同僚の一番下の子を引き受けたのは良いが、こんなに小さい子は久しぶり。
本当に面倒見られるのか一寸不安だったが、Aさんの笑顔に救われた。
同僚のK氏のブログには子供たちの写真が沢山出ているので、とりあえずプライバシー問題なないだろう。そこで、予告通りAさん特集。

この笑顔でどうにかなりそうと思った。良い顔してる!ちなみにもうすぐ4才。
IMGP0189.jpg
ミニカーは我が家に残してあったもの。今更役立つこともないと思っていたが、こんな再デビューのチャンスがあるとは。

一番心配していたのはこれ。時々マーキングすると聞いていたし。でも、無事にクリヤー。ちゃんと教えてくれたよー、昼間はね。
IMGP0190.jpg

虫が得意でないAさん、それはいけないと、オオクワガタを触らせるが、♂は出来ないという。それでは小さい♀に挑戦。これまた無事にクリアー。
IMGP0194.jpg
でも、手のひらに乗せるのだけはだめだと。

我が家の犬との初対面時は、マウンティングされるはさんざんな目にあい苦手だったが、一寸フレンドリーな関係を構築できたようだ。
IMGP0197.jpg

その夜は爆睡。子供の寝顔は可愛いですね。もう一人は我が家の長男。
IMGP0201.jpg

オオクワを持って帰ってもらうための準備を。容器にマットを引いてペアを入れる。
IMGP0206.jpg

おませな顔してますやん、Aさん!あなたの素敵な所かな。
IMGP0212.jpg

外は雨で遊ぶことも出来ないので、買い物ついでにプレイゾーンへ連れて行った。
そこではAさん、野獣に変身。そのパワーの凄いこと。ついて行けん。
IMGP0218.jpg

まるで野猿やろ、これは。高いところも全然平気。雄叫びを上げとった。
IMGP0222.jpg

そんなAさん、今日帰るのかと聞いてみると、明日帰ると言う。一寸嬉しいかな。
我が家3番目の子供のようだ。
両親、兄弟たちと一緒が一番だろうし、思い出を抱いて帰って頂こう。
この土日は十勝の天気がすっきりしない。
晴れているところへ走ればいいのだが、この時期これを撮りたいという特別な物がない。
そこで、まだ行ったことがない東藻琴村の芝桜を見に行ってきた。
一寸ベストシーズンを過ぎていたが、綺麗なものだった。
300_9831.jpg
ゴーカートのコースが造ってあった。これ、一寸そそられたが、我慢。

風がそれなりに吹いて一寸肌寒い。
それでも晴れているので文句もない。
300_9836.jpg

虫屋の本能でどうしても蝶を探してしまうのだが、エゾスジグロシロしか見つからない。
と思っていたら来てくれた。
今年の初見。ミヤマカラス。
DX_3188.jpg
観光客も少なくのんびりと花を楽しめた。

次へ移動中、同僚から℡が入った。どうしたのだろうと思ったら、どうやら親戚に不幸があったらしい。
それでSOS。嫁さんは帰らなければならない。彼は実はラリーで走る。チームだからどうにもならないだろう。そこで一番下の子を預かることに。家で大丈夫だろうか、一抹の不安がない訳でないが。
この子、彼の子供たちの中でも特にユニーク。とっても興味深い。
さて、これからどんな珍場面が生まれるか、久々に楽しみだ。

予告。明日はAさん特集。
5月中に釧路へ行ったとき寄った白糠のラーメン屋「やはた」の話です。
大別すると釧路ラーメンの範疇で良いのでしょうかね?
大きな店舗でした。
GX0011141.jpg
店内は50人くらいは収容可能でしたが、それでも込む日には行列が出来るそうです。
今回は遅い昼だったので大丈夫でした。

メニューです。お値段は高め。
GX0011142.jpg
九州の私にはラーメンは550円くらいと言う印象が強くて、700円もするラーメンは高いと感じてしまいます。

とりあえず何時ものように醤油を頼みました。
GX0011143.jpg
魚介類の出汁が強烈な印象です。苦手な人には堪えるかもしれません。
麺は細い縮れ麺。チャーシューはバラを使用した柔らかい物です。

