2012.01.25 地球温暖化?
蝶保全協会のMLでコメントしてしまったので、私の印象を書かざるを得なくなりました。
MLに送信すると文字化けしてしまうので、ここで個人的印象を述べます。

科学的に検証している訳でも無く、気象学の専門でもありません。IPCCの構成を正確に理解している訳でもありません。
私の個人的経験での話しです。
自宅は市内の中心部です。車の温度計では屋外は-17℃。これでもここは寒いですとブログネタになりますので、ぱちりと温度計を写します。4kmほど離れた職場に着くと温度計は-20℃です。ならばこちらの方がインパクトがありますので、またぱちりと写して、この絵をブログに出しました。同じ市内でこれくらいしか離れていないのに3℃は違うのです。
走ったために車の温度計が冷えたという意見もあるかもしれませんが、これは間違いです。
夕方職場から自宅へ戻ると2-3℃温度は上昇します。
測定地域で3℃くらいはすぐに変わると言うことです。これが誤差なら数十年で数度上がるというのは意味が無いことになります。
基準は非常に大事なので、そこが万人(少なくとも専門化の多くが)が認めるものであるかどうかは重要だと思います。
2011.03.27 近場の春は?
ちょっと、香港は休憩です。

流石に3月も末、近場の状況を見に行きました。市街地ではずいぶんと雪解けしてきましたので、様子を確かめたくなりました。
しかし、昨夜、さらっと降ったようです。いつものポイントもこんな感じでした。
CIMG6109.jpg

柳もやっと膨らんできた状態でした。まだ後1ヶ月は待つ必要がありそうですね。

九州でのしまびとさんのオオミ探しに刺激されて、近場を少し探してみました。ここ2年ほど越冬欄探しをしておりません。流石に北海道、探し始めて5分で見つかりました。
CIMG6115.jpg
他の木がどうだか見ませんでしたが、この夏はゼフが多いことに期待したいです。

4月中下旬には日本海側のヒメギフで活動を本格化する予定です。
昨夜はまたまた職場の忘年会でした。
でもこれが最後かな。

その忘年会の前に何時ものポイントを散策してみました。
別のポイントであまりにも卵が見つからずに、今年の冬はゼフ卵が少ないかもと感じてはいたのですが、もう少し確認してみようと言うことです。

その結果ですが、何時もなら簡単にそこそこ見つかるオオミドリがなかなか見つかりません。
ようやく2卵のみ。その他のダイセン、ハヤシ、ウラジロ、ミズイロオナガなど全く見つかりませんでした。
写真はようやく見つかったオオミドリ。
オオミドリシジミ越冬卵 (2008.12.06 北海道河東郡音更町)
やっぱり今年はかなりの不作かもしれません。
もう一回くらいは別の場所で調べるつもりです。
2008.11.02 近場の越冬卵
今年のゼフの産卵状況はどうなのか、何時もの近場で調べてみました。

帯広市で一番開花が早いと思われるミズバショウは、春の準備が出来ているようです。
これからここは雪に埋もれます。
GX0011083.jpg

卵を捜してみました。
ところが沢山飛んでいたジョウザンミドリでさえなかなか見つかりません。
ようやくこの1卵を発見。
GX0011091.jpg

その他のアイノ、何時もは簡単に見つかるオナガも全く見つけられませんでした。
少なくともここは昨年よりずいぶん悪いようです。
その内に別のポイントでも調べてみるつもりです。

今日、私の相手をしてくれたのは、人なつっこいエゾリスでした。
エゾリスにも相性の良し悪しがあるようで、このリスは全く逃げ出しませんでした。
何時もならどうにか接近したい思うのですが、あまりにもあっけなく接近できて、拍子抜けしました。
300_8927.jpg

300_8933.jpg
近くでよく見ると、遠くから見たときほど可愛らしくないですね。
遠目で見る方が良いようです。
300_8930.jpg
それと、意外と大きいリスでした。
数頭が自由自在に下草や樹上を走り回っておりました。


追記:どうもここ2-3日、ブログサーバーが不調なのか、管理画面が表示されなかったり、画像がアップできなかったりです。もしかすると新しい記事が書けなくなるかもしれません。数日間、更新ないときは、ブログ不調のためと思って下さい。
2008.04.02 伐採情報
10日ほど前になりますか、地元のツッチーさんから伐採情報が届いていました。
音更の良く行くポイントです。
同じ日にその前を通過しているのに気づきませんでした。
先日の週末に様子を見てきました。派手にやられたのか気になっていました。
行ってみると見落としそうな感じです。
ちょっと安心しました。電線の周囲を管理目的で伐採です。規模も小さいですし、おそらく定期的に苅っていたと思います。しかもこの南側の斜面は余り卵が付いていません。過去の採卵経験からそう感じていました。
300_0921.jpg

探し始めるとすぐにジョウサンミドリは見つかりましたが、それ以外はなかなか見あたらず、量的には多くないと判断しました。
GX0010762.jpg

高圧電流の大きな送電線の保全目的伐採では、伐採量も多いので卵も多く見つかるように思います。