2009.02.26 2008 Rally Japan
職場の同僚がWRCに参加したことは前に書いたと思います。
身近にラリー世界選手権に参加するような友達がおりますか?
私も初めての友達です。
そんな彼から車載カメラのDVDを頂きました。
rally.jpg
水平に掲載していないのはわざとです。激しく揺れるラリーですから斜めぐらいが良いでしょう。

そんな中から凄く過酷だったと思わせる絵を一枚。もっと凄いのもあるのですが、これくらいで。
rally1.jpg
左に見える車は脱輪して止まっています。このSSでは脇に突っ込んだり、ひっくり返ったり何台もリタイヤしていたようです。ラリーはやはり過酷。

このDVDを見て、いくつか不思議に思うことがあったので、彼に教えてもらいました。
何でも同じかもしれませんが、趣味の世界は奥が深いですね。
答えを聞いて、いやー凄い世界だと再認識しました。
国道38号に面しているラーメン屋で、すでに多くの方がご存じでしょう。
一度は行ってみないと味も分からないので、食べに行きました。
お店はこんな感じです。今風ですね。
R5J0010567.jpg

私は普通に醤油を頼みました。初めての店では醤油を頼むことが多いです。
味噌は少ないですね。味噌の味で誤魔化されやすいですから。
R5J0010566.jpg

息子は塩を注文しました。
R5J0010565.jpg

それでお味ですが、スープもチャーシューも普通に美味しくいただけました。
普段ちょっと寄って食べる感じのラーメン屋です。
チエーン店が各地にあるので、店舗によって味が変わるかもしれません。
昼食時には食べに行って満足できるお店でしょう。
2009.02.23 豪華な朝食
これは昨年の6月頃の絵です。
一つの記念に撮ったものです。
R5J0010309.jpg
ある休日の朝食ですが、これは実は見かけ以上に豪華です。
サクランボは山形のもので、少々お高いものでした。
スープはトマトベース。
パンはベーグルとエンドウ豆です。実はエンドウ豆が大好きでして。
この日の私は食材以外のものを楽しんでいました。
以前、ちょっと紹介したと思いますが、木製の食器です。
残念ながらすべてが木製になっていませんが、少しずつということです。
特に、このお盆、注文してもすぐには手に入らない人気商品です。
昔ながらの木製は良いですね。
オケトクラフトでした。
2009.02.22 地吹雪
「地吹雪」なる言葉がありますが、北海道に住んでみるまでは知りませんでした。
ここに来ていただいている多くの方も知らないと思いますので、紹介いたしましょう。

この絵は地吹雪が起こっている場所を通過しようとしているところです。
前の車がまだよく見えています。
IMGP0049.jpg

そして地吹雪に前の車が突入しました。
IMGP0050.jpg

これはまだ軽い方です。距離も短いですし。
要するに地面の粉雪が強い風で舞い上がり、吹雪の状態になる現象です。
ひどい場所では全く視界が効かなくなり、何も見えなくなります。
そのまま停車すると、追突される危険性が高いので、どうにか車を動かすしかありません。
かつて、中標津町から弟子屈町に移動中にひどい地吹雪にあい、死にそうになったことがあります。
怖い自然現象の一つです。
以前頂いていた焼酎のうち、ようやく「紅乙女」を味わいました。
R5J0010587.jpg
何かの香りがほんのりとすると思い、ラベルを見直すとそこには「胡麻」の文字が。
これ、かすかに香るのですね。
普通、焼酎の原料の香りはまずしないのですが、初めて味わいました。
ありがとうございました。

もう一つは最近各銘柄を飲んでいる奄美の黒砂糖焼酎です。
IMGP0048.jpg
「碧い海」、ネーミングがすばらしいです。奄美にぴったり?行ったことないのですけど。
地元でアカボシでも眺めながら、ロックで飲んでみたいです。
黒砂糖焼酎はどの銘柄も味が深いです。芋よりももっと濃厚な感じがします。
同じ度数ですけど、何が違うのでしょうね?
久々に標本ネタです。
日本との共通種を比べるとなかなかおもしろい外国産です。
全くいない蝶も魅力的ですが、共通種もいいですね。

今回はロシアのジョウザンシジミです。
この1頭しかないので全くの印象になりますが、あまり青くないです。
R5J0011126.jpg

R5J0011127.jpg
最終日が6月27日になっているので、遅い春型(ロシアでは夏型はないのかな?)だと思います。
モンゴルのジョウザンに近い色合いです。
「サハリンの蝶」を見ると、北海道産と青さは変わらないように思います。

