この季節はどうにかしています。
暑い春と思ったら、寒い終盤の春になってしまいました。
今日も曇り空。それでも気温が高ければ何か飛ぶでしょう。でも最高気温が8℃くらいではシロチョウも飛びません。
こんな日は幼虫観察と決めて出掛けたのですが、今一つ気分が乗りません。
とりあえず南へ走ってナンテンハギの様子を見てきました。
ここは雨でした。
DX_1936.jpg

これでは幼虫は根際に降りて見つからないでしょうね。
ナンテンハギは良い感じでした。
GX0010828.jpg

とりあえず探してみましたが、食痕がありません。摘み痕も一つだけ。
なんだか悪い予感がします。成虫が見られるのでしょうか?

もう1ヶ所へ移動してみました。
ここはもう少し季節の進みが遅いようでした。
ハスカップの花が咲いていました。夏には美味しい実がなるでしょう。
GX0010829.jpg

カシワもこんな状態です。明日から6月だというのに。
GX0010830.jpg

帰り道でルピナスを見つけました。綺麗に咲いています。
GX0010835.jpg

GX0010836.jpg

なんだかすごくちぐはぐです。
季節は例年並みに戻った感じです。しかもこのまま低温が続くと今度は遅れてきて、ますます読めなくなりそうです。
勘弁して欲しいです。
2008.05.29 New Garmin GPS
GPS
先日、大雪登山でTさんからGPSを見せてもらった。
私の世代のマイナーチェンジ版(機種は違うが)でSDカードが使えるようになっている。

GSPも日々進化しているのだろう。かつて携帯GSPが欲しいと思ったH10年頃は20-30万もしたものだ。

そういえば現行のGPSはスタイル的にも4年経っている。新型は出ないのだろうかと気になって調べてみた。
Colorado 300ならびに400という新型がやっぱり出ていた。これ、アメリカでの話。
しかし国内でもすでに英語版の販売を開始しているショップもあるようだ。
colorado300.jpg

300で最小マップ込みが81000円程度だった。付属する地図の内容で400の型板となるので、基本的には機種はひとつだけ。
ダイヤル式になっていて使いやすそうだ。
英語版なので当然日本語の地図は格納できないが、「アップダウン社」からローマ字書きの日本語地図を購入できる。
USBのみで、RS232のシリアル転送が出来そうに無いから、カメラとの接続は無理だと思っていたら、このUSB端子からはNMEAデータを出せるそうだ。と言うことはUSB→RS232変換コネクターがあれば、カメラとの接続もOKということだ。

私自身は今のGPSで十分に満足しているので、買い替えはない。
勿論、前回のように紛失したりあるいは壊したりしたら分からないが。
新もの好きには面白そうなGPSと思われる。
モンシロチョウなんてタイトルで書き出すとは大げさだと思われるかもしれません。
しかし北海道ではオオモンシロに住み家を追われて少なくなりました。
家庭菜園は今やオオモンシロの世界です。
そんなモンシロでしたが、昨年あたりから復活の気配を感じておりました。
どことなく見る機会が増えてきたのです。まとまってはおりませんが。
この春も思いがけなくモンシロを見ました。さい先良い感じです。
これは1ヶ月前の絵です。飛翔を撮ってみたらモンシロでした。
場所は帯広市。
モンシロチョウ♂飛翔 (2008.04.29 北海道帯広市)02

モンシロチョウ♂飛翔 (2008.04.29 北海道帯広市)03

モンシロチョウ♂飛翔 (2008.04.29 北海道帯広市)05
2008.05.27 ゼフの様子
1週間以上前の絵です。
天候が今一つで蝶が見られないので、ゼフの幼虫を観察した時の絵です。
雪があるときに見つけていたオオミドリと思われるカシワの卵塊を見てみました。
カシワはまだ葉を広げていませんでしたが、芽吹いてはいました。
GX0010809.jpg

どうやら未孵化のようです。孵化しないのかとも思いましたが、別の卵塊も未孵化でしたので、まだ期待は出来ます。奥の枝は誰が切ったのでしょうか?

