表題を見て過渡の期待をしてはいけませんよ。
たいしたことでなく(私には重大)、単に酒の話です。

近くの裏路地を歩いてたら酒屋がありました。
こんな所にと何気なく目をやると「〆張り鶴」が4本もあります。
(下の段中央より)
10052.jpg

10053.jpg値段を聞くと現地で飼うより1000円は高いですが、これは仕方ないです。よく見ると新潟の酒がそこそこあります。
ご主人に話を聞くと納得でした。新潟出身でここに落ち着いたとか。

勿論買って帰りました。
今宵も飲んでおります。
なくなったらすぐに入手可能となりましたから。
とてつもない発見でした、はい。
最近は「広角」とか「虫の目」とかに敏感に反応してしまう。
何か面白いものはないかと常にアンテナを広げているわけだ。
そんな時、「ひろーく撮れる」という言葉が見つかった。
よく調べると、かつて見てはいたが余り気にしなかった製品だった。
今回は面白半分で注文してみることにした。ところが何処のショップも在庫切れで見つからない。
ようやく「すとらっぷやcom」で在庫を発見し注文した。
もともと1300円くらいのものだが、580円で販売していた。
しかも楽天を通しての注文だったので、ポイントを使い無料となった。
この商品の販売元は実はKENKOである。
10054.jpg

ストラップになっているレンズがその正体だ。
10056.jpg

粘着性のゴムが付いていて、携帯に張り付く。
10055.jpg

携帯のカメラで試し撮りしてみた。
まずは携帯本来の機能で撮った絵。マクロ機能で撮影。
P1000006.jpg

これに「ひろーく撮れる」を付けて撮影。
P1000005.jpg

かなりの拡大になった。
このレンズは広角なので本来は広く写せるはずだ。
今度は屋外で拡大+深度が十分か、つまり虫の目となりうるかテストしてみよう。
携帯の画素数が320万なのでいまのコンデジやデジ一眼にはとうてい及ばないが、何かの時には役に立つかもしれない。

こんな遊びばっかりしている私だ。
2/23の記事に追記しました。

撮った写真のコントラストの調整などはカメラ付属のソフトやPaintShopPro、PhotoShopなどいろいろあります。
これまでは写真の管理と言う目的でソフトの使用を考えたことがありませんでしたが、枚数も多くなるといちいちフォルダ内の写真をプレビューするというのも面倒になってきました。
そこでどうしたら(どんなソフト)良いのか皆さんの意見をお聞かせいただければ幸いです。
フリーのアルバムソフトはたくさんあるのですが、RAWファイルを取り扱えません。しかも私はNikonとCanonのRAWをどちらとも読み込める欲しいと思っています。カメラに付属のソフトに簡単なアルバム機能が付いていますが、当然ながら他社のRAWは読んでくれません。
Photoshop Album、SILKYPIX、ACDSee、Photo Album 6、PhotoImpression 6など有料ソフトもありすぎて良く分かりません。お試しできるなら良いのですが、出来ないものの方が多いですね。
みなさん、どうされてますか?
cap1.jpg

上のスクリーンショットはPhotoImpression 6ですが、カレンダーでもフォルダでも整理可能で、RAWはどちらのメーカーも読み込み可能だそうですので、これが良いかもと思っていますが、試せないです。

... 続きを読む
冬が長い北海道です。冬場にいろいろ考えております。
皆さんの知恵を拝借して一眼にGyorome-8を取り付けることが出来ました。
しかし、陰での撮影時には暗くなりストロボが必要になります。
カメラ内蔵のストロボにディフューザを利用して撮ることは可能ですが、上からの回り込みの光になります。
リングフラッシュだと良いのだろうと思いますが、ちょっとお高いです。
ストロボでなくライトでどうにかならないもの考えておりますが、簡単ではないです。

そんなときSONY HVL-RLSを使用感を書いたブログを見つけました。BANYANさん購入され(ご指摘あり追加)、確か虫林さんが気になる製品で書いていたと記憶しています。SONY製品以外にも使えそうですし、汎用性がありそうです。何人かが試しておりました。
そこで私もその気になり購入しました。袋付きでした。
MG_0551.jpg

