2006.12.30 Gyorome-8
皆さんに内緒でこっそりと購入しておりました。
私はGX8は持っておりませんので、使えるかどうかは分かりませんでしたが、コンデジにどうにかなるだろうと見切り購入でした。
結果は予想通りで全く合わずに装着できません。
余りにも悲しいので何か使えそうなものはないか、ホームセンターで探してみたところ。良さそうなものがありました。
こんな感じです。いかにも安っぽいですけど。
IMG_0432.jpg

カメラはリコーのR1vです。メモ代わりの馬鹿ちょんですから絞り優先とかそんな機能は付いておりません。
ズームが付いていますが最大でもケラレます。
茶色のコネクターは椅子などの足に付ける滑り止めのゴムを切ったものです。52円なり。
R0010234.jpg

以後はトリミングしました。
室内で使ってみるとたいした絵になりません。ストロボも使えませんし。
<R0010235.jpg

そこで屋外で使ってみました。
家族で買い物へ行く途中でテストです。
R0010265.jpg

R0010267.jpg

解像度が余り宜しくないようですが(組み合わせが悪いのでしょう)、手軽には使えそうです。GX8なら面白そうですね。
今度はもう一台のCanonで試してみましょう。
... 続きを読む
2006.12.29 絵図鑑-Australia
ヨーロッパの蝶絵図鑑を掲載しましたが、まだ持っています。
この絵図鑑もお薦めの本だと思います。

BUTTERFLIES OF AUSTRALIAです。
R5J0010374.jpg

R5J0010375.jpg

ここの蝶はアゲハやシロチョウが有名ですが、私にはジャノメやセセリが気になる土地です。
行ってみたいです。
2006.12.28 リンクの追加
久々にリンクを追加です。

(1)ふしあな日記
spaticaさんの諏訪を中心とした虫のブログです。
虫の目レンズでたどり着きました。一眼にレンズを付けておられるようで、今後が楽しみです。

(2)コンデジワールド 写真BLOG
cicada_nanaさんのBlogですが、この方セミやトンボなど虫全般に詳しいようで、SSP掲示板などでも常連さんのようです。
観察力が鋭いですし、かなりの冒険家のようです。

リンクのところから飛んでください。
今日は朝から
こんなことは珍しい。
凍った雪の上に雨が降るからどこもつるつるだった。
短い距離を歩くのにも大変でこけそうだった。
こんな日は外出を控える方が賢明と思っていたら、皆さんも同じ考えであったらしい。外来は少なくてちょっと助かった。

久々に我が家のを掲載した。
睡くて仕方ないらしいが、カメラを向けられて警戒したのか目を開けている。
R0010169.jpg

でもやっぱり眠さに勝てずに寝てしまった。
R0010170.jpg

外は寒いが室内はほのぼのとしていた。
2006.12.26 越冬卵
先日の休みに新型レンズを試すついでにクルミとハンノキはチェックしてみました。
こんな感じなので寒くて長続きしませんでしたが。
IMG_0415.jpg

そろそろスキーウエアーでないと耐えられそうにないです。
ハンノキのミドリは昨年より少なそうです。目の高さの枝をちょっと見ただけなのでなんともいえません。
IMG_0412.jpg

寒さに閉口しながら戻りクルミも見ました。
こちらも少なそうな感じです。
2卵塊を見つけました。
IMG_0409.jpg

拡大です。
IMG_0409-1.jpg

虫林さんが導入されたgyorome-8で撮ってみたいものです。
どんな風に写るのでしょうかね。
私の虫の目はお休み中です。やっぱりマニュアルは使いにくいですね。
... 続きを読む
2006.12.24 Canon EF70-300mm IS
Kenkenさんが300mm ISの導入を計画中のようです。
私も長玉に興味がないわけではありません。
コマクサ平で接近できずに悔しかった思いは今でも忘れられません。長玉あったら楽に撮影できたはずです。
ただ携帯性や価格を考えると候補がなかっただけでした。
ところがCanonから表題のレンズが、またNikonから同じズームのVRレンズが発売されました。価格も同じくらいです。
どちらが良いか迷いましたが、Canonなら5DとKissDXに使えるのでこちらにしました。
R0010165.jpg

