毎春見ている光景ですが、発生状況など一応チェックします。
何故か少ない河原のジョウザンです。昨年に比べるとかなり少ない印象ですが、綺麗なブルーを見ることは出来ました。
300_2502.jpg

タンポポが沢山咲いているのに、一度も吸蜜してくれませんでした。
300_2509.jpg

5D_2829.jpg

羽化直後の♀を発見。
DX_1836.jpg

個体数がこんなに少なくて、来年は大丈夫なのか心配です。
2008.04.29 チャマ初見
ヒメギフ、ジョウザンシジミとどうにか撮れているし、次に出てきそうで撮りたいのはやっぱりチャマダラセセリ。
いくら何でも早すぎるだろうと思いつつ、私みたいに気の早いやつもいるだろうと期待して出掛けてみた。
やっぱり雰囲気はは早すぎる。キジムシロが咲いていない。
探しているうちに咲いたキジムシロが一寸だけ見つかった。
300_2503.jpg

可能性がない訳ではなさそうだ。
でも全く居ない。
諦めて移動しようと戻っていたら、ハエみたいに何かが先で止まった。
そうです、4月のチャマでした。
DX_1829.jpg

もっと早い記録があるかもしれませんが、私自身は初の4月です。
結構敏感ですぐに飛びますが、見失うことなく静止場所を確認できました。
もう一カット。
DX_1832.jpg

これで安心して広角でと思いましたが、さすがに逃げられました。
本の1-2分の出会いでしたが、今日の目的は達成されました。
北見方面のいヒメギフ探索中に立ち寄ったある林道では、シータテハが幾つも飛んでいました。
テリを張っているのですが、当然接近してバトルとなります。
そのワンシーンです。
連続で掲載します。トリミングをしています。
300_2462.jpg

300_2463.jpg

300_2464.jpg

300_2465.jpg

写真は止められませんね。
オホーツク海のヒメギフを見た後で佐呂間町へ移動しました。
ここも面白い場所だとか。
こんな環境だそうです。畑の際を飛んだり、畑の向こうへ飛んでは戻ってくるといいます。
それは撮らんといかんでしょう。
300_2459.jpg

でも発生初期のようで個体数も少なく、林内で数頭に出会えただけでした。
しかも羽化間もない感じで、日光浴です。
5D_2818.jpg

どうやら♀のようです。脅かしてしまったらしく、閉翅しました。
5D_2820.jpg

やっぱり♀でした。
面白そうな場所が沢山ありそうです。
今後は北見方面にも目を向ける必要がありそうですね。
距離的には旭川方面と同じくらいですし。
昨年も考えながら行けなかった北見方面のヒメギフ、ついに行ってきました。
いろいろあるのですが、今日はとっておきの場所での絵を掲載しますj。
それはオホーツク海が見えるポイントです。
防砂林で発生しているヒメギフでした。
環境はこんな所。
300_2428.jpg

この林の右側は砂地です。こんな乾燥した場所にオクエゾサイシンがある訳ないと思っていたのですが、見せられたら否定は出来ません。まだ芽吹いたばかりでした。
5D_2813.jpg

すぐそこはオホーツク海です。
300_2429.jpg

で、居たのか?
居りました。少ないのですが。
エゾエンゴサクで吸蜜。
300_2435.jpg

ついでに飛翔も。
300_2440.jpg

海を背景の絵が撮れるか期待していましたが、一寸難しいようです。
それでもこんな環境にヒメギフが居るとは驚きでした。
釧路のKさん、ありがとうございました。
また、声を掛けてくれたTさん、ありがとうございました。
今日は実を言いますとお休みを頂きました。
昨日急に思い立って、どうしても中富良野のあの蝶を撮っておきたかったからです。線路ではないですよ。
予報では晴れれると。
久々の長距離でした。十勝は雨。でも狩勝峠を越えると晴れていました。いつもの通りだと勝利を確信して走りました。
でもどうでしょう。目的地が近づくにつれて雲が厚くなり日が陰ってきました。着いたら曇り、時々小雨で風が吹いてとっても寒いです。
北へ移動するともっと悪く話しになりません。
再び中富良野のポイントでお昼まで待ちましたが、完全に振られました。
仕方なく戻りです。十勝へ着くと日が差しておりました。
ジョウザンを見に行きましたが、居りません。今日は完敗のようです。
最後にたどり着いたのがこの絵です。オレンジと黒のまだらですね。
残念ながらヒメギフではなく、エゾシロの幼虫です。いつの間にか巣から出て摂食し脱皮していました。これがオレンジと黒まだらです。
GX0010790.jpg