仲間は味噌チャーシューワンタン入りを頼みました。結構なボリュームでしたよ。
GX0011144.jpg
味噌味の方が魚出汁の強さがかなり薄くなって自然でした。

実はサイドメニューの餃子もぱりぱりで旨かったです。

旨いのですが、出かけたついでに食べるのは良いですが、そこまで食べに行くほど魅力的ではないと個人的な感想です。
2009.05.26 釧路のチャマ2
釧路方面で何ヶ所か案内してもらい、移動する間にも良さそうな場所がありました。
1つのポイントはこんな感じ。
生息環境 (2009.05.16 北海道)
笹がかなり広がっているのが気になりますね。こんな環境は沢山あるようでした。

どうにか見つけられましたが、少ない!
チャマダラセセリ♂ (2009.05.16 北海道)

ポイント間を移動する途中にも良さそうな環境が幾つもありました。十勝と同じような環境です。
そんな場所に立ち寄りながら移動します。
そんな場所で見た1頭。かなり白いですね。いかにも北海道らしい白紋です。
チャマダラセセリ♂ (2009.05.16 北海道)02

逆にこんなに白紋が目立たない個体もおりました。こっちの方が探すのに苦労します。
チャマダラセセリ♂ (2009.05.16 北海道)09

シロバナノヘビイチゴ、これもおそらく食草になっていると思われますが、産卵を確認していないので確かではないです。
シロバナノヘビイチゴ (2009.05.16 北海道)

当日は久しぶりにこんなことをしてしまいました。
ビール片手に蝶を追いかけです。以前は良くやったのですが、最近はまったくと言って良いほどおとなしかったです。
300_9663.jpg
運転手には申し訳なかったのですが、お許し頂いて私だけ楽しませてもらいました。
まだ、若いでしょう!
いよいよだめになったかもしれません。
この2年間で成虫を確認できたポイント5ヶ所を回って、幼虫の状況を見る予定でした。
ナンテンハギは丈が10cmほどにはなっていたので、まあまあですね。
ところが幼虫がまったく見つかりません。
天気は曇りで時々小雨が混じる感じでしたので、幼虫が根際に隠れていたのかもしれません。
しかし、若齢の特徴ある網目状の食痕がまったく見つかりません。
かなりめげて帰ってきました。
1回だけの観察ですが、以前は簡単に数頭なら見つかったのに、まったく見つけられないとは本当に少なくなったように感じます。
もう1回くらいは様子を見に行ってみたいと思います。
今日は一日雨なので蝶以外のネタです。

実は新しいレンズを使っています。
デジ一眼専用レンズですが、以前から風景にもマクロ的に使えるレンズで、好みの広角も出来て手振れが付いているものを探していました。
そして新発売されたこのレンズが良さそうに思い、購入です。代わりにTamron 28-200mm Macroを売却しました。
IMGP0185.jpg
強力なマクロ機能はありませんが、蝶もそれなりに撮れますし、普通にスナップショットも良いようです。
手振れ補正はさほど強力ではありませんが、フォーカスは即座に合います。
一寸良い感じのレンズだと思います。
2009.05.22 黄色い絨毯
そろそろ終わりが近づいてきたので、急ぎ掲載です。
北海道以外では見たことがない黄色い絨毯、これは凄く綺麗です。
毎春見られる訳でなく、その年の春の気温とかで開花がまばらになったりすると、絨毯になりません。
今年は比較的良かったようです。
それはタンポポの絨毯です。
300_9568.jpg

近くでよく見るとまばらに咲いているだけですが、遠景はとっても素敵ですね。
5dmk2_0256.jpg
魚眼でのこんな世界も良いかな?

