この町には柏の名の付くものがいくつかあります。
柏小学校、柏通、柏公園。
二つはすぐ近くにあるので、おそらくこの周辺はカシワ林だったのでしょう。平坦な場所だから多分そうそうだったと思います。
しかし、ちょっと不思議なことがあります。
絵は柏通です。
DSC_9789.jpg

見えている木はカシワで無くミズナラです。どうなっているのか通りの木をよく眺めてみると本物のカシワもあります。
DSC_9790.jpg

手前の淡い黄緑の葉はカシワで、向こうに見える黄緑色の強い葉はミズナラです。
実は十勝ではミズナラとカシワを厳密に区別してない節があります。

H4-5年にキタアカシジミの産地探しをしたとき、最後まで残ったのが陸別町でした。私はそこで離れてしまったのですが、友人はカシワを探し回ったそうです。最終的には営林署を訪ねてカシワの場所を聞いたそうです。そして教えてもらった場所へ出かけてみると、そこにあったのはすべてミズナラだったと聞いています。

葉も似ているし、ドングリもなるし、同じといえばそうかもしれません。
営林署の職員も厳密には区別していないのですから、柏通のような現象が起こっても不思議ではないのかもしれませんね。
真実は分かりません。
ちなみに柏小学校にはカシワしかありませんでした。

これは今年6月はじめの写真です。
緑がとっても映えています。
この時期得意のラーメンネタです。
札幌のラーメン共和国に出店中の店を制覇しようと思っていたら、半年ごとに数店舗入れ替わるのだそうです。そんなこと知りませんでした。
現在のお店はこんな感じになっています。
img310.jpg

この中の未食店から今回はボリビア岩塩使用という言葉に惹かれて、塩屋「ゆうじろう」を選んでみました。
選んだのはもちろん塩ラーメンです。
R50010417.jpg

ミニの焼きおにぎりが付いていて、後でスープを入れてお茶漬けみたいにして食べます。
チャーシューは私的には合格の美味しさでした。スープは無難な感じです。
とっても美味しいというラインではありませんが、悪くはないです。
塩はやっぱり函館がいいかな?
この記事は10/13に札幌へ行ったときの絵を使っています。

参考までに前回までの店舗を掲載しておきます。
img311.jpg
昨日の雨とはうって変わって、今日は朝から晴天です。
久しぶりにフィールドに出てみることにしました。
目的はエルタテハの越冬場所の観察です。約1ヶ月前に見つけたあの電柱へ行ってみました。
DX_1722.jpg

みごとに居りませんでした。でもある程度予想通りというか、本来ならやっぱり建築物の中と思っていましたから。こんな所でしょう。
DX_1732.jpg

眺めながら端まで行くと柱にエルが止まっておりました。この時期に蝶に会えて、正直嬉しいです。
DX_1723.jpg

やっぱり本来の越冬場所はこの木造建築物と思います。

しばらく待っていると開翅して日光浴始めました。
DX_1726.jpg

その時の気温は11℃、すぐに暖まったのか飛んで北側の下草に降りました。
追いかけて接近です。
DX_1731.jpg

GX100でマクロ撮影も追加です。こんなに接近するのは久しぶりです。
GX0010640.jpg

GX0010638.jpg

不思議なことに他の越冬タテハは全く見かけませんでした。
何処でどんな風に越冬しているのでしょうか?暖かくなっても活動しないのでしょうか?
この辺が分かりません。

ここもすっかり冬支度の風景になってしまいました。もうすぐ真っ白な光景が見られると思います。
DX_1733.jpg
蝶が飛んでいない時期が6ヶ月もあるので、この時期のネタには苦労します。
幸いにも温泉や食でどうにかなりそうですので、これを極めるしかありません。

さてそこで、今日は精進料理の店へ昼食をいただきに参りました。
外見はちょっと店とは分からない作りです。
お店は「東乃雪(しののゆき)」といいます。
img309.jpg