その後移動して何気なくクルミを見ました。
すると食痕あり、幼虫ありでした。
GX0010819.jpg

拡大です。
GX0010818.jpg

まだまだ小さい幼虫でした。
オナガは割と見つかりました。ひょっとするとこの夏は沢山の成虫を見られるかもしれません。
天気が悪いときは幼虫観察、これも鉄則ですね。
2008.05.26 嫁のパソコン
R5J0010279.jpg

嫁のパソコンを色々といじって軽くしました。
動きのことです。
大きさは写真の通りで小さいです。後ろのノートが15インチの私のものです。
嫁のPCはハードディスクを使わないのでファンもなく静かです。それなりに速いと思います。
小さいので旅に持ち運ぶと便利そうです。
小さい分、キーボードの使い勝手は十分ではありませんが、モバイルとしては良い出来だと思います。
2008.05.25 大雪にて
険しい山だけどとっておきの環境が見られると聞いていました。
以前から一度行ってみたいとお願いしていました。
そして出発。
険しいです。こんな沢を登り詰めます。
GX0010823.jpg

かなり歩きました。最後の雪渓はしんどかったですね。
そこで何を見たのか?
この植物に関連する蝶です。まだ十分に生育して居らず小さいですね。
300_3194.jpg

飛び回る個体を数頭目撃。
撮影しようにも全く手が出ません。
一日粘ったのですが、自力では無理でした。
最後にある方が見つけた個体を撮影しました。運良く近くのハイマツ静止。
これを撮影しました。無いより良いけど、自分で見つけて撮ったことになりません。
DX_1934.jpg

本来ならこうやって日光浴する個体を見つけてじっくり撮りたかったですね。
この個体は2枚とったら飛んでいきました。

帰りがまたまた地獄の道のり。
ようやく車までたどり着き林道を走っているとなにやら黒い物体が。
小熊でした。と言うことはと思っていたら、脇から母熊が飛び出してきて、2頭で林道を走りました。
慌てて撮ったので証拠程度にしかなりませんでした。
DX_1935.jpg

赤は小熊、青は母熊です。
母熊は逃げる途中立ち止まってこちらを何度か睨みつけていました。
そのうちに2頭とも藪へ消えました。
春先からヒグマに遭うとは嫌な年です。

※綺麗な環境写真も沢山あるのですが、その掲載は控えて欲しいと要請がありお伝えできません。
想像して下さい。
2008.05.24 別世界を見た
今日はすごい所を見てきました。
PM8時に帰り着いて、夕食後に掲載予定でしたが、蝶とか仕事とか関係ない富山友人が突然出てきて、飲んでました。
今日の更新は困難です。お待ち下さいね!
この時期はどうも天候が不安定です。
それでも沖縄が梅雨入りすると落ち着くらしいです、今までは。
予報では週末は曇り、雨の十勝です。
晴れ間を探して移動でしょう。
こんな風景が見られると良いですが。
ここは夏にはジョウザンミドリが飛び交う広場です。
春にはタンポポが一杯です。セイヨウタンポポですが。
雨になりませんようにお祈りです。
セイヨウタンポポ (2008.08.17 北海道帯広市)
これも先週末の絵からです。

河原の撮影をその日の最後にしていました。
運良くチャマの産卵など見られるかもと思っていたのですが、ジョウザン産卵に出会えました。
新鮮な♀がしきりに飛び回っていました。
すぐにキリンソウを探しているのだと思いました。私が後をつけているのを感じたらしく。小休止です。
ジョウザンシジミ♀ (2008.05.17 北海道河東郡音更町)03

間もなくキリンソウへ移り、根本へ向かって降り始めました。そして腹部を曲げています。
残念ながら絵では分かりません。
ジョウザンシジミ♀ (2008.05.17 北海道河東郡音更町)04

横からがさがさやると当然逃げますし、こんな場所での産卵シーンを捉えるのは難しいです。

飛び去った後、卵を確認しました。
ジョウザンシジミ卵 (2008.05.17 北海道河東郡音更町)02

この後も何回か産卵を見たのですが、撮影は不可でした。
このポイントでは少なくとも来年は見られるようです。
以前から音更木野に駐車場がいつもいっぱいのラーメン屋が有り、とっても気になっていました。
国道の東側の通りで、温泉やバッティングセンターが有る所です。
そこで息子と行ってみました。
最近、どこから移転してきたらしく、店は新しいモダンな感じです。一見、ラーメン屋に見えません。
GX0010808.jpg

