眼の養生のためこの週末は遠出をしていません。
だからといってじっとしているのも退屈ですので、自宅の周辺を散歩してE-M1 m2での飛翔写真のテストをやろうと思いました。
すると住宅地のカキ畑に大型のジャノメらしき姿を見つけました。まさかのジャノメチョウでした。♀のようです。
P7220034.jpg

P7220418.jpg
実は2年前にもらしき姿を見たのですが、あっという間に飛んでいきましたので、正確には確認できていませんでした。
昨日は2頭見ており、近場で発生しているのでしょう。想像がつきませんが。

P7220148.jpg
軽く飛翔もテストしました。置きピンの距離がまだしっくりこないので、ゴミの山です。
たった1日の遠征でしたが、目的の蝶以外にもいろいろ見ることが出来ました。
その一つがゴイシシジミです。1年ぶりでした。
アブラムシの居る笹に産卵していました。
P7152857.jpg

笹の周囲をゆっくり飛ぶので、置きピンで苦労しても何とか撮れていました。
P7151190.jpg

P7151186.jpg
以前もこの周辺で撮影してますが、ここの個体は表に白紋が出やすい印象です。今回のこの♀もしっかり白紋が入っていました。
翌日は幼虫などを観察の予定でしたが、また何時の日か頑張ってみます。
今回の旅で嬉しかったのはこの夏の一番の目標だったコヒョウモンモドキを撮ることが出来たことです。
各地で姿を消しているこの蝶、これまでも数頭しか見ていませんでした。
ふらりと訪れた場所はなかなのポイントでした。
P7150966.jpg

ゆっくりと撮影出来ました。
P7152701.jpg

いろいろな花で吸蜜していました。
P7152711.jpg

裏面もなかなか良いです。
P7152674.jpg

この蝶、靴の水分を吸いにしつこくやって来ます。
P7152659.jpg

と、思っていたのですが、実は赤色が好き?私の車へも何度も来ていました。
P7151024.jpg

汗が好きなのも事実のようで、私の汗がついた指に難なく止まりました。
P7151213.jpg

翌日もここでゆっくり撮影するはずでしたが、この頃から右眼の異変に気づき、大事を取って撤収することにしました。
2017.07.16 ミヤマモンキ
先週が最盛期と情報を頂いていた湯の丸のミヤマモンキ、行ってきました。
情報通りに今週では遅すぎましたが、選んで綺麗な個体を撮ってきました。

P7152094.jpg

P7152164.jpg


P7152234.jpg

翌日は烏帽子のはずでしたが、持病の右眼が硝子体出血を起こして視力がほぼ無くなってしまいました。
慌てて撤収となりました。一人で行かず嫁と行って良かったです。帰りは嫁に運転してもらいました。
出血の原因が不明ですが、新たな裂孔ならまだしも網膜剥離となると、手術が必要です。出血がどうなるかしばらく経過観察してみます。
どうやら今シーズンはもう終わりのようです。
2017.07.09 タテハ2種
昨日はクリソの撮影のはずが全く返り討ちに遭い、副産物はタテハでした。
突然現れたオオミスジ♀です。実はこれは案外嬉しかったです。
P7080011.jpg
ホシミスジ、フタスジ、ミスジと合わせて4種をこの夏は撮ることが出来ました。

もう1種のタテハはとうの昔に出ていると思っていたオオムラサキです。新鮮でした。
P7080021.jpg
ここでは出初め?
同じ個体かどうかは分かりませんが、離れたところで吸水中の♂を発見。
P7080029.jpg
吸水に熱心で小石を投げても飛びませんでした。

やっぱりこの夏は季節の進行が読めません。