一杯で入れないと困るので、一応、予約していきました。
通された部屋からは中庭が見えて、紅葉が楽しめます。
R50010430.jpg

昼食はこれしかありませんので、選択の余地はありません。
R50010431.jpg

手前から前菜の田楽、栗ご飯、豆腐とチーズのクリームソース、カボチャ、白菜の何とか、ゴマ豆腐、みそ汁です。
とっても美味しくいただきました。最後にアイスクリームと昆布茶(コーヒーでもOK)が出てきます。夜はさぞかしお高いのでしょうが、ランチということで1200円でした。

入り口付近の壁に有名人の色紙が飾ってありました。
よく見ると蝶仲間の狂言師、山本東次郎さんのものもありました。ここの常連だったとは知りませんでした。
今度、ご一緒しましょうね、東次郎さん!
皆さんはコーヒーお好きですか?
私とコーヒーとの付き合いは大学生からです。
味も分からないのに格好つけて豆を挽いたコーヒーが甘いなどと思いながら飲んでいました。
それでコーヒーミルも買って、豆も4種ほど瓶に入れていたこともあります。
そのとき買ったミルがこれです。もう30年以上になりますが、今でも時々現役として働いています。
R50010424.jpg

その後は一時期、サイホンも使っていましたが、さすがに掃除が面倒になって止めてしまいました。
今でもドリップのコーヒーには拘りがあり、やっぱり止められません。
毎日朝の一杯だけですが、落として飲みたくなります。
それでも次第に手がかからずいろいろな種類を飲みたくなったので、思い切って通販のドリップコーヒーを買ってみました。ときどき広告に入る「ブルックス」です。
実は職場に置いてあるのがこのメーカーでしたので、それなりに飲めるとは分かっていました。
今回は2回目の購入ですが、一杯20-40円程度です。種類によって価格は変わりますが、お手頃と思います。
R50010422.jpg

写真はちょっと違うものを頼んだ2回目のものです。窒素で包装してあるので、酸化しにくいようです。開封するとコーヒーの香りがすぐに分かります。
コーヒー好きの方、お試しあれ。
今日の十勝は一晩中熱いだろう。
WRCとJRCが十勝で開催されるに当たり、今日はオープニングセレモニーがある。
結構な人出になっている。
GX0010618.jpg

今年のラリーは見ておこうと思った。なぜなら十勝で開催されるのは最後になるし、もしかすると日本で最後になる可能性もあるからだ。
スタートゲート周辺は大混雑だった。
GX0010621.jpg

よく知らないがジャニーズ事務所所属のアイドルなどが来ていたようだ。
GX0010624.jpg

地元の放送局STVの馴染みのアナウンサーたちも放送準備をしていた。
GX0010626.jpg

それにしても寒くなった。PM7時過ぎで吐く息が白い。
そしていよいよラリーカーがデモ走行始めた。
今年は応援したいスバル。
GX0010627.jpg

ウンドウブレーカーが目立つシトルエンの関係者たち。
GX0010628.jpg

やっぱり好きな三菱ランサー。今度のエボはとっても魅力的だ。
これは旧型。
GX0010633.jpg

こんな感じで参加全車がデモ走行した。やっぱりメーカーチームはすばらしい。
今夜はしばらく中心街にバリバリとエンジン音が響いていた。
明日からレースが始まり、目が離せないラリージャパンだ!
昨年同様に過去写真のデジタル化を進めています。たいした数無いのだから一気に終わらそうと思えば出来ていると思いますが、なぜかだらだらと二冬目です。
そんな絵からヒョウモンモドキを掲載します。

広島へ移った初めての夏、私はヒメヒカゲを追っかけていました。好みですし、モドキのことは大変厳しいらしいと聞いていましたので、まずはヒメヒカゲを探すことにしていました。
思いの外、ヒメヒカゲとの出会いがあり、初夏のある日、週末の2日をモドキ探しに消化しようと決めました。
でも新しい情報は全くなく、とりあえず環境確認からと、古い既産地を訪ねました。
当然居りませんが、湿地と休耕田の生息地の環境は分かりました。
それからですが、友人から「新産地を探さないと既産地はだめ」と聞いていましたので、可能性のありそうな大和町を探索することにしました。
地図を見ながら道路から5分ほど奥へ歩いていくと、休耕田らしきものが見えました。
こんな所だろう、いるとしたらと思いながらそちらへ向かうとアザミにオレンジのヒョウモンが止まっておりました。なんと一発目で見つけてしまいました。
img232.jpg

img234.jpg

そこから奥へ行くと、10数頭のモドキが飛び回っておりました。
でもドラマはここからでした。
移動して同じような環境や人家近くの土手など探してみると、行く先々でモドキが飛んでおりました。何処が珍なのだろうかと不思議な気がしましたが、おそらく誰も来たことがないのでしょう。
img235.jpg