息子は塩、私は醤油ラーメンを頼みました。
写真は醤油です。背脂が浮いていますね。
GX0010807.jpg

お味は塩も醤油も大人しくあっさりしておりました。
スープや麺は美味しくて合格です。でもチャーシューが味気ないというか今一つでした。
私はチャーシューに拘りがあり、これが美味くないと許せません。
と言うことで、総合的には許容範囲ですが、とっても美味いという感じではないと思いました。
好き好きですのでお試しあれ。少なくとも損はしませんよ。
先週、一日動いた最終をしめようとようと河川敷をあるいて居りました。
定点観察しておかねばならない木がありましたので。
その木は予想通りになっておりましたが、その隅に可愛らしいペアーが見つかりました。
今年初めて見るルリシジミのカップルです。当の本人たちは動揺することなく静止しておりましたが、
撮る方の私は全く落ち着けません。どうにか撮った一枚がこれです。
300_3144.jpg

このカップルの後ろに見えるのがなんだか分かりますか?
広角で撮ろうとすると傍の枝に付いているこの毛虫たちが、私の頭や腕に触りそうになります。
我慢できません。
近くの木はこの通り。
300_3142.jpg

エゾシロの幼虫に食害されたスモモ(?)です。
ペアの後ろにいるのはそいつらです。蝶の幼虫と分かっているのですが、集団になられると近寄りがたいです。
先週末、足寄から帯広へ走ったときの絵です。
既にチャマの最盛期は過ぎていましたが、注意してみていました。
意外にも綺麗な個体がまだまだ見られましたが、やはり♂はそれなりに擦れておりました。
今シーズン最後のチャマだと思い、撮ってみました。
4枚目まで足寄町、最後は帯広市でのものです。

超マクロで撮ってみました。これも時には良いです。
DX_1906.jpg

♀を見ることが多いためか、よく吸蜜してくれました。キジムシロでの吸蜜です。今回はマクロを掲載します。
DX_1911.jpg

絵は小さめになりますが、やっぱり広角が好きです。
5D_2922.jpg

タンポポに来た個体の広角写真です。ほとんどレンズ前まで接近しています。
5D_2939.jpg

タンポポでの吸蜜はよく見られました。残念ながらスミレでは見ることも出来ません。

足寄で十分に遊んで帯広で立ち寄った場所でも綺麗な♀を見ることが出来ました。
この子は一寸だけ姿を見せて、私が4枚とった所で飛び去りました。
DX_1921.jpg

同じ個体を何度も見ている可能性はありますが、その日は20頭弱は見たと思います。
まだまだ自然豊かな道東です。
昨日の写真からです。
チャマと遊びながら色々見ていたら、エゾヒメシロも飛んでいるので、飛翔で撮ってみました。
シロチョウは白飛びして難しいです。
真っ白な♀です。
300_3034.jpg

別の個体ですが舞い上がってくれて、空を背景に出来ました。こんな絵は好みです。
300_3037.jpg

ツバメの♀を探しながら歩いていると、エゾヒメシロをモンキが追飛しています。よくある誤認求愛の一つでしょうね。モンキはかなりしつこい性格でした。
300_3098.jpg

300_3099.jpg

300_3100.jpg

この後も離されては接近してを3回ほど繰り返していました。
白い色だけに反応しているのでしょうね。
じっくり観察しいると面白いことが少なくないですね。
2008.05.17 ツバメシジミ
今日は足寄から帯広間をぶらぶらしてみました。
特別なものは見られませんが、足寄、音更、帯広とチャマがまだ飛んでおりましたし、ジョウザンも綺麗な個体が居りました。
そのあたりはぼちぼち絵を掲載したいと思います。

今夜はようやく会えたツバメの♀を載せます。
残念ながら開翅してくれませんでしたし、期待したほど青くありません。
そのうちにもっとブルーを探したいです。
お決まりの広角から。
5D_2946.jpg

開翅してくれないので飛翔で捉えることになりました。
300_2942.jpg

300_2954.jpg

300_2997.jpg

この辺ではツバメ♀よりジョウザンの方が多いので、ツバメ探しに苦労します。
贅沢な話しですけど。
2008.05.15 ある撮影風景
自分の撮影姿を見ることは多くありません。
当然ながら自分では見られません。
時々周囲の人が撮った絵を見せてくれるので、こんな格好かと分かります。
そんな一シーンを掲載しましょう。