R0010166.jpg

このレンズも本当なら品薄で注文だったようですが、なじみのキタムラにキャンセル品があり、すぐに購入できました。

昨日、今日と鳥を相手に試し撮りしてみました。
望遠を有効に使うためカメラはKissDXです。300mmは実質450mmに相当します。
昨日の市内の公園ではアカゲラが3羽ほどいました。こんな小規模な市内の公園にいるとは驚きでした。
勿論、手持ちで撮影です。初めての試し撮りでシャッタースピードは500です。手ぶれは無関係かもしれません。
IMG_0214.jpg

IMG_0218.jpg

また、手ぶれが有効としても相手が動き回るのでそこには手ぶれ防止は役立ちませんが、しっかりと捕らえることができました。
鳥も撮れると嬉しいですね。

今日は場所を変えてテスト継続です。いつもの音更の公園です。
ここにもアカゲラがいました。シャッタースピードは100で試します。本来ならブレブレだと思いますが、見られる絵でした。
IMG_0222.jpg

相手が動かない場合は解像度もしっかりしているようです。
3m先の看板を手持ち300mmで撮るとこんな感じです。
IMG_0225.jpg

手持ちで撮影OKですので使えそうです。
蝶に試せないのが残念ですが、春一番に試してみましょう。
頼もしいレンズが仲間入りです。
天気もよくあまり冷え込まなかった(-5℃)ので、久しぶりに近場を歩いてみた。
実は昨年から見つからないフタスジの越冬巣を探すのが目的だった。
個体数がそこそこいた場所を2カ所探したが見つからない。
食草はあるが巣がなし。
かつて新潟でフタスジやホシミスジを探したときは簡単に見つかったので楽なはずだったが。
また出直ししよう。
これでは面白くないので凍り付く越冬卵でも撮って帰ろうと思った。
IMG_0404.jpg

こんな感じで凍り付く枝に卵も写すはずだったが、日陰で探しているとこちらが凍りそうで長続きしない。陽の当たる暖かい所では見つけられたが、考えた絵にならなかった。

移動して市内にある公園へ出掛けた。いつも前は通るのだが、入ったことがなかった。こんな感じ。
IMG_0405.jpg

町の真ん中にある公園で、カシワ、ミズナラ、サクラ、クルミ、イボタ、ハルニレはそこそこあった。
一度シーズンに見てみよう。案外蝶が良そうな感じだった。
これを見ると住宅がそばにあることが分かる。
IMG_0406.jpg

実は今回はちょっとしたテストも兼ねて散歩してみたのだが、それについては明日にでも書こう。
... 続きを読む
ここ数日、大変寒いです。
今日は-10~-2℃という最高気温がマイナスの真冬日です。
道路もつるつるです。

さて、過去写真シリーズ、ヒメシジミのパート2です。

中部地方では沢山のヒメシジミを見た記憶があります。
特に新穂高あたりでは多かったようですが、今はよく分かりません。
関東周辺ではどうなのか知りませんが、群馬では見ることが出来ました。
20061219061815.jpg2000.07.16 群馬県群馬郡榛名町
個体数は少なくなかったです。

Canon EOS5 + EF 100mm Macro

中国地方は中国山地では比較的見る機会がありました。場所によってはかなりの個体数でした。
20061219062115.jpg2001.07.04 広島県山県郡芸北町
ここは多かったですが小降りの個体でした。

Canon EOS5 + EF 100mm Macro

注目すべきは低地の湿地に生息するヒメシジミです。
大型であり九州産を思い出させるものでした。個体数も多くなく、湿地の衰退とともにいなくな運命です。
20061219062515.jpg2003.06.29 広島県賀茂郡豊栄町
これは大きい♂でした。