GX0010792.jpg

多くは越冬巣上で静止していました。脱皮前のようです。
300_2361.jpg

拡大するとこんな感じです。はっきり言って気持ち悪いです。
GX0010788.jpg

中には新芽をむしゃむしゃ食っている幼虫も居りました。
GX0010793.jpg

これがでかくなるともっと派手なオレンジの模様となります。触りたくないやつになるのです。
本当はヒメギフ掲載のはずだったのに。
明日もチャレンジです。
夢の海背景ヒメギフです。願いがかなうかな?
もう5日ほど経ってしまいましたが、先週末に初見したエゾヒメシロを掲載します。
複数頭いたので、もう少し前から出ていたのだと思います。
飛び回るだけで止まってくれないのですが、唯一止まってくれたのがこの絵です。
人工物が好きな私ですが、いきなりこれに止まらなくてもと思いました。
DX_1785.jpg

♀を探しているのでしょう。ひたすら飛び回っていました。
花もなく吸蜜もしません。小さい体の割には持続力もあり、驚くと意外に速く飛んでいきます。
飛翔写真を掲載です。
表が良い感じで写っています。
300_1380.jpg

残りは裏面です。
300_1389.jpg

300_1407.jpg

飛翔はゆっくりで撮りやすい蝶ですが、それなりの苦労します。
もうすぐ、一回り大きい表面真っ白の♀が出てくるはずです。今度はこちらを狙ってみましょう。
広島を離れて4年目に突入です。
その間スギタニに出会うことがありませんでした。以前から相性の悪い蝶なのです。
ジョウザンだけでなく出来ればこの蝶に会うのも目的でした。
ジョウザンを追っかけていると、一回り大型のシジミが沢水で濡れた落ち葉に止まりました。
一寸嬉しかったですね。
久々のスギタニでした。
DX_1807.jpg

時間が経つにつれて数頭が姿を現してくれました。でもなかなか止まりません。じっと我慢して待っていたら、ようやく止まってくれました。
5D_2799.jpg

マクロでも撮ります。
DX_1813.jpg

静止画像を押さえたので、後は飛翔を撮るのみです。
こちらもなかなか撮りにくい種です。どうにか捉えることが出来ましたが。
トリミングしてあります。
300_1921.jpg

300_1927.jpg

300_2144.jpg

集団吸水が見られずに残念です。
吸蜜植物が極めて少なく、かわいそうなジョウザンです。
タンポポが3本とこの絵の小さな花だけでした。
タンポポには来ずに、この花で吸蜜していました。
5D_2785.jpg

マクロで拡大してみます。
DX_1808.jpg

個体数は多くないのですが、ゆっくりと撮影が出来ました。

再び斜め45度。この角度から見たジョウザンは可愛らしいですね。
DX_1805.jpg

最後はマクロで開翅したところを。
DX_1812.jpg
今日は4/20の絵から掲載します。
その日は色々初見でしたが、コツバメもそのひとつでした。
ここでは毎春にコツバメを見るのですが、この春は個体数が一番多かったと思います。
2m間隔でテリを張っていました。
これだけ居るなら飛翔もどうにかなるかもと挑戦してみました。

まずはお決まりの広角からです。
300_1129.jpg

マクロでも撮るように心がけています。
DX_1781.jpg

背景がぼける絵もなかなか良いです。

さて、D300でコツバメの飛翔に挑戦してみました。これまでは一寸敬遠していた相手です。
さすがにすべてトリミングしています。
300_1184.jpg

300_1232.jpg

300_1482.jpg

すごい数のゴミの絵を作りましたが、その中にどうにか使えるものがありました。
こんな苦労を考えるとカシオのデジカメに頼りたくなります。
私は少しでも楽をしたいです。
昨日は気温が上がりました。
今日も晴天の予報でした。朝起きるとこんな風景が。
十勝晴れの朝は霧が良くかかります。
5D_2760.jpg