それなりの数を得た私はモドキ探しを終わりにしました(当時採っていました)。

翌年、面白くなって探していると、保護活動をしている中村さんに出会いました。同期の大阪府立大のH氏の教室で学位を取ったそうです。
出来れば保護活動に協力をということでしたので、断る理由もなくモドキ採集は中止することとしたのです。

今になって考えると網をおいてカメラに移行するきっかけになった蝶ではないかと思い出しております。
そのときの産地が今はどうなっているのか知るよしもありません。
ある後輩を案内しただけで封印してしまいました。
カウンターを気にすることもなく、記事の更新はしております。
そもそもいつブログをスタートしたのかよく覚えていないのです。引っ越しも何度もしましたので、その間カウンターも適当になってしまいます。
が、この時ばかりはじっと待っておりました。自分でゲットしなければと思っていました。
何もがんばらなくても良いはずなのですが、なぜか。
その収穫物はこれです。
画像1
2007.10.22 紅の通り
紅葉の季節になると市内至る所で綺麗な色を見ることが出来ます。
とりわけ通勤道路の紅並木はすばらしいと思っています。
ただし国産の木ではなく輸入物のように思えるのですが、種はよく分かりません。
GX0010617.jpg

なかなかの色だと思いませんか?
GX0010611.jpg

GX0010613.jpg

GX0010612.jpg

この紅葉に見とれながらしばらく散歩していました。
足下にちょっとしたものを見つけました。
単なる松ぼっくりですが、これがそこそこ大きい!私の手と比べてみました。
GX0010614.jpg

この季節は季節なりに楽しみ方があるようです。毎冬そう思いながら(思わせながら)過ごしています。
通勤経路を変えていたので気づきませんでした。
いつもの道を走ると大切なゼフポイントが何か変。
なんと、いつの間にか伐採されていました。全部ではないのですが、下草に降りてくる大切な部分がすっかりとやられています。
夏はこんな感じで歩道脇の一段低い部分が絶好の撮影ポイントでした。枝が上に被さっていた感じでした。
GX0010035.jpg

それがいつの間にか写真の状態に!赤矢印の範囲、おそらく3m幅で道路沿いにすっかり刈られました。
GX0010605.jpg

覆い被さっていた枝がなくなったので、刈られた幅以上に広く感じます。
来年夏は個体数がどうなるのか気になりますし、撮影条件がどうなるのか分かりません。

裏側へ回ると丁度良かった林間の空間が貯木場に変わっていました。
簡単に頂芽を調べてみましたが卵は見つかりませんでした。すごい量の枝なのでほんの一部のみ調査でした。卵が容易に見つからないというのは良いことだと都合良く解釈です。
GX0010606-7.jpg

もうスケスケの林になってしまいました。CO2問題が報道される中で、どうしてこんなに自然林を切るのでしょうか?目的もよく分かりません。
来年はこの蝶たちが見られるのでしょうか?心配です。
DSC_1847.jpg
冷たい雨があがったら、ちょっと気温も上がったようで暖かく感じられました。
久しぶりにフィールドでも覗いてみたくなりました。
いつもの展望台から十勝平野を見ると、木々は茶色に染まっていますが爽快でした。
5D_2555.jpg