実は夏の終わり頃にも黄色い絨毯が出来ます。
これは全国的にも見られると思います。最近は北海道でも油を取るためか植えられることが多くなってきました。
ひまわりです。これは昨年の絵です。
300_8722_20090522201535.jpg
黄色い絨毯はとっても綺麗ですが、秋には別の絨毯が出来ます。これは金色色でしょうか?
また、時期が来たら掲載しましょう。
キジムシロでの吸蜜、チャマダラの姿を見ることが多いと思います。
この春は私は別の蝶の吸蜜を観察しています。

そのうちこのシロチョウはとっても嬉しかったです。
北海道では初めての吸蜜シーンでしたし、いつも飛ぶところしか見ていませんでした。
それは突然現れたツマキチョウです。キジムシロで結構長い時間吸っていました。
ツマキチョウ♂ (2009.05.16 北海道川上郡)02
もう一歩近づこうとしたら、草が揺れて飛んで行きました。

次に見たのもシロチョウです。
次々に株を訪れては熱心に吸っていました。
スジグロシロチョウです。
スシグロシロチョウ♂ (2009.05.16 北海道川上郡)03

どちらの蝶もキジムシロでの吸蜜を見たのは初めてでした。
吸蜜植物はタンポポがあったので、そちらに行っても良かったはずですが、なぜかキジムシロでした。
職場で使っていたメビウスが壊れてそのままになっていたが、ようやく購入した。いつものショップブランドだ。47,000円程度。ノートでもこんな価格で購入できるとはうれしい!
安いけど悪いスペックではない。15インチワイド液晶、Celeron 560(2.13GHz)、メモリはDDR2 2GB、HDD:250GB、2層対応スーパーマルチドライブに無線LAN内蔵、カードリーダ(SD/SDHC/MMC/MS/MSPro)付き。
IMGP0161.jpg
OSはXp Proが余っていたので、OSなしで購入してインストールした。自分の使い勝手のいいPCにするのも楽しい。

さて、壊れたメビウスだが、リサイクルPCなのでメーカーに引き取ってもらった。
販売店にでも持ち込むのかと思いきや、シャープのHPで申し込み、郵送用の伝票が届くのを待つ。それがきたら適当にコンポして宅配窓口に出すだけ。
初めての経験だった。
この時期になるとどうしてもこの蝶も出したくなります。
アカマダラです。夏型を見ると和名の由来が分かりませんが、春型、特に♀を見るとよく分かります。紅いからアカマダラです。
先日、cactussさんとご一緒の時、これまた良いアカマダラ♀が出て来ました。
アカマダラ♀ (2009.05.17 北海道河東郡音更町)01
本当に紅いでしょう。サカハチとは明らかに違います。

このアカマダラ、意外な姿を見せてくれました。初めて見る光景でした。
なんと傍の農家の芝桜に飛んでいき吸蜜開始でした。
アカマダラ♀ (2009.05.17 北海道河東郡音更町)04

アカマダラ♀ (2009.05.17 北海道河東郡音更町)05
芝桜にはいろいろな蝶が集まりますが、此は初見でした。
cactussさんが来ていなかったら、そこに見に行くことはなかったはずですから、やはり彼に感謝です。
どんな蝶が芝桜に集まるのか興味深いです。
話題を白いジョウザンに戻そう。
蝶研のSNSで既に話題になっているので、知っている方も多いだろう。
写真を拝借して掲載してみた。
フラッシュを焚いていた絵なので、実物より白っぽく写ったと思われるため、ちょっとレタリングしている。
実物はこんな感じか?
white orion

さてこの白いジョウザン、実は昨シーズンから行きたいと思いながら実現していなかった。
ジョウザンは管内にもいるし、ポイントを知らないので友人の手を煩わせねばならないということから、延び延びになっていた。
それでも場所を確認しておけば自分だけでも観察できるようになるので、今回、案内してもらったのだ。

環境はこんな感じで、いくつかポイントはあるようだ。
典型的なガレ。
生息環境 (2009.05.16 北海道釧路市)01

崩落したガレ。
生息環境 (2009.05.16 北海道釧路市)02

結論を言うと今回はフライイング気味。出ている可能性はあるも、ピークではないとのこと。
時々はっとさせるすごい数のコツバメが紛らわしかった。
コツバメ♂ (2009.05.16 北海道釧路市)

実は難しいらしい。ここは個体数が少ない上に、白い個体は20頭くらいに1頭らしい。しかもこんなに白いのは珍しいと。
5月末にもう一度挑戦したいが、嫁の東藻琴村芝桜ツアー希望との兼ね合いでどうなるか?
同僚との山菜狩りも予定している。
釧路ジョウザン、チャマの続編の予定だったが、急遽変更。
蝶友のcactussさんがアポイのヒメチャ+十勝の蝶目的で来道。
情報を提供してあったのだが、今年は一寸変で個体数も少ない。
周囲の情報から提供したポイントでは悲しい結果と終わる可能性もあり、場所を変更して撮影してもらうことにした。
予報では本日から下り坂。思わしくない感じだったが、良い方に外れてくれて晴天となった。
約束時間のを早めてジョウザンポイントへ向かった。
予想通り5頭程度は飛んでいた。
300_9685.jpg