急いで朝食を取り、十勝南部の渓流へ出発しました。
現地はこんな場所です。有名ポイントなので出しても良いでしょう。
Panorama2.jpg

風が冷たいのですが、日差しは十分でした。
ガレをよく見ていると、ちらちら飛ぶブルーが見つかりました。
1年ぶりの再会です。しかも4月20日とは驚きの早さです。
300_1810.jpg

久しぶりに見るジョウザンはとっても綺麗でした。
マクロも掲載です。
DX_1792.jpg

今日はいろいろなジョウザンのシーンを出してみましょう。
ガレのキリンソウに静止したジョウザンです。
300_1823.jpg

裏面も見せましょう。黒点が大きい感じです。
300_2000.jpg

斜め45度かな。
5D_2772.jpg

ガレに止まった所はしたから45度。黒点がこの個体はもっと大きいです。
5D_2775.jpg

5D_2778.jpg

午前中だけでしたが、十分に遊べました。
明日以降も色々ジョウザンの絵を掲載していきます。

ジョウザン以外にはスギタニルリ初見、アカマダラも飛んでいました。
ちなみにここのジョウザンは4/16には確認されており、これまでで最も早い記録だそうです。
異常な記録の連続で、今後が心配です。
今日は良い天気で気温も上がり、皆さんはおそらくヒメギフ狙いで各方面へ走ったと思います。
おそらく良かったのではと想像しています。

私は待機なので近場を散策してみました。
当然ながらあのブルーのシジミも見に行きましたが、さすがに完全フライングですね。暖かくても植生の環境が整っていません。

そうなると別の近場へ何か居るやろうと行ってみました。
いきなり出迎えてくれたのは、変な蛾に見えたアカマダラ!4月中旬に確認したのは初めてでは?
これ、本当に小さいアカマダラでした。絵では大きさを表現できませんが、コツバメくらいでした。
300_1101.jpg

マクロでも撮影。
DX_1776.jpg

こんな風に止まられると分からなくなります。警戒して翅を閉じています。
DX_1786.jpg

今日見たアカマダラは♂2頭。

その他に初見が沢山!
コツバメ多数、これもこの時期に見たのは初めて!初見記録でしょう。
エゾヒメシロ多数、これも初見記録でしょう。もう少し前から居たのだと思います。
ミヤマセセリ、1頭。さすがに撮れませんでした。これも初見記録。
絵はぼちぼち掲載予定です。
初見づくしですね。
明日は何が見られるでしょうか?
考えている所があります。
今週末は
気温も上がる予報でヒメギフには良さそうです。
残念ながら待機な私は地元で散策予定です。
皆がヒメギフで動くでしょうから、私は仕方なく(でも期待している)シジミを狙ってみます。
1週前は食草もこんな感じでしたが、明日はどうでしょうね?
あり得るかもしれません。
雨水を貯えたベンケイソウです。
300_0970.jpg
足踏みしていた春ですが、ここに来て気温が高くなっています。
昨日は7月上旬の気温でした。
余り急な変化も歓迎いたしかねますが、春が進むことは嫌でありません。
今日、職場の建物の脇をふと見ると、沢山の花が!
この花はとても大切で、色々な蝶の吸蜜源であり、発生時期を推察できるものの一つです。
これから秋深まるまで次々に咲いて、撮影チャンスを作ってれます。
タンポポです。

Caplio R5J
R5J0010271.jpg
シーズンへ向けての練習も兼ねて、エゾスジグロシロの飛翔を撮ってみました。
今ひとつ感を忘れているのかもしれません。
今ひとつの感じでした。ストロボ使用と非使用では一寸違うので、この辺の切り替えが上手くできていないのかもしれません。
♂2コマ。
300_1038.jpg

300_1044.jpg

♀2コマ。
300_1086.jpg

300_1088.jpg

チャマダラセセリが出てくる前に調整をしておかねばなりません。
この春の目標の一つが、チャマとヒメチャの飛翔写真です。
エゾスジグロシロが撮れて嬉しかったのですが、もう一つ嬉しいことがありました。
それは秋に観察していたエルタテハが無事に越冬していたことです。
雪が残る状態の時に見に行きましたが、姿を見つけることは出来ませんでした。
その後も一度は様子を見に行っていたのですが、だめだったのだろうと思っていました。
この週末に念のため行ってみると、2頭を見つけることが出来ました。
1頭は屋根の上でした。
DX_1770.jpg

