ちょっと前からリンクに追加していましたので気づかれた方も居られたと思います。
久しぶりに追加したリンクの簡単な説明です。

①池田蝶日記
長野県池田町の小学生が書いているブログです。「写真に夢中」だそうです。
この年から入れ込んでいたら、すごいスペシャリストになりそうです。

②元気蝶
丹後在住のGENさんが各地の絵を掲載しています。飛翔写真も素敵です。

リンクから飛んでください。
今度のD300は連写速度も上がっているとのことだ。
バッテリーグリップで単三やEN-EL4を使うと8コマ/秒らしい。
本当だろうか?購入してから疑問に思っても後の祭りだが、こんな事をして確かめてみた。
デジタル腕時計を連写しながら、秒針とコマ数を比較した。
矢印の数値に注目してほしい。100で1秒だ。電池はEN-EL3e。
300_0300.jpg

300_0301.jpg

300_0302.jpg

300_0303.jpg

300_0304.jpg

300_0305.jpg

300_0306.jpg

6コマは完全に撮りきって、7こまめで1/10秒オーバーしている。
公称値6秒は本物のようだ。7コマ弱撮れていると思う。
単三で撮るとシャッター音は早くなるのを感じるので、おそらく7コマ以上、たぶん公称通りの8コマは撮れていると予想する。本当はこんな風に測定すればいいのだろうが、アバウトな性格の私にはこれで十分だ。
私も九州に在住のときは毎春この蝶を見に出かけていました。
気分転換の意味合いが強かったと思います。
1-2頭採って昼食して帰っていました。5月の山の空気とドライブを楽しんでいたようなものでした。
当時は白水村のみ採集禁止でしたから、それ以外ではどこでも許可されていたわけで、そんなポイントの中から車横付けを選んでいました。
1990年の5月のことです。
いつものようにそのポイントが近づくと、尋常ではありません。ポイント到着して唖然としました。
阿蘇の噴火によって灰が一面に降り注ぎ、白くなっています。しかもまだ降り続けていて煙っていました。
火山灰に覆われた産地 (1990.05.06 熊本県阿蘇山)

当時、撮影にもっと興味があったら、まだましな絵があったと思います。
当然ながらオオルリは全くここには居りませんでした。余り疲れることをしたくなかった私は、道路沿いに移動してこんな所にはおらんだろうという場所で車を止めて、ごろんと横になったらシジミが見えました。その日唯一見た1頭の♂でした。
オオルリシジミ♂ (1990.05.06 熊本県阿蘇山)01

オオルリシジミ♂ (1990.05.06 熊本県阿蘇山)02

気持ち的にも余裕がなかったはずの私ですが、なぜか絵を残しています。
当時はどんなことを考えながら、これを撮ったのかは記憶にありません。いろいろと考える余裕はなかったかも知れません。この絵の♂は標本箱にはありません。人に譲った記憶はないので、採っていないのでしょう。
私は特殊な撮り方をしているわけではありませんから、ISOはさほど使えなくても大丈夫です。
せいぜい800位までしか必要ないでしょう。
D200の時は800でもノイズが気になることが有りました。従って夜間ストロボなしの撮影はもっぱら5Dを使っていました。
今度のD300はノイズが少ないと聞いていました。果たして真相はどうか?
昨夜、散歩へ行って撮ってみました。
すべてISO800でストロボなしの条件です。
まずは通りから。
300_0274.jpg

この写真からではお分かりいただけないと思いますが、拡大してもノイズはほとんどなく、十分に常用出来る感じです。

昨夜散歩へ出かけたのは、樹や通りがライトアップされたからです。クリスマスの準備ですね。青が綺麗に表現できているようです。
300_0278.jpg

この広場の一角は現在ホテルが建設中で壁で仕切ってあるですが、いつの間にかライトで飾ったようです。洒落たことしますね。でもこのホテルで花壇が潰されて、私は良いポイントを失いました。
300_0276.jpg

ノイズは少なくなかなか優秀です。こんな光量の少ない画像もOKです。
300_0279.jpg

ここはメインストリート。まだPM6時前なのですが、こんなに人通りが少なく寂しいです。
300_0280.jpg

駅前のモニュメントです。暗闇に手のひらをかざしています。
300_0282.jpg

駅前のツリーもライト飾られていました。周りがもっと白くなるととっても綺麗に映えます。
300_0283.jpg

期待していたように高感度でもノイズは極めて少なく、夜間撮影でも十分に活躍してくれそうです。
D300のフォーカスはなかなかすばらしいです。
私はフォーカスポイントを固定して使うことがほとんどですから、余り利用することは多くなさそうですが、3Dトラッキングはなかなかの優れものです。一度ロックしたものを追いかけてフォーカスが合うようです。
その他、フォーカスについては下記の通りです。
フォーカス

