセアカシアの花に止まりました。まさかと思ったのですが、吸蜜でした。
オオモンシロチョウ♂ (2009.06.20 北海道札幌市)01
これは初めて見ました。

こんな塊も見つかりました。集団だとやはり気持ちが悪いですね。クジャクの幼虫です。
クジャクチョウ幼虫 (2009.06.20 北海道札幌市)01

こんな絵を紹介しましょう。
私がリンゴを撮っているのですが、奥のカワ爺さまがその姿を撮っていました。
リンゴシジミ♂ (2009.06.20 北海道札幌市)13

そのカワ爺さまの絵がこれです。
sapporo-01.jpg
自分では見られない姿です。

さて何ヶ所目かのスモモの木でこんな幼虫が見つかりました。
日本全国でリンゴとオオミスジが見られるのは札幌周辺だけでしょう。
オオミスジ幼虫 (2009.06.20 北海道札幌市)04

マクロです。
オオミスジ幼虫 (2009.06.20 北海道札幌市)05
なかなか格好いい幼虫です。終令のようです。
7月上旬には成虫が見られることでしょう。
また行くかな?
2009.06.22 訂正
今日は残りの絵を掲載予定でしたが、時間が無くなりましたので明日以降に掲載します・。
今日も雨です。十勝は本当に悲惨な天候です。
なので早めの掲載です。

昨日の札幌遠征の続きです。
予報では曇りだった札幌。上手いこと予報が外れて8時頃から1時間くらい陽が差しました。
これは嬉しかったです。
最初に出てきたのは♂でこんな感じでした。♀は一寸後から姿を見せてくれました。
DX_3238.jpg
擦れた♂で、これ精一杯接近できた絵です。
大抵は次の絵のようにシルエットを眺めるだけ。
DX_3242.jpg
恐らく体を斜めにして、陽を浴びているシルエットです。触覚が片方覗いています。これも悪くはないですが、ちゃんと♂も撮りたいと粘りました。しかし、ここでは無理でした。

♀は余り飛び回らずに、広角でもマクロでも撮る機会が何度となくありました。
マクロの絵を載せます。
DX_3264.jpg

陽が陰ってきたので、別ポイントへ急ぎました。
すぐに♀を発見!綺麗な個体です。
5dmk2_0302.jpg

この絵を撮っているとき、マツ爺さまが意地悪しにやって来ます。その姿をカワ爺さまが撮っておりました。
GX200-01.jpg
勿論、これは冗談で、皆さん優しいですから撮影をお手伝いしてくれます。

今回、お世話になったもう一人のカワ爺さまです。なにやらごそごそやっております。
300_9940.jpg

天気もだんだん下り坂。時間的余裕がないため、お二人が次々にポイントを案内してくれます。
何ヶ所か行ったところで、待望の♂の広角を得ることが出来ました。
5dmk2_0308.jpg
本来なら飛び回るはずの♂ですが、天気が逆に幸いして不活発でした。

十分にリンゴを堪能した後の締めくくりはこれでした。
DX_3280.jpg
スモモに見つかった蛹です。大きさから♀でしょうか。

お昼前に雨がぱらぱらと落ちてきました。予報では雨は夕方のはずでした。
風も出て来て気温も低いです。これ以上の探索は難しいですし、また十分に撮影も出来ましたので、撤収となりました。
実は副産物も少々あります。
明日は残りの絵を掲載しましょう。
だめかと思った札幌のリンゴシジミ、結論から言うととっても満足できる撮影でした。
マツ爺さま、カワ爺さま、ありがとうございました。
帰り着いてから、別件で一騒動あり、ようやく自宅でゆっくりしております。
ですから今日は触りの一枚だけです。
300_9929.jpg