場所は帯広市。
チャマを撮りに来られたある方です。
彼も軽快なフットワークです。神出鬼没だと思います。
300_2602.jpg

今話題のカシオのデジカメで飛翔を狙っています。
300_2603.jpg

彼としてはこのカメラに言いたいことがあるらしく、「ファームを! ここがおかしい」など言いながらしっかり撮っておりました。

私も端から見ると同じなのでしょうね。
親しい友人の撮影風景でした。
2008.05.14 タラ畑
チャマを探して植林地などうろうろしていたとき、ある林道が目についたので入ってみました。
奥で伐採が始まっていた感じですが、当然若すぎてチャマの居る環境ではありませんでした。
空振りだと思いながら戻っていると、林内にタラの芽を沢山発見!
一寸開きすぎでしたが、この奥に丁度良い芽も沢山!
300_2812.jpg

何本タラの木があるのか分かりません。とにかくすごい数でした。
天ぷらにするのに丁度良い感じの芽だけ一寸持ち帰りました。
R5J0010275.jpg

当然、天ぷらにして塩で美味しくいただきました。
これは良い場所を見つけました。
毎春が楽しみです。
この1週間の蝶ネタはないので、この春に撮った絵から掲載します。
ジョウザンシジミの静止画像は2回掲載しましたが、飛翔はまだでした。
よく開翅してくれる蝶なので飛翔の意味合いは余りないですが、折角ですから載せますね。
ガレのジョウザンと河原のジョウザンです。
300_1905.jpg

300_1981.jpg

300_2093.jpg

300_2627.jpg

300_2628.jpg

飛翔は緩やかですので、小さいということを除くと撮りやすい蝶です。
個人的にはガレの方が好きかなあ。
嫁が自分のパソコンを欲しいと言います。
どれだけ活用するかは不明で、どうしようか迷っていたのですが、低価格の小型ノートが発売されたので、これを購入しました。
前に第1弾として黒と白が発売されていたのですが、あっという間に完売したようでした。
ASUAのEee PCです。
大きさを表現するのに何が良いのか分かりませんでしたが、とりあえずCDケースを一緒に写しました。
R5J0010278.jpg

OAはWinXPです。ハードディスクは4Gしかありませんので、本当にモバイルとしての利用が良いと思われます。
旅先に持っていくと良さそうです。
起動も割と早めでしっかりと使えそうです。
ちょこちょこ手入れして良い環境にしてやろうと思います。
なんだかぱっとしない天気で、気温も上がりません。
この際ですから蝶を諦めて観光にしました。
これまで出掛けていないシバザクラでも見に行きましょう。
東藻琴村が有名ですが、チューリップも見たいと欲張りをして、滝上町へ行ってみました。
これには下見の目的もあります。

三国峠が近づくと気温は-2.5℃。寒すぎです。
路肩を見ると霜柱が沢山!
300_2841.jpg

残雪でなく新雪もありました。
300_2843.jpg

雪が消えていた大雪もすっかり雪景色でした。訳の分からないシーズンになってしまったようです。

さて、目的地の滝上町に着くと、遠くからでも公園が見つかりました。ピンクの色が目立っています。
会場はすごい花でした。8分咲きで丁度良かったかも。
パノラマにしましたので、一寸重いかもしれません。
DX_1889-96.jpg

本当にこれは綺麗ですわ!
DX_1876.jpg

300_2849.jpg

300_2858.jpg

DX_1874.jpg

これは見に行って正解でした。
この規模は今まで見ていません。
もう一つ、このシバザクラに来るという姫君、来そうな場所が分かりました。
来年は一寸挑戦ですね。
今日は予報通りに寒い一日となりました。
陽が陰ると6℃くらい、差すと8℃くらいでした。
陽当たりの良い斜面でモンキチョウが飛ぶ程度で、他は何も見ません。
ミヤマカラスを撮ろうと目論んでいたのですが、全く駄目でした。