さて、バッテリーグリップの事です。
実はちょっと事前調査が不十分で、ちょっとばかり失敗してしまいました。
バッテリーグリップに使える電池はEN-EL3e、EN-EL4、単三です。ただしEN-EL4の場合はオプションの部品を購入する必要があります。
当然ながら下記のどちらかを使うことになります。
R5J0010029.jpg

連写速度で見落としていたことが有りました。EN-EL3eだと6コマ/秒までしか撮れないことです。単三とEN-EL4だと8コマ/秒です。EN-EL4自体が高いですし部品も購入も必要ですから、これはちょっとパスです。そうなると8コマ/秒のためには単三使用となります。
写真のそれぞれの重さは単三装着時が250g、EN-EL3eのときが120gです。
電池を抜いたバッテリーグリップ自体は250gですから、単三使用では500gもカメラが重くなります。ちょっとこれは悩みですね。軽くしかも8コマ/秒を得るにはEN-EL4が必要になります。この点に関しては今後の検討課題です。
本格的に雪が積もる前にあのエルタテハの様子を見に行きました。
対して雪は積もっていませんでしたが、気温は低く小屋の屋根には雪が氷となって付いていました。
300_0262.jpg

昨日より暖かいといっても気温2℃で、さすがにエルも飛んでいません。
早速小屋の中を探してみました。おそらく隙間にでもいるのでしょう。
丹念に探したのですが、隙間は多いし見つかりませんでした。でも絶対にここにいるはずです。
来年春を楽しみにしたいと思います。

地面を眺めていたらタンポポを見つけました。まだがんばっていたのですね。
ライブビューを使ってみました。
300_0264.jpg

屋根の裏側を見ていたらきらきらと向こうで光っておりました。
よく見ると氷柱が蜘蛛の糸に絡んで落ち損ねて回っており、これが光っておりました。
300_0267.jpg

拡大です。
300_0267-1.jpg

自然とは面白いですね。こんな偶然を作るのですから。

テレビ塔付近から十勝を見ると良い眺めでした。
十勝晴れで気持ちがよかったです。
300_0270.jpg

時にはモノクロも良いかもしれません。雪が残るコケを撮ってみました。
300_0272.jpg

まだまだ始まったばかりの冬ですが、D300を十分に使えないので春がとっても楽しみです。
春は当分来そうにないのでシーズンに向けていろいろ考えている。
中心になるのは撮影機材と日程になる。
虫の目レンズはこれから試行錯誤が必要だとわかり、とりあえず一休みしている。
原点に戻り、使えるレンズ探しだ。
Sigma14mmを考えていたが、4月にならないと入荷しないらしい。半年ごとの生産ラインだそうだ。
とりあえず15mmFisheeEyeを注文した。こちらは到着待ち。
カメラの情報も時々チェックする。最新式にこだわりはないので、思いついたときに最近出たモデルを眺めてみる。
たとえばCanon 30DとかOLYMPU E-330とか。それぞれ魅力ある機種だ。
どっちもあると良いなとか思いながら。

前置きが長くなった。
こんな調子でNikon D200を調べていた。どうやらCanonの独壇場だったデジ一眼に切り込んで、かなり売れているという噂も聞いていた。
何気なくネットでカタログを見ていると画素数は1000万画素あり、連写も問題なし。
完成度の高い感じのカメラだなと思われる。
普段はアクセサリーまで見ないのだが、何故か眺めてみた。すると気になるオプションが目に飛び込んできた。
「GPS変換コードMC-35」 これはいったい?もしかすると…。
予想は大当たり。D200はGPSに接続して緯度経度情報を書き込んでくれる機能があり、そのための接続コードだった。
これまで限られたメーカしかGPSとは接続できず、Canonには該当機種がない。
すごく心が揺れている。これまで探し求めていた機種が、しかも入手可能な価格帯で最新型。
又しばらく悩みそうだ。
Canon 5Dを見合わせてこちらにしようかな?