札幌のリンゴは私にとってこだわりのある蝶でした。
行って良かったです。
詳しくは明日にでも。
それから前の記事のレスも明日以降になります。申し訳ないです。
天気のせいで毎日ぼやきたくなります。
これは精神衛生上良くないと判断して、今日お休みを取ることに火曜に決めました。2日後の天気予報を信じての決定でした。快晴の予報でした。
ところが昨夜になって予報が激変!今日は曇りに変わってしまい、気持ちもどん底です。
6月に入って撮影が出来ていませんので、期待度も高かったのです。
取ってしまった休み、じっとしていても仕方なく、カサ爺さま、マツ爺さまと足寄へ向かいました。
ガスがかかったようになって、気温も11℃。
これではどうにもならんと思いながらじっと待っていると、青空が垣間見えてきました。そしてかなり久しぶりのお日様が。
すると蝶たちが飛び始めました。6月になって初めて見る蝶たちです。
シロオビヒメ、ベニシジミ、ヒメウラナミジャノメなど。
そしてついに、撮りたかったカラフトヒョウモンが現れてくれました。
DX_3204.jpg
気温が低いのでかえって撮影には都合良くなりました。すぐには飛び立つ気配もありません。

しばらくすると次々に姿を見せてくれます。
300_9877.jpg
♂はややスレ気味のようです。

人工物背景の撮影も出来ました。
300_9889.jpg

5分ほど待つと飛んできてくれるので、飽きません。
DX_3221.jpg
広角で撮ったり、マクロで撮ったりで、それなりにカラフトヒョウモンと遊べました。

初めはどうなるかと思った今日の年休、休んで良かったです。
今日はフタスジ、ヒメウスバなど他の蝶にも会うことが出来ました。
ようやく6月を感じています。まだカラタカを見ていませんので、これも何処かで狙わなければなりません。
気持ちに余裕が出来たので、週末は札幌のリンゴに再挑戦です。
まさか6月にネタがなくなるとは予想もしなかったことで、どうして良いやら悩んでしまいます。
こんな準備は冬のオフの時にするのがいいのですが、シーズン中の悪天候が続いて時間を持て余していますので、やむなくやってみました。
今回の札幌遠征の目的、第3です。
通販で購入しても良かったのですが、ビックカメラのポイントが1000点ほどありましたので。

これまでDVD-RAMに画像は保存してきており、次にはBlue-Rayを導入予定でした。
しかし、アクセス速度の遅さと、最近経験したディスクの読み込み不能例から考え直しました。
すでにダンダラさん、fanseabさんなど仲間が導入しているHDDによるミラーリングを検討し、今回導入してみました。
以前はミラーリングというとRAIDカードを増設して設定していたものですが、最近は外付けのケースにハードとして機能が組み込んであるものが販売されています。
そのケースとHDD2個を購入しました。
GX0011172.jpg
ケースはセンチュリーでHDDはHITACHI/IBMの1TBです。
このケースはパソコンにUSB接続で、PCの電源OFFでも片方が故障したときのリビルドを行えるようです。
ただ、ミラーリングの準備として数時間同調に時間が掛かったようです(起きているうちには終わらなかったので、電源入れたまま寝ました。翌朝には処理が終了していました)。
テストしましたが、問題なく機能しているようでした。リビルドは試していませんが。
ケースは9000円弱、HDDは2個で15500円程度で価格的にも許容できると思います。

ちょっと悩むのが、これまでの写真の保管は種別にストックしていたのですが、HDDではどうすれば一番わかりやすいか決めかねています。大容量になってしまったので、どうしようかと。
後で探すには種別ですよね。撮影日だと苦労しそうです。
ちなみに私はファイル名を「種名+性別+撮影日+撮影場所+番号」にしています。特徴がある場合には性別と撮影日の間にコメントみたいに入れ込んでます。
例えばヒメウスバシロチョウ♀飛翔 (2008.06.20 北海道河東郡音更町…)01といった具合です。
相当に時期を外していますが、ネタもないですし、未掲載なので載っけておきます。

5/5、この頃はまだ順調な春だったように思います。何時もより気温が高めに推移したかもしれません。
帯広市内の公園に桜を見に行ったときの絵です。
複数のエゾスジグロシロと少数のオオモンシロが飛んでいました。
撮ったのはエゾスジグロシロ。
飛翔を連続で。
エゾスジグロシロチョウ♂飛翔 (2009.05.05 北海道帯広市)01

エゾスジグロシロチョウ♂飛翔 (2009.05.05 北海道帯広市)02

エゾスジグロシロチョウ♂飛翔 (2009.05.05 北海道帯広市)04

次のエゾスジグロシロは翌日に上川町で撮ったものです。
エゾノリュウキンカに来るヒメギフを狙っていた合間に、この蝶も良く旧蜜に来ていました。
実は初めて見る訪花でした。
エゾスジグロシロチョウ♂ (2009.05.06 北海道上川郡上川町)02
仲良く並んで吸蜜です。隣にも花はあるのですけどね。不思議です。こちらの方が多いと分かるのでしょうか?

