私自身「虫の目レンズ」作ったりしましたが、何となくしっくりこないのは何故か?
写真はすべてボツです。

大変な事を忘れていました。
虫の目レンズの創作者である栗林さんのことを実は余り知りません。
これはあまりにも失礼に当たると思いHPを拝見させていただきました。

img20060225.jpg


そしたら実物どうしても見たくなり本を購入することにしたのですが、ここ道東では見つけることはできません。
注文となると何日かかるかもしれず、来月の札幌で購入も仕方ないと考えていました。
ダメ元でアマゾンを調べたところ注文が可能で、3日で届きました。本当に便利になりました。
IMG_0107.jpg

img20051111.jpg

昆虫関係のリンクは各サイトに造っていることが多いが、ここに勝るところはないだろう。
かつては私自身も沢山のリンクをHP上に張っていたが、このサイトに一つ張ることで代用することにした。
数もすごいが昆虫関係いろいろ多岐にわたる多様性もすごい。
ただし、本来はJamidesさんのHPの一部。
HP自体すごいので一見の価値あり。

03.jpg


昆虫写真家海野さんのHPがあることも当然知っていたのだが、虫好きが知ってて当たり前の超有名人なので、今更紹介もおかしいだろうと書いていなかった。
全然違う趣味の方々もときどき訪れてくれるようなので、紹介したい。



憧れの昆虫写真家で、魚眼レンズを取り入れた写真はすばらしすぎる。このHPから学ぶことは沢山ある。氏は気さくに掲示板などに寄稿されている。
機会があるならお会いしたいものです。
現場に行くとチャンスあるのかもしれない。

コメント

ミヤマシロを撮影に行ったときにお会いしました。 山だったので同じ日に行っていれば合う確率は高かったでしょうが、普通のフィールドでは難しいでしょうね。 写真展などには来場しているようなので、そういう機会の方が良さそうです。
2005/9/15(木) 午前 11:55 [ BANYAN ]

言葉足らずで大変失礼致しました。 現場とは小諸の事を指しておりました。
2005/9/15(木) 午後 5:01 [ maeda ]

はじめまして。私も「小諸日記」のファンです。一度東京のオリンパスのギャラリーで写真展かねてミニ講演されたとき、参加したことあります。魚眼接写法はやりたいですが、まだマネできないですね…(^^; Nom.
2005/9/25(日) 午後 9:15 [ noms ]

広角でまねごとをしていますが、センスがないのでさっぱりダメですね。 経験を積めば少しは近づけるかと思っています。
2005/9/26(月) 午前 5:57 [ maeda ]

01.jpg


違う世界も見たくなって家族全員でフランスへ移住された方のHP.
南フランス中心に昆虫や風景をすばらしい写真で紹介しています。
撮影に出かけたくなります。
南仏にサソリが居るとか知りませんでした。
01.jpg

プロカメラマン、新開孝さんのサイト。
面白くて見ていると限りが無い。
写真は当然なのだ、観察力鋭い文章も面白い。