追記:
帰りにカタログもらってきた。
なんと在庫もあった。ますます悩んでしまう。

再追記 2007.11.23
上記で悩んだ後にD200を購入し、飛翔写真などに大活躍してくれました。
今だから言えますが、D300の登場でどうにも購買欲を押さえきれずにD200は売却しました。2007.09.15の事です。91300円での下取りでした。
D200下取り
晴天に恵まれ試し撮りしてきました。
雪景色のつもりでしたが、東へ行くと雪が少なく地肌が完全に出ておりました。
それならと十勝川温泉のオオハクチョウの河川敷へ行ってみました。
人もほとんど居りません。
カモが歩いていますが私の前は素通りです。餌持っていなそうに見えるのでしょうね。
D300_0129.jpg

青空の色はNikonの発色が好きです。
まだ白鳥は少なかったですね。
D300_0132.jpg

餌持った他の人が来たのでカモたちも移動しはじめました。こんな時はすぐ近くを通るのですね。こちらが接近するときは逃げるのに。
D300_0133.jpg

このオオハクチョウには私が餌を持っているように思えたらしいです。近寄ってきました。私から接近しても逃げません。10.5mmで撮っていますのでかなり近い距離です。
D300_0139.jpg

十勝川温泉へ行くとき渡る橋です。
D300_0145.jpg

展望台へ登ってみました。天気が良いだけで、特に何もありません。
D300_0149.jpg

足下を見ると綺麗な氷を見つけました。これはライブビューで撮影しました。こんな時こちらが屈むことなく撮れるので便利かもしれません。
D300_0152.jpg

発色、レスポンス、連写などすばらしいです。ライブビューも良い感じでした。電池のもちもD200より遙かに良さそうです。
2007.11.22 D300
CaplioR5Jの購入の際に資金的の苦しいと書きましたが、実はこれを注文していたからでした。
本来なら明日が発売日ですが、何処の販売店も本日から販売開始したようです。
馴染みのカメラ店から入荷したと連絡がありました。
衝動で注文してしまったD300でしたが、様々な評価が掲載されるたびに良かったかもと思っています。
R5J0010023.jpg

CaptureNXがサービスで付いていますが、ちょっとこれはどうして良いのか不明です。
指示されたURLへ飛んでも何処にあるか不明です。不親切な感じですね。後日解決しましょう。

お気に入りの10.5mmを付けて撮ってみました。
R5J0010025.jpg

ほとんどD200と変わりません。

今回はバッテリーグリップも購入しました。勿論、連射機能を高めるためです。8コマ/秒が可能です。
R5J0010026.jpg

取り付けるとこんなになります。やはり大きくなるし重くなります。
R5J0010027.jpg

裏面はこんな感じです。さすがに液晶が大きく感じます。
R5J0010028.jpg

試し撮りしてみましたが、良い感じです。Canon派の私でもうなずいてしまいますね。
連写も良い感じでした。ライブビューなど試したい機能が沢山あります。
この週末にテストです。
明日以降ゆっくり使用感を報告いたします。
デジカメ壊れたり、捕まったりと予定外の出費で困っております。
それに今日は当直明けで少々疲れました。
こんな時は余り食欲もなく、軽くいただきましょう。
R5J0010019.jpg

十勝産のシシャモにカモのカルパッチョ、行きつけのパン屋のパン、今年のボジョレーとオリーブオイルにパキスタンの岩塩です。
これで満腹になるかというと、それはありませんが、しこたま焼酎を飲んでぐっすり寝る予定です。
と言うことで、とりあえず更新しました。
お休みなさいm(_ _)m
1990年の話しですからかなり昔です。
当時、大分県のある病院勤務でした。そこそこ忙しかったし、まだ覚えることが多くて時間がありませんでした。採集は続けていましたが細々と月に1回くらいだったと思います。しかも半日程度で切り上げていました。
そんな状況ですから蝶の情報も全くなく、適当に散歩しては帰るくらいの採集でした。
9月のある日、宮崎方面へ走ってみました。地元へ近づきたいと思ったのでしょう。大分県南部のある町で寄り道したときのことです。
シジミが数頭飛んでいました。雰囲気からツバメシジミだと思いました。
よく見てみると後翅に白い模様があります。タイワンツバメでした。
img337.jpg

当時の私には珍しくもありませんでした。地元宮崎南部では個体数も多かったですし珍しくありませんでしたから。ここにも居ったのかと言うくらいです。
タイワンツバメシジミ♀ (1990.09.02 大分県佐伯市)2

