長野県の「信州マルス蒸留所」で造られた「TWINALPS」、「信州」、「岩井」を駒ヶ根市から頂きました。
P3040006.jpg

当分は開けずに何かの機会に開封しようと思います。
2016.07.02 Handy beer server
夏になるとビアサーバーが欲しくなります。しかし場所をとる、前に買った焼酎サーバーはガラクタになっているなどの理由から、嫁の許可が出ません。そんな時見つけたのがこれです。
比較的安価、場所はとらない、洗浄も簡単など申し分有りません。それがこれです。電池で超音波を作り、クリーミーな泡を誕生させます。
P6280001_20160702201608377.jpg

分解して洗浄は簡単です。
P6280002.jpg

黒ビールのStoutで実験してみました。
P7010003_20160702201611891.jpg

普通に栓を開けて装着します。右手に見えるレバーで脱着します。
P7010004_20160702201612216.jpg
右端に見えるレバーは押し上げ、引き下ろしが出来、引き下ろすと2枚目の絵のように分解できます。押し上げると超音波の振動が発生します。
レバーを押し上げながらビールを注ぐとこうなります。
P7010005.jpg
クリーミーな泡だけになりました。これは普通の泡よりあまく感じました。苦い黒ビールの泡を嫁が美味しいと飲むことが出来ました。

時間をおくと泡が液体に戻り黒く見えてきます。
P7010006.jpg

どの時点で飲むかはその人次第でしょうか。3000円弱で美味しく楽しめるこのサーバー、お勧めだと思いました。


トムラウシの「ナキウサギ」
当たり前みたいな表題ですが、これはナキウサギのことではありません。焼酎の話です。
R0011619.jpg

さほろ酒造のこの焼酎、九州出身の私には縁が深いのです。
実は宮崎の雲海酒造が十勝の新得町にも工場を持っていたことがあって、そこでも焼酎を造っておりました。しかし操業を停止してしまい、そのままになっていたのですが、旧従業員や地元の有志が酒造許可を得て、生産を再開することになりました。
そして出来たのがこのそば焼酎です。
ネーミングも何ともしっくりきてます。お味もすっきりとしたものです。
入手出来てよかったです。
2012.01.14 ズブロッカ
今回の「斜めの会」、食に関しても楽しみが多かったです。
お土産に頂いたアルコール、これはその方の特徴を表しているお酒でした。
CIMG6515.jpg
易々とは頂けませんので、何らかの機会に楽しもうと思います。
ありがとうございました。

それとは別に知った美味い強烈なアルコールが「ズブロッカ」です。詳しくはkenkenさんのブログに掲載されていますが、ポーランドのウオッカで、バッファローが食べる草入りとでも言いましょうか、ハーブのような香りのするウオッカです。
ぎんぎんに冷えた「ズブロッカ」はとても美味いです。40度なので要注意ですが。
十勝でもあるだろうと探してみました。
見つかったのがこれ。500mlで包装が違いますが、ポーランドの「ズブロッカ」です。
R0011539.jpg

これをぎんぎんに冷やします。
冷やすにはここが一番です。
R0011540.jpg
ベランダです。今時期のベランダは夕方には-10℃くらいになります。しっかり冷えますから。
何にでも合いますね。昨日は食後の一杯でつまみなしで頂きましたが、今日はお好み焼きと一緒でした。
また言いますが、飲み過ぎに注意ですね!
2011.09.04 量り売り
台風の影響で北海道も雨の週末です。
大人しくしております。そこで、日頃ため置いたネタから一つ。

よく利用している「テキサス」という酒の量販店があります。
最近、九州の焼酎2種(芋と麦)の大きな樽が置いてあり、これらを量り売りしています。
瓶やパッケージで買うより割安みたいなので一度試したくなりました。
自宅の焼酎サーバーが1.8L用なので、2Lのペットボトルを持って行きました。
R0011490.jpg

R0011491.jpg

「芋を1.8L下さい。」
「お客さん、ペットボトルは2Lですよね。2Lじゃ駄目ですか?1.8Lだと1L,0.5L,100mlと量らないといけないので。」
「2Lだって量らないといけませんよね」
「2Lだとペットボトルに並々と入れますから」
「それじゃあ、損するでしょう」
「それくらい、良いんです。きちんと量っていたら手間かかるし。」

なんだか懐かしい雰囲気でした。
生まれ育った町の商店街で買い物している感じでした。
これおまけみたいな、おおらかな雰囲気。
久しぶりに心が和みました。

それ以来、毎回これを買いに行っております。