Fiat 500xの前後のエンブレムを交換しました。
赤の地色にロゴが書いてあるのがオリジナルです。
P1270021.jpg

これをイタリア国旗色へ変更して貰いました。
P1270022.jpg

P1270023.jpg
かわいくなったでしょう!
アレーゼ湘南のオリジナル商品だそうです。Fiat 500xを購入直後から気になっていたのですが、販売元が見つからず、ようやく見つけたら車の購入元でした。灯台下暗しですね。
昨日まで何ともなかった左眼が10時頃に出血しました。程度は軽かったのですが、念のため眼科を受診。やはり裂孔は見つかりませんでした。ごく小さい孔がある可能性は残ります。この程度なら剥離には至らないと思われるので、経過観察するしかないようです。

こんなコンディションになってしまったので、本日は自宅で安静にしています。
と言っても動けないわけではありませんので、一寸した作業を行いました。
嫁の購入したFiat 500xですが、ルーフのアンテナが長く、これでは立駐はアンテナを外すしかありません。取説にも外せと書いてありました。
PC170001.jpg

毎回外すなど忘れるでしょうし勝手が悪いのでショートアンテナを導入です。左がショートアンテナ。
PC170002.jpg
このアンテナ探しが大変でした。円形ならいくらでも見つかるのですが、Fiat 500xはアンテナ基部が楕円形になっています。
ようやく見つかりました。何とアルファロメオ用です。

装着に一寸工夫が要りましたが、良い感じに収まりました。
PC170003.jpg

これで車はほぼ完成ですが、ライトのLED化が残っています。そのうちに変えようと思います。室内はすべてLEDに変更しました。
2017.11.23 キーケース
Fiat 500xのキーは最近の車らしく、キーはスマートキーになっています。ポケットに入れておくだけで良いので、キー操作をする必要はありません。そこでキーケースを購入しました。メーカーのものも悪くはないのですが、折角ですから他と違うものを探しました。
行き着いたのがこれ。
PB220001.jpg
丁度、ぴったりでした。左は嫁のもの。

img20171123_09212651.jpg
オーダーすると1週間ほどで着きました。
納車の時にお守りが付けてあると気づいてはいたのですが、よく見るとお洒落なサービスです。
PB180001.jpg

先日裏を初めて見ました。
PB180002.jpg
長谷寺のお守りでした。
2017.11.11 Fiat 500x
以前、Facebookに大きな買い物をしたと書きましたが、それは介護ロボではなく車でした。犬と母のために購入した車はFiat 500xというコンパクトRV車です。さすがに2シータの車では何処にも連れて行けないですし、かといって手放すつもりもなかったので中古で追加購入でした。
顔はよく走っている500と同じです。
PB110004.jpg
光の加減でピンクぽく見えるかもしれませんが赤色です。

嫁の車になります。私も赤、嫁も赤を選んだわけではなく、中古で選択肢が少なかったからです。
PB110005.jpg

PB110006.jpg
室内にまでボディー色を使っているのが新鮮です。ヨーロピアンな感じです。

シートはブラウンの皮でした。ヒータ付。
PB110007.jpg

実はイタリア人はナビを付けることが少ないようで、標準ではナビは準備されないそうです。この車はショップがナビを取り付けていました。価格は30万円ほどだそうです。元々のコンピューターは荷台の下のテンパータイヤの上に固定してありました。
PB110008.jpg

元オーナーは車いじりが好きだったようで、マフラーもスポーツマフラーへ交換してありました。
PB110009.jpg
元オーナーさんは実はFiatの販売店の社長さんでしたが、なんとルノーへ方向転換したため、手放すことになったそうです。この車、ルノーで購入してきました。

ホイールは嫁の希望で黒へ塗り替えてもらいました。
PB110010.jpg

車検証入れもドイツのものとは違い、ちょっと洒落ていました。
PB100003.jpg

母を何処かへ連れて行こうと思ったのですが、認知症のために他の人の迷惑になりそうで、一寸躊躇っているのが現状です。
これからはナビデータを移植したり、電球をLED化するなど、冬場は時間を潰せそうです。