表も裏面もすてきな蝶ですね。
表もオレンジと白がとっても映えています。裏面の目立つ黒星も良い感じです。
採集をしていたのですが、この子らはそのままにして帰りました。おそらくフィールドで遊べただけで満足できたのでしょう。気分転換には十分だったのだと思います。
今もそこには生息しているらしく、しまびとさんが確認してくれたようです。
出来ればそこで再会したい蝶の一つですね。
これは当時の写真ですが、これを見るたびにそのころの仕事など、いろいろと思い出します。
3シーズンとも姿を見られなかったキタアカを来年は撮影するべく手近なポイント探しをすることにしました。
かつてはカシワ林には何処にでもいたのですが、最近はよく分かりません。
そう持っていた朝、陽が差さずに風もあって寒かったので、比較的近いカシワ林へ行ってみました。10年前にはキタアカを採卵したことがある場所ですが、たいした数は見られなかったと記憶しています。
とりあえず行って探すとどうやらオオミドリらしき卵は見つかりました。
GX0010674.jpg

GX0010673.jpg

もう少し拡大をgyoromeで。曇りで深度を稼げません。
GX0010680.jpg

過去の記憶通りというか、やっぱりたいした林でなく、これ以外に見つかりません。手の届く枝が少なすぎるというのが実体でした。
寒いし、帰ることにしました。

途中の市内の直線。ここはいつも速度取り締まりをやっているので、私も注意して飛ばさずに通過していたら、お巡りさんが出てきてこちらへ入れと指示します。まさか私ではないだろうと思い顔を見ると、やっぱり私みたい。うっかり飛ばしていたのでなく、注意してスピードを出していないので、それはないだろうと思いましたが、40kmのところを18kmオーバーだと言われました。確かに50kmくらいでは走っていましたが、これには納得いかずしばらく問答しました。
機械が正確か分からないのでそれを証明する書類を見せてくれと言うと、こんな紙を見せてくれました。手にとってはだめで見るだけ。写真はOKでした。
GX0010681.jpg

でもこれは単に取り締まり前にチェックしていますよという紙で、これが正確かどうかは実際には分かりません。後で話していると誤差は必ずあるが、不利になる誤差は出ないようにメーカーが作っていると言ってました。これもどうだか分かりません。
測定値自体も一番正確に測れる状態より低い測定値にならざるを得ないから、本当はもっと出ていたかもしれないとも言います。
そう言われるとますます信用できなくなります。
これにサインしてと言われましたが、納得できな時はサインせず争っても良いのか聞きましたが、その時の流れを説明してはくれました。ちょっとやってみようかとも思いましたが、問題なのはここの管轄が釧路方面警察なので、ことあるごとに釧路へ行かねばならないことです。さすがにこれは面倒だと思い、仕方なくサインし、振り込み用紙と青切符をもらって帰りました。
img318.jpg

実は本当に納得していないのです、私!
ついつい出して捕まったのなら諦めますが、スピードは出さないように注意して走っていたのに出過ぎと言われているんですから。
こんな40km制限のところで取り締まりをする方も、あまりにも意図的だと感じてしまいます。
反則金は12000円。卵1個の撮影料としては破格ですな。
ある日突然に次のような通知が届いた。
「ETCマイレージサービス登録取り消し予定のお知らせ」
なんじゃこれは?
img317.jpg

良く読むと登録してから2年間ポイントの変動が無いから取り消すということだそうだ。

これを登録したのは北海道へ来る前の11月頃だったかもしれない。
当時はハイウエーカードを5万円で購入して58000円分の利用ができていた。
高速なしでは移動がままならなかったので、よく利用していた。シーズン中は月に5万円は走っていたと思う。
ETC導入が本格化してきて、ETCを利用するとポイントとして還元されて、結局同じくらいのサービスが受けられるはずだ。それで申し込んだと思う。

さて、4万円弱の残高を残したまま道東へ来た私だが、こちらでは自動車道の利用があまり出来ていない。なぜなら部分的開通でしかないし、国道を走っても自動車道とあまり変わらないからだ。
そのために残高を完全に消費しきれずに3年を迎えようとしていたわけだ。
ETCを利用していないのでなく、利用はしていたが残を消費できずにポイント付加がまだ無いという状態である。
解決策は消費するしかないらしい。そうでなければまた新たに申し込みし直し。
これは面倒だから消費しよう。幸いにも残は2022円。これもよく分からない。2円という端数は何処で出来たのだろうか?
それにしてもシーズン中なら何処かに絵でも求めて走るのだが、この季節行くところもない。
仕方なく離れたお菓子屋へ行くことにした。ここなら往復で2200円。
何をしているのだろうと思いながら、ちょっとしたドライブをした。