白飛びしていますが、仕方ないです。シロチョウの絵は難しいですね。
2009.06.15 最近の車は
最近の車は便利になっています。
昔は時々ボンネットを開けて、エンジンオイルもチェックしたものです。
今はその必要がないです。
モニターにアラームが出て来ます。
IMGP0181.jpg
1Lだけなので自分で補充しました。

さて、今回札幌へ出かけた訳はついでながら車がらみでした。
元々、リンゴで行く予定だったので、支障は無かったのですが、こんなアラームが出て来ました。
IMGP0186.jpg
ヘッドライトの首振りが異常と言うことです。
今度の車はハンドル角度に合わせてヘッドライトが首振りします。要するに曲がる方向を明るく照らすと言うシステムですが、これに異常ありとのことです。
前の車には付いていなかった機能なので、別に不自由はしないのですが、ディーラは早めに直したいとのことで見てもらいました。
その結果、首振りのモーターが動かないことが分かり、ヘッドライト交換だそうです。

代車で貸してくれたのは320ツーリングでした。
IMGP0231.jpg
これは新型でした。

ナビは私の物より進化しています。
IMGP0232.jpg
よく分からないまま触っているのですが、慣れてくるとかなり便利です。
モニター画像も綺麗になったような気がします。
IMGP0251.jpg

2000ccですがエンジンも良く回り、加速性も良好でした。
今週末まで乗っているはずですが、やっぱり自分の車が良いですね。
違う車に乗れる楽しみはあるかもしれませんが、慣れない車は自然と疲れてきます。
ハイテクの塊となった最近の車は、ハードよりソフト(コンピューター関連)の不具合が多いのだそうです。
この土日は札幌のリンゴシジミを見に行く予定にしていました。
が、天候不良ですね。他の用も出来たので、どうしても行くことにしました。
仲間にポイントを教わったりして、現地に着いたのですが、曇りくらいならどうにかなるかもしれませんが、気温が低くてシロチョウも飛んでいません。
周辺を散策して終わりです。
写真はスモモのポイント。分かる人にはばればれです。
5dmk2_0285.jpg

お次はウワミズのポイント。
5dmk2_0287.jpg

情報では走りだそうで、来週でも十分OKとのこと。
どうする?
次の週末にまた行くか?
天候や他の蝶との兼ね合いできめるとしよう。
2009.06.12 キアゲハ
ストックも少なくなってきました。
5月に山菜採りへ行ったら、テリを張っているキアゲハを発見。
じっとしてくれたので撮れた絵です。
キアゲハ♂ (2009.05.10 北海道河東郡音更町)03
今年に入ってお気に入りの一枚です。
思いっきり撮りたいです。

明日はまたしても雨!
札幌近郊で撮影予定です。降っても別に用事もあるので行ってきます。
さすがに3週続きの天候不良にいらいらしてきました。精神衛生上良くないですね。
我慢、我慢。
5/12に幕別町内で撮った鳥です。
余り警官心も強くなく、すぐ近くで餌を探していたようです。
DX_3043.jpg

まったく鳥は分かりません。何方かご教示ください。


追加:
私の持っている唯一の鳥本です。学生時代の物で絵本です。
book200907.jpg
今日は本の紹介です。
知ってますか? 「なまら蝦夷」
book200906.jpg

早い話が北海道のお食事処とか隠れ宿とか温泉とか、そんな観光案内本なのですが、良くできています。一寸した登山ガイドも兼ねています。
著作権云々もありますから、代表的な山アポイを載せます。
book200906-1.jpg
下手な登山ガイドより分かりやすいでしょう。
こんな感じで手書きの地図が一杯です。ポイントを掴んでいて非常に分かりやすいです。
これは間違いなくお勧めの1冊ですね。
5年前に十勝に戻ってきたときは、ずいぶん探しても見つからなかったモンシロチョウ。
オオモンシロに押されて居なくなるのではと心配したものです。
日本の在来種は強かったようです。
年々見る機会が増えてきて、探さなくても何処かで見ることが出来るようにまで回復してきました。
この春もオオモンシロよりモンシロの方が目立ちました。
5/3、いきなり3頭を目撃して、ペアーが完成でした。
モンシロチョウ交尾 (2009.05.03 北海道帯広市)03