ちょっとしたオープンカフェが出来ていました。ボランティアのようです。9月はじめ頃からやっているそうです。
5D_2564.jpg

この木製のいすを盗んで帰る輩がいるそうです。世も末ですなあ。

ミズナラもこんな感じで紅葉すると、とても綺麗です。
5D_2556.jpg

カシワだってこんなに赤く紅葉することもありますね。すばらしいです!
5D_2565.jpg

日当たりの良い斜面をみるとモンキチョウの♀が日光浴していました。5D_2557.jpg

寒くはなかったのですぐに飛ばれてしまいました。久しぶりの蝶なので、ちょっと遊びたかったのですが。

その後、どこから♂が飛んできて求愛が始まりましたが、♀は拒否していました。これから生まれる幼虫にとっても過酷な季節だし、どうなるのでしょうか。
普通の服装で来てしまったので、この辺で引き上げとしました。
5D_2563.jpg
2007.10.19 「金色の…」
冬がそこまできている北海道です。
寒い雨が降っています。来月にはこれが雪に変わることでしょう。

北海道に来るまでは地平線など見る機会はまずありません。アメリカで一度見たことがありました。
こちらでは見ることが出来るのですが、その場所が黄金に輝くとしたらどう思うでしょうか?
アニメ、「風の谷のナウシカ」の一節に出てくる「金色の野」とはこれのことでしょう。
アニメの環境も荒れた土地であり、おそらくは麦が植えてあったと思います。
その麦が収穫の時期を迎え、黄金色に輝いたのだと思います。
DSC_1838.jpg

DSC_1839.jpg

この風景が堪能できる美瑛はとってもすばらしい!
札幌へ行っていたり、パソコンの調整やら当直やらで久しぶりの更新です。
パソコンの方は環境整備がまだできていませんが、最低限のことはできそうです。

季節中は当たり前のようにみていた蝶がやたら懐かしいです。
その中かから未掲載の蝶、今回はヒョウモンを掲載します。

まずはメスグロヒョウモンです。この夏もねらったくさび入りの♀でしたが、残念ながら撮れたの♂だけでした。
メスグロヒョウモン♂ (2007.07.22 北海道上川郡清水町旭山)03

♀ねらいでしたので、♂はお遊び程度の撮影でした。今になって思うと贅沢ですね。今なら何でも撮りたい心境ですから。

お次はミドリヒョウモンです。黒い♀が北海道でも見られないかと注意していますが、やっぱり居りません。こんな時♂はあまり気にならないのですが、一応撮っています。これまた贅沢なことです。
ミドリヒョウモン♂ (2007.07.22 北海道河東郡音更町長流枝)

北海道では珍しくないギンボシです。これも大型の♀を見ることがあるのですが、残念ながらとることはできませんでした。これは普通の♀です。何気なく撮ったものですが、やっぱり贅沢な話でした。
ギンボシヒョウモン♀ (2007.07.22 北海道河東郡音更町長流枝)

この蝶、コヒョウモンも北海道では多く見ることができます。ヒョウモンチョウとの区別が難しいので、発生時期なども考慮しながら同定しています。どちらかというとヒョモンチョウの方が少ないように思います。ヒョウモンチョウ探しの時撮ったこのコヒョウモン、やっぱり贅沢いえませんね。
コヒョウモン♂ (2007.07.22 北海道河東郡音更町長流枝)02

これらの蝶にあえるのは長い冬が終わり、夏ややってきてからですから、相当先です。
2007.10.14 初雪
所用で札幌へ行っていました。
天気予報では峠は雪とのこと。
11月なら冬タイヤへ交換済みですが、まさか10月中で冬タイヤへの交換は考えていませんでした。
従って夏タイヤ。
道路情報をネットで調べながら出掛けましたが、精神衛生上良くありませんね。
峠を越えて日高側へさしかかったら積雪でした。
対向車のトレーラも夏タイヤのようで、スリップしてストップしておりました。次々にストップして、チェーンを装着したりのようでした。
私は下りだったので慎重に走ってセーフ。
怖い旅でした。絵は峠を下って直ぐの当たりです。
R50010415.jpg

札幌でのことなど書くつもりだったのですが、パソコンがネットから訳の分からぬソフトをもらったようで、妙な現象が止まりません。対策は難しいようなので、久しぶりに再インストールですね。2-3日、更新は出来ないと思います。
2007.10.12 ほろ酔い
今日は寒いです。
明け方から新得や富良野、旭川では雪になるようです。
既に石北峠では小雪となっていました。
明日は所用で札幌へ行く予定ですが、この時期に峠が雪とは予想もしていなかったため、まだ夏タイヤです。交換の時間もありませんでした。
明日の朝の路面状況次第で中止か決行か決めるしかありません。