Nikon CoolPix5000

岡山でも中国山地に沢山山地があるようです。
私が多数を見たのはウスイロヒョウモンモドキのポイントでした。
20061219062750.jpg2004.06.30 岡山県芦田郡上斎原村



今度はヒメシジミの過去写真です。

まず最初は前のブログにも掲載したブルーの♀です。
やっぱり綺麗!
20061216210953.jpg1993.07.18 北海道河東郡音更町
Canon EOS5 + 100mm Macro

典型的な北海道の♂。
20061216211216.jpg1992.07.04 北海道河東郡音更町
Canon EOS5 + 100mm Macro

本州は福島県の黒い♀。
20061216211443.jpg1998.06.12 福島県大沼郡三島町
Canon EOS5 + 100mm Macro

同じ日の♀の裏面。
20061216211613.jpg

同じく♂の裏面。
20061216211801.jpg北海道産と余り変わらないか?

新潟県産♂の裏面。
20061216211959.jpg1999.06.26 新潟県北魚沼郡湯之谷村
Canon EOS5 + 100mm Macro
大きさも福島や北海道と同じ感じだった。

見る目がないのか北海道と本州北のヒメは対して違わないように感じる。
Kenkenさんところで話題に出したCollinsの「Butterflies of Britain & Europe」を紹介しましょう。
こんな本です。ピンぼけしていますがお許しを!
IMG_0174.jpg

中は画きのプレートと簡単な解説からなっています。
プレートはこんな感じです。
IMG_0177.jpg

解説は英語で簡単ながらポイントを得た書き方と思います。
フィールドガイドと言うだけあります。
ヨーロッパの旅はこれで十分でしょう。
2006.12.13 ノロウイルス
昨夜は当直でした。
全国的に話題になっているノロウイルスに感染しているらしい患者がやってきます。
周囲にも同じ症状の人がいると話しているので、結構な感染やかもしれません。
おかげさまで睡眠時間を惜しんで仕事が出来ました。
私も感染しないようにしっかり栄養と睡眠をとろうと帰宅したら、家族全員が嘔吐、発熱でダウンしておりました。
元気なのは私だけ。
洒落にならないくらい本当に流行っているようですから、皆さんも気をつけてください。
しっかり手洗いです。
今日は本当に寒い夜明けになった。
最低気温-13℃。
ベランダに出たら体が痛かった。
IMG_0173.jpg

すがすがしい朝なのだが。
絵の右側に見える煙のようなものは暖房の水蒸気。
こんな風に見えるときは冷え切っている。
予報では最高気温-1℃だそうだ。
これはまだ序の口だろう。
この冬はしばれる陸別でも撮りに行ってみようか。
面白いソフトを紹介しましょう。
要は単なるスクリーンセーバーなのですが、自分で撮った写真をギャラリー展示してくれるソフトです。
詳しくはここ
スクリーンセーバーはフリーなので自由に使えます。
ギャラリーのテーマはいくつかありますが、その一つを見てください。
screensaver.jpg

勝手に絵を見ていきます。手動で見て回ることも可能です。
ちょっとした個展の雰囲気です。
夜中にしんしんと降っていた雪がしっかりと積もっていた。
窓から見ると2-3cm位と感じたが、意外と積もったようだ。
今日はいい絵が撮れそうだ。
とりあえず車の雪を下ろしておこう。
R0010161.jpg

屋根を下ろすとよく分かった。5cm以上は積んだようだ。
<R0010162.jpg

気温が低いので雪はさらさらで、吹いただけで飛んでしまうくらいだ。
でも寒~い!
... 続きを読む
今日は本当に寒い!
昼間でも-1~-2℃。
採卵に出掛けたポイントは-7℃くらいだった。
活動時間は短くなってしまいますが寒さには勝てません。
DSC_8212.jpg