邪魔になったので中心に入れてあったゴム様の黒い板を取り外しました。レンズ保護の目的で付けてあるのでしょうか。
MG_0552.jpg

メーカー品以外のリコーCaplio R5に付けてみました。
MG_0553.jpg

問題なく付けられますが、デジカメの電源をオフにすると、リングライトとカメラの間に隙間が出来ます。これは仕方ないでしょう。
MG_0554.jpg

フラッシュでなくライトなのでスイッチで明かりを点けっぱなしにします。
MG_0555.jpg

それではCaplio R5で実際に撮ってみます。
まずはライトなしの状態です。
汚いキーボードですがご容赦下さい。
0010050.jpg

次はライトを点けてみます。
0010049.jpg

あるとないとでは大違いの絵だとおもいますが、いかがでしょうか?

勿論、最終目標は一眼-Gyoromeに取り付けることです。
職場のメールボックスに社会保険事務局からの封筒が届きました。
こんなのもらったことないし、何だろうと思いながら封を切ったのです。
要するに「回答してください」という内容でした。
gh1.jpg

負傷の原因を書けばいいのですが、負傷とは何だと思ったら、そうです、足趾の骨折のことでした。
労災かどうかを知りたいということみたいです。
休日の自宅での負傷なのでもちろん労災ではないのですが、負傷の原因など書かなければならないのです。
gh2.jpg

「犬と戯れていて壁の角に足を引っかけて骨折した」なんて恥ずかしくて書けません。
どうしましょうか?
職場の秘書には正直に書くように言われてしまいました。
... 続きを読む
札幌の雪祭りの時期になると、道内各地でいろいろな催しが始まる。
各地の雪祭りだったり氷祭りだったり様々である。
祭りとまではいかなくても公園や街頭を飾り付ける。
冬の北海道ということで飾り付けにはアイスキャンドルが使われることが多いようだ。
駅前公園の風景をかつて紹介したと思う。

この各地の催しとして十勝では清水町や中札内村でもアイスキャンドルを1000個以上置いたようだ。
清水では1400個くらいと聞いていたので行ってみたいと思ったが、ちと遠い。
それならと中札内村にした。2月3日のことだ。
道の駅周辺で1000個くらいにローソクが灯してあるという。

広場の入り口はほのかに灯してあった。
IMG_0223.jpg

ローソクの光が本当に柔らかくて暖かいと感じたのは今年の冬だろう。直接雪を掘って灯される明かりも暖かい。
IMG_0224.jpg

広場には沢山のキャンドルが輝いていた。
IMG_0228.jpg

IMG_0226.jpg

IMG_0225.jpg

IMG_0227.jpg

アイスキャンドルを雪に埋めて下から照らしてあったが、これも新鮮だった。
IMG_0229.jpg

このときの気温は結構低かったので長居は出来なかった。
しかしキャンドルの上に手を翳すと本当に暖かく、雪の中では一本のローソクすら大切に思えた。見ているだけでも暖かく感じられたのも北海道ならではだろう。
2/8に掲載した記事に追加しました。

ネタが無くなってきたところで最近のちょっとした不幸話です。

商品には当たりはずれがあるのは当たり前です。
高価なものだから故障が少ないとは限りませんし、逆に安物だからすぐに壊れるというわけでもありません。
この1週間は憑きがないようで小物が壊れました。

(1)デジカメ-リコーのCaplio R1v
2005年9月に購入してメモ代わりに毎日持ち運んでいたデジカメです。仕事でも使っていました。
レンズの蓋が開かないことがしばしばでした。これはどうもCaplioシリーズに不具合があるようで、無償修理をしてもらえたようです。これだけなら良かったのですが、マクロでフォーカスが合わなくなってしまいました。
この症状は有償でしょうね。23000円で購入したこのデジカメに修理代はもったいないようなので、新たに購入の方向で検討しています。やはりマクロに強いリコーで考えています。
ポケットサイズで薄型となるとR4、5でしょうか。

