2019.03.04 WiFi中継器
WiFiの親機は1階で、私の部屋は2階です。これまでもWiFiの速度で悩んできたのですが、初めて中継器なるものを導入してみました。
P3040001_2019030416222542a.jpg
メーカーは親機と同じでバッファローです。
P3040005.jpg
親機との接続は簡単。2階のパソコンと接続してみたところ、速度は倍になりました。
これまで若干もたつく感じがありましたが、すぐに表示される環境になりました。
職場のDELL製のノートパソコンが段々遅くなってきたので、爆速へ変身させるために改造しました。
基本的にはハードディスクをSSDへ変えたしまうという簡単な操作です。
SSDは何かと話題の多い韓国のSAMSUNG製です。
P1060007.jpg
ハードディスクを丸ごとコピーするためのケースが下の白い箱です。

なかみはこの通りです。
P1060008.jpg
ケースは透明です。

セットすると道具が完成です。
P1070001_20190120151455b89.jpg

これを職場のノートパソコンにUSB接続し、フリーソフトを利用して丸々コピーしてしまいます。
その後、パソコンのハードディスクを取り出して、コピー後のSSDと入れ替えました。
その結果は本当に爆速になりました。当初はメモリーも変えた方が良いのだろうと思っていたのですが、速いので交換は必要ありませんでした。
2018.02.08 自作PC完成!
完成しました。前のパソコンからもハードディスクを移行して、10Tバイトにしました。当分は、おそらく7-8年は保つと思います。
折角ですからマザーボードのLED機能を使って、カラフルなファンにしました。
部品はLEDの接続コード。
P2050001_201802072051562ca.jpg

そして光るファン。
P2060002.jpg

取り付けて電源を入れると光りました。
P2060003.jpg

短いですが動画です。
[広告] VPS
2018.01.29 PC自作
これがマザーボード。
P1250002.jpg
これにいろいろ取り付けます。

まずはSSDです。最速の評価が高いサムスン960EVOです。Windows10本体をインストールします。
P1250003.jpg
発熱しやすいという情報がありましたので、放熱しやすいようにヒートシンクを貼り付けました。
P1250005_1.jpg

そこそこの評価のメモリーを2枚差しました。
P1250008.jpg

電源はこれです。ケースの一番下に設置します。
P1250009.jpg

心臓部分のCPUを付けました。
P1250011.jpg
これまた発熱しますのでファンを取り付けます。比較的発熱が少ないCPUの様ですので、付属のファンを付けました。
P1250012.jpg

取り付けが一段落です。こんな風になります。
P1250013.jpg

後はグラフィックスボードやBRレコーダーなどを取り付けます。
グラフィックスボードです。
P1260015.jpg

この最小構成で電源を入れてみました。無事にBIOS画面も見られて組み立の基本が終了です。
マザーボードとCPUファンが光る楽しいPCです。
P1260019.jpg
届いた部品はこんな感じです。
電源。1万円以上投資したのは初めてです。
P1210004.jpg

かーどりーだーと5インチベイの変換アダプター。カードリーダーはUSB3.0でないと今では遅すぎます。
P1240004.jpg

CPU、マザーボード、グラフィックスボードです。
P1240001_20180128141523567.jpg
今回はインテルでなくAMDにしました。お手頃価格で速い!マザーボードはやはりASUSです。昔から購入している台湾のメーカーです。グラフィックスボードはゲームをやらないのでもう少し安いものでも良かったのですが、今のパソコンが7年も使えましたので、長期に使うことを前提に決めました。

ケースはこれ。
P1250005.jpg
最近のケースは5インチベイがないものが多いです。皆さんはブルーレイやDVDは使わないのでしょうかね?わたしは必ず使うので5インチベイは必須です。

その5インチベイへ装着するブルーレイドライブはパイオニア製。
P1240002.jpg
ハードディスクは4テラのウエスタンデジタル製です。4テラあれば当分は保つでしょう。

メモリーはCORSAIRです。
P1240003.jpg
ハードディスクとは別にWindows10を入れるディスクとしてSSDはサムスン960EVOを選びました。速いはずです。

これらを組んで作ります。制作過程はまた後ほど。この時点で出来あがりWindows10が動いています。