道路も凍っています。
こんな環境で探します。
沢山はありませんがちょこちょこ付いては居ます。
IMG_0393.jpgハヤシミドリの卵塊とか。


IMG_0395.jpgウラジロかな?これは。

枝が切られたカシワがあると思ったら、どうやら人の仕業ではなく鹿のようです。切り口が囓ったみたいになっています。
IMG_0400.jpg

寒くて寒くて長時間は持ちません。
早々と撤収です
それにしてもキタアカはまだ見つかりません。
どうしたのでしょうか?
ゴマシリーズはこれでおしまいです。
今年はよくゴマを追いかけたと思います。

2005.08.07 北海道河西郡芽室町 Canon KissDN + 10-22mm
20061206211921.jpgその日はみんな良く翅を開いてくれました。

2005.08.13 北海道河西郡芽室町 Canon KissDN + タムロン90mm
20061206212416.jpgマクロのボケも良い感じです。

2005.08.27 北海道河東郡音更町 Canon KissDN + 10-22mm
20061206212749.jpg

20061206212919.jpg

2005.08.28 北海道河東郡音更町 Canon KissDN + 10-22mm
20061206213403.jpg朝露に濡れる♀

20061206213537.jpg

2006.7.29 北海道河東郡士幌町 Canon EOS5D
20061206211427.jpgナンテンハギに来た♂。多くはなかった。


2006.08.07 北海道 紋別郡滝上町 Nikon D200 + 10.5mm
20061206213925.jpg

2006.08.09 北海道利尻郡利尻町 Nikon D200 + 10.5mm
20061206214217.jpgすぐ向こうに海が見える。

2006.08.13 北海道河西郡芽室町 Canon 5D + Sigma Fisher eye 8mm
20061206214705.jpg

2006.08.13 北海道河東郡士幌町 Nikon D200 + 10.5mm
20061206215337.jpg

ゴマシジミ三昧の夏でした。
2回目は中国地方中心の絵です。

新潟の時、群馬では少々、しかし山梨、長野では少なくなっており、岐阜では全く見ることが出来なかったこの蝶に危機感を覚え、広島の時は各地を回りました。

2001.08.25 広島県比婆郡高野町 NikonCoolPix5000
20061205205413.jpgデータを頼りに探しに行ってみると、思っていた場所にそこそこ飛んでいました。でも、環境の雰囲気から何年持つか分からない感じでした。

20061205213043.jpg

2001.08.10 岡山県真庭郡川上村 NikonCoolPix5000
20061205205839.jpg隣の岡山も探してみました。ここは今や地主さんによって昆虫は採集禁止にされています。
かつてはウスイロヒョウモンモドキもいたようです。
クロシジミは飛んでいました。
ゴマはそこそこ居ましたが、今はどうか分かりません。

2003.08.21 広島県山県郡芸北町 NikonCoolPix5000
20061205211219.jpg広島西部も探してみました。
この山は年により個体数がかなり変動します。毎年出掛けたのですが、なかなか出会うことが出来ず居ないかもと思ったほどでした。


2003.08.10 熊本県阿蘇郡阿蘇町 NikonCoolPix5000
20061205212203.jpg同じ年に九州へ里帰りしました。となれば久しぶりの阿蘇が楽しみでした。
ところが個体数は当時の面影もなく少なく撮影はあきらめていましたが、嫁が写真の個体を発見!
嬉しい絵になりました。

2004.08.08 岡山県真庭郡川上村 NikonCoolPix5000
20061205212619.jpg岡山でも交尾に出会えました。
以前訪れた場所とは別で、ここは個体数も多くゆっくりと撮影も可能でした。いまでも健在のポイントであると信じています。

2004.08.07 岡山県真庭郡中和村 NikonCoolPix5000


20061205213512.jpg岡山東部へも遠征しました。
ポイントが狭く危うい場所でしたが、どうにか見ることが出来ました。現在の状態が気になります。

前のブログでも掲載していた、これまでの写真をこちらでも継続しましょう。
今回はゴマシジミです。何回かに分けて掲載します。

第一弾は古い写真を中心に掲載します。

1990.08.19 熊本県阿蘇山 Canon T70 + 50mm Macro
20061204212048.jpg古い写真です。当時は観光道路の縁にも飛んでいて、普通に見られたものです。