降りてこないのでどうしようか考えながら小屋を一回りしたら、足下からもう1頭出てきました。
柱で日光浴です。
DX_1772.jpg

その後すぐに近くの廃材へ飛んでいき、吸水を始めました。
300_0983.jpg

この小屋の何処で越冬したかは確認できませんでしたが、無事に冬を越したようです。
ここが毎冬の越冬場所であることは間違いありません。
越冬した個体は毎年変わるはずですが、いつも同じ場所を選んでいるのは不思議なことです。
ようやく新生蝶を撮ることが出来ました。
エゾスジグロシロです。
出始めなのでしょう、個体数は少なく3♂1♀でした。でも♀が出ている訳です。
久しぶりに見る新生蝶はまぶしい白でした。
300_0986.jpg

DX_1774.jpg

裏面も一枚。
300_1070.jpg

飛翔も少しばかり撮りましたが、これは後日です。

さて、春の進み具合について個人感触です。
雪が少なく気温も高めに推移していましたので、春はかなり早く来る印象でした。
しかし、エゾノウワミズザクラもようやく新芽を伸ばし始めましたし、いろいろな植物の生育状態などからも、例年よりかなり早いと言うことはなさそうに思います。
場所によってはかなり早まっている所もあると思いますが。

エゾエンゴサクがこんなに咲いている場所もあるのですが、やっぱり全体的にはまだまだです。
300_0988.jpg


確認目的で帯広市内のオクエゾサイシンを見に行きました。一番早い場所です。
これが旭川なら、ここにヒメギフが居てもおかしくないのですが、いない場所です。
オクエゾは全く出ていませんでした。
300_1092.jpg

幹がかじられた痕があります。高さからエゾシカと思われますが、こんな町中におるんやろうか?
300_1093.jpg
2008.04.12 季節の進み
全国の皆さん、今日の天候は如何でしたか?
こちらは予報通りに雪または雨。
十勝は霙交じりの冷たい雨になりました。気温は6℃。
これでは全くだめですね。
雨が降り始めるまでの30分で、近場の季節の進み具合を見てきました。

ミズバショウはずいぶんと咲いていました。丁度見頃でしょう。
300_0959.jpg

300_0961.jpg

不思議です。昨年春先にあれだけ探してなかなか見つからなかった福寿草ですが、この春は至る所で見つかります。しかも意外な場所です。ここだって良く来ているところなのに、今日まで気づきませんでした。しかも沢山あります。
300_0964.jpg

しかし、悲しいことに誰かが掘って持ち帰るようです。幾つも掘られた跡がありました。この環境で咲いているからすばらしいのだと思うのですが、鉢や庭に植えたい方が居られるようです。
300_0965.jpg

絵を撮っているうちに雨が降ってきました。
この後急ぎ足で、エゾシロ越冬巣、河原のキリンソウを見て帰ってきました。
さて、いよいよ本当にネタ切れです。
週末に仕入れることが出来なかったからです。
そこで最後のネタを公開します。明日、入手できなければどうしましょう?

ある日、唯一のデパートで物産展をやっていました。
そこで目に付いたのが、鮪の加工品で「ツナしぐれ」として販売していました。
買って食べたところこれが美味しい!いくらでもご飯が入りそうです。
その内に食べ尽くしてしまいました。
そこで諦めきらず探してみたところ、ネット販売していることが分かりました。
会社は焼津でした。
めでたく通販で購入した商品の味は同じでした。
甘辛で、生姜入りです。これは試されても損はないでしょう。
R5J0010428.jpg

おまけに付いていたのが、「鮪ご飯の元」と「炙って」です。
「鮪ご飯の元」は混ぜご飯用の商品で、味付けが濃くなっています。「炙って」は酒のつまみに最高です。
R5J0010429.jpg