(2)フラッシュメモリー
2006年10月に購入したバッファローのUSBフラッシュメモリーが突然パソコンに認識されなくなりました。アクセスランプがつかないのでメモリー側の故障のようです。
調べてみるとバッファローのフラッシュメモリーには同じようなトラブルが多いようです。余り調べずに購入したのが失敗でした。I-O DATAのほうが良かったようです。
これは保証期間何なので修理に出しました。とは言っても修理は出来ないと思いますので、おそらく交換でしょう。
いろいろなデータを持ち運べて便利でした。ないと不便です。
... 続きを読む
2007.02.19 身近な風景
週末になると何か絵になるものはないかと探している自分がいる。
1週間分のネタ探しである。
毎日更新しなければ苦労はしない。
しかし、ブログのおかげで日常の些細なことまで日記のように記録するようになったため、後で見てもなかなか楽しいと思っている。ブログを作っていなければこれはなかっただろう。

我が家には愛犬がいる。室内犬なので基本的に毎日の散歩はなくても良いので、週末にすることが多い。
気が向けば近くを10分程度だつれて歩くこともある。
ある夜、期待に満ちた目で私を見上げている。
仕方ないと思い嫁と夜中の散歩に出かけた。
その時ふと気づくと、それなりにはっとさせられる風景があった。毎日見ている眺めなのだが。
IMG_0279.jpg

青いツリーを下から見るととっても綺麗だった。
IMG_0281.jpg

ホテルの外装として飾られている灯りであるに過ぎないのだが、ちょっと良い感じだった。

外はとても冷えていた。でも何故か雪を照らす柔らかい光は暖かいかのような錯覚を与えた。勿論、とっても冷たい!
IMG_0282.jpg

いつもの風景にもそれなりの感じ方があるのだと初めて思った。
通勤途中の雑木林はこれまでに幾度も掲載してきた。
近場ではこの雑木林が環境は一番良いと思われるが、実はこの林は西に向かって続いている。道路で寸断されてはいるが幅広い寸断ではない。
そこで西の続きを調べることにした。
カシワは少なくなってハンノキはハルニレが多くなるが、不思議なことに街路樹としてカシワが植えてある。
IMG_0549.jpg

こんな木にも少ないながらハヤシが付いていた。

この林の北側のカシワを調べてみた。
IMG_0547.jpg

こんな枝にやっぱり付いていた。Gyoromeで撮影。ストロボなし。
ハヤシかな?
IMG_0465.jpg

右下に見えるのはセブンイレブン。こんな環境でも見つかるとは嬉しい。

これもハヤシみたいだ。同じくGyorome。ストロボあり。
IMG_0499.jpg

見つかりはするが多くはない。

帰りに緑ヶ丘公園に寄った。
IMG_0550.jpg

春になるとここが一面の芝生になって、その後に一面がタンポポで埋め尽くされるのだが、公園の名前にふさわしくないのかタンポポが刈られてしまう。それなりに綺麗だと思うのだが。
今はそんなこと想像することも出来ない。
春が待ち遠しい!
今日は朝から快晴です。
せっかくの休みなので少し動いてみようと日高山脈を越えても良いと思い、走りました。
思ったより道路状況は良くて苦労せずに狩勝峠へ着いてしまいました。積雪はざっと見積もっても国道脇で170cmはあるでしょう。
IMG_0284.jpg

こんなことなら少し早起きして富良野へ行けば良かったですが、最近疲れ気味でしたので。

でも良い眺めでした。
まずは十勝方面。
IMG_0283.jpg

次は富良野方面。
IMG_0287.jpg

出発が遅かったので無理はせずに新得の温泉へ行くことにしました。
屈足温泉(くったりおんせん)レイク・インです。
10032.jpg

10028.jpg

上の絵はCaplio R5のものですが、なかなか発色は良い感じです。

B0009.jpg

今回も浴室の絵はNGですが泉質表を撮ってきました。
かつて紹介したトムラウシ温泉と同じみたいです。
透明で無色無臭といって良いでしょう。
10030.jpgクリックで拡大表示されます。