こんな日は仕方ないので幼虫でも見てみましょう。
昨年も居た同じ木に今年もメスアカの若齢幼虫が見つかりました。
5D_2912.jpg

GX100で拡大撮影です。
GX0010802.jpg

ここは寒いので移動します。気温4℃でした。

河原へ移動です。
エゾノウワミズザクラが満開でした。おそらくリンゴシジミも終令ですね。
5D_2916.jpg

それでリンゴの幼虫を探したと思うでしょう。
今日は気温も低くそんな根性ないので、もっと見つけやすい幼虫の観察でした。
緑と花で一杯のはずのウワミズザクラが坊主になっています(矢印)。
5D_2915.jpg

拡大すると…、枝にまとわりつく気味の悪い一団が見えますね。
300_2840.jpg

もっと寄ってみましょう。周りの枝にも付いているので、顔とか腕に付かないように注意が必要です。
5D_2914.jpg

エゾシロチョウの終令幼虫でした。気味が悪いです。
葉も花もむしゃむしゃ食っていました。
もう終令だとは思いませんでした。6月始めには羽化するのだと思います。

今日はこの辺で終わりにしましょう。陽が差しても寒いですし。
先週のチャマ撮影時に林縁を飛ぶミヤマセセリを見つけました。
おそらく♀を探しているのでしょう。一定間隔で同じような所を飛んでいました。
チャマの飛翔を撮っていたのですが、この蝶を狙わないのはおかしいと思い、一寸挑戦してみました。
その結果、どうにか収めることが出来ました。こんな速い蝶も習性を考えると、以外と撮れるのかもしれません。
300_2720.jpg

300_2721.jpg

300_2722.jpg

今年の季節進行は何でもありの状態なので、色々は焼く姿を見せても不思議ではない。
それにしても5/3のサカハチは早すぎるのでは?
まだアカマダラも飛んでいる状態で、この蝶が出てきている。
昨年など記録を見直してみたが、サカハチは5月20日頃出ているようだ。
やっぱり2週間くらい早い登場だ。
5D_2856.jpg

5D_2853.jpg

DX_1858.jpg

エゾノウワミズザクラは既に満開で、これまた早い。
ひょっとしたらもうすぐシロオビヒメやカラタカも出てくるのかもしれない。
記録続出の年になりそうな予感。

河東郡音更町 2008.05.03
ラーメンネタを久々に掲載します。
先日の静内桜ツアーの帰りに寄りました。
十勝では地方誌に掲載されるそれなりのラーメン店のようです。
国道沿いにある広い駐車場の店でした。すぐに分かります。
5D_2911.jpg

私は「麦みそラーメン」、家族は醤油と塩ラーメンを頼みました。
これは「麦みそラーメン」 700円です。
P1000002.jpg

さてお味ですが、この「麦みそラーメン」はそこそこの味で普通でしたが、醤油や塩は何か物足りないピンぼけした味です。家族もそう申しておりました。
個人的にはお勧めいたしません。強いて言うなら「麦みそラーメン」ならOKでしょう。
それじゃ、書くなと言う声も聞こえてきそうですが、ネガティブデータも非常に大切だと思っています。

なかなか美味いラーメン屋に当たりませんね。
2008.05.06 今日のアポイ
寒冷前線が予定より早く通り過ぎるそうで、今日は晴れの予報でした。
様似も同じで晴れ。
これは行くしかないでしょう。
早朝、十勝は土砂降りでした。迷いましが、予報を信じて出発です。
峠を越える頃には晴れ間が見えて来ました。
これは良い!
登山口は晴れています。
急ぎ足で目的のポイントへ登りました。
そこからの風景はとっても素敵でした。
アポイ panorama

本日は登山客も少なく、ポイントはこんな感じ。
300_2817.jpg

この時に今日の成果を確信したのですが、この直後から厚い雲が太陽を覆い、全く陽が差さなくなりました。吐く息は白く手が寒くて仕方ありません。
昼まで粘ったのですが、一向に陽が差す気配なく下山しました。
振り返って山を見るとやっぱり雲が覆っていました。
アポイの天候はやっぱり読めませんね。
再挑戦が必要です。
2008.05.05 静内の桜
今日は全道的に天気が悪いので蝶はお休みです。
曇りでもOKな観光へ切り替えました。

そう遠くない所に桜の名所があります。
ヒメギフで有名な静内です。100選に選ばれる名所ですが、これまで行ったことがありませんでした。
混雑を予想して早朝に出発でした。
こんな並木道でした。エゾヤマザクラがなんと8kmも続くのです。
5D_2869.jpg