DX_3162.jpg

これで最低限のお約束は果たせた訳だ。私もほっとして次なる被写体を探してみると、チャマが出て来てくれた。昨日からチャマ三昧になっている。
300_9807.jpg

DX_3172.jpg

そのチャマを接近戦で撮るcactussさん。
300_9810-1.jpg
彼の一眼はバリアングル液晶で、こんな格好でも撮れる。
私ならもっと不格好になる。

次々と北海道特産種の撮影が進み、私もほっとした。後は後日のヒメチャのみか。
彼の成果を期待したい。
詳しいことは彼がブログに掲載するだろう。
2009.05.16 釧路のチャマ
今日はお触りだけです。
釧路の白いジョウザンを見たくて出かけましたが、フライイングでした。
ついでにチャマのポイントを幾つか案内して頂き、無事に撮ることが出来ました。
釧路方面は全くの未知で、とっても楽しかったです。
皆さんありがとうございました。
DX_3152.jpg
2009.05.15 幕別町愛国
この地名、蝶屋ならよく知っているだろうし、一度は憧れた場所ではなかろうか。
中学の時読んだ、新しい昆虫採集地案内(I)帯広近郊に書いてあったと思う。
リンゴ、カバイロなど北海道特産種のとれる場所だったはずだ。
何度も何度も同じページを読んだものだ。
その愛国駅、今は廃線になり線路もほぼ撤去されて、駅だけが残る。
幸福駅はその名から観光地となっているが、こちらは寂しいものだ。
私自身行ったことがなかったので、ちょっと立ち寄ってみた。

改修されたのか新しい感じの立て付けの駅
5dmk2_0246.jpg

観光用に設置されたのだろう、有名な幸福駅までの切符。
5dmk2_0247.jpg

残されたレールには機関車が展示してあった。
5dmk2_0248.jpg

駅の看板
5dmk2_0249.jpg

採集案内書かれた当時の風景はどうだったのか分からないが、今とても周囲で蝶がたくさん舞うような環境ではない。ここから幸福までもすっかり変わってしまったと思われる。
当時の風景を見てみたいものだ。
初見記録を整理してみました。
私個人の記録ですから、もっと早い時期に見て居るぞなど、ご意見もあろうかと思います。
あくまでも私自身が主に週末に観察したものだとご理解ください。

種名2009年2008年2007年2006年
エゾスジグロシロ 4/19 4/13 4/75/3
エゾヒメシロ5/2
 4/19  
キアゲハ5/9
5/3
  
コツバメ 4/194/19
4/28
5/3
ツバメシジミ 5/9 5/3  
 アカマダラ 5/3 4/195/12
 
ミヤマセセリ4/294/195/5 
チャマダラセセリ5/34/295/125/20
ルリシジミ4/19 5/3 
ジョウザンシジミ5/24/205/65/7
モンキチョウ4/18  5/7
モンシロチョウ5/3   
アゲハチョウ 5/4  
カラフトタカネキマダラセセリ 6/76/26/4
ヒメウスバシロチョウ 6/7 6/18
シロオビヒメヒカゲ  6/26/3
フタスジチョウ  6/16 
カラフトヒョウモン  6/166/18
カバイロシジミ   6/18
ベニヒカゲ  7/21 
2009.05.13 黒ワイン
蝶の話ばかりでは少々面白みに欠けるかもしれないので(蝶のブログなのだか)、ここでコーヒーブレイク。
黒ワインの話だ。
皆さんはもうとっくに知っているかもしれないが、フランスのカオールで取れる濃厚な赤ワインの事を、黒ワインと呼ぶらしい。色は濃い赤だが、決して黒というわけではない。
興味あったので取り寄せてみた。
蔵元は幾つかあるのだろうが、今回は2種の黒ワイン。
IMGP0162.jpg