行きに前をパトカーが走っている。嫌な奴だ。これでは予定時間に着かないと思っていたら、脇の広い場所へ停車した。ここで隠れて待ちかまえ捕まえる作戦のようだ。こんなに通行量の少ない自動車道で取り締まりとは。ここでパトをみたのは今年で2回目。

用事を済ませて帰り道、あのパトがいるかどうか楽しみにしていたら、しっかりと構えていた。
R5J0010016.jpg

R5J0010017.jpg

お菓子をしっかりと買って無事に帰宅。
早速調べてみたらちゃんと178円の後払いとなっていたので、一段落である。3ポイント付くのかな?初めてのことで分からない。
前納

明日はカシワ林へ卵探しの後、ゆっくりと温泉につかる予定だ。
2007.11.16 ボジョレー
昨日はボジョレーヌーボーの解禁日でしたね。
実は「オランジュ」という馴染みのフランス料理店から招待されて、ワインを飲みまくって居りました。
orange1.jpg

13種のボジョレーニーボーが集められており、これを飲めるのでした。
R5J0010003.jpg

これが産地によって本当に味が違うのですね。
ソムリエに説明していただきながら、ゆっくりというか、たらふく飲み食べいたしました。
意外と仲間が集まってしまい、忘年会やっている雰囲気でした。

そこにいつもお世話になっている「はるこまベーカリー」のご主人も来て居られて、ゆっくりとパンの話しを聞かせていただきました。

残念だったのは今日が仕事であることです。休みだったらしこたま酔うまで飲んだのですけどね。それは今夜自宅でやりますか。
今年のブドウのできは良かったらしいです(フランス)。また十勝のブドウも良かったらしいです。
十勝のワインは12月1日だったかな、ボジョレーが出るはずで。こちらも楽しみです。
GX0010672.jpg

どうもR5を壊してしまったようです。
北昆の途中でフォーカスが合わなくなりました。単に故障で保証期間内と思っていたのですが、振るとからから音がするし、よく見るとバッテリーの爪が折れています。
ということは酔って落としたかもしれません。良く覚えていません。足下から一度拾い上げたような記憶は確かに有ります。

帰宅後、すぐにカメラ屋に行って、幾らくらいで修理できるか相談しました。数千円では無理みたいでした。仕方なく代替えの購入です。
良く店内を見ると日替わりセールのカメラが有りました。なんと偶然にもR5。Jが付いていますが。壊れたR5を下取りしてくれないか交渉しましたが、日替わり品だからすでに特価ということで。でもちょっとだけ上乗せしていただきました。目出度くR5Jが手に入りました。
Caplio Rv1が故障したため代わりのコンデジを物色しましたがやっぱりCaplioになりました。メモと仕事で使うことがほとんどですが、マクロ機能は妥協できませんでした。
なじみのキタムラでR5がお手頃価格になっていましたの購入となりました。ちなみに壊れたCaplio Rv1は何でも下取り価格というのがあるらしく2000円で下取りしてくれました。これはちょっと嬉しかったですね。
IMG_0544.jpg

これにGyorome8を付けたらどうなるのでしょうね?
まだ試していませんが、そのうちやってみましょう。
とりあえずは初期設定をいろいろやって使いやすくしておこうと思います。

追記 H19.11.14
先週末の北昆総会途中で故障しました。
フォーカスが効かないし、よく見るとバッテリーの爪が折れています。
酔って落としたかもしれません。
ということで保証も効きそうになく、無理を言って下取りしてもらいました。
夜が更けて行くにつれて様々な世界が広がります。
こちらはお堅い会話かもしれません。
R50010472.jpg

かと思えばこちらではこんな光景が。後ろ姿だけでは同定不能です。
R50010467.jpg

お一人はすでに紹介済みですから、もう一人を紹介しておきましょう。トンボ屋さんだったかな?
R50010473.jpg

若者も居りますよ。彼は甲虫屋だったかなあ?酔っていた私も分からなくなってきた。
R50010468.jpg

何の夢を見ているのでしょうかね?嫁か?
R50010474.jpg

こうやってますます夜は更けていきます。ついには睡魔に勝てなくなって…
G_2605.jpg

その内に私も眠くなり部屋で熟睡でした。
翌朝各部屋を見て回りました。
大広間は若者の寝床だった用です。テーブルの脇で寝ておりました。
R50010476.jpg

それにしてもデジカメはますます調子悪い!
こんな感じで楽しい会は幕を閉じたのでした。
次は十勝の会かな。
元北昆会長K先生宅でも飲んでしまい、良い気分でいよいよ会場へ移動です。
例年よりちょっと少ない集まりでした。宿泊名簿も少なく、日帰りが多かった印象です。
会計報告など一通り終わり、食事しながら団らんでした。
その後に抽選オークションでした。その風景です。
R50010455.jpg