こんな気温も状況も寒い夜は飲みましょう。
物産展でひときわ目立つ日本酒を見つけました。
「ほろ酔い」という銘柄です。福島の酒でした。
ラベルが結構楽しめますね。
お味はとっても飲みやすいです。辛口好みの私にはさらさらいくらでも入りそうです。
R50010405_20071012195723.jpg

R50010407.jpg

R50010408.jpg
2007.10.11 セセリの幼虫
キノコ採りをした日に少しは虫探しもしてみました。
何気なくクマザサを眺めていると食痕らしきものを見つけました。
DX_1707.jpg

よく見ると葉を丸めた部分があります。
GX0010595.jpg

これは幼虫の巣やろうと覗いてみました。時期的にオオチャバネセセリの幼虫ではないかと思いました。
GX0010596.jpg

予想外で頭は真っ黒でした。巣を開いて観察してみました。
GX0010597.jpg

どうやらコチャバネセセリの幼虫のようです。
コチャバネはもう随分前に姿を消していたので、全くの予想外でした。清書で調べてみると、コチャバネセセリは幼虫越冬のようです。しかも巣を切り落としてそのまま越冬。その後、春になっても食することなく、蛹化するそうです。
私自身は観察したこともなく、初めて知った馴染みの蝶の生態に驚くばかりです。
いつか確かめる必要がありますね。
あまりの無知に、ちょっと寂しくなりました。
追記しました。続きを読むで見られます。

さすがに今朝までの当直は疲れました。
年々体力は落ちるし、いつまで続けられるか分かりません。

こんな時は美味しいもの食べて、ぐーと酒をあおって早めに寝てしまうのが一番でしょう。
と言うことで今日の話題はラーメンです。
カテゴリにもラーメンを追加しました。

帯広に古くからあるラーメン屋として「みすヾ」と言う店があります。知ってはいましたがアーケード街にあるので敬遠していました。私の先入観から避けていたわけです。
でも地元では評判の店のようで近くを通ると行列が出来ていました。
それなら食べない理由はないですね。
行列が丁度なくなって撮影です。
0010117.jpg

0010118.jpg

家族で出掛けると一度に多くの種類を頼めるの良いです。

塩です。
0010119.jpg

醤油。
0010121.jpg

味噌。
0010122.jpg

どれもが美味しいスープでした。
私は醤油を食べましたが、今度は別のを食べてみたいし、また来たいと思うラーメン屋でしょう。
そして特記すべきは次の豚丼にぎり。
これは良い醤油味が付いてとってもお勧め。
0010120.jpg

こんなこと書いていたラーメン食べたくなりましたが、今日はヘルシーに野菜炒めだそうです。
食べて、飲んで、寝るぞー!
... 続きを読む
ネタ探しに苦労しなければならない季節になりました。
いろいろ考えていたら、蝶友から連絡があり自宅へ招待されました。
良いもの見せるからと言うことだったので、喜んで出掛けてみると…。
そこには九州で分布を拡大中の話題の蝶がおりました。
そう、クロマダラソテツです。
可愛らしい蝶ですね。折角だから手乗りで記念撮影を。GX0010600.jpg

GX0010601.jpg

♂、♀です。
勿論、北海道で発生する訳ないので、届いた蝶です。
手乗りで可愛いですね。何処かでソテツは売っていないでしょうか?
師匠の庭での幼虫観察は9/16のことだった。
それから3週は経過しているが、現在の庭先を観察してみた。

キハダのミヤマカラスの幼虫は終令のはずだが見つからず、代わりに別の若令を見つけた。
DX_1694.jpg

見ての通り、食草は既に枯れつつあり、かわいそうだがこの幼虫は蛹化出来ない。このまま果てるか、餌になるかだろう。自然の厳しさだ!