マクロで。
モンシロチョウ交尾 (2009.05.03 北海道帯広市)07

単にここだけの話かと思ったら、後日、別の場所で複数の飛翔個体を確認しました。
モンシロチョウ♀飛翔 (2009.05.05 北海道帯広市)

オオモンシロとモンシロ、どちらが好きかと聞かれると、控えめなモンシロの方が好きだと答えます。
オオモンシロの緑も悪くはないですが。
どうも悪いサイクルに入ってしまったようで、週末の度に天気が良くないです。
今週も雨です。
さすがに精神的に暗くなりますね。
腐っても仕方ないので、一寸探してみました。

これはまだまだ小さいチャマの幼虫です。2枚の葉の端を重ねて巣にしていました。
GX0011168.jpg
矢印の所に幼虫が居ります。8月頃には終令になるのでしょう。追跡調査予定です。

お次は最近おとなしくなって、モンシロと上手く共存しているオオモンシロです。
GX0011169.jpg
ヤマワサビの葉を食しています。蝶と分かっていても触りたくない幼虫です。
家庭菜園の害虫ですね。

他にカラスシジミも探してみたのですが、まったく見ず。もしかしたら蛹化したのかもしれません。食痕は沢山ありましたから。

次の週末は晴れて欲しいです。一寸離れたところのリンゴを撮る予定です。
久しぶりにウイスキーが飲みたくなって、酒屋へ寄りました。
どれにしようか迷いましたが、懐かしいカティーサークを見つけてしまいました。
学生時代によく飲んだスコッチです。
IMGP0228.jpg
でも一寸感じが変です。こんな瓶でしたっけ?
味は私にはよく分からず、どれを飲んでもスコッチですから。
美味しく頂いたことには違いないです。
白岩さんの自費出版写真集 「北米南加蝶記」が届きました。
book200905_20090603184810.jpg
まだぱらぱらとめくっただけですが、私の大好きなイトランセセリも載っていますし、素晴らしい本になっています。
私はこれまで2回、北米それも西海岸中心のドライブ歴があり、当然、当時も蝶を追っていました。
それで、とっても懐かしい感じがします。当時撮影もしておりましたが、大してとっても居ないので、非常に残念に思っています。
いずれは再訪したい場所です。
皆さん、見てください!
そろそろ出しておかないと、時期を失いそうなので掲載です。5/9の撮影です・
この春はなぜか個体数が少ないように感じました。
普段なら音更や帯広の河川敷に沢山飛んでいるのですが、今年は探さなければいけないほどです。
どうしてか分かりません。
それでも居るところには居るみたいです。偶然見つけた池田町のポイントには割と飛んでいました。
タンポポで吸蜜する♂です。
エゾヒメシロチョウ♂ (2009.05.09 北海道中川郡)02

別の♂です。この朝はタンポポに良く来ていました。
エゾヒメシロチョウ♂ (2009.05.09 北海道中川郡)05
後翅が破損しているので、早く出ていたようです。

♀も吸蜜していました。
エゾヒメシロチョウ♀ (2009.05.09 北海道中川郡)03

他にたいした蝶もいないので、暇つぶしの飛翔写真です。
エゾヒメシロチョウ♂飛翔 (2009.05.09 北海道中川郡)02

エゾヒメシロチョウ♂飛翔 (2009.05.09 北海道中川郡)03

エゾヒメシロチョウ♂飛翔 (2009.05.09 北海道中川郡)08

これでおしまいです。
週末にネタを仕入れないと、蝶関係はストックが無くなってきました。
以前、蝶友のぬるぬるさんから聞いてはいましたが、本当にそこそこ売ってました。
昨日、義理の次男Aさん宅へオオクワを送る準備のため、ホーマックへ行ったところ、すぐに目に付いたコーナーがこれ。
IMGP0205.jpg
どうもなじめない売り方ですね。1つずつビニール袋に入ってます。
三角紙、針、など。
下には展翅版ありますね。
値段は相応か?採集を止めたので相場が分かりません。
ホームセンターは偉大ですね、何でも揃うという謳い文句は嘘でないです。