温泉内に取れ立ての生椎茸を売っていました。ちょっと傷アリものを400gで200円でした。夕食時に醤油やバターで焼く予定です。
10031.jpg

さて、小腹も空いたところで新得そばを食べることにしました。
新得町郊外の国道沿いに新得そばの工場があります。その隣に「そばの館」という店があります。
ここで限定20杯という100%そば粉の寒乾そばをいただきました。
10033.jpg

ちょっと細麺ですが腰が強くて美味しいそばでした。
付いていた「やまわさび」がほどよい辛さで、これまた結構でした。
満腹になったところで早めの帰宅としました。
いつまで続くか?、蝶のいない生活!
帯広でのラーメン話、第2弾です。
有名どころが幾つもあるようですが、今回はチャーシューに惹かれて「めん吉」にしました。
こちらもチェーン店を展開しています。帯広西方面の店にしました。
一見、ラーメン屋風ではない店構えです。
0010012.jpg

家族で行きましたので3種類頼んで見ました。
まずはみそラーメンです。
0010013.jpg

お味はどこかで食べたことのある味噌汁を思い出す味だった。
これはこれで美味しい。

次は塩ラーメン
0010014.jpg

これは見た通りあっさり塩味。嫁の話では最初はいいが食べているうちに飽きてくる味だと言う。

最後に店の自慢ラーメンであるあぶりチャーシューで醤油にしてみた。
0010015.jpg

スープに香ばしい味が広がっておりなかなかイケる味だが、チャーシューがちょっと脂っぽいかなあ。私は個人的にはもっと脂身が少ないほうが好み。そして溶けるような感じが好き。
赤身の部分はいい味していますけどね。

実は行きたかったのは下の店。
heiten

良い感じのチャーシューでしょう。
でも二度と食べられないのです。昨年、閉店してしまったようです。探しても見つからないと思い、ご近所さんに教えてもらい分かりました。食べられないと分かるといっそう食べてみたくなる!
今日は大雪になりそうです。
ばんばん粉雪が積もっています。朝までにどれくらいになるなか?
予報では40-50cmだそうです。
雪の話ばかりでは寂しいので蝶のことを書きましょう。

先日、標本を眺めていたらヨーロッパの蝶の中に気になる個体を見つけました。
フィンランドのヒメシジミです。交換で入手したものです。
当時は初めての蝶を中心に展翅していたので気づいていなかったかもしれません。
H0010011.jpg

♀1頭だけです。このようなブルーの個体がどの程度出るのか分かりません。♂は大きな違いがないように思います。
海外でもブルーの♀がいることが分かりました。
観察力足りませんね、今頃見つけるなんて。
こんな♀を見たら狂喜するでしょうね。
今年の夏も探してみないといけません。
今日はフリーな1日なので探索することにした。
とは言っても昆虫関係ではなく気になる「木」を探すことだ。
その前に後で一風呂浴びるための温泉を下見しておこうと山道を走った。
ここは上士幌町。雪道で軽くドリフトしながら雪埃をあげて走った。
IMG_0274.jpg

ここを右折すると「亀の子温泉」と思いきや、見たくない文字が貼り付けてある。休業中だそうだ!
IMG_0275.jpg

何で休業するんだろう?冬場だって入りたい人はいる、私みたいに。
これで今日の目標の一つが消えてしまった。
この調子だと目的の木にたどり着けるのだろうか不安になった。

目的地付近に到着するとゲートが閉まっているし、除雪もしていない。当然歩いて探すことも難しい。
これはだめだと思ったら丘の向こうにそれらしき木を発見!
赤い矢印がそれだ。皆さんにはなんだか分かりますか?
IMG_0276.jpg