1992.08.14 北海道帯広市畜産大学 Canon EOS5 + 100mm Macro
20061204213148.jpg産卵シーン。
大学キャンパス内に小川が流れており、その周囲に少なからず飛んでいました。今はもう見られないようです。
このポイントは当時、ヒメシジミも飛んでいました。

1993.08.13 北海道帯広市畜産大学 Canon EOS5 + 100mm Macro
20061204212738.jpgハギに来た♂。


デジタルになってから一眼のサイクルも早い。
アナログのときはもっとゆっくりだった。
氣にしなければいいだけだが、やっぱり気になる。
画素数に余り関心はないが、液晶モニターが大きく見やすくなったことと、アンチダスト機能が付いたこと、シャッターの耐用回数が10万回らしいこと、AFが変更されたことは大いに引かれるところだ。
そうは言っても我が家のKiss DNは嫁が使っているので私には直接影響ない。
そもそも下取りに出す予定だったのが、キタムラで2万円の価格だったからやめたいきさつがある。
ソフマップだったら最高46000円になるはずだが、こちらにソフマップはない。
郵送で査定、下取りまでする氣もなかった。

先日、別件で100万ボルトへ行ってみたら、ソフマップのマークが目にとまった。
何でだろうと思って聞いたら、同じフランチャイズであり、ソフマップと同じ査定をしているとのことだった。

「とりあえず査定だけはしてもらうね」と機材を持ち出した私。
4万円近い査定額が出たら如何しようかと持ち込んだ。
30分後に提示された額は「買い取り上限の46000円で買取させていただきますが、どうされますか?」であった。
「お願いします…」と思わず言ってしまいました。

やってしまいました。
その後は慌ててキタムラカメラへ電話。
どうやら8万円になりそうで、34000円を捻出しなければならなかった。

そしてやって来ました。
とりあえずSigma 8mm付けてみました。
嫁も広角で再デビューさせようかと思います。
r0010060.jpg

8mmで撮ってみました。
img_0031.jpg

周囲が少しケラレているが仕方なし。
ソフトで少し修正してみた。
img_0032.jpg

東ヌプカウシで紛失したGPSでしたが、無いとこれまた寂しいもので同じ物を再購入しました。別な機種も考えたのですが使い慣れていましたし、今回は実物を見る必要もなかったので通販で購入でした。

自分なりの設定をしているうちにD200との接続問題を思い出しダメ元で接続したところ、いとも簡単にD200が認識してくれました。
結局、GPSに問題があったわけです。
次回からGPSデータをRAW,JPGに自動入力できることになりました。
継ぐとこんな感じになりますので、2度と紛失しないように持ち運びの場所とコードの関連を考えているところです。
r0010023.jpg

位置情報が入力されているか確認して見ましたがRAWにもきちんと書き込まれていました。
屋外を撮影したファイルのExif情報を一部表示したものです。
標高はちょっと間違っているようです。GPSの設定が必要です。
img20060724.jpg

本格的な撮影を行うようになってから、4-5日の旅行に出かけていない。
日帰りとか1-2日の旅ばかりだった。
心配なのはカメラのメモリーだが、1-2日だと予備のCFやMDがあれば問題ない。
この夏の稚内、利尻の旅はどうしたものか?
嫁のKissDNに2G MD、私は5Dに4G MDとD200に2G MDで予備としては1G MD、1G CFが一枚ずつあるだけだ。
良い被写体に出会えると1日で簡単に2-4G消費してしまう。娵は1Gでいいと思っていたら、先日は撮りきってしまった。そこで2Gへ変更した。
遠出の際は皆さんはどう処理しているのだろうか?
すぐに思いつくのはノートパソコンを持参すること。
しかし荷物になるしパソコンの機能は必要としない。
いろいろ調べて見ると携帯型ストレージが沢山出ていることが分かった。
カラー液晶付きで画像をチェックできるものから、単にファイルを保存できるものまで様々だ。
値段も機能次第だ。
沢山ある中から小型軽量、MDから移せるだけで良い、電池は長持、低価格を条件に選んでみたらソニーのHDDフォトストレージ「HDPS-M10」がぴったり合う機種だった。
r0010021.jpg