さて、グラスに注ぐと確かに濃い色の赤だ。
IMGP0163.jpg

光にかざして見ると透光性が確かに悪い。凄く濃い色なのだろう。
IMGP0164.jpg

お味は色ほどえぐ味はない。赤ワインの渋みが強いかと思ったが、以外にまろやかだった。
普通の赤の方が余っ程渋いかもしれない。
赤好きな私には時々飲んでも良いと思わせるワインだが、特にこだわらない方にはお勧めしない。
価格的には決して高価ではないが、普通に店では販売していないと思われるので、入手が面倒だという理由からだ。
でも、興味ある方は一度、お試しあれ。ワイン通に一歩近づけるかも。
2009.05.12 アカマダラ
北海道に初めて来た春、アカマダラとサカハチの区別が付かずに苦労しました。
慣れると難しい訳でもなく、そもそも発生時期が違うという時間的棲み分けをしているので、普通は区別に苦労しないようです。
アカマダラという名も♀の赤さから来ているのだろうと思うようになったのも、最近のことです。
そのアカマダラ、この春も各地で見ていますが、思うようには撮れません。
アカマダラ♀ (2009.05.09 北海道河東郡音更町)01
♀の裏面ですが、最後まで表は撮らしてくれませんでした。
本当に赤いのですけどね。

♂もサカハチと比べると赤いです。
アカマダラ♂ (2009.05.09 北海道河東郡音更町)06

♂の裏面です。テリを張っていました。
アカマダラ♂ (2009.05.09 北海道河東郡音更町)07

別個体のマクロです。
アカマダラ♂ (2009.05.10 北海道歌河西郡更別村)01

このアカマダラが姿を消す頃に、一回り大きいサカハチが出て来ます。
そうなると初夏。ヤマキマダラヒカゲやコチャバネセセリも飛び始めます。
昨年も狙ってみた道路脇のチャマ、とりあえず今年も一度は挑戦してみました。
キジムシロは良い感じです。
300_9619.jpg
こんな感じで撮れると嬉しいのですが、甘くないです。
肝心のチャマが居りません。

しばらくうろうろ何往復したでしょうか。そろそろ場所替えしないと先が見えそうでないと諦めかけたとき、1頭現れてくれました。
5dmk2_0215.jpg
舗装道路が見えないが仕方がないです。

ちょこちょこ飛んで位置を変えるのですが、マクロでも一応押さえておきました。
DX_3052.jpg
小さなキジムシロに上手いこと止まってくれています。

さて、どうにか道路を入れて撮りたいとがんばったのですが、最終的にはこの広角を最後に何処かへ飛んでいきました。
5dmk2_0221.jpg
思ったようには撮らせてくらませんね。

その後、チャマの新ポイント探しにうろうろ。余りぱっとしませんでした。
天国が見つかりません。
ガレのジョウザン、河原のジョウザンと撮りためた今年の絵を掲載します。
別に変わったものではありません。
ただ、10数年前より青い感じがするのですが、どうでしょうか?

ガレのジョウザン。翅をすりすりしていました。
5dmk2_0112.jpg

裏面
300_9503.jpg

同じ個体の表をちらりと。
DX_2961.jpg

ガレ場の♀。良い青さでしょう!
ジョウザンシジミ♀ (2009.05.02 北海道河西郡中札内村)

ここからは河川敷のジョウザン。
こちらも青いですよ。
ジョウザンシジミ♂ (2009.05.03 北海道帯広市)08

同じ個体をマクロで。
ジョウザンシジミ♂ (2009.05.03 北海道帯広市)10

最後に裏面を。
ジョウザンシジミ♂ (2009.05.03 北海道帯広市)

毎春見る蝶ですが、やっぱり良いもんです。この青さは北海道だけです。
今回の遠征では初物が幾つかありました。

まずはエゾノリュウキンカでの吸蜜です。来るとは聞いていたのですが自分で確認できていませんでした。
9時半頃、待ち構えていた場所で吸蜜を確認できました。
DX_3013.jpg
ここは出始めらしく個体数も少ないので、その後チャンスがありません。
移動することにしました。

ゴールデンウイーク前半がピークだったと思われるポイントでしたので、傷んだ♂とまだ比較的綺麗な♀が飛んでおりました。
桜やツツジでの吸蜜を期待したのですが、残念ながら来てはくれません。