各地に美味しいものがあるのですね。
全国のうまかものを知らないのが悲しいです。
チョウ類保全協会の永幡さんがブログを開設されました。
山形の自然を紹介されています。
永幡さんには協会の事でいつも大変お世話になっています。
世界のブナの森」です。
今後が大変楽しみです。
オオモンシロが飛んでいるのを見てからは、週末が楽しみで仕方ないです。
残念ながら今の予報では土曜は雨みたいですが、日曜は晴れそうです。
博打を打つか、地道に近場で春を感じるかですが、迷うところです。
こんな春がやって来ることが楽しみです。
前の絵ですが、ネタなしですから。
2005.jpg
新しい事業に取り組んでいるのですが、日中外出が出来るので、晴れた日には最高です。
今日、移動中についに見ました!オオモンシロ2頭。
でも仕事中ですから道具なく、目撃のみです。
ようやく私も春を実感できました。
この週末にはもしかしてダンダラとかブルーを見られたりして。
始まったばかりの週ですが、週末がとっても楽しみです。
今日も絵はありません。
先日、嫁がオオモンシロを目撃しているので、この週末はとても楽しみにしていました。
今日の気温は14℃。
これなら何か居るでしょう。昨年のエゾスジグロシロ初見が4/6なので、期待も高まります。
結論から申し上げると、何も見つけられませんでした。越冬タテハだけでした。
全体的にフキもまだ小さいですし、エゾノウワミズザクラも芽吹きはじめたばかりです。
早いようでそれなりの季節感のような気もしてきました。
今日は意外な場所で福寿草を見つけたことぐらいしか収穫ありません。
町のど真ん中の公園に咲いていました。
Image00002.jpg
2008.04.05 職場
今日は何もしていません。
天気が悪く風は冷たいし、とても蝶が飛ぶ条件ではありませんでした。
こんな時は雑用を片付けます。
まずは洗車、ワックス。3ヶ月はしていなかったかな。
買い物等々。
新しい職場環境整備のため、小物を幾つか購入しました。
絵がないので珍しく職場の絵を。
殺風景な部屋ですが、ここが4月からいる場所です。
壁に絵を掛けないと寂しいですね。
R58J0010259.jpg
実は密かに「第3回リコーフォトコンテスト展」へ応募しておりました。
入賞を切っ掛けにプロとして生計を立てられるかもなんて、甘い夢を抱きながら応募下野ですが。
結果は宝くじと同じです。夢を抱けただけ幸せだったと言うことですね。

「応募総数1,106点の中から、厳正なる審査の結果、今回は残念ながら入選はされません でしたが、フォトコンテスト応募作品として、4月3日(木)~4月6日(日)までの4日間、東京の銀座洋協ホールにて開催致します写真展「第3回 リコーフォトコンテスト展」に展示させていただくことになりましたので、ご来場をお待ち申し上げております。」

と言うことだそうです。
見に行けないのが残念です。
どなたかもし行かれる機会がありましたら、状況を教えていただけると幸いです。

今日は絵なし!
前にコーヒーは「ブルックス」を飲んでいると書きました。
同じ種類では飽きてくるので、違うメーカーから購入してみました。
「カフェ工房」という広島の会社です。
「ブルックス」と同じように一袋筒のドリップです。
今回は10袋筒の12種の詰め合わせを購入しました。「ブルックス」より若干高めです。
R5J0010263.jpg

味も香りも問題なく良いです。右端の挽いた豆はサービスで入っていました。
これだけいろいろあると、毎朝のコーヒータイムが楽しいです。
2008.04.02 伐採情報
10日ほど前になりますか、地元のツッチーさんから伐採情報が届いていました。
音更の良く行くポイントです。
同じ日にその前を通過しているのに気づきませんでした。
先日の週末に様子を見てきました。派手にやられたのか気になっていました。
行ってみると見落としそうな感じです。
ちょっと安心しました。電線の周囲を管理目的で伐採です。規模も小さいですし、おそらく定期的に苅っていたと思います。しかもこの南側の斜面は余り卵が付いていません。過去の採卵経験からそう感じていました。
300_0921.jpg

探し始めるとすぐにジョウサンミドリは見つかりましたが、それ以外はなかなか見あたらず、量的には多くないと判断しました。
GX0010762.jpg

高圧電流の大きな送電線の保全目的伐採では、伐採量も多いので卵も多く見つかるように思います。
2008.04.01 日高山脈
今日は4月1日、エイプリールフールという冗談でもOKな日かも知れませんが、新年度のスタート、しかも新事業でとっても神経使いました。肉体的にはさほど疲れていません。

こんな時は静かに呑む。
時には風景写真も良いかもしれません。
先日は綺麗な日高を見ることが出来ました。見たままを記録できないのがもどかしいですが、5枚の絵を合成パノラマにしてみました。
絵も大きくしましたので閲覧に時間がかかるかも知れません。
hidaka.jpg