チベットあたりには凄く青いジョウザンがいるらしいですが、実物を見たこともなく分かりません。
世界中のジョウザンを比べてみるのも面白いでしょうね。
三条高校から比較的近い、白樺通りに面したラーメン屋さんです。
駐車場は6-7台駐車可能か。
こんな店舗です。
IMGP0029.jpg

店内は広くカウンターもテーブルも沢山あります。
ここで有名なのが味噌ラーメンだそうです。
そこで私は赤味噌ラーメンを、嫁は白味噌ラーメン、息子は塩ラーメンを頼んでみました。
価格は味噌が780円、塩が650円です。
これは赤味噌。
IMGP0032.jpg

白味噌
IMGP0033.jpg

そして塩
IMGP0031.jpg

味噌ラーメンはどちらとも濃厚な味で、どちらかと言うと白の方が濃いかもしれません。
ただ私たちにはちょっと味噌味が濃すぎる感じでした。もう少しマイルドな味が好みです。
チャーシューは柔らかいしOKでした。
塩味はちょうど良い感じかな。ひょっとすると普通の醤油とかの方が良いかもしれません。

若い人など濃厚な味ごのみ向きのお店です。

なお、誰もたばこを吸う人がいなかったので、禁煙店だと思われます。
ここでは紹介したことがない温泉を掲載します。
北海道ではなく私のふるさと九州の温泉です。
私個人的には日本でもっとも恥ずかしい露天風呂と思っています。
熊本の秘湯、「満願寺温泉」にある露天風呂です。
08100002.jpg
川のすぐ横に作ってある露天風呂です。
一番手前は食器などの洗い場です。
奥の2つが露天風呂です。
ここがなぜ一番恥ずかしいと思われるかですが、この川幅は2-3mくらいで、写真の左側は県道が走っています。しかも県道の位置が露天風呂より高いので、運転しながら露天を眺めることができます。
要するに丸見えの露天風呂なのです。しかも混浴!
地元の方もお風呂の時間帯にどんどん入ってました。
私は度胸がなく早めの時間帯はパスでした。
それでも体験はしたかったので、深夜にこっそり入りました。
08100006.jpg

なぜ今頃ここを紹介したかというと、北海道の地方情報誌「じゃらん」の2月号に温泉ランキングがあり、なぜかここが第7位。
なぜやろうと不思議に思いながら懐かしくなり掲載しました。
2002年夏の絵です。
2009.02.14 冗談でない雪
今年の十勝は雪が多いです。
札幌より積雪量が多いのですからやってられません。
昨日も午後から降り出した雪が朝までしっかり降っていました。

イルミネーションと雪の組み合わせは嫌いではないです。
こんなのを撮って楽しんでいたのですが。
IMGP0041.jpg

起きると尋常ではない雪が。除雪しないとだめです。
ずぼっと膝くらいまで埋まります。
IMGP0046.jpg

車の上にも雪が。しかも北海道の雪とは思えない湿った重い雪です。
IMGP0047.jpg
本日の積雪は40cmだったそうです。50cmはあるかと思いましたが、測定ポイントでの積雪ですから、私の場所とは違いがあるかもしれません。

それでも昼からは青空も出て、十勝ヶ丘へ行ってみました。
良い眺めです。
300_9218.jpg

除雪してある雪の高さは、ボンネットを超えています。しかも私の車は車高が高いです。
300_9220.jpg

味気もない鉄塔ですが、青空と雪がお供するとそれなりの絵になりますね。
300_9221.jpg

もう雪は要らん!
でもどか雪は必ず3月にもやって来る。
記憶というのは次第に曖昧になって、細かいことは忘れてしまいます。
そこで、さらに曖昧になっては困ると思い、H4年以降の採集観察地のMapを残しておこうと作り始めました。
するとどうでしょう、最近の市町村合併によりかつての地名が全く分からなくなっている場所もあります。
まだ日が浅いためにどうにか見つけることは出来ますが。
そんなこの頃、面白い本を見つけました。
「県境」の謎 だそうです。
Book200902-1.jpg
私の知識では県境がいろいろ変わったのは廃藩置県直後と思っていたのですが、実はその後もめまぐるしく合併分離を繰り返していた用です。