発生場所と思われる伐採地を複数の♀がしきりに飛んでいます。食草を探しているようです。
個体を絞ってじっと後を追いますが、なかなか産卵してくれません。
すでに産卵してある葉をNoreenさんが見つけました。
DX_3029.jpg

それにしても暑い。♀は時に興味を示す仕草をするのですが、何が気に入らないのか次の食草を探しています。ずいぶん私も粘ったものです。そしてついに産卵を始めてくれました。
初の産卵シーン観察です。
5dmk2_0204.jpg

DX_3033.jpg
何卵産んだか確認するのを忘れて、また後追いしたのは間違いでした。
何処に産んだのか分からなくなりました。

今回の観察で感じたことは、どうやら♀にとって静止しやすい葉が重要なようです。産卵にある程度時間が掛かるからでしょう。
機会があったら幼虫を観察してみたいものです。
ようやく自由に遠出が出来る休日が来ました。
何処に行くかいろいろ迷ったのですが、周りの情報なども総合的に考えて、まだ写真が撮れていない上川町と当麻町へ行ってみることにしました。4年ぶりのことです。

今回は初めてのシーンがそこそこ観察撮影できて、大変有意義でした。
昨日の家族サービスが効いたかな?
現地で合流して情報を教えてくれたNoreenさん、ありがとうございました。

今日はお触り程度に掲載します。
当麻町のある観光スポットでは、こんな絵が撮れました。分かる人にはバレバレですが、有名ポイントですし、観光客が多くて網を出すのはかなり勇気が要る場所ですので、そのまま掲載します。
5dmk2_0188.jpg
私の大好きな人工物背景です。

実はこの♀、ここの止まるまでは吸水をしていました。ヒメギフが吸水するとは聞いていましたが、自分で観察するのは初めてです。
DX_3020.jpg
♂の吸水は受精率を高めるためにミネラルを取るのが目的と言われていますが、♀の場合は何が目的なのでしょうかね?よく分かりません。

今日は吸水初めて見たということでおしまいです。
明日以降、少しずつ掲載しますね。
予報が外れて旭川方面も天気が良かったようだ。予報に合わせて、今日は家族サービスの予定だったので今更換えられない。
昨年も出かけた緑が丘公園へ出かけてみた。
桜が満開!これは毎年見ても素晴らしいと思う。
300_9533.jpg
丁度見頃だった。急激な気温の上昇で、一気に咲き出したらしい。
これが蝶だと一寸困るが。

300_9536.jpg
桜はやはり日本人の春の心か。

300_9519.jpg
こちらの桜はソメイヨシノではなくエゾヤマザクラなので、色はピンクが強めで、葉も同時に出る。
ちなみにメスアカミドリは付いていなかった。

今まで気づかなかったが、ソメイヨシノも植えてあった。
しかし一寸変。
300_9532.jpg
私が知るソメイヨシノは花が咲いた後に葉が出る。
ここに植えてあったものは花が作前に葉が出ていた。その土地の気候に合わせて変化するのか?

桜を見た後は久しぶりに動物園へ行ってみた。旭川をまねして一寸模様変わりしていた。

帰り時には桜の下で沢山の家族がバーベキューの準備をしていた。
そして早くも焼き肉の良い匂いもしている。
これはお腹がすいてきた。
帰宅後、早速焼き肉屋へ走る。
そして昼から酒と焼き肉! これまた最高。
それなりの家族サービスとなった。

明日は北へ走る予定。
昨日初見をしたチャマをもっとゆっくり撮りたくて出かけました。
朝から気温が上がっています。今日の予報は25℃!どうかしてます。

現地ではジョウザンが多くなってきましたが、これが少し変です。これからピークなのかと思いきや、すでに♀が産卵しています。
5dmk2_0174.jpg
ベンケイソウに産卵しているのですが、この絵も変ですね。周りの草が目立たず、ベンケイソウだけが際立っています。なんだかおかしいです。

卵を拡大してみました。大抵はこのようにはの付け根に産みます。
R100X0011140.jpg

さて、肝心のチャマですが、まだまだ走りで少ないようです。
ようやく1頭を見つけました。広角で狙ってみます。
5dmk2_0177.jpg
分かりにくいでしょうね。左に見える陰はレンズです。その右側で中央付近に開翅したチャマが止まっています。これが限界。