もう少し拡大して撮影。これで分かった人はすごいぞ!
IMG_0461.jpg

Canon 70-300mmISはなかなかだった。ここまで大写しに出来るとは。
IMG_0462.jpg

これで分かっていただけたでしょうか?
本当はこの木に登ってその俳優になりきる予定だったが、麓までもたどり着けなかった。熱いコーヒーを飲みたかった。

知っている人もいるでしょうが詳しく話すとネスカフェのCMに出てくるツリーハウスが実はこれだったのだ。
唐沢氏がこの上でネスカフェをのんでいた。
c1.jpg

真似したかったのだが残念だった。まあー、場所は分かったし夏の楽しみにしよう。

帰りに大雪方面を見ると綺麗に南大雪が見えていた。
やっぱり大雪は雄大だ!
IMG_0278.jpg

温泉はどこかで入りたかったので、十勝蝶の会の忘年会会場である「帯広リゾートホテル」に寄り道して入浴した。ここもモール温泉だ。温泉の写真は昔のものを再利用した。
0020.jpg

入浴料400円。ガイドなどには食事が出来ると書いてあるが、これは宿泊客だけ。
0019.jpg

10148.jpg

しっかり漬かって暖まったので帰路へ付いた。
待機な週末ですが、家にじっとしておくのももったいないのでGyorome-8と一眼のテストに行ってきました。
今回は内蔵ストロボを使っての撮影をやってみました。

環境は通勤途中でゼフを見られる所です。
IMG_0444.jpg

ここで越冬卵を探したことはないのですが、夏に沢山の個体を見ているので見つかるだろうと判断です。
予想通りにすぐにオオミドリ発見です。ストロボ使っています。
IMG_0428.jpg

ハヤシミドリとオオミドリはそこそこ見つかりました。アイノやジョウザン、ウラジロミドリも多いのですが見つからずです(見つけずが正確な表現か)。
近くのクルミも探してみました。昨年はそこそこ付いていましたが、この木には少ないようです。オナガシジミです。
IMG_0441.jpg

虫の目は卵のような1mmくらいのものを写すのでなく1cmくらいの昆虫などを写す方が向いているように感じます。とくに今回の組み合わせではシャープさに今ひとつの部分もあります。
こんな感じの撮影が良いのではと思います。
IMG_0407.jpg

IMG_0409.jpg

こんな写真が撮れたらどんなに嬉しいでしょうね。
G_0107.jpg

ある原稿依頼が来ました。そのうちお話しできると思います。
その中でアポロチョウのことを書いたのですが、当時の思い出が蘇りすごく懐かしくなりました。
ファーブルに憧れて南フランスへ行ったわけですが、同じことを考えるのは私一人ではないのですね。同じような足跡をたどった方がおり、それを出版されています。
「ファーブル昆虫の旅」の奥本さんです。
img002.jpg

こんなラベンダー畑で私も蝶を採ったしまた撮りました。

憧れのヴァントー山へも登りました。勿論車でですが。
img003.jpg

この山にアポロが棲んでいます。
興味ある方は読んで下さい。
私は自分の旅をした気分になりました。
その土地の風景が手に取るように分かったからです。
懐かしさいっぱいでした。
2007.02.07 リンクの追加
久々にリンクの追加です。

(1)めーんかぷぁー
n_zukiさんによる蝶の写真いろいろですが、国内は京都中心のようです。海外が面白く(私の好み)、ジャマイカでの蝶です。

(2)くろせの虫 今日の虫
krsmusiさんによる黒瀬町(広島県)の蝶の写真です。
広島と言うことで私には懐かしいですね。4年間居りましたので。

(3)蝶の玉手箱
cactussさんによる蝶と鳥の生態写真です。蝶に関しては南が結構お好きなように感じます。

リンク集から飛んでください。
広島時代の写真のチェックしていたら面白い絵が出てきました。
鳥取で採幼してきたキマルリの絵でした。

一枚目はなかなかのショットです。幼虫が食べているのは熱帯魚の餌です。ディスカスハンバーグというディスカス用の冷凍肉なのです。牛の心臓肉だったかな?
05280001.jpg