少しピークを過ぎていましたが、ピンクの花が綺麗でした。
5D_2875.jpg

北海道にはソメイヨシノはないと思っていたのですが、実はありました。
絵的にはこちらの方がやっぱり桜らしいかな?
5D_2880.jpg

おみやげ屋に入ってみました。
5D_2885.jpg

こんなお菓子が売っていました。「ばふんまんじゅう」
色はさすがに茶色ではありませんが、購入は見送りです。
5D_2883.jpg

でもこれはすぐに購入でした。「こんぶ焼酎」
どんな味が楽しみです。
5D_2884.jpg

今日は家族サービスということで終わりです。
往復380km。写真撮影の時より走ってしまった。
朝のうちは曇っており寒かったのですが、10時半頃から薄日が差してきました。
そこで、今日も近場で散策でした。
別の場所でチャマと遊ぼうと思い、以前から目を付けていた伐採地へ行ってみました。
入り口に着くとそこにチャマが飛んでいました。
やっぱり居たか!
伐採地はこんな感じです。2-3年でカラマツが伸びてしまい、ここは駄目になるはずです。
300_2811.jpg

お昼近くから出掛けたのですが、タンポポでしばしば吸蜜しており、撮影のチャンスが少なくありませんでした。
5D_2862.jpg

望遠で押さえてみました。
DX_1866.jpg

静止画像は昨日も撮れていたので、本格的に飛翔に挑戦です。
しかし飛翔軌道が読めずに難しい!
何枚かは見られそうです。トリミングしています。
300_2698.jpg

300_2701.jpg

300_2778.jpg

300_2795.jpg

チャマとのお遊びはもういいでしょう。
今度はヒメチャかな?
今日もいい感じのアポイだったようです(伝聞)。
今日はチャマと遊ぼうと決めていたら、突然、アブドゥさんがやって来るではないですか。
それは丁度良いということで、帯広の現地で合流しました。
そしてポイントはこんな風にタイムトンネルを抜けた向こうだ。
300_2655.jpg

すると早速出迎えてくれました。
DX_1845.jpg

DX_1848.jpg

良いテンポでチャマが姿を現してくれます。
広角で撮る余裕もありました。
300_2596.jpg

この一回だけでしたがタンポポで吸蜜してくれました。色々な花での吸蜜を見たかったのですが、叶わずです。
300_2610.jpg

羽化直後の個体は裏面が赤く見えて綺麗です。
5D_2851.jpg

拡大撮影です。
DX_1855.jpg

これまで何度も言っていますが、この春はとっても早くて変です。
チャマダラは既に産卵をしていました。
今日あたりが発生のピークだったように思います。低地ではもう終わりかもしれません。
やっぱり早すぎですね。
2週間前に色々と撮り貯めしていた絵を出します。
ここで出さないと冬までお蔵入りしそうです。

場所はすべて河西郡芽室町。
エゾスジグロ同士の追飛です。
300_1343.jpg

次はエゾヒメシロとエゾスジグロシロ。
始めは追っかけているエゾスジグロシロ。
300_1365.jpg

その内に形勢逆転。
300_1372.jpg

ストロボで撮影したオオモンシロです。一寸変わった雰囲気です。
300_1646.jpg

お次はシータテハの飛翔バトルですが、マルチ発行で撮ってみました。本来ならもっと動的表現が出来るはずですが難しいです。
300_1671.jpg

300_1672.jpg

300_1673.jpg

飛翔は帰宅しないと出来が分かりませんし、非常に奥深いと思っています。
チャマを撮影できた日に色々撮ったものを掲載します。

何処でも見られるようになってきたエゾヒメシロです。
♂が静止していました。
5D_2831.jpg

その後はしきりに飛び回っていました。羽化直後だったのかもしれません。♀を探ししているようです。
300_2528.jpg

初めての4月のモンキチョウです。ここではこの1頭でしたが、河川敷で2頭目撃できました。
DX_1839.jpg

これを撮っていると小さい赤っぽい蝶が通過しました。
アカマダラです。♀なので余計に赤く見えたようです。
DX_1841.jpg

実は音更町のこの場所、ここからのショットを狙っていました。
このキジムシロに来るチャマを撮る予定でしたが、甘かったですね。
でも、絶対この斜面に居るはずです。この週末に再チャレンジです。
5D_2837.jpg