すぐに逃げられてまた別個体を見つけました。こちらはV字開翅だったので、マクロで裏面狙いです。
DX_3009.jpg

それにしても暑い!急激な気温変化に体か付いていきません。しかもこの環境はもっと体感温度が高いです。ばてばてになり、午前中で撤収しました。
明日は何処かでヒメギフと思っていたのですが、天候が今一つみたいで日和ることにしました。
家族サービスで動物園です。
季節の進行が去年より遅れている十勝(今年の方が本来の進行に近いが)ですが、いろいろと蝶が出始めました。
河川敷の植生を見ると、緑が全然足らない早春の感じです。
十勝ではここが一番早いポイントだと思われますので、ここで居なければ他では可能性が少ないです。
キジムシロも小さいのですが、ひと株だけこんな感じのものがありました。
5dmk2_0164.jpg
これは可能性があるんじゃない!
チャマ探しを開始です。そんなに甘くはなかったのですが、帰る間際にようやく発見!
まずは証拠写真を。
DX_3004.jpg

DX_3001.jpg

広角で押さえようと一歩踏み出したら、あっという間に居なくなりました。20秒くらいはじっとしていてくれたのですがね。

昨年は異常に早く4/29初見でした。
この連休終わりくらいが丁度いい時期かもしれません。
思いがけない4月末の大雪でガレのジョウザンは発生が一寸お休みしていました。
この時思いついたことが、雪とジョウザンの組み合わせで撮ることです。
大雪の3日後、気温は上がらない予報ですがガレに行ってみました。
その時は今時は感じでまだ雪が沢山。
5dmk2_0104.jpg

しばらく待つも残念ながらジョウザンは現れませんでした。気温が6℃で風も吹いていましたし、当日は諦めました。

それから3日後の今日、再び挑戦です。しかし雪がほぼ完全に溶けていました。
まもなくジョウザンを見つけ、今年の初撮りを楽しんでいたのですが、この日も天は私を見捨てませんでした。僅かに窪地に残る雪を背景に、いくつか撮ることが出来ました。
今日はその数枚だけを掲載します。

最初の撮れた1枚です。
300_9506.jpg
右下隅にみえる白のが残雪です。

マクロで撮ってみました。綺麗な♂のようです。
DX_2970.jpg

この周辺でじっくりと待っていると、雪周辺に何度かと待ってくれました。
300_9512.jpg
たったこれだけしか雪は残っていません。

その後は開翅してくれずです。
300_9515.jpg

これまでの北海道生活、通算11年目ですが、雪とジョウザンは初めての経験です。今後もこんな機会は簡単にはなさそうです。本当なら4/30あたりが良かったのでしょうね。贅沢言えませんが。
今回の日本海側ヒメギフの遠征時に撮ったその他の絵を掲載します。

まずは3爺です。今回もお世話になりました。顔を直接出せないのが残念です。
GX0011134.jpg

あるポイントを散策して車に戻ると個人タクシーが止まっています。こんな所で油売って、ちゃんと仕事しなさい! そうか、ある意味で仕事していたか。北昆の皆さんには分かりますね。
GX0011138.jpg

海を背景に撮れそうな場所がもう一つありました。
この斜面、発生時期が合えばそれなりに飛んでくるのではと思います。
飛翔ならばっちりいけそうですが。
300_9469.jpg

超有名ポイントの上の広場です。墓石(?)あり。この絵を見るとすぐに分かる人がどれくらいいるでしょうね?
5dmk2.jpg

もっと北へ走りました。
日陰側の斜面は雪がかなり残っています。
300_9411.jpg
恐らくだらだらと長い発生をするのでしょうね。

ここでクジャクが向かってきました。慌てて飛翔を撮ってみましたが、割と良い感じ。
300_9406.jpg

日も陰って気温も上がらず寒いポイントでしたが、数頭現れました。
証拠写真ですね。
5dmk2_0084.jpg
とっても楽しい遠征でした。
3爺さま、またよろしくお願いします。もう一人嵐を呼ぶ爺さまがおりますが、遠くで活動お願いします。