今年も出てきました怪しげな網。これに寄ってくる蝶がいるのでしょうか?
R50010459.jpg

採れるとしたらこんなものでしょう。しかしでかい!
実はこのあたりからデジカメの調子が悪くピンぼけ連発でした。霞がかかったようで丁度良いか。
R50010462.jpg

その後は2次会会場へ移動でした。大広間で飲んだり、誰かの部屋で密談したりいろいろ。
まずは大部屋。こんなモンですね。
R50010466.jpg

個室で密談中の二人です。「物は大丈夫か?」といった感じに人相悪い人が喋っているようです。
R50010464.jpg

もう一つ入ってみて驚きました。ここは研究室だったか?宿泊施設だったはずだが。
実体顕微鏡を持ち込むとは、さすが甲虫屋さん!
R50010463.jpg

すばらしい世界ですね。
こうやってあちらこちらを飲みながら撮り歩いているうちに、酔いも回ります。

もう少し引っ張りますね。続きはまた明日。
楽しい会でした。
たらふく飲んで帰ってきました。
いろいろな方から来年の準備ととなる情報をいただきました。
半年先になりますが楽しみです。
旭川からNoreenさんも参加でした。人が多すぎるのでゆっくりとは一緒に飲めませんでしたが、楽しんでいただけたでしょうか?
2-3回に分けて様子を掲載いたします。後半はデジカメ(CaplioR5)が故障のためピンぼけ画像ばかりになってしまいますが、お楽しみ下さい。
今回はノーカットです。
元北昆会長K先生と十勝の会長K先生のツーショットです。いつも大変お世話になっております。
R50010446.jpg

ここ元北昆会長K先生宅ではベニヒカゲが羽化中でした。
R50010442.jpg

終令幼虫や蛹がごろごろしていました。
R50010444.jpg

こんなの見せられるとジャノメ好きには毒ですね。メナシ軍団です。
R50010445.jpg

これまでも標本は沢山見せていただいていたのですが、今回は古いものを中心に眺めました。するとこんな標本が。
リンゴシジミの最初発見となった旭川のもので、タイプ標本です。K先生の採集品です。
歴史的重みがありますね。すごいです!
R50010450.jpg

次には白いウスバシロが見つかりました。青森のだとばかり思ってラベルを見てびっくりです。
R50010451.jpg

右は最近の青森産でしたが左は北海道産。これまたすごい!
申し上げる言葉もありません。北海道にもこんなのがおるんやと関心しました。探さねばなりません。

行きのJRでも飲み、ここでも飲み、総会前にできあがりそうでした。
続きはまた書きます。
明日は北昆の総会です。
昨年は欠席したのでとても楽しみです。
虫好き、酒好きのみんなが集まるので、毎年ながらすごい総会でしょう。
今夜は前祝いで南の焼酎飲んでいます。
この手の瓶にとっても弱く、すぐに買ってしまいます。
飲んでいて何か酔いやすいと思ったら、30度でした。
R50010441.jpg

明日が楽しみですが、最低気温はついに-4℃の予想でした。
ヒョウモンモドキがカメラへの転向の切っ掛けになったこと、以前書きました。
その時もう一つの蝶が関係していることも書きました。
その蝶のことを書きましょう。
実はクロツバメなのです。
その理由は簡単なもので、次第に視力低下があり小型の蝶を標本にする事が面倒になってきていたからでした。とはいっても収集欲は有りましたから数頭は持ち帰ることにしていたのです。
そんなある日、民家の石垣にポイントを見つけました。
クロツバメシジミの生息地 (2003.09. 広島県)

こういう環境の場合は必ず家の方の許可をもらうようにしております。ところが不在のようでした。とりあえず見てみると少ないながら確認できました。このまま網を振るのもどうかと思われたので撮影でした。
クロツバメシジミ♀ (2003.09. 広島県)3