Gyoromeでも撮ってみた。
GX0010566.jpg

数頭いたキアゲハはさすがに終令になっていた。この一頭しか見つからなかったが、無事に蛹化したか、餌になったか分からない。
DX_1695.jpg

綺麗な幼虫だ。
GX0010569.jpg

今度は家庭菜園の大敵、オオモンシロだ。
ダイコンはすっかり食い荒らされていた。
DX_1696.jpg

寄ってみると沢山食いついていた。
GX0010571.jpg

多くが終令のようだ。
GX0010570.jpg

だが生存競争は厳しいようだ。蛹化場所は家の壁などが多いのだが、ここにたどり着いても蛹化できない個体がかなり多い。
それは寄生のためだ。
GX0010577.jpg

これだけの幼虫がまともに成虫になったら大変なことだろうから、上手く調整されているのだろう。

最後にアゲハを探してみた。その時の終令幼虫は当然見つからないし、蛹もなかった(誰かに回収されたらしい)。
そのかわりにちっちゃな終令を見つけた。餌は十分にあるので、気温さえ保ってやると蛹化できるのかもしれない。
GX0010573.jpg

幼虫とばかり遊んでいるが、もうすぐでこれも出来なくなりそうだ。
今日は恒例のキノコ狩りの誘われていたので、行ってきました。
いつものことかもしれませんが、多い種もあれば、少ない種もありで、その年その年で発生状況は異なるようです。
まずはとっても美味しいシメジから。
DX_1697.jpg

拡大するとこうです。
GX0010579.jpg

次はムキタケといってちょっと黄色っぽいキノコですが、味噌汁にすると最高だそうです。先客があったようで少しだけでした。
GX0010583.jpg

これはぽつりと生えたムキタケです。
DX_1703.jpg

キノコはやはり倒木に多く生えるようです。
これはエノキダケ。かなりぬめりが強いそうです。
DX_1702.jpg

GX0010585.jpg

次はオシロイシメジ。ここのシメジ畑はすごかった!
DX_1706.jpg

GX0010590.jpg

ここのオシロイシメジをせっせと回収する2人、K師匠とY君。
GX0010591.jpg

私も今夜のシチュー分は採りました。
その後、今度は釣りへ変更。イワナ狙いです。
GX0010594.jpg

こちらも先客があったようで、残念ながらnullです。
塩焼きしたかったです。
帰りに師匠宅でその他のキノコを頂いて帰宅しました。
実りの秋ですね。
でも、すっかり紅葉していて冬が近くなってきました。
今日は早朝から札幌へ行ってきました。
日本クリニカルパス学会というのが札幌で開催されており、これに参加するためです。
クリニカルパスとは「医療の標準化と質の向上を図る手法」ですが、興味ある方は調べてください。
職場でこれに関与している訳ではなく、この学会の教育講演に「新しい創傷治療」という場違いなテーマがあり、これに興味があり参加しました。昨年から私も実践している無消毒治療の先駆者である夏井Drの講演でした。
そんな訳で出掛けました。時には真面目に勉強もしておりますよ。
今回の最大の収穫はここでのスライド原稿をまるまる自由に使ってくださいとの許可でした。凄い太っ腹です。
R50010397.jpg

教育講演を聴き終わり、大通りを歩きました。良い環境ですよね。
R50010398.jpg

さて、今回楽しみしていたことがもう一つありました。
それは、新車両の「スーパーとかち」でした。
私は鉄道マニアではありませんが、ちょっと期待していました。
顔はこんなです。
R50010400.jpg

1号車がグリーン車になっています。
新車と言うこともあってなかなか綺麗ですし、シートは合成皮のアルカンターラかもしれませんが、これまでの布とはひと味違います。
R50010401.jpg

先端へ行ってみるとこんな風になっております。
R50010404.jpg

この先に何があるのかと思っていたら、連結部分が窓ガラスになっていて運転手みたいに線路を眺めることが出来ました。
とりあえず撮ってみましたがR5で撮ったのでノイズが多すぎですね。
R50010405.jpg

