2016.02.16 日本語化eTrex
GPS
英語版eTrex30xですが、ネット上の情報を参考に日本語しました。
噂になっている問題も確認しましたが、皆さんと同じやり方でクリアーしました。さすがにshift-jisとUTF8の問題は残したままです。
Windowsと同じでソフト側でshift-jisに対応可能にするしかないように思います。
238.jpg

252.jpg

278.jpg

2016.02.06 Garmin eTrex 30x
GPS
6年間使ってきたGarmin Oregon 300が動きが遅かったり、まだ保存できるはずのポイントを保存できなかったりと調子が悪くなりました。そこで新調することにしました。私の利用の仕方からはこれで十分と思いGarmin eTrex 30xに決めました。軽量であり25時間は電池が保つ機種です。さすがに新しくなり衛星はロシアや日本のみちびきをも捉えますので、位置の特定が速くなりました。
ただし問題もあり、有志の方々が作成した地図を表示できなくなっています。ここは少し手を加える必要がありそうです。
P2030001.jpg
GPS
img057.jpg
長らく使ってきたガーミンの登山地図ですが、さすがにバージョンが古くなりすぎたので、最新の物を購入しました。
「Garmin TOPO 10M Plus V3」です。
microSDのソフトです。このカード自体はどのガーミンのGPSに適応しているようですが(ロック解除なし)、念のためのコピーは出来ないようです。
2013.09.06 Nikon GP-1A
GPS
ニコンのGPSユニットの接続コードがついに断線してしまいました。切れそうな予感がしていたので、ポリエチレンで固めるなど補強はしていましたが、最終的にはだめでした。
R0011957.jpg

それで新たに購入したのですが、GP-1からGP-1Aと名称が変わっておりました。多少改良されているようです。
R0011956.jpg

しかしこれには落ちがありまして、何事も十分な下調べが必要であることを知らされました。実はユニットごと変える必要はなく、接続コードだけの購入が可能でした。無駄な出費をしてしまい、ちょっとショックです。
GPS
GPSを導入してからは、撮影場所が正確に分かるようになりました。地図上に表示されるからですが、実はその地点名を正確に私が読み取っていたかどうかが問題になりました。

普段使っている地図を表示させるソフトは「カシミール3D」というものです。国土地理院の「ウオッちず」を読み込んで1/12500で表示できます。
カシミール
見たら分かると思いますが、細い道と町村の境界線が非常に見づらいですし何処が境界なのかもはっきりしません。これを感覚的に使っていたのだから間違いも起こりやすいです。
GPSデータ付きの写真を放り込むと、撮影ポイントが直ぐに分かること、GPSとのデータのやりとりができることで重宝しています。

「Google MapやEarth」も使ってみるのですが、絵のように境界線が不明です。
google map

年を取ると頭が固くなって、他に良い地図ソフトがあっても何時ものソフトで終わらせてしまいます。
今回偶然に「Mapion」というサイトを開いてみました。
そして十勝が丘を見てみると、この絵のように境界が一目瞭然です。
mapion map

ここのテレビ塔周辺は池田町だったとは思いもしませんでした。
私の記録は音更町十勝が丘になっています。十勝が丘の名称をその辺の地名と考えるとおかしくはないですが、正確ではないですね。

「Mapion」は良いことばかりでなくて、GPSデータの表示が出来ませんので、他のソフトで位置を正確に確認して、「Mapion」と比べる作業が必要になります。
それでもこれまでよりは地名が正確に分かります。

ちなみに幾つかのポイントを調べてみると、いい加減な地名で記録しているものがいくつも見つかりました。
これまでのデータを書き直すのは大変なので、何時の時点か正誤表を作らねばならないようです。