全国に面白い(失礼か?)例が沢山有るのですが、その中に十勝の記載もありました。
Book200902-2.jpg
これは昭和22年ですからまだ最近の話ですね。
足寄郡は十勝でなく釧路の管轄だったそうです。
昔の北海道(蝦夷)はアイヌの人たちの生活圏により地域を分割していたようです。
その頃、足寄に住むアイヌと十勝では仲が悪く、足寄は釧路と縁が深かったので、長いこと釧路に組み込まれていたそうですが、時が経つにつれて生活圏は十勝寄りになってきたので、自然とこちらに合併される運命だったようです。
たがが市町村の線引きですが、それなりの歴史があるようで、大変面白く感じました。
2009.02.11 日本酒と鍋
今宵は日本酒と鍋を楽しみました。
蝶友から日本酒が届きました。これはやっぱり鍋などの日本食の時に頂くべきと思っておりました。
後日、開封のつもりでしたが、どうしても味わいたくて、本日鍋料理にしてしまいました。
嫁には見え見えと言われております。
頂いた日本酒です。
IMGP0035.jpg

鍋は変形きりたんぽ鍋です。きりたんぽ用のスープを使うのですが、きりたんぽは入れずに鶏肉もつみれを使いました。
IMGP0037.jpg
はっきり言って凄く質素な鍋になりました。
味は醤油できりたんぽ鍋を想像して頂けるといいです。

この日本酒、スズのグラスで頂くことにしました。
これはとっておきのアイテムです。冷酒には良いと思います。
IMGP0036.jpg
隣にあるのはキャンドルです。ちょっと雰囲気作りです。

頂いた日本酒ですが、今日は「郷の誉」を楽しませて頂きました。
これは私にとって驚きです。
この味、私が大好きな新潟の「〆張鶴」に似ています。
普段は余り飲まない嫁が、これは似ているとお代わりしました。

飲みたくて急遽鍋にしてしまった私は、ちょっと情けなかったようですが、うまい酒と食事は安らぎを与えてくれますね。
食べ物ばかりのネタで済みませんね。
冬で虫ネタが少ないです。

私は酒のつまみに甘い物も辛い物もOKです。
酒好きは普通は辛い物が好物と思われているようですが、私はチョコレート食べながら日本酒も飲めます。チョコレートですからワインが合うところですね。
要するに酒が飲めるのであれば、つまみは何でも良いということです。

嫁と買い物しているときに見つけたこの品、これはどちらも360円くらいで、安いチョコレートではありませんが、さすがに山崎でした。とっても美味しいですし、つまみに最適。ただし、バカッスとかラミーチョコとどう違うねんと聞かれると、似たような味と答えてしまいます。
IMGP0028.jpg
山崎の12年物が使われているらしいということでお許しください。
本当に美味しいですよ。
これは既に知って居られる方も多いでしょう。
鱗翅学会誌「蝶と蛾」にも掲載されましたし、場所を秘密にすることもないと思いますので、ここに紹介します。

昨年、東京都内でヤクルリが得られています。
そのルーツなどを考察した論文です。
yakururi-tokyo.jpg
観察場所は東大キャンパスです。
和歌山から植物の移植によって人為的に発生している可能性が大という結論です。
人為的かも知れませんが、東京都内でヤクルリを観察出来ますから、興味のある方は捜してみて下さい。
秋がやはり良いかもしれません。
十勝で有名なスイーツの店、いろいろありますが、なんとドーナッツで地元では名の通ったお店があります。ここは美味しいと皆が言うので自分でも確かめたいと思っていた店です。
今日、行ってきました。
お店は豊頃の消防署正面です。土地柄小さなお店です。
IMGP0022.jpg

ドーナッツ以外にもケーキとか和菓子もう売っておりますが、やっぱり目的のドーナッツがターゲットです。
ドーナッツはこれだけです。
IMGP0023.jpg
カスタードは外すなと言われていたので、これを含めて購入いたしました。