網を持っている方が分かりやすいので、カメラだけより最近は誤解を受けないかもしれませんね。時々考えてしまいます。

その時は仕方なくそのまま帰宅したのですが、不思議と採らなかったことが残念には思いませんでした。しっかりと撮れていましたし、証拠としては残すことが出来たわけです。

これ以降、クロツは撮るだけで網も出さずの状態となりました。
そうする内にこんな人通りが有るところでもカメラだけなので遠慮無く撮影できると分かりました。
クロツバメシジミの生息地 (2003.09. 広島県)2

クロツバメシジミ♀ (2004.09. 広島県)3

しばらく持って行っても網は出さずの活動をしていたのですが、島巡りでこんなポイントを見つけました。
クロツバメシジミ生息環境 (2004.09. 広島県)3

そこで出会ったこの♂の輝きを見て、生きている姿はやっぱり美しいと感じたことが、決定的な切っ掛けだったように思います。この写真はかつて掲載したことがあります。
クロツバメシジミ♂ (2004.09. 広島県)4

それでは撮影だけ十分かと言いますと、足らない場合もあります。それは同定に関してです。目撃や撮影だけではその種を十分に同定できない場合があります。確認目的で網に入れることも必要でしょう。
ただし今の私にはカメラ機材が多くなって、網まで持つ余裕はありません。
ついこの前まで私も知らなかった便利アイテムに「ドニチカ」があります。
土日どちらか一日限定の地下鉄乗り放題きっぶのことです。
img312.jpg

500円で一日乗り放題です。
なぜこれが便利アイテムかと言うと、札幌地下鉄の初乗り料金は200円なので、最短駅を一往復するだけで400円となり、もう片道乗るとすでに得してしまうからです。
たまたま仕事などで札幌に滞在の方は、迷わずこれを購入でしょう。
先月まで私も知らなかったのですが、各地にこんな便利アイテムが沢山あるのではと思います。知っているかどうかで損得が決まるなんて。
こんな便利もの、有ったら教えてください。
前にも書きましたが古い写真のデジタル化を少しずつ進めています。
管理が悪かったためか1990年代のネガが見つかりません。プリントした写真だけが残っています。
仕方ないのでプリントをスキャンしてデジタル化しています。
その時、沢山のゴミが写真に付いていたようで(これも管理が悪いです)、とっても見られたものではありません。
画像1

これはソフトで処理してしまいます。するとこんな感じになります。細かい作業が好きな人はもっと綺麗に出来ると思います。
画像2

完成するとこんな絵になります。
1990年9月2日 大分県佐伯市で撮ったクロアゲハです。日が差し込む木陰で開翅して休憩中でした。今なら大喜びで撮りまくっていると思います。当時もこんなチャンスがあったのですね。
クロアゲハ♂ (1990.09.02 大分県佐伯市)-1

この絵はでも時間経過とともに赤みがかっていると思います。おそらく撮った当時はこんな感じだったと想像しています。ちゃんと薄日で羽も明るい部分が見えています。
クロアゲハ♂ (1990.09.02 大分県佐伯市)-2

当時のことを思い出しながら、こんな修正を楽しみながらデジタル化を進めています。
2007.11.05 残された蝶
昨日の絵から掲載です。
昨日の朝は気持ちの良い目覚めでした。外を見ると丁度日の出を迎えておりました。
ベランダから撮ったのですが、気温は1-2度くらいだったと思います。寒かったです。
GX0010641.jpg

朝食後、例の伐採地へ出かけたのですが、林でこれまでは気づかなかった小川を見つけました。
GX0010642.jpg

こんな流れが有ったのだと感心していたら、ある植物が目につきました。
クレソンです。
GX0010643.jpg

ということはこの流れは綺麗だと言うことです。こんな身近に有るとは思いもしませんでした。

先日の越冬卵を撮った後、さらに周囲を散歩しました。そしてここへ来ました。
GX0010663.jpg

この空き地は夏になるとカラスシジミが沢山居ますし、ジョウザンミドリ、アカマダラ、エゾヒメシロも姿を見せます。今や単なる枯れた空き地ですが。来年も同じように楽しませてくれると良いのですが。