この肉は蟻が運んだのではなく、私が口元に持って行きました。放っておけば蟻が運んだと思います。

前蛹です。蛹室みたいなもの(まゆ)を糸で作ります。
06010005.jpg

別個体の蛹です。羽化が近づいた蛹ですが、蟻がまとわりついています。
06010001.jpg

当時はたいした気持ちもなく単なる記録として撮っていたと思います。それで忘れていたのでしょう。
幼虫が食べる姿はなかなか撮れない(勿論飼育すれば別です)絵だと思います。
やっぱり記録は大切です。
日本で一番寒いと言われる陸別の「しばれフェスティバル」へ行ってきました。
帯広の人たちでも行くことはほとんどないようです。
理由は「何でもっと寒いところに行かんとならんのか?」ということのようです。
ごもっともです。

詳細な開催場所は調べもせず出掛けました。小さな町なので着いてから聞けば十分でしょう。帯広から100kmの場所です。
ここが陸別駅。今はふるさと銀河鉄道が廃止になったので道の駅だけです。
IMG_0230.jpg

この周辺には良い蝶のポイントがあります。
IMG_0231.jpg現在では公共機関はバスだけです。
日に9本は便があるようです。帯広まで3時間くらいはかかるようです。

道の駅のおばちゃんに会場を聞いて到着しました。
看板もしっかりしばれています。
IMG_0233.jpg

気温は-3℃くらいだったのでたいした寒さではないはずですが、風がものすごく強く寒くて寒くて!

これは布か何かを凍らせて作ったドーム型のハウスです。エスキモーの住居みたいに完全に氷ではありません。
中は結構暖かいものでした。
IMG_0240.jpg

本当は入りたかった「しばれ湯」です。
昨日夕方からの前夜祭で入れたようです。
残念!
IMG_0244.jpg

会場の大広場の風景です。
人少ないでしょう。でもこれくらいが大好きです!
IMG_0245.jpg

着いて30分も経っていないのに寒くて仕方ないです。
暖かい食べ物ということで「豚汁」を選びました。
これが具だくさんで安くて大変美味しく暖かい!
IMG_0246.jpg

いろいろな出し物がありました。
乗れなかったけどラリージャパンのラリー車の助手席に乗って雪道を走る企画や乗馬など。料金は無料です。

帰ろうとしているとスノーモービルが丘のコースを走るのが見えました。これは乗ってみたいと行ってみると、後部座席に乗って体験できるとのこと。
家族全員でそれぞれ乗せてもらいました。料金はというとこれも無料!すごいです、しばれフェスティバル!
このスノーモービルがジェットコースター並に迫力があり怖かったです。
私たちが今年の最後の搭乗者だったようで、「最後だから特別」と言ってスペシャルコースを走ったようでした。
お世話になったスノーモービルの方々です。
IMG_0247.jpg

小さな町のローカルな祭りでしたが、生き生きとしており楽しませてもらえました。
今度は夏にゆっくりと探索で来てみたいですね。
... 続きを読む
皆さんは体調良いですか?
私は前回、Gyoromeの記事を書いた翌日から発熱、倦怠感、筋肉痛、腹痛で悩まされResを書くのが精一杯でした。
久々に早退してしまいました。
昨日はちょっとは回復しまたが、おとなしく早寝しておりました。
今日は何とか動けるようです。
風邪かインフルエンザか分かりませんが、皆さんもお気をつけ下さい。

さて、体調が回復したので屋外でテストしてみました。
IMG_0372.jpg

これは使えそうじゃありませんか。
こうなるとじっとして居れなくなり、脇からの「無理するな」の声を押し切って越冬卵を撮りに行ってみました。
IMG_0380.jpgクリックで拡大します。
十分に絞ると深度が深くなり良い感じですが、手ぶれが生じます。陽が当たっているといいのでしょう。
そこでやはりストロボが必要のようです。

IMG_0397.jpgこれくらいの接近距離が虫の目らしいと思います。
余り寄ると深度がどうしても浅くなってしまいます。
個人的には良いと思います。

これからはいろいろな場面で遊んでみようと思います。
後はストロボを使えるようにしたいと思います。
とりあえず内臓を利用してみて、欲が出たらリングフラッシュでしょうか。