それなりに有名人が訪れて居るようです。色紙が沢山有りました。
放送関係者が多い?
IMGP0024.jpg

買って帰ったのはこれです。
IMGP0026.jpg
味が予想できなかったので、3人分でこれだけしか買わなかったのですが、完全な失敗でした。
甘さは抑えてあり、沢山食べられるドーナッツでした。
噂通りで、カスタードは皮も柔らくてもちもちで、甘さも控えめで、美味しい!
他の品もまた食感が違って美味しかったです。
カスタードが一押し。
午前中に行かないとなくなるそうです。
十勝のスイーツを代表するお店の一つに間違いなし、認定です。
ネタもさすがに切れてきました。
そんな今日はたわいないテストをしてみました。
今回購入したOptio W60は水中OKですが、耐温は-10から40℃です。温泉に長時間浸けるのは問題がありそうですが、短時間なら大丈夫でしょう。
そんなテストをいきなりするのは勇気が要るので、水を入れたグラスに浸けて撮影してみました。
IMGP0019.jpg
こんな絵になりますね。グラスに書いてある文字をわざと入れています。
自分では直接見られない世界ですね。

この後、カメラの電池ボックスを開けてみましたが、しっかりとシールされていて、濡れることはありませんでした。
今後が楽しみなコンデジです。
長い冬がようやく峠を越えた感じです。
今月も終われば雪が降っても早めに溶けるようになります。
そんな冬、モンゴルの草原を思い出しました。
生息環境 (2008.07.01 Dugana Khad, Mongolia)02
また行きたい!ここはヒョウモンなどが沢山居りました。ジョウザンシジミなどの共通種も多くて、楽しめるポイントでした。

そんな草原から山手の方へ登っても面白いです。
テレルジに行くとまたいろいろ。本来ならパルが楽しませてくれたはずでした。
ここでも共通種が居りました。

飛翔シリーズでヒメシジミから。個体数は少なかったです。発生し始めたばかりだったのでしょう。
ヒメシジミ♂飛翔 (2008.07.07 Terelji, Mongolia)
ブルーのシジミはやっぱり良いですね。

この蝶が残っている方がおかしくて、やっぱり季節は遅れていたとはっきり実感しました。
エゾヒメシロチョウです。こちらも個体数は数頭だけでしたが、春型が残っているのですから…
エゾヒメシロチョウ♀飛翔 (2008.07.02 Terelji, Mongolia)03

エゾヒメシロチョウ♀飛翔 (2008.07.02 Terelji, Mongolia)05
特に北海道産と変わらない感じでした。

もう一度行かんと落ち着かないようです。
久しぶりに「みすゞ」へ行ってきました。
今更紹介するまでもない帯広の名店の一つと思います。
やっぱり混んでいました。仕方ないですね。
いろいろ種類は有ります。メニュー表を撮ってきました。P1000004.jpg

初めての時食べたのは、所謂らーめんです。右上のメニューですね。
今回私は「こだわりみすゞ」の醤油を、嫁はちょっとビリ辛の「みすゞらーめん」の味噌を頼みました。
まずはちょっとピリ辛の味噌から。
P1000006.jpg
確かにぴりっとして味噌の味も上品です。正直美味いです。
野菜も沢山載っています。

次に私の醤油です。
P1000005.jpg
スープも文句なしで、こちらも野菜たっぷりです。野菜の味付けがちょっとピリ辛で、良いバランスでした。麺にもしっかりスープが絡んでいます。

久しぶりに来ましたが、やっぱり美味しいし間違いのないお店ですね。

追加情報
時代の流れか、最近は禁煙店なのかどうかを聞かれることが少なくないです。
食事時にタバコの匂いがするのは嫌いな方も多くなったと思います。
そこで今後は店の禁煙情報も掲載したいと思います。
ちなみにこのお店は禁煙です。
2009.02.01 Pentax Optio W60
仕事用兼お食事所のレポート用に使っていたRicho Caplio R5Jに強い不満があったわけではないのですが(ISOを上げると画質は極端に悪くなのは問題でしたが)、偶然にマクロにも強いし、高画質、おまけに水中もOKというコンデジを見つけてしまい、買い換えることにしました。
Caplio R5Jは買い取りして貰いましたが、7000円でした。20000円したものが15ヶ月でこんな値段になるのですが、一月1000円でレンタルしていたと考えると、お安い物では無いでしょうか。
デジ一眼が購入価格が高いだけに、値落ちも凄いですね。あんまり考えたくないです。
代わりに購入したPentax Optio W60は22000円、10MPix、1cm Macro、4mまでの水深はOKです。
GX0011131.jpg
zoomが5xまでですが、このカメラの用途として高倍率のzoomは要りません。
風呂の中でも撮れるのが良いです。
温泉巡りにも使えますぞ!