秋ですが周囲をよく見るとタンポポもちらほら咲いています。まるで春先のような感じです。
GX0010662.jpg

そのタンポポを眺めながら歩いていたら、まさか、蝶の姿がありました。
比較的新鮮なベニシジミでした。
GX0010664.jpg

タテハ以外の蝶をこの時期に見たのは初めてです。
Gyoromeで撮影してみました。
GX0010669.jpg

最低気温は0℃になるこの頃です。オオモンシロも飛んでいない季節になったのに、この子は一人タンポポに静止して居ました。もう少し気温が上がったら吸蜜など活動をはじめるのだと思いますが、これからの寒さは耐えられないでしょう。一瞬、持ち帰り室内で飼おうかと思いましたが、吸蜜植物もありませんし、やはり自然の成り行きに任せるべきだと判断しました。
今日は比較的暖かい一日でしたが、どう過ごしたのでしょうか?
することが無くなってきたので、いよいよ恒例のゼフ越冬卵探しをはじめてみました。
「Part 1」と書いたのは今後何度となく探しに行くであろうと予想されるので、番号を付けただけです。

初回の今日は例の伐採されたポイントで、伐採木から救出の予定でした。
しかし枝が上手く積んであるというのか、簡単には枝を見ることが出来ませんでした。調べた限りでは頂芽には何もなく、伐採された木は幸いにも密度が高くないのかもしれません。

折角ですから周辺を散策してみました。すると絵のような日当たりの良いミズナラがありました。ちょっとピンぼけしていますが、ご愛敬です。
GX0010644.jpg

実はこのピンぼけしていた枝にすぐに見つかりました。アイノミドリです。
GX0010646.jpg

目の高さなので低い枝ですね。でもたまたまだったようで、他には見つかりませんでした。
考えてみると上には良さそうな枝が一杯ですから、♀もたいていは上の高い場所に産んでいるのでしょう。

当然ながらジョウザンミドリも見つかりました。こちらはGyoromeで撮影です。
GX0010649.jpg

もう少し先に行ってみると、これまた良さげなクルミがありました。手の届く枝が沢山あります。
GX0010652.jpg

探してみるとやっぱりオナガの卵がありました。
GX0010653.jpg

別の卵をGyoromeで拡大してみます。まあまあの解像度でしょうか。
GX0010656.jpg

風が出始めて寒く感じるようになってきたので、今日は終わりとしました。
通勤途中のポイントが伐採とは残念ですが、周囲にちゃんと残っていることが分かって一安心です。来年はこの木のそばでアイノを狙ってみます。
今日も蝶ネタはありません。
期待されている方にも申し訳ないです。

午前中仕事でちょっと職場へ行ってきた後、息子と車のタイヤ交換しました。
本来ならガソリンスタンドでお願いすればいいのですが、タイヤが重すぎて運べません。腰を痛めそうです。それで仕方なく自分でしています。
無事に交換し、これでいつでも雪よやって来いという感じです。

さて、そろそろ年賀状の準備でもしておこうと思いました。絵を選んだり、デザイン考えたりなどです。その前にやっておかないといけなかった事が、プリンターの購入でした。
7年間使ったアルプスのMD-5500はリボン式で高画質だったのですが、いかんせん、リボンが当地では手に入らないために、通販か札幌での購入となっていました。これはかなり不便です。
サブプリンターとして今後も活躍予定のMD-5500です。
R50010438.jpg

7年間も使ったので今回はオーソドックスに普通のインクジェット式を購入しました。
EPSON PM-G860です。
R50010439.jpg

最近のプリンターは高性能、低価格ですね!
驚きました。このプリンター、販売価格が14000円、10%ポイント還元でした。残念ながら顔料ではないので水には強くありませんが、できあがりの絵はすばらしいものでした。
R50010440.jpg

今年の年賀状はこれで完璧ですね。とりあえず準備だけは。
勿論、インクジェット用光沢年賀はがきは購入しております。
8月の終わり頃、エソシロチョウの越冬巣を掲載しました。
あれから2ヶ月、その巣はどうなったのかお見せしましょう。
結論を言えば、たいした変化無く順調に周囲も冬っぽくなってきたということになります。
エゾシロチョウ越冬巣 (2007.10.28 北海道帯広市川西札内川河川敷)01 copy

エゾシロチョウ越冬巣 (2007.10.28 北海道帯広市川西札内川河川敷)03 copy

来年春は沢山の巣からぞろぞろと出てきて、それはすさまじい光景になるのでしょう。
ちょっと寒いです、想像すると。

河川敷の土手もすっかり冬支度をしていました。
夏の終わりに苅られた土手なので、イタドリも再び伸びてきたところで冬になってしまいました。それでこんな背が低い枯れたイタドリです。
DX_1720 copy

なんだかいつもとは妙に変わった土手の風景でした。
DX_1721 copy