回の充電で1Gの転送が20回可能、Total40G、耐衝撃性あり
写真では見えないがSONYのロゴの上付近には液晶があり、進行状況が見えるようになっている。
税込み25000円なり。
大きさはタバコ2箱分くらいか。
MDからの転送は問題なく、USBでパソコンと継ぐと大容量ハードディスクとして認識される。
取り扱いは非常に簡単だった。

使用感を掲載しよう。
スロットは向かって左側にメモリースティック用とCF(MD)用の二つがある。
SDを利用の際はアダプターを購入する必要がある。
dsc_2974.jpg

電源を入れてMDを挿すとコピー準備が出来た旨、液晶に表示されるのでコピーボタンを押すだけ。コピー中は写真のように経過が表示される。
dsc_3438.jpg

携帯してコマクサ平で使ってみた。
2GのMDをコピーしてみたが、約5分ほどで完了した。

向かって左側に電源用差込とUSB端子がある。
USBでパソコンと接続して本機の電源を入れるとHDDとして認識されるので、内容をパソコンにコピーすればよい。
なお、自動的にパソコンに取り込む専用ソフトも付属しているが、私は使っていない。

1回の充電で1Gを20回程度コピーできるそうだが、チェックはしていない。
2GのMDを2回取り込んだらバッテリーアイコン表示が75%になっていた。
万が一充電切れになったら付属のACパワーアダプターを使えばよいだろう。

税込みでの実売価格が25000円であったので価格的にも良いと思う。
だたし、画像ビューワーは付いていないので、あくまでも撮影ファイルの保存機としての使用だ。ファイルの内容は帰宅後パソコンで行うしかない。

ビューワー付きストレージも数社から販売されているが、ビューワーの分価格は高い。どちらを選ぶかは使用目的次第と思われる。
最近の撮影は2台体制で行っています。
マクロはKissDNにSigma 28-200mmを使って撮っています。
広角や飛翔にはNikon D200にNikkor 10.5mm (+/-kenkor Teleplus)です。
出し入れの手間はありますが、レンズ交換よりはすばやい動作です。
Nikkor 10.5mmの虜になっていました。周辺の歪曲も悪くないでしょう。
さて、Canon用に購入したSigma 15mm Fisheyeが眠っています。
これは実は考えあってのことです。
あるカメラにこのレンズを付けて撮ると↓みたいな広角写真になります。
IMG_0017.jpg

周辺の歪曲もそれなりに出ています。
これを試して見たときに「これは良い!」と思いました。

同じ位置でKissDNに装着して撮ると2枚目の写真になります。
IMG_3610.jpg

同じレンズでもこんなに変わってきますね。上の方が広角撮影に向いています。
ということで今後はSigma 15mmを広角の中心にする予定です。
完全な沼に入ってしまいました。

そのカメラはCanon 5Dです。
R0010008.jpg

嫁は無言で私を見ていましたが、心の中は「何考えとんや」といったところだと思います。
でもこれも考えあってのことです。
KissDNは嫁に讓って2人で撮ろうと思っています。まんざらでもなさそうで、拒否はされませんでした。
2つの目より4つの目の方が良く見えますから。

追加:APS-Cサイズのデジカメが望遠に強いという意味がよく分かりますね。
Nikon D200用に腰に下げるカメラバッグを購入したが、KissDNと違って重いためにどうも勝手が悪い。
しかも2台を腰に下げるのでこちらの動きも悪い。
かといってリックタイプにすると取り出しに時間がかかる。
あきらめて腰に2丁拳銃だと思っていたら、カメラ雑誌に面白いバッグを発見。
RIMG0006.jpgこの写真がそれ。すでに入手済み。