当然ながら帰りはいろいろ飲みながらでした。
列車の旅はこれだから楽しいです。
数日前の記事にエルタテハの越冬場所に付いて書きました。
あれは単に夜間の寝床であり、越冬場所とは違うのではなかろうかとい疑いもあります。
いろいろな蝶の寝床はどうなっているのか、雨の日は何処で雨宿りしているのかなど、実際には分かっていないことも多いと思います。
7月末にゼフを撮りに行ったとき、偶然にエルタテハの睡眠姿を見つけて撮っております。単なる睡眠は隙間などに入ったりはしていないのだろうと思っています。よって、あの電柱とボックスの隙間は越冬場所だろうと思った訳です。
これが夜間の寝床でした。単なる一例だと思います。
20071005202219.jpg

20071005202245.jpg

全く身動きしないので、はじめは死んだ個体ではと思いましたが、撮影後、指を差しだしたら飛んでいきました。
早朝の肌寒い気温でしたし、夜をここで過ごしたのだろうと思います。
前日アップの画像を使って、仕事しながら掲載です。

実を言いますとコキマダラセセリがかなり好きです。
しかも大きい個体がいいですね。とってもかっこいいセセリだと思います。個体数が多いのであまり注目されませんけどね。
南に下るほど大型で、広島の個体はなかなかのものでした。
しかも♀となるとまた一回り大きいです。
さすがに北海道産は小ぶりですが、新鮮な♀を見つけると、いつの間にか撮ってしまいます。
20071004063650.jpg

20071004063702.jpg

この地味な色彩が何ともいえません。
7月中頃、帯広市内で撮ったものです。
もう思い出シリーズになってしまいます。
今回はシータテハの話です。
九州では以前は少ないように思えたシータテハですが、最近は生態が良く分かったためか、幼虫採集が比較的容易だと聞いています。それでも私にとっては珍な蝶でした。
北海道では秋に割と見られる蝶で、特に珍しいと感じたことはないのですが、これが夏型となると出会いが極端に少なくなります。気にはしているのですが、どうしてでしょうね?
そんな夏型に思いがけず出会ったので大あわてでした。
7月16日、帯広市内でのことです。
20071003200420.jpg

20071003200445.jpg

色調の濃い秋型もいいですが、このさりげない色が地味でとっても素敵に思えます。数少ない夏型の絵です。
橋の工事で潰されるあのリンゴのポイントの様子を見てきました。
夏の間、時々傍を走っていたのですが、ゆっくりと見る機会はありませんでした。
5D_2553.jpg

5D_2554.jpg

結論から言いますと、私が予想したより潰された面積は狭いようでした。
写真の黒矢印が出来つつある柱で、赤矢印が潰されたポイントに作られた道路です。2枚目は1枚目より50mほど後ろに下がった絵です。
これくらいだとまだまだ生き延びてくれそうな気もしますが、生息環境は面積だけでは評価できないので、何とも言えません。来年の観察が必要でしょう
それよりも近くにある工場の敷地が拡大して、林の結構な面積を潰していました。こちらの方が影響あるかもしれません。
橋の工事ばかりに囚われていましたが、こちらの方はすっかり見落とされていました。
何時も酷使している愛車を時にはきちんと掃除しておこうと思い、しっかり社内清掃からワックス掛けまでやっていた9月末、何気なく後輪を見ると片減りしているのに気がつきました。
R50010391.jpg

後輪は両方とも同じです。
これは何か問題あるのだろうとディーラーへ写真を送ると、交換時期でありスポーツサスペンションだから車高は低めでそうなるとのこと。実際、後輪はアラインメントがややハの字になっています。タイヤ専門店の方が安く交換できると言うので、市内の専門店へ行ってきました。交換やバランス、古タイヤの廃棄料などすべで込みで、予想外の金額でした。何でこうなるの?先日ゼフの図鑑を買ったばかりで、資金繰りをどうしましょうか?
そんな交換日が明日で、何処からお金を出そうかと考えていた今日、職場で使っているノートパソコンのDVDがまったく動かなくなりました。これは修理が得どうかですが、タイヤ代にを考えないといけないので、外付けDVDの購入で解決するつもりです。それでもまた出費ですね。
いつかも家電製品が次々に故障して買い直しをしたのですが、壊れる時はどうして重なるのでしょうね?