IMG_0174.jpg

見かけは単なるリックだが、バックルを一個外すとくるっと脇に回せてカメラを取り出せる。
取り出し口は横に作ってあり、ジッパーを開けるだけだ。
レンズ2本と小物を携帯できる。
ロープロ SlingShot 100AWという製品だ。もう一回り大きいタイプもある。
私はこれにNikon D200+Sigma17-70mm、Nikkor10.5mm、Canon PowerShot S2、代えよう電池、マイクロドライブを入れることにした。
KissDNとタムロン90mmはこれまで通り腰に下げることにした。
ME-1.jpg

視力の悪い私にとってよく見える工夫も必要だ。
そこで今回導入したのがアイカップ。
リンパス製。
倍率は1.2倍になる。たいしたことない倍率に思えるが使ってみるとなかなか良い。
この製品はNikonにもCanonにも取り付けOKだ。ただし、KissDNの場合、液晶モニター部分と一部干渉するため削り取る必要がある。
価格は定価で5000円。販売価格は4300円くらいだ。
2006.12.05 広角レンズ
RIMG0003.jpg

注文していたレンズがようやく届いた。
しかも同時に。
NIKON10.5mmはさすがに早く、5日ほどだった。
Sigma15mmは2週間かかった。
こうやって並べるとよく似たレンズだ。広角の造りだから当然かもしれない。
15mmは文句の付けようもないレンズだ。
しかし、もっと驚いたのは10.5mmだ。
これは異次元の世界を見せてくれる。レンズ単独ではFisheye独特の世界で、これにKenkoテレプラス1.5を付けると良さそうな広角になる。
テストが楽しみだ。
久しぶりに札幌へ出かけてきました。
駅周辺はにぎやかでした。
20061205204535.jpg

帯広とは密度が違います。
早速、ビックカメラとヨドバシカメラへ行ってみました。
カメラに関してはビックカメラの方が品数も多く、いろいろそろっていました。
ショックだったのは帯広で注文したシグマ15mm Fisheye、今週届く予定ですが(注文2週間経過)、在庫がありました。14mmの広角や8mmFisheyeもありました。更に諦めた12- 24mm広角ズームも在庫あり。札幌に住んでいれば直ぐに入手可能であったということです。
かなり寂しい思いです。
今回は小物を買って来ました。
NIKON用1.5倍テレプラス(ケンコー)、4Gマイクロドライブ。
20061205204624.jpg

デジ一眼2台を収納可能なロープロ ノバ5AWのカメラバッグと腰に下げられるD200用のバッグです。
20061205204710.jpg

もう1-2本レンズ揃えたら準備完了です。
NIKON10.5mm FisheyeもD200に付けて確認しましたが、これはええ感じでした。
沼にはまり込みそうです。
IMG_0121.jpg

こんな感じですべて持ち歩く。
といっても車まで持って行き、後は選んで腰に下げる。
道路沿いでの撮影ならこのままでやれるだろう。
まだ空きがあり、ここにレンズが2本はいる予定だ。
こんなに持ち歩いたら、もう網までは持てそうにない。
f.jpg

写真は時々使うアングルファインダー。
珍しくとも何ともないCanon製。
腹ばいになることなく地面すれすれから見上げる撮影ができるので、一眼では便利だ。
バリアングル液晶モニターだとこれを使わずにすむので更に便利だ。
さて、今回初めてNIKONの一眼を購入した。
すべてが二つになりそうだ。レンズは当然のこと。
このアングルファインダーも二つそろえないと不便そうだと思っていたが、NIKONのものは購入する必要がないことが分かった。
ファインダーとの間にアダプターが必要なのだが(写真内の2つの小物)、これが2種類付いていた。
KissDNに合わない方はしまっていたのだが、実はこれがNIKONにぴったりと合うことが分かった。
装着して覗いてみたが全く問題なしだった。
こんな事もあるんだ。
20061205203708.jpg

これ以上悩んでもしょうがないと諦めて、清水寺の舞台から飛び降りました。
後は野となれ山となれ。
大蔵省をどうやって納得させるか問題ですが、居直るしかなさそうです。
KissDNをメインで使っていたので仕方ないのですが、これは重く感じます。
しかし作りは良いようです。オートフォーカスも早いですね。
レンズはとりあえずシグマ17-70mmマクロにしました。
状況見てNikon Fisheye 10.5を考えたいと思います。
試し撮りは室内のこれだけです。
20061205203803.jpg

なかなか綺麗!
ISO:200 50mm
NikonのCoolPix5000を下取りに出した。
私としては初めての本格的デジカメだったと思う。マクロ機能と画質を考慮して購入した機種だ。
しかしながら購入から5年、発売から計算するともっと経っており、さすがに古めかしく感じてきた。
起動に時間がかかるし、最高画質での撮影は保存に時間がかかっていた。
Canon Kiss DNを購入してから全く出番がなかったこともあり売却となった。
下取りなので新たに購入したのだが、Canonにした。
20061205202908.jpg

20061205202938.jpg

そこそこの画素数があり、0cmからマクロ有効で400mmもズームがあり、しかも手振れ防止機能付き。
邪道といわれるかもしれないが液晶モニターの角度が自由になるのは便利だ。
どんな写真が撮れるか楽しみだ。
明日の十勝氷祭がデビューとなる。
カメラ遍歴の続きを書こう。
20061205200714.jpg

一眼での撮影を続けていたが、全くデジカメに興味がなかったわけではない。次第にいろいろな機種が出回っていたが、価格が高いし昆虫写真に使えるのかわからない。そんな中、蝶は一眼で、環境写真はデジカメにしてみようと思いいろいろ探してみた。欲張りだからできればマクロもいける機種が良い。するとカシオのデジカメが良い感じだった。でもメーカーをあまり知らないし不安もあったが思い切って購入。QV-2300という機種だ。卵も写せるデジカメで、実は昨日まで現役だった。200万画素しかないが、ファインダーに該当するモニターの角度を自由に変えられるので、撮影時は便利な思いをした。これは使えそうと思い、この機種がきっかけでデジタルへ移行することになった。
20061205200759.jpg

このデジカメを3年使った時点で、高画素数のデジカメが欲しくなった。しかもなるだけコンパクトが良い。当然マクロを重視。当時のデジカメはマクロの強い機種が非常に少なく、ニコンしか選べなかった。初めてのニコンだ。価格のこなれたCoolPix5000を購入となった。モニター角も自由に変えられる。これが撮影の主流となり、EOS5は眠ることになった。相変わらず非常に小さいものはQV-2300に任せて。CoolPix5000は画質は500万画素で問題なかったが、最高画質で撮影すると次の撮影まで10秒弱待たされることが分かった。RAWでの保存はできるが、このタイムラグにはいらいらさせられた。飛んでいってしまう蝶も居た。また、立ち上がりが非常に遅い。この点が不満であり、デジタル一眼に対する不安を覚えたのもこの点だった。高い買い物をしても同じ状態ではストレスが溜まるばかり。しかも持ち運びしにくい。
20061205200846.jpg

そうこうしているうちに、再び北海道へ戻る決心をして10年ぶり北海道に立った。古くなった蝶の写真を新しい写真に変えたいという思いで一杯だった。そんなときKiss DNが発売になった。実は職場にKiss Dがあり、これを触らせてもらっていたのだが、私が思っていた不安はなく、DNは立ち上がりもかなり速いと宣伝している。また、周囲を見るとデジ一眼がかなり多くなっていたので問題は少ないだろうと判断して購入となった。マクロはタムロン90mm。この選択は正解で現在楽しい撮影生活を送っている。広角レンズも追加購入したが、また違う世界を表現できるので、すっかりデジ一眼にはまっている。
20061205200946.jpg

昨日まで現役だったと書いたQV-2300だが、さすがに200万画素は満足できずマクロに強そうな機種を探していたら、在庫処分でリコーのCaplio R1vを発見。500万画素で立ち上がりも悪くないし、撮影後のタイムラグもない。23000円。これは買わざるを得ないと衝動買いした。今後の撮影に活躍してくれるはずだ。